ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

旅券返納のカメラマンに新旅券発行を検討。渡航の自由との兼ね合いは?

 

 外務省は、パスポートの返納を命じてシリアへの渡航を差し止めた新潟市のフリーカメラマンについて、渡航先を制限した新たなパスポートを発給することを検討している。

 外務省は今年2月、過激派組織イスラム国が勢力を拡大しているシリアへの渡航を計画していたフリーカメラマン・杉本祐一氏に対し、安全が確保できないとして、旅券法に基づきパスポートの返納を命じ、強制的に回収していた。

 ただ、渡航や移動の自由は、民主国家における基本的人権のひとつであり、旅券法に基づいて返納を強制させた外務省に対しては批判の声も出ていた。
 杉本氏は、具体的な渡航先を明らかにしない形で改めてパスポートの発給を申請したことから、外務省などが対応を検討していた。

 外務省は、旅券法の例外規定に基づき、シリアなど、渡航できない国を明記した条件付きの旅券を発給する方向で最終調整を行っているという。邦人保護と、渡航の自由の両立を図る狙いがあると考えられる。

gaimusho02

 今回の一連の出来事は、民主国家のあり方をあらためて国民に問う形となった。国家権力によって渡航を制限すれば、それは中国や北朝鮮のような、非民主国家と何ら変わらないことになってしまう。日本政府が国民の移動の自由を制限しているという事実を広く知らしめることは、確実に国益を損ねるだろう。
 一方、邦人の安全確保や総合的な国益を考え、特定の国や地域に対する渡航を制限するというのは、一定程度までなら許容される考え方である。

 ただ、原則自由で一部制限があることと、原則禁止で、条件付きで例外を認めることは根本的に異なる。その意味で、憲法より下位にある旅券法に基づいて一方的に旅券を返納させた前回の対応は、原則禁止にするという措置であり、民主国家として大いに問題がある。
 その意味で、今回、検討されている措置は、原則自由という立場であり、ようやくスタートラインに立ったと考えることができるだろう。

 原則自由という立場に基づき、どこまで国家が制限を加えられるのかについて、論理的な議論が出来るようになれば、少しは日本の民主主義も成熟したといってよいかもしれない。

 - 政治 , ,

  関連記事

abesingapore
本心?それとも外国人向けポーズ?安倍首相がシンガポールで既得権益層との対決を宣言

 安倍首相は7月26日、シンガポールを訪問し、リー・シェンロン首相との会談を行っ …

carney2
シリアへの軍事介入で外堀埋まる。消極的なのはオバマ大統領だけ

 シリア情勢が緊迫の度合いを高めている。米国政府はシリアのアサド政権が化学兵器を …

kitachousenkakujikken
北朝鮮が3回目の核実験を強行。ただ朝鮮半島が一気に緊迫化するのかは不透明

 北朝鮮は12日午前11時57分頃、北朝鮮北部の核関連施設において3回目の核実験 …

shakaibunkakaikan
社民党が党本部を移転。旧党本部ビルは幽霊屋敷と呼ばれ崩壊寸前だった

 社民党は26日、社会党時代から半世紀近く使用してきた永田町の「社会文化会館」か …

gaza
ハマスがロケット弾を一般住宅から発射。イスラエルの報復で犠牲者がさらに増加

 イスラエルとイスラム原理主義組織ハマスの戦闘がさらに激化している。イスラエルに …

chenguangbiao
これが本当の成金だ!中国の富豪がニューヨークの慈善活動パフォーマンスで大顰蹙

 中国人の富豪で、派手な慈善活動のパフォーマンスで知られる陳光標氏が、ニューヨー …

no image
今度は中国と韓国で領有権争いが勃発。中国はラジコン飛行機で威嚇

 竹島や尖閣諸島をめぐって日本と領土問題で対立している中国と韓国が、今度は双方の …

no image
韓国から通貨スワップ延長の申請未だなし。協定が終了した場合の影響は?

 日本と韓国で締結されている通貨スワップ協定が延長されない可能性が高くなってきた …

koutei
野田元首相が公邸に住まない安倍首相を批判。歴代首相はなぜか私邸住まいが多い

 国家の安全保障を極めて重視している安倍首相がなぜ首相公邸に住まないのか?とWe …

no image
中国次期指導部は「文科系」中心。とうとうマルクス主義からおさらばするのか?

 中国では今年の秋にいよいよ指導部の交代が行われる。次期指導部の要職に就く人の多 …