ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍氏が日銀法改正に言及。今の日銀法に変えたのは自民党だって覚えてますか?

 

 自民党の安倍総裁は15日都内で講演を行い、マイナス金利について言及したうえで「2~3%のインフレ目標を達成するためには無制限に緩和を行うことが必要」と述べた。また翌日の16日には、記者会見の会場で 「日銀法改正を視野に入れた大胆な金融緩和を行う」と日銀法の改正について検討していることを明らかにした。
 次期総選挙において自民党が勝利し、安倍政権が誕生した場合には、日銀法改正を材料に日銀に対して強烈な緩和圧力がかかる可能性が高くなってきた。

 日銀に対する緩和圧力の強化については賛同する声が多いものの、日銀法の改正そのものについては反対意見が根強い。なにしろ日銀法を改正し、政府が日銀に対して指示することを禁止したのは、ほかでもない自民党政権だからである。

 日銀法は実は1997年に一度改正されている。同年の改正によって、それまで政府が保有していた指揮権がなくなり、日銀が完全に独立して金融政策を決定できるようになった。当時の橋本政権は、金融市場改革の一環として日銀法改正に取り組んでおり、国際的なスタンダードに合わせて日銀の独立性を向上させることが、市場からの信任につながると説明していた。

 だが今回安倍氏は、金融政策の主導権を政府が握ることで市場からの信任を確保できると説明している。1997年の日銀法改正はなかったことのようになっており、市場からは「いったいどういうつもりなのか?」(債券トレーダー)と真意を訝しむ声も上がっている。

 もっとも、安倍氏はあまり深く物事を考えていないのかもしれない。なにしろ任期途中で突然政権を放り出した挙句、今ではそれをなかったことのようにしている人である。日銀法改正も単なる日銀に対する交渉カードで終わるかもしれない。
 だが、日銀法改正が本当に具体的スケジュールに乗るようなことがある場合には、安易な取り組みでは済まなくなるだろう。それこそ政府と日銀に対する市場の信頼を失うような事態にもなりかねない。
 少なくとも、金融政策は本来誰が決めるべきものなのか、1997年の改正についてどう解釈するのかについて、オープンな議論を進めることが必須の要件となるだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

B2
米国が北朝鮮の牽制にとうとうB2爆撃機を投入。それが意味するところとは?

 北朝鮮と米韓の緊張が高まっているなか、米軍は3月28日、韓国で実施している米韓 …

iaea
国際原子力機関(IAEA)が福島の廃炉作業を視察。政府とIAEA側の狙いとは?

 国際原子力機関(IAEA)の調査団は4月22日、約1週間にわたる東京電力福島第 …

no image
伝説の債券ディーラー藤巻健史氏。予想ハズしまくりでブチ切れた!

 強固な円安論者として有名なフジマキ・ジャパンの藤巻健史氏が、予想をハズシまくり …

tosho05
野村證券が最長70歳まで定年を延長した背景とは?

 野村証券は、国内営業を担当する正社員の定年を60歳から65歳に延長し、65歳以 …

kerrykishida
岸田外相がケリー国務長官と会談。米国が日本の自制を強く望んでいることが明らかに

 安倍首相と共に訪米した岸田文雄外相は22日、ホワイトハウスで行われた日米首脳会 …

beikokuoil
原油価格が世界経済停滞を懸念して一時90ドル割れ。日本への影響はマイナスが大きい?

 ニューヨークの原油先物価格が約1年5カ月ぶりに一時90ドルを割り込んだ。世界経 …

lixil
リクシルの海外M&Aは、今後の日本経済のあり方を示すお手本

 住宅設備最大手のLIXIL(リクシル)グループが大型の海外M&A(企業 …

obamaparitero
世界の警察官であることをやめるという米国の外交戦略はテロでどう変わのか?

 過激派組織「イスラム国(IS)」による大規模なテロが発生したことが、オバマ政権 …

kabuka
公的年金がリスクの高いアクティブ運用にシフト。背景には何が?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年4月1 …

newyork
米国失業率が4年ぶりの低水準。米国経済の復活で世界のお金の流れが大逆転?

 米労働省は3月8日、2月の雇用統計を発表した。これによると、非農業部門雇用者数 …