ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFの最新世界経済見通し。ドル高と原油安で米国成長率を下方修正

 

 IMF(国際通貨基金)は2015年4月14日、最新の世界経済見通しを発表した。2015年の世界経済の成長率見通しは、物価変動の影響を除いた実質でプラス3.5%となり、1月時点の見通しと同じだった。
 一方、米国は0.5ポイント下方修正されプラス3.1%となった。全世界が米国経済に頼っている状況だったが、米国がその負担に耐えられるかに注目が集まっている。

keizaimitoshiimf

 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表している。また7月と1月には、各見通しの修正を行っている。
 前回1月の見通しでは、欧州と日本の景気が悪いことや、中国の成長率が低下していることから、世界成長率の見通しが下方修正された。一方、米国は0.5ポイントの上方修正となり、米国一人勝ちの状況が鮮明となっていた。

 今回の見通しでは、全世界の成長率には変化がなかったものの、頼みの綱であった米国の成長率が引き下げられることとなった。ドル高が進展したことや、政策金利が引き上げられる公算が高まったことなどが主な原因。

 原油価格の下落は、全体的にはプラスの影響をもたらすとIMFではみており、欧州や日本は逆に成長率が上方修正された。欧州は0.3ポイント上昇してプラス1.5%、日本は0.4ポイント上昇してプラス1.0%であった。

 日本や欧州は、基本的に原油を消費するだけなので、原油安は基本的に経済にプラスに作用する。だが米国はシェールガスの開発によって、世界最大の産油国のひとつとなっており、原油価格下落にはデメリットもある。
 当面はシェールガスの減産など産油国としてのマイナス面が顕著になることに加え、ドル高が進んでいることで、輸出企業の採算が悪化している。賃金が思いのほか上昇しておらず、状況の改善にはしばらく時間がかかるだろう。

 米国経済が基本的に好調であるという図式は変わらないが、全世界の景気低迷を米国がすべて引き受けるという楽観シナリオについては、少し慎重になった方がよいかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …

interu
アップル、インテルなどIT各社が良好な決算。世界経済は回復局面?

 IT企業各社による好調な決算が続いている。背景となっているのはグローバルな景気 …

officebuiding
とうとう不動産市況が上向く?都心部のオフィス空室率が低下したが・・・・

 不動産仲介の三鬼商事は7日、東京都心におけるオフィスの空室状況を発表した。1月 …

tenanmon
中国のジニ係数は依然として高水準。政府統計と実態の乖離も継続中

 中国の所得格差が依然として高い水準にあることが、北京大学やミシガン大学を中心と …

rajoy
フランスやスペインで失業率がさらに悪化。緊縮路線はもう限界か?

 欧州の失業率がさらに悪化している。スペイン国家統計局4月25日に発表した第1四 …

bouekitoukei201402
2月の貿易収支は先月の反動で改善。今後の焦点は日本人の購買力

 財務省は2014年3月19日、2月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

no image
港区から外国人ビジネスマンの姿が消え、公務員が激増中

 東京都港区の高級オフィス街の風景が激変している。 これまで外資系企業などの入居 …

manshonkinri
マイナス金利にもかかわらずメガバンクに住宅ローン金利引き上げの動き

 マイナス金利政策が続いているにもかかわらず、メガバンク各行が住宅ローンの引き上 …

cupnoodle
円安をきっかけに各業界で値上げ続々。輸入価格主導でもう一段の物価高に

 急速に進行した円安をきっかけに各業界で続々と値上げが発表されている。輸入物価の …

softbankarm
ソフトバンクが英ARMを3.3兆円で買収。最終的な狙いは純粋な投資?

 ソフトバンクグループは2016年7月18日、英国の半導体設計大手アーム・ホール …