ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

クリントン前国務長官が出馬表明。知名度抜群だが、政策面での不安も

 

 民主党のヒラリー・クリントン前国務長官は2015年4月12日、インターネットのビデオ・メッセージを通じて2016年の大統領選挙への立候補を正式に表明した。民主党内では最有力候補とみなされており、もし当選すれば、米史上初の女性大統領となる。

hirari

 クリントン氏は、圧倒的な知名度と国務長官としての実績があり、選挙資金も豊富といわれる。オバマ政権は民主党なので、次の選挙は共和党が有利となるが、人物面においては、党内の指名獲得競争はもちろんこと、対共和党という点でも優位に立てる可能性がある。

 だが政策面では、かなりの不安材料があるのも事実だ。立候補を表明したビデオ・メッセージは控えめな演出となっており、本人が登場するのはかなり後になってからである。
 それまでは、典型的な米国の中間層の人たちに加え、同性愛者やヒスパニック系など、マイノリティを多数登場させており、全体的にはリベラルなトーンとなっている。
 また人権問題に熱心であることや、国務長官時代に中国の人権問題に言及したことなどから、いわゆる人権外交を展開するのではないかとの見方もある。

 だがこうしたリベラルなスタンスは、必ずしも選挙戦で有利に働くとは限らない。オバマ政権のリベラルなスタンスを支持していた層からは引き続き支援を得られる可能性が高いものの、オバマ政権が不人気な政権であるのも事実だ。
 オバマ政権との違いを鮮明にできない場合、これがマイナスに作用する可能性もある。当然、共和党はこうした部分について執拗に攻撃してくるだろう。

 この状況は、実は間接的にクリントン氏が経験してきたことでもある。夫のビル・クリントン氏が大統領に就任した時がまさにそうであった。

 初期クリントン政権はリベラル色が強く、中国に対しても人権外交の展開を試みたもの、対中融和派からの反対が強く、結局外交方針を180度転換している。また、ヒラリー氏はファーストレディとして、国民皆保険制度の導入を推し進めたが、最終的にはこの政策を撤回した。

 ビル・クリントン氏は、風見鶏的なところがあり、良くも悪くも、その「軽さ」が真骨頂であったことから、政策の迷走は大きなダメージにはならなかった。
 だが、知的で多少傲慢なイメージのあるヒラリー氏の場合、そうはいかない可能性が高い。政策の迷走が選挙戦の致命傷になる可能性は十分にある。

 ちなみに、共和党では、ブッシュ元大統領の実弟ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事も立候補を表明しているが、ブッシュ氏も同様のジレンマを抱えているといわれる。
 ブッシュ氏は中道だが、共和党の予備選で勝利するためには、保守派の得票がカギになる。圧倒的な知名度がありながら、政策面でのリスクを抱えると言う点では同じである。

 クリントン氏とブッシュ氏が抱える悩みは、民主党対共和党、リベラル対保守という単純な図式では割り切れなくなった米国社会の現状を反映しているといえるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

koumuinshukusha
公務員宿舎の賃料アップは当初予定の2倍から1.5倍に後退。その理由は?

 財務省は、民間より割安だと批判されている国家公務員宿舎の家賃について、全体の値 …

kankokugenpatu02
韓国の原子力産業に暗雲。相次ぐ原発トラブルと米韓交渉決裂で再処理も不可能に

 韓国で再び原子力発電所のトラブルが発生している。慶州市にある新月城原発1号機が …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

asean20141114
韓国が日中韓首脳会談の開催に言及。実現に向けて調整が始まっているが・・・

 約2年半ぶりに日中首脳会談が実現したことで、日中、日韓の外交が大きく動き出す可 …

tppatlantagoi
TPP交渉がようやく決着へ。各国の国内事情から実質的には来年以降のスタート

 米アトランタで開催されていたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が …

rokkasho01
再処理施設の稼働に米国が懸念?核物質蓄積には何らかの説明が必要

 青森県六ヶ所村の核燃料再処理施設の稼働開始を控え、米国が日本に対してプルトニウ …

gun
米国で思いのほか銃規制が進まないのは、実は米国が安全な国になっているから

 米国コネティカット州で起きた銃乱射事件に関してオバマ米大統領は16日、再発防止 …

kaiho
ODAを使った新造巡視船のベトナム供与。場合によっては本末転倒にも

 政府は、中国と領有権争いをしているベトナムに対して、ODA(政府開発援助)を使 …

carlos
カルロス国王次女の脱税疑惑をきっかけに、スペインは過去の呪縛に挑戦する

 スペインのファン・カルロス国王の次女クリスティーナ王女が、脱税と資金洗浄(マネ …

family3nin
課税対象の「個人」から「世帯」への見直しは、アベノミクスにも逆行する

 政府は少子化対策のひとつとして、所得税の課税対象を「個人」から「世帯」に変更す …