ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15兆円に達したと発表した。需給ギャップは、日本経済全体の需要と潜在的な供給力の差のことを指す。現在の労働力や生産設備で理論的に生み出せるGDPに対して、現実のGDPがどの程度の水準なのかを示す指標。需給ギャップの差が大きいほど、需要が少なくデフレになりやすいことを意味している。需給ギャップがマイナスになるのはリーマン・ショックが起きた2008年以降、17四半期連続。

 要するに日本経済は本来達成できるはずのGDPに対して15兆円分も実績が少ないということである。リーマンショック以降この受給ギャップは、公共投資などの景気対策、日銀への緩和圧力、円高回避の為替介入など、ありとあらゆる経済、金融政策の理論的根拠となってきた。

 だが需給ギャップという指標に頼りすぎるのは実はたいへん危険なことである。受給ギャップには重大な欠点がある。それは過去のパターンしか踏襲できないという理論的限界である。

 GDPの理論値というとなにやら複雑で立派そうな雰囲気が漂うが、フタを開けてみればあっけないほど簡単だ。経済学においてGDPを決定する要素は、実は「人口」と「設備投資」の2つしかないのである。しかも設備投資は各年のGDPの一定割合が設備投資に回ると仮定するだけなので、厳密にはGDPを決める要素は「人口」しかない。つまり人口が増えている国はGDPが成長し、人口が減る国はGDPが減少する。ただそれだけのことである。 
 エコノミストや経済学者など、いわゆる「専門家」と称する人は、このことについて決して口にしない。難しい用語を並べ立てて、難しそうに見せているだけで実は小学生でもできる計算しかしていないということを覆い隠すためだ。

 もちろん現実はもう少し複雑だ。基本的にGPDは人口で決まるのだが、時として人口の伸び以上にGDPが成長することがある。もしそのような現象が観察されたら、その分は「技術革新」があったと後付けで解釈するとルール上決められている。
 日本はこれまで人口の伸び以上にGDPが成長してきたが、それは技術革新があったからだと後講釈で解釈されているのである。

 話を需給ギャップに戻すと、理論的なGDPというのは、過去と同様の技術革新が今後も続いたと「仮定」して、人口の伸びからGDPを推計するという方法がとられる。この数値をいじるのは簡単で、過去の技術革新がどの程度かという「仮定」を調整したり、GDPの何%が設備投資に回るのかと言う「仮定」を変更すればよい。

 日本は高度成長の時代は終わっており、過去と同じような技術革新が継続するなど、常識的に考えてあり得ない。だとすると、需給ギャップが拡大しているのではなく、過去の高度成長を前提に仮定された潜在GDPの数値がそもそも実現不可能と考える方が自然だ。需給ギャップなどもともと存在しておらず、現在の状態が目一杯というわけである。

 本来は実現できるはずのない「まぼろし」の数字を掲げ、不毛な経済対策を繰り返しているのだとしたら、これほどバカバカしい話はない。
 日本は今後さらに人口が減少し、GDPはますます低下していく。減少する人口を補って余りある経済成長を実現するには、画期的な水準の技術革新が必要となる。そのためには、日本の産業構造を根本的に入れ替えなければ実現は不可能だろう。それこそ、大企業などは一旦すべて解体し、全員が失業してゼロからやり直すくらいの覚悟が必要となる。

 日本人にその覚悟はあるだろうか?もしないのであれば、「まぼろし」のGDPを追い求めることなどやめて、率直に貧しくなっている現実を受け入れるべきである。

 - 政治, 経済

  関連記事

satsutaba
甘利氏の金銭スキャンダル。政治家への資金はどのようにして手渡されるのか?

 国会では、金銭授受疑惑が持ち上がっている甘利経財相に対して質問が集中している。 …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

bishonbu
通貨マフィアのディナー?教科書にも載っていない量的緩和策が突然メジゃーになったワケ

 国際決済銀行(BIS)本部で開かれる各国の中央銀行総裁による非公式の夕食会が、 …

ichimanen
内閣府が中長期財政試算を発表。前回試算よりも状況が改善している理由

 内閣府は2014年1月20日、経済財政に関する中長期の試算を公表した。国際公約 …

jrkyushu
JR九州の株式上場計画。政府支援の是非など、克服すべき課題が山積

 九州旅客鉄道(JR九州)が2016年度中の株式上場に向けて動き出した。だが、完 …

no image
中国向けの輸出が失速し北米と再逆転。だが事態はもっと深刻である!

 日本の輸出先としての中国の存在感が低下している。  財務省が発表した2012年 …

abccook
携帯電話登場から約30年。ドコモとソフトバンクの立場は180度変わってしまった

 NTTドコモとソフトバンクの戦略の違いが鮮明になってきている。2013年9月の …

abe20150715
盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、 …

brics
BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフ …

pakukuneshukinpei
朴槿恵大統領が中国を訪問し習主席と会談。中韓の親密ぶりが際立つ

 韓国の朴槿恵大統領は6月27日、中国を訪問し習近平国家主席と会談した。両首脳は …