ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国人民銀行が預金準備率引き下げ。いずれ量的緩和に追い込まれる?

 

 中国の景気減速がはっきりしてきたことで、金融市場にもこれに付随した動きが見られるようになってきた。中国は流動性を供給する目的で預金準備率の引き下げを行ったが、場合によっては、中国版の量的緩和策につながる可能性も出てきている。

jinminginkou
 中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は2015年4月19日、市中銀行から強制的に預かる資金の比率である預金準備率を20日から1%下げると発表した。同行は、昨年11月と3月に金利の引き下げを実施し、今年に入ってからは預金準備率の引き下げも行っている。今回はそれに続く2回目の措置。市場に流動性を供給し、金融機関による貸し出しを促進する。

 中国の2015年1~3月の実質GDP(国内総生産)成長率は、予想されてはいたものの、前年同期比プラス7.0%と、6年ぶりの低い伸びにとどまった。

 これまで中国は、人民元の上昇を防ぐために、積極的に人民元売り・ドル買いの為替介入を行ってきた。しかし、景気の減速感が顕著になってきたことから、このところ為替市場では人民元安が続いている。このため中国はドル買い介入を手控えているとみられ、これによって中国の米国債の保有残高が減少している。

 また中国の高い成長や人民元高を見越して流入していた投機資金が逆流している可能性もある。資本流出に伴いドルの調達する必要に迫られた人民銀行が、米国債を売却しており、これが保有残高の引き下げを加速しているとみられる。

 今のところ中国は、金利の引き下げや預金準備率の引き上げなどで対応しており、中央銀行が資産を直接購入するという段階には至っていない。しかし、このまま中国の景気減速が続いた場合には、不動産価格の維持や不良債権の処理を目的に、人民銀行が資産買い取りを実施する可能性もある。

 これはかなり荒っぽい形の量的緩和策ということになり、人民元安がさらに進む可能性が高くなってくる。また、買い取り原資を確保する必要性から米国債の売却をさらに進める可能性も考えておく必要があるだろう。

 そうなってくると、米国の金利上昇とドル高が加速し、ドルの一局集中がさらに進むことになる。日本、欧州に続いて中国もデフレを輸出するということになると、米国はそのすべてを引き受けなければならない。

 - 経済 ,

  関連記事

building03
GDP改定値は上ブレの可能性大。だが中身は公共事業と消費増税駆け込み需要?

 財務省は9月2日、4~6月期における法人企業統計を発表した。今回の数値は、消費 …

usakoyoutoukei201510
10月の米雇用統計は予想を大幅に上回る結果。市場は一気に12月利上げモードに

 米労働省は2015年11月6日、10月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用 …

no image
韓国企業が相次いで中国内陸部に巨額投資。しかも土地はタダだって!

 韓国が中国内陸部への投資を加速している。  韓国のサムスン電子が陝西省西安に7 …

kyosho201502
オバマ政権が打ち出した海外利益課税策。米企業の立地戦略はどうなる?

 オバマ政権が打ち出した企業の海外利益に対する課税策が米国内で議論となっている。 …

shanhai
4月の中国主要経済統計。穏やかな回復は続いているが状況は今ひとつ

 中国国家統計局は5月13日、4月の主要経済指標を発表した。全体として強弱まちま …

akafuku
「外国人お断り」という赤福前社長の発言は、日本人の優柔不断さの象徴?

 伊勢神宮の銘菓「赤福」の前社長による「外国人には来て欲しくない」という発言が波 …

money009
日本全体のバランスシートを見ればお金が出回らない理由がよく分かる

 内閣府は2014年1月17日、2012年度の国民経済計算を発表した。資産から負 …

swiss
失業率が高止まりする欧州で、スイスの職業訓練システムへの関心が高まる

 高い失業率が続く欧州で、スイスの職業訓練システムに注目が集まっている。スイスは …

asohadaijin201406
麻生大臣による「守銭奴」発言。表現は下品だが、本質を突いている

 麻生財務大臣は2015年1月5日、日本企業が内部留保を蓄積していることについて …

iot
IoTに関する産学官協議会が米国勢に合流。最悪のガラパゴスは回避したが・・・

 あらゆるモノをインターネットにつなげる「IoT」の分野において、日本勢が米国勢 …