ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

上から目線?の「粛々と」、多用していたのは菅直人元首相

 

 沖縄の米軍普天間基地の移設問題をめぐり「粛々」という言葉が論争の的となっている。たかが「言葉」ではあるが、政治家は「言葉」を扱う仕事でもある。言葉を通じて見えてくる政治的風景もある。

suga

 事の発端は、2015年4月5日に行われた沖縄県の翁長知事と菅官房長官との初会談において、翁長知事が「粛々と」という言葉に関して「上から目線で、県民の心は離れ、怒りは増幅していく」と批判したことである。菅氏は「不快な思いを与えたとすれば、今後使わない」と述べている。
  ところが、その後、安倍首相は8日の参院予算委員会で、同問題についてやはり「粛々と進めている」と発言している。

 「粛々と」は、もともと静かにという意味だが、組織が外部からの声に動じることなく、秩序を保って物事を成し遂げていく、というニュアンスで使われることが多い。
 今回の件をそのままあてはめれば、「沖縄から反対の声が上がっても、聞く耳を持たず基地建設を進めていく」という意味になることから、翁長知事が強く反発したものと考えられる。
 一連の騒動には、揚げ足取りといった批判も聞かれるが、良くも悪くも、今回の勝負は、翁長知事の方が一枚上手だったといえるだろう。

 言葉の厳密な意味はともかく、この言葉には、面倒なことから逃れたいが、自身の権威は失いたくないという小役人的なイメージがどうしてもつきまとう。また過去の事例でも、政治家がこのキーワードを出すときには、説明に窮している場面が多い。

 粛々というという言葉を多用していたのは、菅直人元首相である。原発事故や尖閣諸島問題などもあり、トップへの負荷が過大だったという点は割り引く必要があるが、菅氏が国会答弁でこの言葉を使う頻度は突出していた。
 一方、小泉純一郎元首相のように、こうした小役人的なキーワードはほとんど使わない政治家もいる。

 菅官房長官は、政界の寝業師と呼ばれる人物であり、もともと、言葉を巧みに使って国民に訴えかけるタイプの政治家ではない。慎重な菅氏としてはちょっとした失言ということになるだろう。

 本来であれば、トップの安倍首相がカリスマ性を発揮して「言葉」で国民に語りかける必要があるわけだが、今回は、首相自らも同じ言葉を使ってしまい、官邸の連携プレーが成立しなかった。

 たかが言葉だが、されど言葉である。言葉ひとつで政治が決まってしまうこともあることを考えると、決して無視することができないファクターといえるだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

mikitani
三木谷氏が規制強化を批判して委員辞任を示唆。安倍政権はなぜ態度を決められない?

 楽天の三木谷社長は11月6日、都内で記者会見を行い、政府が大衆薬のネット販売を …

chunankai
胡錦濤氏が江沢民氏を中南海から追放。中国の権力中枢「中南海」とは?

 中国共産党指導者の執務室が集中する北京の中南海から、江沢民前国家主席が自身の個 …

tokkyoshou
特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが …

sangyokyosoryokukaigi
政府の新成長戦略で飛び出した小中プログラミング教育の「今更感」

 安倍政権は、名目GDP(国内総生産)600兆円の目標を達成するため「第4次産業 …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …

kyuryo
今年も賃上げは確実だが、企業があまり積極的になっていない理由

 安倍政権が賃上げに向けて本格的に動き出している。昨年度に引き続き、財界に対して …

kokuzei
確定申告の時期を迎え申告漏れのニュースが増加。今後の本丸は庶民の相続税

 確定申告の時期を迎え、全国で申告漏れや脱税のニュースが増加している。昨年末には …

George Washington02
米経済誌が在日米軍の段階的撤退論を掲載。内容は冷静で、かなり客観的

 米経済誌ウォール・ストリート・ジャーナルは5月10日、「米軍は日本からの撤退を …

putin201412
ルーブル下落が止まらず、ロシア国民の生活を直撃。住宅ローン破産者も続出

 ロシアのルーブルが急落している。2014年12月15日の外国為替市場では、ルー …

abetokku
安倍首相が竹中氏の「特区」プランを採用。外資誘致、カジノなど刺激的な文言が並ぶ

 安倍首相は4月17日、産業競争力会議に出席し、公共インフラの民間開放、規制緩和 …