ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

キューバで行われた米調査機関による非公式世論調査。その結果は?

 

 米国との国交正常化交渉が進むキューバで実施された「非公式」世論調査の結果が話題となっている。オバマ大統領を評価すると回答したキューバ人は80%にのぼり、ラウル・カストロ国家評議会議長の47%を大きく上回った。

 調査を実施したのは、米国の調査機関でキューバ政府の承認は得ていないという。キューバは1959年のキューバ革命以降、カストロ議長による独裁体制が長く続いていたことから、民主国家における世論調査に相当するものはほとんど行われていない。ある意味では、初めてキューバ国民の民意が明らかになったといえるだろう。

casutorofideru

 ラウル・カストロ氏に対する評価は、肯定的が47%で、否定的という回答が48%だった。ラウル氏の兄でキューバ革命のカリスマ的指導者であるフィデル・カストロ氏については、肯定的が44%、否定的が50%だった。キューバの革命政権に対しては評価が二分していることが分かる。
 また、国民の97%が米国との国交正常化の取り組みを支持しており、同様に96%が米国は対キューバ経済制裁を解除すべきだと回答している。

 米国の調査機関による非公式の調査であることから、結果は多少割り引いて考える必要があるが、興味深いのはキューバ人の率直な姿勢である。

 北朝鮮がその代表だが、キューバのような独裁国家の多くが、国民による相互密告制度を採用しており、プライベートな場であっても、体制批判を口にすれば即座に弾圧の対象となる。
 日本も軍部が台頭した大政翼賛会時代には、似たようなシステムを構築していた。今では、純粋なコミュニティの場になっているが、町内会はもともとそうした目的のために政府主導で作られたものである。このため、独裁国家の国民は、家庭の中でもホンネを言わないことが多い。

 非公式とはいえ、このような世論調査において、指導者に否定的な見解を示せる人が半数存在するというのは、キューバの実質的な経済解放がかなり進んでいることを示唆している。

 革命以前のキューバは、米国人にとって最大の海外リゾートであり、米国資本のカジノ・ホテルが建ち並んでいた。このため、もともと米国文化を受け入れる土壌がある。
 また、キューバは、カリブ海諸国の中でも文化水準が高く、市場開放後の潜在市場は極めて大きいといわれている。国交が正常化し、経済制裁が完全に解除されれば、両国にとって大きな経済的メリットがあるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

no image
TPPの議論は不毛。農業のグローバル化は想像以上に進んでいる

 世界の食料品マーケットがすごいことになっている。  福島原発以降、国産米の価格 …

merukeru00
ドイツ要人が相次いで日本の円安政策を批判。基本的には国内向けなのだが・・・

 ドイツのメルケル首相は24日、スイスのダボス会議において、日本が進める為替政策 …

koizumisinjiro
選挙対策か本気か?小泉進次郎議員らが社会保障の抜本改革を提言

 小泉進次郎議員ら、自民党の若手議員でつくる「2020年以降の経済財政構想小委員 …

romuni
ロムニー候補の支持率が急上昇した背景に、イスラエルロビーの猛プッシュあり

 米大統領選の共和党候補、ロムニー前マサチューセッツ州知事の支持率がTV討論会を …

abe201409
臨時国会冒頭解散・11月9日選挙という説が台頭。確実性はどの程度?

 安倍政権が9月29日に招集される秋の臨時国会冒頭で解散に踏み切るという話が永田 …

abe20150715
盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、 …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

no image
ヨーロッパ各地で独立運動が勃発。欧州統合は本当に可能なのか?

 ヨーロッパ各地で地域の独立運動に火が付いている。欧州統合とはまったく逆の流れで …

takemi
有権者も世代交代?自民党のサラブレット武見敬三氏が山本太郎氏相手に苦戦のワケ

 盛り上がりに欠けた参院選は事前の予想通り、自民党の圧勝となった。衆議院で過半数 …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …