ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍氏が日銀法改正に言及。今の日銀法に変えたのは自民党だって覚えてますか?

 

 自民党の安倍総裁は15日都内で講演を行い、マイナス金利について言及したうえで「2~3%のインフレ目標を達成するためには無制限に緩和を行うことが必要」と述べた。また翌日の16日には、記者会見の会場で 「日銀法改正を視野に入れた大胆な金融緩和を行う」と日銀法の改正について検討していることを明らかにした。
 次期総選挙において自民党が勝利し、安倍政権が誕生した場合には、日銀法改正を材料に日銀に対して強烈な緩和圧力がかかる可能性が高くなってきた。

 日銀に対する緩和圧力の強化については賛同する声が多いものの、日銀法の改正そのものについては反対意見が根強い。なにしろ日銀法を改正し、政府が日銀に対して指示することを禁止したのは、ほかでもない自民党政権だからである。

 日銀法は実は1997年に一度改正されている。同年の改正によって、それまで政府が保有していた指揮権がなくなり、日銀が完全に独立して金融政策を決定できるようになった。当時の橋本政権は、金融市場改革の一環として日銀法改正に取り組んでおり、国際的なスタンダードに合わせて日銀の独立性を向上させることが、市場からの信任につながると説明していた。

 だが今回安倍氏は、金融政策の主導権を政府が握ることで市場からの信任を確保できると説明している。1997年の日銀法改正はなかったことのようになっており、市場からは「いったいどういうつもりなのか?」(債券トレーダー)と真意を訝しむ声も上がっている。

 もっとも、安倍氏はあまり深く物事を考えていないのかもしれない。なにしろ任期途中で突然政権を放り出した挙句、今ではそれをなかったことのようにしている人である。日銀法改正も単なる日銀に対する交渉カードで終わるかもしれない。
 だが、日銀法改正が本当に具体的スケジュールに乗るようなことがある場合には、安易な取り組みでは済まなくなるだろう。それこそ政府と日銀に対する市場の信頼を失うような事態にもなりかねない。
 少なくとも、金融政策は本来誰が決めるべきものなのか、1997年の改正についてどう解釈するのかについて、オープンな議論を進めることが必須の要件となるだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

no image
李明博大統領、政敵である朴槿恵氏と会談。退任後は逮捕されずに済むのか?

 韓国の李明博大統領と与党セヌリ党の次期大統領候補に指名された朴槿恵氏は2日、青 …

kakugi02
緊急経済対策が正式に閣議決定。内容は経済産業省の意向を強烈に反映している

 政府は11日午前の閣議において緊急経済対策を正式決定した。地方自治体や民間企業 …

keitairyoukin
迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …

江沢民
中国の前国家エネルギー局長の汚職事件。江沢民グループの影響力排除が目的か?

 新華社通信や中国中央電視台など中国の国営メディアは、中国共産党中央規律検査委員 …

no image
経済誌のスクープ記事で、アップルの奴隷に成り下がった日本メーカーの実態が明らかに

 週刊ダイヤモンドのアップル特集が話題となっている。iPhoneに部品を供給する …

abetoben
アリバイ作り?増税論への牽制?消費増税に関する有識者ヒアリングを8月に集中開催

 内閣府は8月20日、消費税引き上げの影響について有識者からヒアリングする会合を …

kourousho
マクロ経済スライド制という奇妙な名称の制度がスタート。年金は実質減額へ

 2015年から年金の本格的な抑制が始まる。年金財政の破たんを防ぐためには、必須 …

kosakukiki
7~9月期GDPを占う7月の機械受注統計。結果はやはりいまひとつ

 内閣府は2014年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

Kennedy
イルカ漁への批判に対して「理解を求めたい」という日本側の姿勢は危険だ

 駐日米国大使のキャロライン・ケネディ氏が和歌山県太地町におけるイルカの追い込み …

freeway
原油価格の下落は、世界経済にとってプラスなのかマイナスなのか?

 安い原油価格を背景に、米国で自動車が好調な売れ行きを見せている。原油価格の下落 …