ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日経平均2万円超え。その理由は?今後も株高は継続するのか?

 

 日経平均株価がとうとう2万円の大台を超えた。2015年4月10日の東京株式市場は、前日終値より52円高い1万9989円でスタートし、直後に一時2万円を突破した。2000年4月以来、約15年ぶりの2万円台回復となるが、基本的に米国の好景気のみに依存した株高であり、もう一段の上昇には少々ハードルが高いかもしれない。

tosho002

 日本の株価が上昇しているのは、自動車産業を中心に、米国の好景気の恩恵を受ける企業が増えたことが主な要因である。
 日本は基本的な産業構造をほとんど変えておらず、今でも製造業の業績が株価を大きく左右する。世界経済は、中国をはじめとする新興国が不調で、欧州は再建途上という状況であり、米国一人勝ちが続いている。

 2000年前後には、中国への輸出拡大に期待する声が大きかったが、中国向けの輸出は、最終製品として米国に再輸出されるケースが多く、実際の最終需要はやはり米国であった。
 米国はシェールガスブームの到来で、世界で最も安くエネルギーを調達出来る国となった。米国における製造コストは大幅に下がっており、多くの日本企業が米国に工場を建設している。中国向けの輸出が減っている背景にはこうした事情もある。

 このまま米国の景気拡大が続けば、輸出産業を中心に、さらなる業績の拡大が見込める。日経平均構成銘柄の株価収益率は約18倍と過熱感はなく、業績の伸びが順調であれば、もう一段の株高が期待できることになる。

 中長期的に米国経済が順調であることはほぼ確実だが、短期的には踊り場に差し掛かっているとの見方もある。
 米労働省が3日に発表した3月の雇用統計は、市場予想を大幅に下回り、市場関係者を驚かせた。結果的に米国の利上げ後退観測を強める形となり、株価にはそれほど影響していない。だが、労働市場に関する弱い指標が続くようだと、最終的には株価にも影響してくる可能性がある。

 ただ日本の株式市場には、良くも悪くも需給のアンバランスという事情がある。公的年金の株式シフトは今後も継続することになるので、まだ数兆円の買い余力が残っている。ゆうちょ銀行の運用を株式にシフトさせるという動きもあるので、これらの買いが続く限り、大きな売りは出てこない可能性がある。

 中期的には上昇余地が大きいと考えられるが、目先は2万円到達の達成感や米国景気に対する不透明感から売られる展開もあり得るだろう。ただ大きく下落した時には、公的年金などによるまとまった買いが入る可能性が高く、案外、株価は底堅いかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …

suntorypuremoru
サントリーが新浪氏のトップ就任に合わせて組織改編。とうとうビール部門が独り立ち

 サントリーホールディングスは2014年9月25日、ビール事業の分離などを柱とす …

kabuka
アベノミクスによる株高はいつまで続くのか?もしバブルだというならこんなレベルじゃない

 アベノミクスによる株高に証券市場は沸いている。経済誌などでは「本格的な上昇相場 …

robotokontest
米ロボット・コンテストは日本勢振るわず。背後に垣間見えるグーグルの影

 米国防総省の国防高等研究局(DARPA)が主催するロボット・コンテストの決勝戦 …

businessman02
消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大

 2013年11月13日に公表予定の7~9月実質GDPの数値は、好調だった4~6 …

suntory
サントリーが本体ではなく子会社を上場。経営権は手放したくないがカネだけは欲しいらしい

 サントリーホールディングスは主力子会社で清涼飲料事業を手がけるサントリー食品イ …

factory06
国内の設備投資は見かけ上増加。だが季節調整済みではマイナスに

 財務省は2014年3月3日、2013年10~12月期の法人企業統計を発表した。 …

summly
まさに地殻変動!16歳のIT少年が簡単に1億円を集め、28億でYahooに技術を売却!

 米Yahooは2013年3月25日、ニュース要約アプリ「Summly」を買収す …

gpifhiritsu201406
公的年金の株式シフトが前倒しスタート。一部からは利益の先取り懸念も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2014年8月2 …

bouekitoukei201306
6月の貿易収支は円安効果で赤字縮小。だが産業構造の変化で数量減少は止まらず

 財務省は7月24日、6月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …