ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

バーナンキ氏がヘッジファンドに転職。ブログでの発言にさらに注目が

 

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長が、米大手ヘッジファンドのシニア・アドバイザーに就任することが明らかとなった。このところバーナンキ氏のブログが市場で話題となっているが、ヘッジファンド入りすることで、同氏の発言にはさらに注目が集まることになる。 bananki 同氏をシニア・アドバイザーとして迎えるのは、米大手ヘッジ・ファンドのシタデル・インベストメント・グループ。創設者のケネス・グリフィン氏は、大学在学中から金融工学を駆使したファンドを設立し、大金を稼いでいたという伝説の人物である。
 リーマンショック後は一時、資産額を大きく減らした時期もあるが、その後、回復し、現在では250億ドル(約3兆円)もの資金を運用している。

 市場関係者が注目している理由は、バーナンキ氏が最近ブログを開設し、自らの見解を積極的に開示していることに加え、就任したのが、金融機関ではなくヘッジファンドだからである。
 リーマンショック後、米国は金融機関に対する監督を強めている。もしバーナンキ氏が金融機関に再就職した場合、前議長という立場から厳しい利益相反規定が課せられる可能性がある。

 だが、ヘッジファンドにはそのような規制はなく、自由に行動することが可能となる。逆にヘッジファンドに所属しているということになると、ポジション・トーク(自らの投資戦略に有利になるよう発言すること)を行う可能性も出てくるが、それでも、投資家にとっては魅力的だ。

 バーナンキ氏はこのところブログを通じて、サマーズ元財務長官が主張する、米国は長期の停滞に入りつつあるという説について否定的見解を示している。ヘッジファンドに所属する人物として、今後、バーナンキ氏がどのような発言を行うのか要注目といえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

abejosei
4~6月期のGDPは大幅マイナスの見込み。秋以降、政局流動化の可能性も

 来週に発表される4~6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、大幅なマイナスに …

mikitani
アベノミクスの中核、産業競争力会議が早くも形骸化。骨格が議論されず各論ばかり

 安倍政権の成長戦略の要となる産業競争力会議が早くも機能不全を起こしつつある。我 …

ichimanen
政府が中長期的な財政収支見通しを発表。最後は歳出の大幅抑制しかない?

 政府は2015年2月12日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。前回の …

no image
シャープを翻弄する鴻海の最大の弱点とは?

 シャープへの出資をめぐって注目されている台湾の鴻海精密工業。カリスマとして知ら …

francegas01
バフェット氏が所有する仏工場で悪臭ダダ漏れ。日本人によぎったある光景とは?

 フランス北部ルーアンにある化学工場で21日、腐った卵のような強い臭気を放つガス …

factoryline
新興国の失業率が増加傾向。世界経済の枠組みは大きく変わりつつある

 ILO(国際労働機関)は2014年1月21日、雇用情勢に関する年次報告書を発表 …

doruen201311
ドル円が心理的節目である100円を完全突破?関係者の多くは円安継続を予想

 為替市場において、心理的な節目となっていた1ドル=100円のカベがとうとう破ら …

starbank
ファンドの「オモチャ」だった東京スター銀行を台湾の銀行が買収。ようやく経営安定か?

 首都圏を中心40店舗近くの支店を展開する東京スター銀行が、台湾の大手銀行である …

davinchi
米国で手術ロボットの事故が増加。だがロボット導入の動きはもはや止められない?

 米国では外科手術にロボットを使用するケースが急増している。手術に革命を起こすと …

bukkajoushou
4月の消費者物価指数は、消費税の影響を除くと1.5%程度

 総務省は2014年5月30日、4月の消費者物価指数を発表した。全国レベルでは、 …