ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

今年の春闘も昨年に引き続き高い伸び。全体への波及効果はどのくらいか?

 

 経団連は2015年4月16日、2015年の春闘について1次集計を取りまとめた。ベースアップ(ベア)と定期昇給をあわせた賃上げ率は2.59%となり、17年ぶりの高い伸び率となった。最終的な集計の数字はこれよりも減少する可能性があるが、昨年に引き続き、大企業を中心に高い水準の賃上げが実現しそうである。

 kyuyomeisai02 調査は従業員500人以上の企業を対象に実施。自動車を中心に業績好調な製造業がベアに踏み切ったことで、全体の賃上げ水準の上昇につながった。製造業の平均は2.64%、非製造業の平均は2.06%であった。

 本来、賃金に関する交渉は労使間で行うものだが、現在の労働組合や財界は機能不全を起こしており、自律的な交渉ができない状態にある。
 政府は一昨年から、政府、経済団体、労働団体の代表らが、雇用や賃金について話し合う政労使会議を開催しており、政府が音頭を取って賃上げを企業に対して要請している。

 昨年末の会議では、一昨年と同様、合意文書がまとめられ、「経済界は、賃金の引き上げに向けた最大限の努力を図る」と明記された。事実上の賃上げ確約であり、財界はこれに基づいて今年の春闘でも大幅な賃上げに踏み切った。

 ただ、政府からの要請を受け入れ、賃上げを行っているのは主に大企業である。労働者全体のうち、中小企業に所属している人は半数以上にのぼるため、大企業だけが賃上げを行っても、賃金全体はそう簡単には上昇しないのが現実だ。

 今年2月に厚労省が発表した毎月勤労統計では、2014年の所定内給与は前年比横ばいという結果だった。しかし、4月の最新の統計では、前年比マイナス0.4%に下方修正されている。大企業が2%以上の賃上げを行っても、やはり全体の賃金はマイナスであったことを考えると、今年の春闘がもたらす効果も限定的かもしれない。

 もっとも足元では別の動きもみられる。2月の非正規社員数は1974万人と、前年同月と比較して15万人の減少となる一方、正社員の数は58万人増加した。ここ数年、一貫して非正規社員の増加が続いてきたことを考えると、注目すべき傾向といえる。
 若年層を中心に企業の人手不足が深刻化していることから、正社員への転換を進めた企業が多かったと考えられる。

 正社員の給与は非正規よりも高いので、正社員化が進めば全体の賃金も上昇する可能性がある。ただ、企業としては人件費総額を抑制したいと考えるので、正社員が今後も増加すると、逆にこれが賃上げのブレーキになる可能性もある。

 全体的には明るさが見えてきているものの、労働者全体の賃金が上昇する状態になるまでには、まだ時間がかかるだろう。賃金上昇のカギとなるのが、深刻な若年層労働者の不足というのは何とも複雑である。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

ana787
ボーイング787のトラブルは本当にバッテリーなのか?下請けに甘んじる日本の悲しい現実

 米連邦航空局(FAA)は16日、全日空が所有するボーイング787がバッテリーの …

abeaso
見かけ上?好調なGDPの数値から、安倍政権内部で消費増税先送り論が台頭。

 2013年1~3月期の国内総生産(GDP)の数値が好調だったことから、参院選を …

kokusaishushi201312
国際収支を見れば、日本の輸出不振は1990年代から始まっていた事が分かる

 財務省は2014年2月10日、2013年12月の国際収支を発表した。最終的な国 …

virgin
英ヴァージン社が宇宙船のテスト飛行に成功。真の狙いは宇宙開発事業の請負?

 英ヴァージン・グループ傘下の宇宙旅行会社「ヴァージン・ギャラクティック」は4月 …

no image
中国版イエズス会?中国語を世界に普及させる「孔子学院」が米国を席巻!

 中国語や中国文化の宣伝や普及を目的とした中国の教育機関が米国の教育界を席巻し、 …

passport
中国のパスポート領土表記問題。ベトナムが猛抗議するも現場では小遣い稼ぎをする輩も

 新しく発行が始まった中国のパスポートが大きな波紋を呼んでいる。パスポートに記載 …

jogmec
メタンハイドレートから天然ガスの採取に成功。だがあえて厳しいことを言えば・・・

 政府は3月12日、愛知・三重県沖の海底にある「メタンハイドレート」から天然ガス …

caperay
シリア化学兵器の最終処理は何と洋上。川崎重工製の輸送船がプラントに早変わり

 シリアの化学兵器引き渡しに関する最終期限が迫っている。国際機関はシリアからすみ …

dappokusha
脱北者が北朝鮮に戻る事例が韓国で多発。北朝鮮による脅迫と懐柔の両面策

 北朝鮮から脱出し、韓国に一度は定住したいわゆる脱北者が、ふたたび北朝鮮に戻って …

uscapitol
米中間選挙は共和党勝利で驚きはなし。経済や株価にはプラスか?

 米国では2014年11月4日、中間選挙が実施され、大方の予想通り共和党の勝利と …