ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFの最新世界経済見通し。ドル高と原油安で米国成長率を下方修正

 

 IMF(国際通貨基金)は2015年4月14日、最新の世界経済見通しを発表した。2015年の世界経済の成長率見通しは、物価変動の影響を除いた実質でプラス3.5%となり、1月時点の見通しと同じだった。
 一方、米国は0.5ポイント下方修正されプラス3.1%となった。全世界が米国経済に頼っている状況だったが、米国がその負担に耐えられるかに注目が集まっている。

keizaimitoshiimf

 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表している。また7月と1月には、各見通しの修正を行っている。
 前回1月の見通しでは、欧州と日本の景気が悪いことや、中国の成長率が低下していることから、世界成長率の見通しが下方修正された。一方、米国は0.5ポイントの上方修正となり、米国一人勝ちの状況が鮮明となっていた。

 今回の見通しでは、全世界の成長率には変化がなかったものの、頼みの綱であった米国の成長率が引き下げられることとなった。ドル高が進展したことや、政策金利が引き上げられる公算が高まったことなどが主な原因。

 原油価格の下落は、全体的にはプラスの影響をもたらすとIMFではみており、欧州や日本は逆に成長率が上方修正された。欧州は0.3ポイント上昇してプラス1.5%、日本は0.4ポイント上昇してプラス1.0%であった。

 日本や欧州は、基本的に原油を消費するだけなので、原油安は基本的に経済にプラスに作用する。だが米国はシェールガスの開発によって、世界最大の産油国のひとつとなっており、原油価格下落にはデメリットもある。
 当面はシェールガスの減産など産油国としてのマイナス面が顕著になることに加え、ドル高が進んでいることで、輸出企業の採算が悪化している。賃金が思いのほか上昇しておらず、状況の改善にはしばらく時間がかかるだろう。

 米国経済が基本的に好調であるという図式は変わらないが、全世界の景気低迷を米国がすべて引き受けるという楽観シナリオについては、少し慎重になった方がよいかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

aribabakinyu
シャドーバンキングといっても幅が広い。アリババや百度でも扱っている。

 中国では、いわゆる影の銀行(シャドーバンキング)による過剰融資が大きな問題とな …

hasimoto2
維新の会が驚愕の選挙公約を明らかに。その恐ろしい内容とは?

 日本維新の会の次期衆院選に向けた驚くべき公約案が明らかになった。26日産経新聞 …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

no image
米国の大手書店でカード読取機が改ざん。カード情報が不正に流出

 米国の書店大手バーンズアンドノーブルは24日、全米の63店舗でカード読取装置が …

tokkyoshou
特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが …

japandisprei
事実上のジャパンディスプレイ救済策。今度は有機EL事業を統合

 国策ディスプレイ・メーカーであるジャパンディスプレイ(JDI)は2016年12 …

sasagotonneru
日本の公共インフラはボロボロ?中央道で天井崩落。無謀な公共投資のツケか?

 中央自動車道の笹子トンネル(全長4455メートル)で2日、コンクリート製の天井 …

blackberry10
起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナ …

pekindaigaku
中国で大学入学試験が終了。だが無事入学、卒業しても厳しい就職難が待ち受けている

 受験競争が激しい中国では、大学の入学試験は一大イベントとなっている。6月8日に …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …