ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

バーナンキ氏がヘッジファンドに転職。ブログでの発言にさらに注目が

 

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長が、米大手ヘッジファンドのシニア・アドバイザーに就任することが明らかとなった。このところバーナンキ氏のブログが市場で話題となっているが、ヘッジファンド入りすることで、同氏の発言にはさらに注目が集まることになる。 bananki 同氏をシニア・アドバイザーとして迎えるのは、米大手ヘッジ・ファンドのシタデル・インベストメント・グループ。創設者のケネス・グリフィン氏は、大学在学中から金融工学を駆使したファンドを設立し、大金を稼いでいたという伝説の人物である。
 リーマンショック後は一時、資産額を大きく減らした時期もあるが、その後、回復し、現在では250億ドル(約3兆円)もの資金を運用している。

 市場関係者が注目している理由は、バーナンキ氏が最近ブログを開設し、自らの見解を積極的に開示していることに加え、就任したのが、金融機関ではなくヘッジファンドだからである。
 リーマンショック後、米国は金融機関に対する監督を強めている。もしバーナンキ氏が金融機関に再就職した場合、前議長という立場から厳しい利益相反規定が課せられる可能性がある。

 だが、ヘッジファンドにはそのような規制はなく、自由に行動することが可能となる。逆にヘッジファンドに所属しているということになると、ポジション・トーク(自らの投資戦略に有利になるよう発言すること)を行う可能性も出てくるが、それでも、投資家にとっては魅力的だ。

 バーナンキ氏はこのところブログを通じて、サマーズ元財務長官が主張する、米国は長期の停滞に入りつつあるという説について否定的見解を示している。ヘッジファンドに所属する人物として、今後、バーナンキ氏がどのような発言を行うのか要注目といえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

buidingold
政府が地方都市の不動産活性化ファンドを検討中。だが完全に手遅れだ!

 政府は、経済対策の一貫として、商業施設やマンションの建設プロジェクトに投資する …

thanksgiving01
七面鳥そっちのけ。感謝祭セールに殺到する米国人が支える底堅い個人消費

 米国は現在、感謝祭休日の真っ最中。日本のお盆や正月と同様、実家に帰って家族と過 …

gold04
金価格の暴落でスイス中銀が評価損を計上。ドル高によって、金価格は低空飛行が続く

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行は、2013年の決算で約90億フラン(約 …

no image
振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した …

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …

capitolhill
米国議会が予算と債務上限をめぐるチキンレースを繰り返せる背景とは?

 米議会下院は9月29日、オバマ大統領が推進する医療保険改革法の実施を1年遅らせ …

ierensamazu
FRB議長の後任人事。市場はサマーズ氏ではなくイエレン副議長を望んでいるが・・・

 米国における量的緩和策の出口戦略が明確になりつつある中、来年早々にも退任すると …

tanker
ウォール・ストリート・ジャーナルが日銀に原油を買えと大胆提案!

 米経済紙のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が日銀に対して面白い提言を …

setsubitousi
需給ギャップが3期連続で縮小。日本経済復活なのか単なるバラマキなのか?

 内閣府は2013年12月16日、7~9月期の日本経済における需給ギャップがマイ …

seichousenryaku201406
新成長戦略の骨子が明らかに。従来とはうって変わって構造改革的な要素が前面に

 政府の産業競争力会議は2014年6月10日、今月下旬に閣議決定が予定されている …