ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ローマ法王がトルコによるアルメニア人殺害を批判。EU加盟はさらに絶望的に?

 

 カトリック教会のフランシスコ法王が、オスマン・トルコ帝国で多数のアルメニア人が殺害された事件について「ジェノサイド(大量虐殺)」と表現したことが波紋を呼んでいる。トルコ政府は激しく反発しているが、トルコのEU加盟問題に関連し、民主国家としての成熟性が問われているときだけに、この問題は尾を引きそうだ。

furansisicohouou02

 フランシスコ法王は2015年4月12日、バチカンのサン・ピエトロ大聖堂で行われたミサにおいて、100年前に発生したオスマン・トルコによるアルメニア人虐殺について「20世紀最初のジェノサイドと広く認識されている」と述べた。
 トルコ政府は激しく反発しており、駐バチカン・トルコ大使を召還すると発表している。

 この事件は、100年前の1915年、現在のトルコの前身であるオスマン・トルコ帝国の少数派であったアルメニア人が、強制移住、虐殺などにより死亡したというもの。これについては様々な見解があるが、計画的なジェノサイド(大量虐殺)とする見方は根強い。トルコ政府は、一貫してオスマン帝国による組織的な関与は否定している。

 こうした問題は多くの国に存在しているものだが、今回の発言は欧州の政治力学に大きな影響を与える可能性がある。というのも、トルコはかねてからEU加盟を切望しているが、人権問題などが障害となり、いまだにEU加盟を実現できていないからである。

 ドイツやフランスは、エルドアン政権の汚職問題やデモへの暴力的な弾圧など、トルコの非民主的な側面を懸念しており、加盟になかなかゴーサインを出していない。
 欧州のキリスト教社会に絶大な影響力を持つカトリック教会が、トルコの未解決の歴史問題に言及したことで、トルコに対するイメージがさらに低下する可能性がある。
 フランシスコ法王は昨年11月にも、「EUはあまりにも官僚主義的になっている」と述べ、公務員の権限が肥大化し機能不全に陥っているEUの現状について批判している。

 今回の発言がトルコのEU加盟問題に影響を及ぼすことになれば、カトリック教会のEUに対する発言力はさらに強まることになる。
 この動きがEUのヨーロッパ的なものへの回帰を示すものなのかはまだ分からない。だがトルコのEU加盟が果たせないということになれば、EUの普遍的な理念は後退し、旧来のヨーロッパ主義が復活したとの印象がより強まることになるだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

sakuranomiya
桜宮高校バスケ部の自殺問題はルール不在という日本社会の不透明性を象徴している

 大阪市立桜宮高校バスケットボールの男子生徒が自殺した問題で、学校側が自殺の4日 …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

seifusenyouki
安倍首相が米国訪問に出発。日本側だけが大はしゃぎで米国側は無関心

 安倍首相は21日夕方、オバマ大統領との首脳会談を行うため、政府専用機で首都ワシ …

sekitankaryoku
政府が石炭火力の増設に政策転換。今まで日本が世界からダマされていことが明らかに

 政府はこれまでの方針を見直し、石炭火力発電の新増設の推進にかじを切る。日本経済 …

mothers
従来の説はほとんどウソだった。日本でベンチャー企業が発達しない本当の理由。

 日本でベンチャー振興が叫ばれてから久しいが、一向にベンチャー企業が盛り上がる気 …

iiss01戚建国
中国が米中首脳会談を控え、領有権問題に対する態度を軟化?

 英国際戦略研究所(IISS)は5月31日から3日間の日程で、アジア安全保障会議 …

shukinpei07
中国政府がとうとう戸籍問題の改革に着手。中国の統治は大きな岐路に

 中国が長年の懸案事項であった戸籍改革に乗り出す。中国政府は2014年7月30日 …

berurusukoni
イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相が「欧州危機はドイツの陰謀」と絶叫!

 「イタリアの暴れん坊」「イタリアの種馬」といった異名を持つベルルスコーニ元首相 …

obamaparitero
世界の警察官であることをやめるという米国の外交戦略はテロでどう変わのか?

 過激派組織「イスラム国(IS)」による大規模なテロが発生したことが、オバマ政権 …

nougyouyushutu
国内版ワーホリに批判殺到。地方の労働市場はもはや市場メカニズムを放棄?

 総務省が、都市部の学生や若手社員が長期休暇を利用して地方で働く「ふるさとワーキ …