ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ローマ法王がトルコによるアルメニア人殺害を批判。EU加盟はさらに絶望的に?

 

 カトリック教会のフランシスコ法王が、オスマン・トルコ帝国で多数のアルメニア人が殺害された事件について「ジェノサイド(大量虐殺)」と表現したことが波紋を呼んでいる。トルコ政府は激しく反発しているが、トルコのEU加盟問題に関連し、民主国家としての成熟性が問われているときだけに、この問題は尾を引きそうだ。

furansisicohouou02

 フランシスコ法王は2015年4月12日、バチカンのサン・ピエトロ大聖堂で行われたミサにおいて、100年前に発生したオスマン・トルコによるアルメニア人虐殺について「20世紀最初のジェノサイドと広く認識されている」と述べた。
 トルコ政府は激しく反発しており、駐バチカン・トルコ大使を召還すると発表している。

 この事件は、100年前の1915年、現在のトルコの前身であるオスマン・トルコ帝国の少数派であったアルメニア人が、強制移住、虐殺などにより死亡したというもの。これについては様々な見解があるが、計画的なジェノサイド(大量虐殺)とする見方は根強い。トルコ政府は、一貫してオスマン帝国による組織的な関与は否定している。

 こうした問題は多くの国に存在しているものだが、今回の発言は欧州の政治力学に大きな影響を与える可能性がある。というのも、トルコはかねてからEU加盟を切望しているが、人権問題などが障害となり、いまだにEU加盟を実現できていないからである。

 ドイツやフランスは、エルドアン政権の汚職問題やデモへの暴力的な弾圧など、トルコの非民主的な側面を懸念しており、加盟になかなかゴーサインを出していない。
 欧州のキリスト教社会に絶大な影響力を持つカトリック教会が、トルコの未解決の歴史問題に言及したことで、トルコに対するイメージがさらに低下する可能性がある。
 フランシスコ法王は昨年11月にも、「EUはあまりにも官僚主義的になっている」と述べ、公務員の権限が肥大化し機能不全に陥っているEUの現状について批判している。

 今回の発言がトルコのEU加盟問題に影響を及ぼすことになれば、カトリック教会のEUに対する発言力はさらに強まることになる。
 この動きがEUのヨーロッパ的なものへの回帰を示すものなのかはまだ分からない。だがトルコのEU加盟が果たせないということになれば、EUの普遍的な理念は後退し、旧来のヨーロッパ主義が復活したとの印象がより強まることになるだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

kimujonun04
北朝鮮が核実験を強行した本当の理由とは?水面下で米朝交渉が進展?

 北朝鮮が3回目の核実験に踏み切ったことで、周辺諸国や国連は北朝鮮に対する制裁に …

asahishazai
一連の朝日新聞批判。日本人はやっぱり大手マスコミが大好き

 朝日新聞社の木村伊量社長は2014年9月11日、記者会見を行い、東京電力福島第 …

renzi
イタリア政局混迷再び。新首相候補レンツィ氏は爽やか系チョイ悪オヤジ

 イタリアの政局が再び混迷の度合いを高める可能性が高まってきた。1年ほど大連立政 …

no image
5月に行ったばかりなのに、クリントン国務長官が再び訪中。

 米国のクリントン国務長官が中国を訪問している。同長官は今年5月にも訪中しており …

rarogo
発射延期となった韓国初の人工衛星搭載ロケット。実はほとんどがロシア製

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号」の打ち上げが延期となった。発射の直前にガ …

no image
オイルマネーがフランスの貧困地区整備事業に進出。是非を巡って議論噴出

 フランスでは、オイルマネーを使って貧困地区整備事業を行うプランが浮上し話題とな …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

kazoku
出生率に関する内閣府の研究結果。伝統的価値観は出生率向上にあまり寄与せず?

 内閣府は8月30日、家族の価値観と出生率に関する研究結果を発表した。伝統的な家 …

bigben
ロシアと敵対しても金融街へのアクセスを禁止しようとしない英国の高度な戦略

 ウクライナの内政にロシア軍が介入している問題について、米国やEUは部分的な制裁 …

barclay
LIBOR問題が刑事事件に発展。これは英国と米国の金融覇権をめぐる争いだ!

 英国の重大不正捜査局は11日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR、通称ラ イボ …