ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日経平均2万円超え。その理由は?今後も株高は継続するのか?

 

 日経平均株価がとうとう2万円の大台を超えた。2015年4月10日の東京株式市場は、前日終値より52円高い1万9989円でスタートし、直後に一時2万円を突破した。2000年4月以来、約15年ぶりの2万円台回復となるが、基本的に米国の好景気のみに依存した株高であり、もう一段の上昇には少々ハードルが高いかもしれない。

tosho002

 日本の株価が上昇しているのは、自動車産業を中心に、米国の好景気の恩恵を受ける企業が増えたことが主な要因である。
 日本は基本的な産業構造をほとんど変えておらず、今でも製造業の業績が株価を大きく左右する。世界経済は、中国をはじめとする新興国が不調で、欧州は再建途上という状況であり、米国一人勝ちが続いている。

 2000年前後には、中国への輸出拡大に期待する声が大きかったが、中国向けの輸出は、最終製品として米国に再輸出されるケースが多く、実際の最終需要はやはり米国であった。
 米国はシェールガスブームの到来で、世界で最も安くエネルギーを調達出来る国となった。米国における製造コストは大幅に下がっており、多くの日本企業が米国に工場を建設している。中国向けの輸出が減っている背景にはこうした事情もある。

 このまま米国の景気拡大が続けば、輸出産業を中心に、さらなる業績の拡大が見込める。日経平均構成銘柄の株価収益率は約18倍と過熱感はなく、業績の伸びが順調であれば、もう一段の株高が期待できることになる。

 中長期的に米国経済が順調であることはほぼ確実だが、短期的には踊り場に差し掛かっているとの見方もある。
 米労働省が3日に発表した3月の雇用統計は、市場予想を大幅に下回り、市場関係者を驚かせた。結果的に米国の利上げ後退観測を強める形となり、株価にはそれほど影響していない。だが、労働市場に関する弱い指標が続くようだと、最終的には株価にも影響してくる可能性がある。

 ただ日本の株式市場には、良くも悪くも需給のアンバランスという事情がある。公的年金の株式シフトは今後も継続することになるので、まだ数兆円の買い余力が残っている。ゆうちょ銀行の運用を株式にシフトさせるという動きもあるので、これらの買いが続く限り、大きな売りは出てこない可能性がある。

 中期的には上昇余地が大きいと考えられるが、目先は2万円到達の達成感や米国景気に対する不透明感から売られる展開もあり得るだろう。ただ大きく下落した時には、公的年金などによるまとまった買いが入る可能性が高く、案外、株価は底堅いかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

yuseijoujou
郵政グループの売り出し価格決定。成長銘柄ではなく、配当銘柄として考えるべき?

 日本郵政グループが2015年11月4日に上場する。上場するグループ3社のうち、 …

panatuga
パナソニック決算。何とか出血状態から脱却したが、長期的方向性は示されないまま

 パナソニックは5月10日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前期比7% …

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …

abedabos201402
法人税引き下げが現実的に。だが税制上の不公平が解消されなければ効果は薄い

 安倍首相がダボス会議において法人税の実効税率の引き下げに言及したことで、政府与 …

recruit
リクルートがネット通販事業に参入。だが敵は楽天とアマゾンにあらず

 リクルートホールディングスは、来年3月をめどにインターネット通販事業に参入する …

teninjikyu
カリフォルニア州の最低賃金は1700円へ。日本は人手不足なのに賃金下落の不思議

 米カリフォルニア州議会は2016年3月28日、最低賃金(時給)を15ドル(17 …

amari
政府が正式にTPP交渉参加を表明へ。だが交渉は大詰めで時すでに遅しか?

 安倍首相は3月15日に、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉参加を正式 …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

kusuri
薬のネット販売規制解除へ。最高裁は常識ある判断を下した

 利権の温床、抵抗勢力の象徴といわれた薬のネット販売禁止措置がようやく廃止される …

imfasia
IMFがアジアの成長率見通しを公表。結局は中国頼みという構図が明らかに

 IMF(国際通貨基金)は4月29日、アジア太平洋地域の経済見通しを公表した。そ …