ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

自民党がエネルギーミックスについて提言。原発をめぐってとりあえず玉虫決着

 

 自民党は2015年4月、2030年時点における電源比率を定める「エネルギーミックス」に関する党の提言を政府に提出した。
 石炭や原子力などの「ベースロード電源」の比率を現在の40%から震災前の60%程度に引き上げるよう求めているが、その内容をめぐっては、党内から異論も出ている。具体的な数値に関しては、今後も駆け引きが続きそうだ。

furyokuhatuden

 政府では、2030年時点における電源比率を今年6月までに策定するとしている。「ベースロード電源」は、安価で安定的に発電できる電源とされているが、提言では、これについて、現在の40%から60%程度に引き上げるよう求めている。

 具体的には、石炭火力、水力、原子力が、このベースロード電源に含まれるが、これを震災前に戻すということは、原発の本格的な再稼働を意味していることは明白である。
 このため、党内で脱原発を主張するグループはこの提言に反対しており、提言内容をめぐって議論となった。

 当初は「安価で安定的に供給されるベースロード電源の比率を国際的に遜色ない水準となるよう6割程度を確保すること」という文言だった。
 だが、諸外国ではベースロード電源の比率が下がっているという指摘を受け、最終的には「欧米の多くの国で、漸減傾向にあるが現状6割以上となっているベースロード電源の比率について、わが国において国際的に遜色のない水準を確保すること」という形に落ち着いた。60%という数値は盛り込むものの、この数字は国際的には低下傾向にあるというニュアンスを付け加えた格好だ。

 当初の案は、これまで経済産業省が主張していた内容と近い。経産省はベースロード電源を60%以上とし、再生エネルギーについては20%台半ばにするという方針を示している。一方、温室効果ガス削減を推進する環境省は、再生可能エネルギーについて、全発電量の35%まで導入が可能という、経産省とは異なる試算を示している。
 ただ、この試算については、宮沢経済産業相が「実現可能性が十分に考慮されていない」と批判している。

 結局のところ、最終的な提言は、60%という数字は確保しつつも、文言のお遊びで脱原発派の意向を盛り込む形になっているが、そうなってしまう最大の理由は、今後のエネルギー政策をどうするのかという基本政策について合意が形成されていないからである。

 合意が形成されていないことを前提に、議論することと、数字と文言の調整で合意を得たことにするというのは、根本的に異なっている。エネルギー政策が国家のインフラであることを考えると、こうした形でしか議論が進まないことは、日本の利益を損なう結果となる可能性が高い。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

kennedy02
ケネディ駐日大使の資産は273億円との報道。資産の中身を詳細に検証してみると・・・

 米CNNは8月19日、次期駐日大使のキャロライン・ケネディ氏が保有する資産は約 …

sony
ソニーがiTunesに楽曲を提供開始。とうとうAppleの軍門に下る。

 ソニーは7日、米Apple社が運営するiTunesストアにおいて子会社のソニー …

g8
G8でグローバル企業の租税回避対策が骨抜きになってしまう理由

 シリア問題と並んで主要国首脳会議(G8サミット)の議題の一つであった租税回避問 …

girishagikai
ギリシャが事実上、旧通貨発行と同じ効果を持つ約束手形の発行に追い込まれる?

 ドイツのショイブレ財務相は、欧州メディアのインタビュー記事において、ギリシャが …

setubitousi
10月の機械受注はマイナス。10~12月期GDPの設備投資もかなり厳しいか?

 内閣府は2014年12月11日、10月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

ieren201409
FRBが「忍耐強く」の表現を削除。利上げは予定通りで、利上げ幅は極小との観測も

  米FRB(連邦準備制度理事会)は2015年3月18日、FOMC(連邦公開市場 …

kojinjigyonusi
個人経営の事業所の8割は後継者がおらず、パソコンの導入がほとんど進んでいない

 総務省は2015年7月10日、2014年の個人企業経済調査(構造編)の結果を発 …

no image
産業(革新)ではなく産業(衰退)機構?ルネサス再建案はトヨタとパナの下請け会社化

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する産業革新機構の経営再建案 …

wakamonohakusho
日本の若者は突出してネガティブという調査結果をどう見るか?

 内閣府は2014年6月3日、2014年版「子ども・若者白書」を公表した。日本の …

no image
もの作り革命の本「Makers」が早くも話題に。だがそれは日本の3回目の敗北を意味する

 『ロングテール』や『FREE』といったネットにおける新しいビジネスモデルをいち …