ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

キューバで行われた米調査機関による非公式世論調査。その結果は?

 

 米国との国交正常化交渉が進むキューバで実施された「非公式」世論調査の結果が話題となっている。オバマ大統領を評価すると回答したキューバ人は80%にのぼり、ラウル・カストロ国家評議会議長の47%を大きく上回った。

 調査を実施したのは、米国の調査機関でキューバ政府の承認は得ていないという。キューバは1959年のキューバ革命以降、カストロ議長による独裁体制が長く続いていたことから、民主国家における世論調査に相当するものはほとんど行われていない。ある意味では、初めてキューバ国民の民意が明らかになったといえるだろう。

casutorofideru

 ラウル・カストロ氏に対する評価は、肯定的が47%で、否定的という回答が48%だった。ラウル氏の兄でキューバ革命のカリスマ的指導者であるフィデル・カストロ氏については、肯定的が44%、否定的が50%だった。キューバの革命政権に対しては評価が二分していることが分かる。
 また、国民の97%が米国との国交正常化の取り組みを支持しており、同様に96%が米国は対キューバ経済制裁を解除すべきだと回答している。

 米国の調査機関による非公式の調査であることから、結果は多少割り引いて考える必要があるが、興味深いのはキューバ人の率直な姿勢である。

 北朝鮮がその代表だが、キューバのような独裁国家の多くが、国民による相互密告制度を採用しており、プライベートな場であっても、体制批判を口にすれば即座に弾圧の対象となる。
 日本も軍部が台頭した大政翼賛会時代には、似たようなシステムを構築していた。今では、純粋なコミュニティの場になっているが、町内会はもともとそうした目的のために政府主導で作られたものである。このため、独裁国家の国民は、家庭の中でもホンネを言わないことが多い。

 非公式とはいえ、このような世論調査において、指導者に否定的な見解を示せる人が半数存在するというのは、キューバの実質的な経済解放がかなり進んでいることを示唆している。

 革命以前のキューバは、米国人にとって最大の海外リゾートであり、米国資本のカジノ・ホテルが建ち並んでいた。このため、もともと米国文化を受け入れる土壌がある。
 また、キューバは、カリブ海諸国の中でも文化水準が高く、市場開放後の潜在市場は極めて大きいといわれている。国交が正常化し、経済制裁が完全に解除されれば、両国にとって大きな経済的メリットがあるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

businessman02
内閣府の世論調査。個人か国かとの問いで、個人とする割合が過去最高に

 内閣府は2015年3月23日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。「国や …

nagunki
南軍旗撤去問題から考える、人種差別、地域主義、そして民主主義

 米国南部サウスカロライナ州の教会で黒人9人が射殺された事件をめぐり、州議事堂に …

pwr
原発再稼動が進み始めているが、三菱重工と日立の原発事業統合はどうなる?

 安倍政権が原発再稼動に向け着々と布石を打っていることから、電力システム部門の統 …

jisinmap
熊本は「安全地帯」で東北は「危険地帯」というサイトが出来上がってしまう理由

 熊本県は2016年4月20日、「東北は地震の危険地帯」などと記載していた熊本県 …

no image
ドイツの財政が絶好調。税収増加のカギは、やはり企業の競争力と経済成長にあり

 ドイツの財政状況が絶好調だ。2012年の税収(国と地方の合計)は6024億ユー …

ooigenpatu
大飯原発の停止要請をめぐる、政府と原子力委員会の「意味不明」

 唯一稼働中の原子力発電所である関西電力大飯原子力発電所をめぐって、政府と原子力 …

amari
賃上げ拒否にはペナルティという甘利氏の発言は日本に何をもたらすか?

 政府が賃上げを行わない企業に対する締め付けを厳しくしようとしている。甘利経済再 …

abe20130113
安倍首相の訪米を前に、与党内でTPPをめぐる動きが活発化

 安倍首相の訪米日程が近づいてきたことから、環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐ …

taiwankinendo
中国の台湾問題責任者が初の訪台。台湾の中国傾斜の背景にはTPP

 中国政府で台湾問題を担当する、国務院台湾事務弁公室の張志軍主任が2014年6月 …

taiwangakusei
様変わりする台湾の民主化運動。背景には中国の台頭と米国政治の変質がある

 台湾で中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠している問題は、いま …