ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

自民党がエネルギーミックスについて提言。原発をめぐってとりあえず玉虫決着

 

 自民党は2015年4月、2030年時点における電源比率を定める「エネルギーミックス」に関する党の提言を政府に提出した。
 石炭や原子力などの「ベースロード電源」の比率を現在の40%から震災前の60%程度に引き上げるよう求めているが、その内容をめぐっては、党内から異論も出ている。具体的な数値に関しては、今後も駆け引きが続きそうだ。

furyokuhatuden

 政府では、2030年時点における電源比率を今年6月までに策定するとしている。「ベースロード電源」は、安価で安定的に発電できる電源とされているが、提言では、これについて、現在の40%から60%程度に引き上げるよう求めている。

 具体的には、石炭火力、水力、原子力が、このベースロード電源に含まれるが、これを震災前に戻すということは、原発の本格的な再稼働を意味していることは明白である。
 このため、党内で脱原発を主張するグループはこの提言に反対しており、提言内容をめぐって議論となった。

 当初は「安価で安定的に供給されるベースロード電源の比率を国際的に遜色ない水準となるよう6割程度を確保すること」という文言だった。
 だが、諸外国ではベースロード電源の比率が下がっているという指摘を受け、最終的には「欧米の多くの国で、漸減傾向にあるが現状6割以上となっているベースロード電源の比率について、わが国において国際的に遜色のない水準を確保すること」という形に落ち着いた。60%という数値は盛り込むものの、この数字は国際的には低下傾向にあるというニュアンスを付け加えた格好だ。

 当初の案は、これまで経済産業省が主張していた内容と近い。経産省はベースロード電源を60%以上とし、再生エネルギーについては20%台半ばにするという方針を示している。一方、温室効果ガス削減を推進する環境省は、再生可能エネルギーについて、全発電量の35%まで導入が可能という、経産省とは異なる試算を示している。
 ただ、この試算については、宮沢経済産業相が「実現可能性が十分に考慮されていない」と批判している。

 結局のところ、最終的な提言は、60%という数字は確保しつつも、文言のお遊びで脱原発派の意向を盛り込む形になっているが、そうなってしまう最大の理由は、今後のエネルギー政策をどうするのかという基本政策について合意が形成されていないからである。

 合意が形成されていないことを前提に、議論することと、数字と文言の調整で合意を得たことにするというのは、根本的に異なっている。エネルギー政策が国家のインフラであることを考えると、こうした形でしか議論が進まないことは、日本の利益を損なう結果となる可能性が高い。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

soros02
ソロス氏が日銀の緩和策について、円崩壊につながると警告。我々はどう捉えるべきか?

 日銀による異次元の量的緩和の拡大は、円相場崩落と日本からの資本逃避の引き金にな …

clinton201601
「まさか」の状況となりつつある米大統領選挙。ブルームバーグ氏出馬検討の報道も

 米国の大統領選挙が大混戦の様相を呈してきている。当初、圧倒的に有利だった民主党 …

abenaikaku
強いリーダーシップに憧れる安倍首相が上滑り。企業戦士という昭和なキーワード

 安倍政権がスタートしてから約1ヶ月が経過した。日銀に対する強硬姿勢によって円安 …

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …

bouekikontena
10~12月GDPはプラス1%。個人消費は横ばいで、状況は大きく変わらず

 内閣府は2017年2月13日、2016年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …

yota
ロシア企業が両面にディスプレイのある奇妙なスマホを開発。ロシア躍進の兆候か?

 ロシアの企業であるヨタ・デバイスが両面にディスプレイを備えた奇妙なスマートホン …

sharp
シャープが再増資を検討中。成長戦略への自信のなさか、資本政策に奇妙な点も

 経営再建中のシャープが、再び増資を行うとの報道が出ている。今回の増資は、今後の …

jieitai
軍縮に走る欧米と火薬庫になるアジア。自衛隊の装備は質的に向上しているのか?

 米国や欧州が軍事費の大幅な削減を進める一方、アジア地域の軍事費が増大しているこ …

obama1112
アジア人はしたたか。オバマ大統領アジア歴訪のウラでイランとの積極外交が展開中

 再選が決まったオバマ大統領が早速動き始めた。アジア重視の姿勢を強調するオバマ大 …

economistataranai
民需主導による成長がようやく見えてきた1~3月期のGDP速報値

 内閣府は2015年5月20日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …