ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国人民銀行が預金準備率引き下げ。いずれ量的緩和に追い込まれる?

 

 中国の景気減速がはっきりしてきたことで、金融市場にもこれに付随した動きが見られるようになってきた。中国は流動性を供給する目的で預金準備率の引き下げを行ったが、場合によっては、中国版の量的緩和策につながる可能性も出てきている。

jinminginkou
 中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は2015年4月19日、市中銀行から強制的に預かる資金の比率である預金準備率を20日から1%下げると発表した。同行は、昨年11月と3月に金利の引き下げを実施し、今年に入ってからは預金準備率の引き下げも行っている。今回はそれに続く2回目の措置。市場に流動性を供給し、金融機関による貸し出しを促進する。

 中国の2015年1~3月の実質GDP(国内総生産)成長率は、予想されてはいたものの、前年同期比プラス7.0%と、6年ぶりの低い伸びにとどまった。

 これまで中国は、人民元の上昇を防ぐために、積極的に人民元売り・ドル買いの為替介入を行ってきた。しかし、景気の減速感が顕著になってきたことから、このところ為替市場では人民元安が続いている。このため中国はドル買い介入を手控えているとみられ、これによって中国の米国債の保有残高が減少している。

 また中国の高い成長や人民元高を見越して流入していた投機資金が逆流している可能性もある。資本流出に伴いドルの調達する必要に迫られた人民銀行が、米国債を売却しており、これが保有残高の引き下げを加速しているとみられる。

 今のところ中国は、金利の引き下げや預金準備率の引き上げなどで対応しており、中央銀行が資産を直接購入するという段階には至っていない。しかし、このまま中国の景気減速が続いた場合には、不動産価格の維持や不良債権の処理を目的に、人民銀行が資産買い取りを実施する可能性もある。

 これはかなり荒っぽい形の量的緩和策ということになり、人民元安がさらに進む可能性が高くなってくる。また、買い取り原資を確保する必要性から米国債の売却をさらに進める可能性も考えておく必要があるだろう。

 そうなってくると、米国の金利上昇とドル高が加速し、ドルの一局集中がさらに進むことになる。日本、欧州に続いて中国もデフレを輸出するということになると、米国はそのすべてを引き受けなければならない。

 - 経済 ,

  関連記事

nichigin03
国債市場の大混乱は日銀官僚による黒田総裁への嫌がらせというのは本当か?

 日銀による「異次元」の金融緩和策は国債市場の大混乱をもたらした。緩和策発表翌日 …

benesse
ベネッセ新社長がわずか3カ月で辞任。同社経営をめぐって創業家が混乱?

 教育大手ベネッセホールディングスが迷走している。プロ経営者であった原田泳幸氏の …

glp
J-REITが日経平均をはるかに上回るパフォーマンス。背景にあるのはインフレ期待?

 不動産投資信託(J-REIT)が好調だ。年初850円前後だった東証REIT指数 …

munyutin
反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大 …

office
待遇がよい正社員ほど不満タラタラ。人材会社のアンケート結果が示す意外?な結果

 大手人材サービス会社のエンジャパンが自社サイトの利用者に対して行った、月収とそ …

usagdp20150730
まずまずだった米4~6月期GDP。実質的に利上げは始まっている

 米商務省は2015年7月30日、4~6月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …

appleTV
アップルが大型TVを開発中?シャープが液晶を受注するためには鴻海の傘下入りが必須?

 米アップルが台湾の鴻海精密工業と共同で大画面TVの開発を進めているという。米ウ …

sonycity
REITが次々に増資と物件取得を実施。インフレ期待からまだまだ上昇するのか?

 REIT(不動産投資信託)の増資と物件取得が相次いでいる。国内では最大級のRE …

abe001
2%物価目標の導入に向けて、政府が日銀に見せつけるアメとムチ

 新年が本格的にスタートしたことで、日銀に対する政府のアメとムチを使ったアプロー …

doparubyu
フランスの著名俳優が富裕層増税に反発してロシアに移住。著名人の国外脱出が相次ぐ

 ロシア政府は3日、フランスの著名俳優ジェラール・ドパルデュー氏にロシア国籍を付 …