ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

バーナンキ氏がヘッジファンドに転職。ブログでの発言にさらに注目が

 

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長が、米大手ヘッジファンドのシニア・アドバイザーに就任することが明らかとなった。このところバーナンキ氏のブログが市場で話題となっているが、ヘッジファンド入りすることで、同氏の発言にはさらに注目が集まることになる。 bananki 同氏をシニア・アドバイザーとして迎えるのは、米大手ヘッジ・ファンドのシタデル・インベストメント・グループ。創設者のケネス・グリフィン氏は、大学在学中から金融工学を駆使したファンドを設立し、大金を稼いでいたという伝説の人物である。
 リーマンショック後は一時、資産額を大きく減らした時期もあるが、その後、回復し、現在では250億ドル(約3兆円)もの資金を運用している。

 市場関係者が注目している理由は、バーナンキ氏が最近ブログを開設し、自らの見解を積極的に開示していることに加え、就任したのが、金融機関ではなくヘッジファンドだからである。
 リーマンショック後、米国は金融機関に対する監督を強めている。もしバーナンキ氏が金融機関に再就職した場合、前議長という立場から厳しい利益相反規定が課せられる可能性がある。

 だが、ヘッジファンドにはそのような規制はなく、自由に行動することが可能となる。逆にヘッジファンドに所属しているということになると、ポジション・トーク(自らの投資戦略に有利になるよう発言すること)を行う可能性も出てくるが、それでも、投資家にとっては魅力的だ。

 バーナンキ氏はこのところブログを通じて、サマーズ元財務長官が主張する、米国は長期の停滞に入りつつあるという説について否定的見解を示している。ヘッジファンドに所属する人物として、今後、バーナンキ氏がどのような発言を行うのか要注目といえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

businessman06
ようやく発表になった米雇用統計。雇用なき景気回復の傾向がますます鮮明に

 米国の政府機関閉鎖の影響で公表が遅れていた9月の雇用統計が10月22日発表され …

meti03
政府がM&A活性化で会計基準変更を示唆。だがこれは問題の本質ではない

 政府が企業のM&A(合併・買収)を活発化させるため、日本の会計基準を改 …

bouekitoukei201308
8月の貿易統計。貿易赤字体質は変わらないものの、輸出価格下落に歯止め?

 財務省は9月19日、8月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

dellmicrosoft
デルに出資?タブレット台頭を前に、マイクロソフトは重大な岐路に立たされている

 米マイクロソフトが大手パソコン・メーカーの米デルに10億~30億ドル(約900 …

jinmingen
IMFが特別引出権(SDR)に人民元を採用。英国の全面支援が決め手?

 IMF(国際通貨基金)は、11月にも特別引き出し権(SDR)と呼ばれる準備通貨 …

munyutin
反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大 …

pakukune02
韓国の新政権が、民間から有能なトップを招へいできないワケ。

 韓国で民間から招へいした政権幹部が相次いで、就任を辞退するという状況になってい …

r&d
知識産業化を背景に米欧でGDPの新基準導入が進む。日本は2016年がメド

 米政府は2013年からGDPの計算方法を見直す。これまで費用として処理していた …

no image
IMFが指摘。日本の金融機関はもうこれ以上、国債を買い支えることはできない

 IMF(国際通貨基金)がいよいよ日本の国債消化能力ついて懸念を表明し始めた。 …

usakoyoutoukei201405
雇用が完全回復しても二極分化が続く米国の状況は、日本の近未来図?

 米労働省は2014年6月6日、5月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …