ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

バーナンキ氏がヘッジファンドに転職。ブログでの発言にさらに注目が

 

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長が、米大手ヘッジファンドのシニア・アドバイザーに就任することが明らかとなった。このところバーナンキ氏のブログが市場で話題となっているが、ヘッジファンド入りすることで、同氏の発言にはさらに注目が集まることになる。 bananki 同氏をシニア・アドバイザーとして迎えるのは、米大手ヘッジ・ファンドのシタデル・インベストメント・グループ。創設者のケネス・グリフィン氏は、大学在学中から金融工学を駆使したファンドを設立し、大金を稼いでいたという伝説の人物である。
 リーマンショック後は一時、資産額を大きく減らした時期もあるが、その後、回復し、現在では250億ドル(約3兆円)もの資金を運用している。

 市場関係者が注目している理由は、バーナンキ氏が最近ブログを開設し、自らの見解を積極的に開示していることに加え、就任したのが、金融機関ではなくヘッジファンドだからである。
 リーマンショック後、米国は金融機関に対する監督を強めている。もしバーナンキ氏が金融機関に再就職した場合、前議長という立場から厳しい利益相反規定が課せられる可能性がある。

 だが、ヘッジファンドにはそのような規制はなく、自由に行動することが可能となる。逆にヘッジファンドに所属しているということになると、ポジション・トーク(自らの投資戦略に有利になるよう発言すること)を行う可能性も出てくるが、それでも、投資家にとっては魅力的だ。

 バーナンキ氏はこのところブログを通じて、サマーズ元財務長官が主張する、米国は長期の停滞に入りつつあるという説について否定的見解を示している。ヘッジファンドに所属する人物として、今後、バーナンキ氏がどのような発言を行うのか要注目といえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

r&d
知識産業化を背景に米欧でGDPの新基準導入が進む。日本は2016年がメド

 米政府は2013年からGDPの計算方法を見直す。これまで費用として処理していた …

office
待遇がよい正社員ほど不満タラタラ。人材会社のアンケート結果が示す意外?な結果

 大手人材サービス会社のエンジャパンが自社サイトの利用者に対して行った、月収とそ …

wakamono
2000年を境に若者の意識は急激に変化した。厚労白書が示す日本社会の本質的転換点

 若者の意識は社会の変化を敏感に反映するといわれている。最新の厚生労働白書を見る …

oyako
アップルがFBに続いて卵子凍結費用を補助。女性社員引き止めに手段を選ばず

 米アップルは、優秀な女性人材を確保するため、希望する女性社員に対して卵子凍結費 …

restaurant
米国の一部で広がるチップ廃止の動き。その背景にあるのはグローバル化?

 レストランにおけるチップの習慣を廃止する動きが米国の一部で広がっているとニュー …

abeseichousenryaku
成長戦略が完全に頓挫?だが本当に追い込まれているのは首相ではなく日本国民

 政府は6月12日に開催した産業競争力会議において成長戦略の最終案を固めた。企業 …

interu
アップル、インテルなどIT各社が良好な決算。世界経済は回復局面?

 IT企業各社による好調な決算が続いている。背景となっているのはグローバルな景気 …

sukiya201408
「すき家」の赤字転落は、これから深刻化する人手不足経済の縮図?

 大手牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーホールディングスは、人手不足によ …

sonyenergy
もはやゴミ箱?産業革新機構が今度は爆発事故の前歴があるソニーの電池事業を救済

 ソ ニーが政府系ファンドの産業革新機構と電池事業の売却交渉に入った。22日の日 …

uknuclear
英国の原発事業に中国が過半数の出資。日本の原発メーカーの戦略にも影響?

 英国と中国は10月17日、英国に建設する次世代原発の運営企業に中国が過半数の出 …