ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

旅券返納のカメラマンに新旅券発行を検討。渡航の自由との兼ね合いは?

 

 外務省は、パスポートの返納を命じてシリアへの渡航を差し止めた新潟市のフリーカメラマンについて、渡航先を制限した新たなパスポートを発給することを検討している。

 外務省は今年2月、過激派組織イスラム国が勢力を拡大しているシリアへの渡航を計画していたフリーカメラマン・杉本祐一氏に対し、安全が確保できないとして、旅券法に基づきパスポートの返納を命じ、強制的に回収していた。

 ただ、渡航や移動の自由は、民主国家における基本的人権のひとつであり、旅券法に基づいて返納を強制させた外務省に対しては批判の声も出ていた。
 杉本氏は、具体的な渡航先を明らかにしない形で改めてパスポートの発給を申請したことから、外務省などが対応を検討していた。

 外務省は、旅券法の例外規定に基づき、シリアなど、渡航できない国を明記した条件付きの旅券を発給する方向で最終調整を行っているという。邦人保護と、渡航の自由の両立を図る狙いがあると考えられる。

gaimusho02

 今回の一連の出来事は、民主国家のあり方をあらためて国民に問う形となった。国家権力によって渡航を制限すれば、それは中国や北朝鮮のような、非民主国家と何ら変わらないことになってしまう。日本政府が国民の移動の自由を制限しているという事実を広く知らしめることは、確実に国益を損ねるだろう。
 一方、邦人の安全確保や総合的な国益を考え、特定の国や地域に対する渡航を制限するというのは、一定程度までなら許容される考え方である。

 ただ、原則自由で一部制限があることと、原則禁止で、条件付きで例外を認めることは根本的に異なる。その意味で、憲法より下位にある旅券法に基づいて一方的に旅券を返納させた前回の対応は、原則禁止にするという措置であり、民主国家として大いに問題がある。
 その意味で、今回、検討されている措置は、原則自由という立場であり、ようやくスタートラインに立ったと考えることができるだろう。

 原則自由という立場に基づき、どこまで国家が制限を加えられるのかについて、論理的な議論が出来るようになれば、少しは日本の民主主義も成熟したといってよいかもしれない。

 - 政治 , ,

  関連記事

eikokulondon
市場は過剰反応?英国のEU離脱が決議されても、現実はそう簡単には進まない

 英国のEU(欧州連合)残留を問う国民投票が23日に迫っているが、最新の世論調査 …

putin
欧米の経済制裁で疲弊が進むロシア経済。落とし所の探り合いが続く

 ロシアに対する経済制裁がロシア経済をじわじわと追い込んでいる。ロシア経済の要で …

businessman
2014年度の実質成長率見通しは1.3%に下落。その理由は消費増税ではない?

 政府の2014年度における経済成長見通しがほぼ固まった。物価変動の影響を除いた …

suti
ミャンマーで大規模な人権弾圧が発生。だが大統領になりたいスーチー氏はこれを無視

 民主化と経済開放が進んでいるはずのミャンマーで、仏教徒による大規模なイスラム少 …

fukusima
原子力規制委員会が明らかにした再稼動審査の方針。事故防止の観点がまったく欠如

 原子力規制委員会が打ち出した、7月以降に開始する原発の再稼動審査の内容について …

gaza
ハマスがロケット弾を一般住宅から発射。イスラエルの報復で犠牲者がさらに増加

 イスラエルとイスラム原理主義組織ハマスの戦闘がさらに激化している。イスラエルに …

nitibeigikai
日本と米国の政府予算を比較。米国は財政再建にほぼ道筋

 米国では予算教書が発表され、来年度の予算に関する議論が始まった。日本では1月に …

lassen ddg82
米駆逐艦の南シナ海航行。妥協点を模索するも、英国が攪乱要因に?

 米海軍の駆逐艦が、中国が埋め立てを行う南シナ海の南沙諸島付近を航行したことで、 …

su24
トルコがロシア軍機を領空侵犯で撃墜。何とも面倒なアサド政権の存在

 トルコ政府は2015年11月24日、内戦が続くシリアとトルコの国境付近において …

tennouheika02
天皇陛下が生前退位のご意向。皇室典範に関する速やかな議論が必要

 天皇陛下が「生前退位」の意向を示されていることが明らかとなった。現行の皇室典範 …