ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍氏が日銀法改正に言及。今の日銀法に変えたのは自民党だって覚えてますか?

 

 自民党の安倍総裁は15日都内で講演を行い、マイナス金利について言及したうえで「2~3%のインフレ目標を達成するためには無制限に緩和を行うことが必要」と述べた。また翌日の16日には、記者会見の会場で 「日銀法改正を視野に入れた大胆な金融緩和を行う」と日銀法の改正について検討していることを明らかにした。
 次期総選挙において自民党が勝利し、安倍政権が誕生した場合には、日銀法改正を材料に日銀に対して強烈な緩和圧力がかかる可能性が高くなってきた。

 日銀に対する緩和圧力の強化については賛同する声が多いものの、日銀法の改正そのものについては反対意見が根強い。なにしろ日銀法を改正し、政府が日銀に対して指示することを禁止したのは、ほかでもない自民党政権だからである。

 日銀法は実は1997年に一度改正されている。同年の改正によって、それまで政府が保有していた指揮権がなくなり、日銀が完全に独立して金融政策を決定できるようになった。当時の橋本政権は、金融市場改革の一環として日銀法改正に取り組んでおり、国際的なスタンダードに合わせて日銀の独立性を向上させることが、市場からの信任につながると説明していた。

 だが今回安倍氏は、金融政策の主導権を政府が握ることで市場からの信任を確保できると説明している。1997年の日銀法改正はなかったことのようになっており、市場からは「いったいどういうつもりなのか?」(債券トレーダー)と真意を訝しむ声も上がっている。

 もっとも、安倍氏はあまり深く物事を考えていないのかもしれない。なにしろ任期途中で突然政権を放り出した挙句、今ではそれをなかったことのようにしている人である。日銀法改正も単なる日銀に対する交渉カードで終わるかもしれない。
 だが、日銀法改正が本当に具体的スケジュールに乗るようなことがある場合には、安易な取り組みでは済まなくなるだろう。それこそ政府と日銀に対する市場の信頼を失うような事態にもなりかねない。
 少なくとも、金融政策は本来誰が決めるべきものなのか、1997年の改正についてどう解釈するのかについて、オープンな議論を進めることが必須の要件となるだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

rouhani201402
イランで革命35周年式典が開催。状況は様変わりし、反米スローガンは一掃

 イラン革命35周年を記念する式典が2014年2月11日、イランの首都テヘランで …

nenkinportfo
公的年金の新ポートフォリオ、年間最大損失21兆円をどう見る?

 公的年金の運用が国債から株式にシフトしつつあるが、現在想定されているポートフォ …

rokkasho
再処理工場の新規性基準了承。欠落する核燃料サイクルに関する包括的議論

 原子力規制委員会は9月11日、使用済み燃料の再処理工場などに適用する新規制基準 …

josei02
女性登用目標値設定など、労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進行中

 日本の労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進められるようとしている。政 …

nichigin02
日銀の量的緩和策は果たして効果を上げているのか?米国のQEと比較してみると

 日本銀行は8月8日、金融政策決定会合を開催した。量的緩和の継続を全員一致で決め …

chart01
米高官が円安を容認し、1ドル=94円台まで下落。円安が続くと多くの関係者が考えるワケ

 為替市場において円安の動きが加速している。週明け11日のニューヨーク市場の円相 …

imyonbaku
李明博大統領が退任を前に恒例の特赦を実施。韓国でこの風習がなくならないワケ

 韓国の李明博大統領は、退任を前にして約50人に対する特別赦免(特赦)を実施する …

sumitomochiba
国内化学各社が相次いでエチレン生産から撤退。米国シェールガス革命のインパクト

 住友化学は2月2日、石油化学製品の原料であるエチレンの国内生産を停止すると発表 …

makuron
仏大統領選では独立候補のマクロン氏が勝利。欧州の景気拡大も後押しか

 フランス大統領選は事前の予想通り、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン氏が極 …

kosokudouro03
大型の公共事業がかえって内需拡大を邪魔している?求人倍率改善のウラ事情

 多くの国民にとってあまり実感が湧かないが、各地で人手不足が深刻になっている。厚 …