ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍氏が日銀法改正に言及。今の日銀法に変えたのは自民党だって覚えてますか?

 

 自民党の安倍総裁は15日都内で講演を行い、マイナス金利について言及したうえで「2~3%のインフレ目標を達成するためには無制限に緩和を行うことが必要」と述べた。また翌日の16日には、記者会見の会場で 「日銀法改正を視野に入れた大胆な金融緩和を行う」と日銀法の改正について検討していることを明らかにした。
 次期総選挙において自民党が勝利し、安倍政権が誕生した場合には、日銀法改正を材料に日銀に対して強烈な緩和圧力がかかる可能性が高くなってきた。

 日銀に対する緩和圧力の強化については賛同する声が多いものの、日銀法の改正そのものについては反対意見が根強い。なにしろ日銀法を改正し、政府が日銀に対して指示することを禁止したのは、ほかでもない自民党政権だからである。

 日銀法は実は1997年に一度改正されている。同年の改正によって、それまで政府が保有していた指揮権がなくなり、日銀が完全に独立して金融政策を決定できるようになった。当時の橋本政権は、金融市場改革の一環として日銀法改正に取り組んでおり、国際的なスタンダードに合わせて日銀の独立性を向上させることが、市場からの信任につながると説明していた。

 だが今回安倍氏は、金融政策の主導権を政府が握ることで市場からの信任を確保できると説明している。1997年の日銀法改正はなかったことのようになっており、市場からは「いったいどういうつもりなのか?」(債券トレーダー)と真意を訝しむ声も上がっている。

 もっとも、安倍氏はあまり深く物事を考えていないのかもしれない。なにしろ任期途中で突然政権を放り出した挙句、今ではそれをなかったことのようにしている人である。日銀法改正も単なる日銀に対する交渉カードで終わるかもしれない。
 だが、日銀法改正が本当に具体的スケジュールに乗るようなことがある場合には、安易な取り組みでは済まなくなるだろう。それこそ政府と日銀に対する市場の信頼を失うような事態にもなりかねない。
 少なくとも、金融政策は本来誰が決めるべきものなのか、1997年の改正についてどう解釈するのかについて、オープンな議論を進めることが必須の要件となるだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

shakaibunkakaikan
社民党が党本部を移転。旧党本部ビルは幽霊屋敷と呼ばれ崩壊寸前だった

 社民党は26日、社会党時代から半世紀近く使用してきた永田町の「社会文化会館」か …

shukinpei04
習主席の米国訪問日程が近付く。ささやかれ始めた首脳会談の本当のテーマ

 中国の習近平国家主席は、5月31日から6月6日の日程で、トリニダード・ドバゴ、 …

letta
イタリア大統領がレッタ氏を首相に指名。欧州市場は安定に向かう可能性が高くなってきた

 混迷するイタリアの政局に終止符が打たれる可能性が出てきた。退任予定だったナポリ …

shanhai
過大な期待や悲観は無用!中国市場に対する3つの誤解を解く

 近年、日本は中国という存在に振り回される状況が続いてきた。当初は巨大市場に乗り …

nodae01
野田首相が驚愕発言!政党であるにも関わらず政策を放棄し官僚に丸投げ

 民主党は次期衆院選に向けたマニフェスト(政権公約)を発表したが、その内容に関す …

hasimoto
維新の会が大失速。安倍氏は旧自民党の政策に逆戻り

 大阪維新の会が大失速している。各種世論調査は支持率が低迷、維新の会が開催する政 …

mof03
法人減税は安倍政権の本当の「顔」を知るリトマス試験紙

 法人税減税の焦点である課税ベース拡大に関する議論が本格化している。政府の税制調 …

sugaku
文系入試にも数学必須に?だが理系冷遇の風潮を改善しない限りモノづくりは復活しない

 自民党の教育再生実行本部が、文系を含むすべての大学入試で理数科目を必須とするこ …

pccw
外国人投資家による都心の不動産取得が相次ぐ。本当に需要はあるのか?

 東京の不動産市場が活況を呈している。円安によって外国人投資家による買いが増加し …

airasia
大国になりたい中国。旅行客のマナーの悪さに対して政府が対策に乗り出す?

 中国人旅行者のマナーの悪さは今に始まったことではないが、大国として相応の地位を …