ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インテル1~3月期決算。データセンター好調も、IoTはまだまだ途上

 

 半導体世界最大手の米インテルは2015年4月14日、2015年1~3月期の決算を発表した。売上高は前年同期比横ばいの127億8100万ドル(約1兆5300億円)、純利益は前年同期比3.2%増の19億9200万ドル(約2390億円)だった。
 パソコン需要が低迷しており、データセンター向けの製品がこれをカバーする図式が継続している。同社が成長分野と位置付けるIoT(モノのインターネット)はまだ業績に貢献する段階に達していない。

intelbaytrail

 同社はかつてパソコン向けのMPU市場で独占的な地位を占め、IT業界のリーダーであった。しかし、パソコンからスマホへのシフトに乗り遅れ、スマホ向けのMPUではほとんどシェアを取れなかった。
 スマホ向け市場からは実質的に撤退した状態となっており、決算のセグメントについても同分野は消滅し、パソコン向け事業に統合された。

 パソコン需要は引き続き低迷が続いており、同社製品のパソコン向け販売も減少傾向が続いている。一方、データセンター向けは引き続き好調であり、スマホ向けやPC向けが不振であるにも関わらず、同社は安定的に高い収益を維持している。

 同社は今後の新しい収益源として、IoT分野に注力するとしている。IoT分野は前年同期比11%増と売上げは拡大しているが、全体に占める割合は4%とまだ小さい。この先もう一段の利益成長を見込むには材料不足である。

 同社の株価は、スマホ向け製品からの撤退を期待して2014年前半から上昇が始まっており、26ドル前後だった株価は2014年12月には38ドルになっていた。だが、利益成長の鈍化が予想されるようになってからは、再び30ドル前後まで下落している。

 同社では、2015年の設備投資も1割程度減らす方針を明らかにしており、縮小均衡が続く可能性が高くなってきた。同社がもう一段の成長軌道に乗るまでには、しばらく時間がかかりそうだ。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

abenaikaku3ji
第3次安倍内閣が発足。経済最優先だが、再度の追加緩和頼み?

 第3次安倍内閣が本格的なスタートを切った。安倍首相は発足後ただちに財界に対して …

jinminginkou
中国人民銀行が預金準備率引き下げ。いずれ量的緩和に追い込まれる?

 中国の景気減速がはっきりしてきたことで、金融市場にもこれに付随した動きが見られ …

kamotsusen
FTA締結のメリットをまったく享受できない韓国。日本はTPPの影響をどう考えるべきか?

 各国と相次いでFTA(自由貿易協定)を締結してきた韓国において、消費者がその恩 …

caterpillar002
世界の景気指標であるキャタピラー決算から見る、2015年の動向

 米建設機械大手のキャタピラーは2015年1月27日、2014年10~12月期の …

kokubohakusho
中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?

 中国政府は4月16日、国防白書を発表した。アジア太平洋地域に対する軍事的シフト …

wallst02
米独の金利が急上昇。とうとう超低金利時代が終了するサインなのか?

 このところ米国と欧州の金利が急上昇している。極限まで進んでいた低金利に対する一 …

presskiki
企業はまだまだ設備投資に慎重。アベノミクスも最後は米国頼み?

 昨年末から円安と株高が進み、国内の景気見通しも徐々に改善してきているが、企業は …

shirakawae
インフレ目標を頑なに拒否する日銀。その主張に説得力がない本当のワケとは?

 日銀の白川総裁は12日都内で会見し、インフレターゲットの導入について「物価も賃 …

alibaba
アリババはコスト増加で利益減少。同社の競争環境は厳しくなってきた

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年5月7日、2015年1~3 …

munyutin
反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大 …