ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

上から目線?の「粛々と」、多用していたのは菅直人元首相

 

 沖縄の米軍普天間基地の移設問題をめぐり「粛々」という言葉が論争の的となっている。たかが「言葉」ではあるが、政治家は「言葉」を扱う仕事でもある。言葉を通じて見えてくる政治的風景もある。

suga

 事の発端は、2015年4月5日に行われた沖縄県の翁長知事と菅官房長官との初会談において、翁長知事が「粛々と」という言葉に関して「上から目線で、県民の心は離れ、怒りは増幅していく」と批判したことである。菅氏は「不快な思いを与えたとすれば、今後使わない」と述べている。
  ところが、その後、安倍首相は8日の参院予算委員会で、同問題についてやはり「粛々と進めている」と発言している。

 「粛々と」は、もともと静かにという意味だが、組織が外部からの声に動じることなく、秩序を保って物事を成し遂げていく、というニュアンスで使われることが多い。
 今回の件をそのままあてはめれば、「沖縄から反対の声が上がっても、聞く耳を持たず基地建設を進めていく」という意味になることから、翁長知事が強く反発したものと考えられる。
 一連の騒動には、揚げ足取りといった批判も聞かれるが、良くも悪くも、今回の勝負は、翁長知事の方が一枚上手だったといえるだろう。

 言葉の厳密な意味はともかく、この言葉には、面倒なことから逃れたいが、自身の権威は失いたくないという小役人的なイメージがどうしてもつきまとう。また過去の事例でも、政治家がこのキーワードを出すときには、説明に窮している場面が多い。

 粛々というという言葉を多用していたのは、菅直人元首相である。原発事故や尖閣諸島問題などもあり、トップへの負荷が過大だったという点は割り引く必要があるが、菅氏が国会答弁でこの言葉を使う頻度は突出していた。
 一方、小泉純一郎元首相のように、こうした小役人的なキーワードはほとんど使わない政治家もいる。

 菅官房長官は、政界の寝業師と呼ばれる人物であり、もともと、言葉を巧みに使って国民に訴えかけるタイプの政治家ではない。慎重な菅氏としてはちょっとした失言ということになるだろう。

 本来であれば、トップの安倍首相がカリスマ性を発揮して「言葉」で国民に語りかける必要があるわけだが、今回は、首相自らも同じ言葉を使ってしまい、官邸の連携プレーが成立しなかった。

 たかが言葉だが、されど言葉である。言葉ひとつで政治が決まってしまうこともあることを考えると、決して無視することができないファクターといえるだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

nenkinkiko
個人情報流出の日本年金機構。年間の情報システム経費は何と1000億円!

 日本年金機構は2015年6月1日、年金情報を管理しているコンピュータに外部から …

no image
欧州が教会に対する課税を検討開始。ところで日本最大の税金逃れ団体はどこだ?

 財政危機の欧州で、宗教団体などに対する免税措置を見直す動きが広がっている。   …

abenaikaku3ji20151007
第3次安倍改造内閣が正式発足。人事の主な狙いは?

 安倍首相は2015年10月7日、内閣改造を実施し、第3時安倍改造内閣が正式に発 …

futenma
普天間基地の移設問題は、日米関係ではなく、むしろ日中関係に大きな影響を与える

 沖縄県の仲井真弘多(ひろかず)知事は2013年12月27日、米軍普天間基地の移 …

kyuryo
経団連がベア容認に方向転換。安倍政権との関係改善を優先か?

 大企業を中心にベースアップを容認する動きが顕著になってきた。基本的には安倍政権 …

obamakakusa
オバマ政権が富裕層課税を提唱。日米における格差の質的違いが際立つ

 オバマ政権は2015年1月18日、格差解消のため富裕層課税を強化する方針を打ち …

mujinkikubo
米海軍が無人艦載機の空母からの発艦をデモ。軍隊のロボット化が急ピッチで進む

 米海軍は5月14日、無人機を空母から発艦させるデモンストレーションを実施した。 …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

kinokuguo
注目を浴びるトリウム原子炉。だが足元では関連プロジェクトが後退している

 現在の主流となっているウランを使った軽水炉に代わって、トリウムを使った原子炉を …

shudempsey
デンプシー米統合参謀本部議長が習近平氏と会談。米中のアジア戦略交渉がスタート?

 中国の習近平国家主席は4月23日、中国を訪問している米国のデンプシー統合参謀本 …