ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

上から目線?の「粛々と」、多用していたのは菅直人元首相

 

 沖縄の米軍普天間基地の移設問題をめぐり「粛々」という言葉が論争の的となっている。たかが「言葉」ではあるが、政治家は「言葉」を扱う仕事でもある。言葉を通じて見えてくる政治的風景もある。

suga

 事の発端は、2015年4月5日に行われた沖縄県の翁長知事と菅官房長官との初会談において、翁長知事が「粛々と」という言葉に関して「上から目線で、県民の心は離れ、怒りは増幅していく」と批判したことである。菅氏は「不快な思いを与えたとすれば、今後使わない」と述べている。
  ところが、その後、安倍首相は8日の参院予算委員会で、同問題についてやはり「粛々と進めている」と発言している。

 「粛々と」は、もともと静かにという意味だが、組織が外部からの声に動じることなく、秩序を保って物事を成し遂げていく、というニュアンスで使われることが多い。
 今回の件をそのままあてはめれば、「沖縄から反対の声が上がっても、聞く耳を持たず基地建設を進めていく」という意味になることから、翁長知事が強く反発したものと考えられる。
 一連の騒動には、揚げ足取りといった批判も聞かれるが、良くも悪くも、今回の勝負は、翁長知事の方が一枚上手だったといえるだろう。

 言葉の厳密な意味はともかく、この言葉には、面倒なことから逃れたいが、自身の権威は失いたくないという小役人的なイメージがどうしてもつきまとう。また過去の事例でも、政治家がこのキーワードを出すときには、説明に窮している場面が多い。

 粛々というという言葉を多用していたのは、菅直人元首相である。原発事故や尖閣諸島問題などもあり、トップへの負荷が過大だったという点は割り引く必要があるが、菅氏が国会答弁でこの言葉を使う頻度は突出していた。
 一方、小泉純一郎元首相のように、こうした小役人的なキーワードはほとんど使わない政治家もいる。

 菅官房長官は、政界の寝業師と呼ばれる人物であり、もともと、言葉を巧みに使って国民に訴えかけるタイプの政治家ではない。慎重な菅氏としてはちょっとした失言ということになるだろう。

 本来であれば、トップの安倍首相がカリスマ性を発揮して「言葉」で国民に語りかける必要があるわけだが、今回は、首相自らも同じ言葉を使ってしまい、官邸の連携プレーが成立しなかった。

 たかが言葉だが、されど言葉である。言葉ひとつで政治が決まってしまうこともあることを考えると、決して無視することができないファクターといえるだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

kyouin
心の病で休職する教員は民間企業の倍近く。教師の適性に問題があるのでは?

 文部科学省は24日、2011年度において心の病で休職した教員は5274人だった …

no image
エコカー補助金をもらっておきながら自動車税廃止を要求する厚顔無恥な自動車業界

 自動車業界関連団体は29日、自動車2税(自動車取得税と自動車重量税)の廃止を要 …

obamansa
オバマ大統領が国民監視プログラムの改革案を発表。大きな変化はない可能性が大

 オバマ米大統領は8月9日、ホワイトハウスで記者会見を行い、政府の情報監視プログ …

ryosinei
香港の民主化を求める抗議活動が拡大中。中国は一歩も引かない構えだが

 香港の選挙制度改革を求める抗議活動が予想外の広がりを見せている。当初、セントラ …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

abeaso
安倍政権が消費増税を最終決断。法人減税とセットで理解を得ようとの算段だが・・・

 安倍首相がとうとう消費税の増税を最終決断した。政府内部では消費税増税を前提に景 …

amakudari
公務員の天下りが大復活。日本経済の貧困化が進行している証拠?

 一時は癒着の温床として批判されてきた公務員の天下りが復活している。背景にあるの …

futenma
とうとう動き出す?普天間基地の辺野古移設。背後にカジノ誘致との噂

 沖縄県を地盤とする自民党の国会議員5人が11月25日、米軍普天間飛行場の辺野古 …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …