ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国人民銀行が預金準備率引き下げ。いずれ量的緩和に追い込まれる?

 

 中国の景気減速がはっきりしてきたことで、金融市場にもこれに付随した動きが見られるようになってきた。中国は流動性を供給する目的で預金準備率の引き下げを行ったが、場合によっては、中国版の量的緩和策につながる可能性も出てきている。

jinminginkou
 中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は2015年4月19日、市中銀行から強制的に預かる資金の比率である預金準備率を20日から1%下げると発表した。同行は、昨年11月と3月に金利の引き下げを実施し、今年に入ってからは預金準備率の引き下げも行っている。今回はそれに続く2回目の措置。市場に流動性を供給し、金融機関による貸し出しを促進する。

 中国の2015年1~3月の実質GDP(国内総生産)成長率は、予想されてはいたものの、前年同期比プラス7.0%と、6年ぶりの低い伸びにとどまった。

 これまで中国は、人民元の上昇を防ぐために、積極的に人民元売り・ドル買いの為替介入を行ってきた。しかし、景気の減速感が顕著になってきたことから、このところ為替市場では人民元安が続いている。このため中国はドル買い介入を手控えているとみられ、これによって中国の米国債の保有残高が減少している。

 また中国の高い成長や人民元高を見越して流入していた投機資金が逆流している可能性もある。資本流出に伴いドルの調達する必要に迫られた人民銀行が、米国債を売却しており、これが保有残高の引き下げを加速しているとみられる。

 今のところ中国は、金利の引き下げや預金準備率の引き上げなどで対応しており、中央銀行が資産を直接購入するという段階には至っていない。しかし、このまま中国の景気減速が続いた場合には、不動産価格の維持や不良債権の処理を目的に、人民銀行が資産買い取りを実施する可能性もある。

 これはかなり荒っぽい形の量的緩和策ということになり、人民元安がさらに進む可能性が高くなってくる。また、買い取り原資を確保する必要性から米国債の売却をさらに進める可能性も考えておく必要があるだろう。

 そうなってくると、米国の金利上昇とドル高が加速し、ドルの一局集中がさらに進むことになる。日本、欧州に続いて中国もデフレを輸出するということになると、米国はそのすべてを引き受けなければならない。

 - 経済 ,

  関連記事

hotelohkura
ホテルオークラ東京がとうとう建て替えを発表。同社が決断した背景を探る

 ホテルオークラは2014年5月23日、同社の旗艦ホテルであるホテルオークラ東京 …

moribuild
これが本当の「森ビル」だ!ミラノで全面緑化ビルが完成したが、その前途は多難?

 イタリアのミラノで建設が進められていた全面緑化型の高層ビル2棟がこのほど完成し …

tokyotower
経常収支が3ヶ月連続赤字。最後の頼みは直接投資増加だが、円安という大敵が・・・

 財務省は3月8日、1月の国際収支を発表した。経常収支は3648億円の赤字で、経 …

bankofhina
中国当局が国営放送を使って中国銀行の海外送金サービスを糾弾している背景

 中国の国営放送局である中国中央テレビ(CCTV)が、中国有数の銀行である中国銀 …

okane
家計の金融資産は過去最高。ただ、株式シフトはすでにピークを過ぎた可能性も

 日銀は2014年9月18日、2014年4~6月期の資金循環統計を発表した。6月 …

kuroda02
黒田日銀総裁が、現在の政府債務は持続不可能と財務官僚らしい発言。その背景とは?

 日銀の黒田総裁は3月28日、参院財政金融委員会において、「政府債務のGDP費が …

dentsu
電通の広告不正問題。AI社会になれば解決するが、その時に代理店は必要ない?

 広告代理店最大手の電通は2016年9月23日、インターネット上の広告に関して不 …

nyse
世界景気の後退を受けて下落が続く米国株。焦点は原油安のもたらす影響

 米国株式市場の下落が続いている。10月9日のダウ平均株価は、前日比334ドル9 …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

doruen201505
ドルの調達コストが急上昇。日本は外貨での運用もできなくなりつつある

 日本の機関投資家が、資金を運用したくても運用する先がないという問題に直面し、悲 …