ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国人民銀行が預金準備率引き下げ。いずれ量的緩和に追い込まれる?

 

 中国の景気減速がはっきりしてきたことで、金融市場にもこれに付随した動きが見られるようになってきた。中国は流動性を供給する目的で預金準備率の引き下げを行ったが、場合によっては、中国版の量的緩和策につながる可能性も出てきている。

jinminginkou
 中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は2015年4月19日、市中銀行から強制的に預かる資金の比率である預金準備率を20日から1%下げると発表した。同行は、昨年11月と3月に金利の引き下げを実施し、今年に入ってからは預金準備率の引き下げも行っている。今回はそれに続く2回目の措置。市場に流動性を供給し、金融機関による貸し出しを促進する。

 中国の2015年1~3月の実質GDP(国内総生産)成長率は、予想されてはいたものの、前年同期比プラス7.0%と、6年ぶりの低い伸びにとどまった。

 これまで中国は、人民元の上昇を防ぐために、積極的に人民元売り・ドル買いの為替介入を行ってきた。しかし、景気の減速感が顕著になってきたことから、このところ為替市場では人民元安が続いている。このため中国はドル買い介入を手控えているとみられ、これによって中国の米国債の保有残高が減少している。

 また中国の高い成長や人民元高を見越して流入していた投機資金が逆流している可能性もある。資本流出に伴いドルの調達する必要に迫られた人民銀行が、米国債を売却しており、これが保有残高の引き下げを加速しているとみられる。

 今のところ中国は、金利の引き下げや預金準備率の引き上げなどで対応しており、中央銀行が資産を直接購入するという段階には至っていない。しかし、このまま中国の景気減速が続いた場合には、不動産価格の維持や不良債権の処理を目的に、人民銀行が資産買い取りを実施する可能性もある。

 これはかなり荒っぽい形の量的緩和策ということになり、人民元安がさらに進む可能性が高くなってくる。また、買い取り原資を確保する必要性から米国債の売却をさらに進める可能性も考えておく必要があるだろう。

 そうなってくると、米国の金利上昇とドル高が加速し、ドルの一局集中がさらに進むことになる。日本、欧州に続いて中国もデフレを輸出するということになると、米国はそのすべてを引き受けなければならない。

 - 経済 ,

  関連記事

tokyotower02
円安で訪日外国人客が急増。ただし、国際的に見ると日本への観光客は異常に少ない

 日本政府観光局(JNTO)は5月22日、4月における訪日外国人客数を発表した。 …

abe001
まるでデジャヴュ。安倍政権は日本にハイパーインフレをもたらすのか?

 量的緩和策の拡大と大規模な財政出動を組み合わせる安倍政権の経済政策「アベノミク …

munyutin
反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大 …

office
待遇がよい正社員ほど不満タラタラ。人材会社のアンケート結果が示す意外?な結果

 大手人材サービス会社のエンジャパンが自社サイトの利用者に対して行った、月収とそ …

kokusai
国債下落が金融機関に与える影響は低下傾向。だが安心できない最近の動き

 日銀は10月の金融システムレポートにおいて、2013年6月時点における金融機関 …

furyokuhatudenrakka
京都の風力発電所で45トンの発電用風車が落下。一歩間違えば大惨事に。

 京都府は3月13日、太鼓山風力発電所に設置した風力発電機の鉄柱が折れ、風車が落 …

kurodadenki
旧村上ファンドによる株主提案が可決。株主総会の光景は大きく変わった

 会社提案の議案が次々と可決されるだけの「シャンシャン総会」が当たり前だった日本 …

MADEINUSA
米国で進む製造業回帰。背景にあるのは新興国の労働コストとシェールガス革命

 米国で製造業への回帰が進んでいる。主役となっているのは重電や化学などいわゆる重 …

apuruwochi
4~6月期決算が絶好調なのに、アップルの株価が大幅下落となった理由

 米アップルは2015年7月21日、2015年4~6月期の決算を発表した。売上高 …

no image
企業の倒産件数が激減。だがそれは、銀行のあたらな時限爆弾に過ぎない

 銀行の過剰な国債保有が懸念されている中、銀行のあたらたな時限爆弾の存在が明らか …