ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

小学1年生、将来就きたい職業には定番が並んでいるが・・・

 

 化学メーカーのクラレは2015年4月2日、2014年における、小学1年生の「将来就きたい職業」と、親が「将来就かせたい職業」のランキングを発表した。男の子で1位となったのはスポーツ選手、女の子はケーキ屋・パン屋で、ともに定番の職業だった。基本的な傾向は毎年変わらないが、近年に特徴的な傾向も見られる。

shogakuichinensei

 同社は毎年、このランキングを行っており、結果を時系列で評価することができる。基本的に子供の夢なので、それほど大きな順位の変動はない。
 1999年のランキングでも、1位はスポーツ選手とケーキ屋・パン屋となっており、男女ともまったく変わっていない。2位、3位の職業には、男の子の場合は、警察官、運転士、消防士など定番の職業が並ぶ。女の子も同様で、花屋、保育士、看護師、医師などお馴染みの職業となっている。

 一方で、このところ順位が急上昇している職業もある。男の子では、TV・アニメキャラクター、女の子では芸能人である。TV・アニメキャラクターは、1999年のランキングでは11位だったが、2014年は4位にランクインしている。女の子の芸能人はそれほどの上昇率ではないが、やはり順位は上がっている。

 TV・アニメキャラクターは、サブカルがサブカルでなくなり、社会に定着してきたことが大きく影響しているかもしれない。厳密には、これは職業ではないわけだが、同じ夢のある仕事といっても、女の子は現実的な芸能人で、男の子がバーチャルな対象というのは、興味深い結果といってよいだろう。

 大きくランクを落としているのが、教員である。2011年までは女の子のランキングで4位前後と健闘していたが、ここ3年で順位が急落、2014年は14位まで低下した。男の子のランキングでもやはり順位が落ちている。教員はもっとも身近な大人の1人であることを考えると、少々気になる結果である。

 一方、親が子供に就かせたい職業にはほとんど変化がなく、親の発想は子供に比べてかなり固定化していることが分かる。男の子の親の1位は毎年公務員で、2位と3位はスポーツ選手と医師でほぼ変わっていない。
 変わったのは、最近の医学部ブームを反映してか、万年3位だった医師が2014年は2位となった点だけである。1992年の結果も同じなので、20年以上、親の感覚は変わっていないことになる。日本社会の構造に大きな変化がないことをうかがわせる。

 女の子の親で毎年トップのなるのは看護師でこちらも変化がない。ただ2位と3位の入れ替わりが激しい点が、男の子の親とは異なる点である。ちなみに2014年における女の子の親の2位は公務員、3位は保育士であった。

 - 社会, 経済

  関連記事

nichigin03
市中への資金供給量が過去最大。量的緩和は効果を上げてきているのか?

 日銀は7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表的な …

tabakohaian
見送りの可能性も出てきた受動喫煙防止法案。日本は2周回遅れへ

 今国会での審議が予定されていた受動喫煙防止法案の提出が見送られる可能性が高くな …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

nichigin04
正念場を迎える日銀の量的緩和策。黒田総裁は外部の発言を積極化

 日銀の量的緩和策が正念場を迎えている。消費者物価指数は伸び率の鈍化が目立ち、4 …

nougyouyushutu
日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年に …

bunen
厚労省が踏み込んだ内容のたばこ白書を公表。分煙を否定し、屋内全面禁煙を提言

 厚生労働省が、屋内の100%禁煙化を目指すべきという踏み込んだ内容の「たばこ白 …

keizaikakusa
景気が良くなるほど、経済格差が拡大するという不都合な真実

 貧困の撲滅活動を行う国際NGO「オックスファム」は2014年1月20日、経済格 …

sebunsuzu
セブン鈴木氏の退任によって、同社は批判できないというタブーがなくなった?

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者が退任の意向を明ら …

seveneleven
セブンが600億円の減損。旧体制における「負の遺産」整理に着手

 セブン&アイ・ホールディングスは2016年10月6日、2016年3~8月期(半 …

toshiba03
もはや制御不能。東芝が米国原子力事業で再び巨額損失。債務超過の可能性も

 経営再建中の東芝は2016年12月27日、米国原子力事業において数千億円規模の …