ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

G20が閉幕。隠れた主要議題アジアインフラ投資銀行については言及なし

 

 日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2015年4月17日、主要国経済は穏やかに回復しているとした共同声明を採択して閉幕した。
 隠れた主要議題でもあったアジアインフラ投資銀行については、直接言及されることはなかったものの、米国がIMF(国際通貨基金)改革について積極的になるよう求める声が相次ぎ、米国主導の世界金融システムが転機を迎えていることを印象付ける形となった。

g20wasinton

 主要国の経済見通しについては、日本に続いて欧州が量的緩和策を導入したことで、いくぶん明るいものとなった。だが、アジアインフラ投資銀行(AIIB)については、共同宣言に盛り込まれることはなかったものの、活発な意見交換が行われた。

 新興国はIMFが先進国中心の運営となっていることについて不満を募らせている。米国に対してIMF改革案を批准するよう強く求めており、共同宣言にもその内容が盛り込まれた。だが米国は、議会からの反対意見が強く、IMFの改革にあまり積極的ではない。

 米国のこうした姿勢をうまく利用したのが、中国が主導するアジアインフラ投資銀行である。アジア各国の参加は当然、予想されていたものの、英・独・仏など欧州各国がこぞって参加を表明したことで、同行のプレゼンスは急激に高まっている。途上国に主導権を渡さない米国と新興国の間に、中国がうまく割り込んだ格好だ。

 一見、米国が国際金融システムにおける既得権益に固執している図式に見えるが、必ずしもそうとは限らない。米国はシェールガス・ブームによってエネルギーの自給が可能となっているほか、移民の流入によって先進国では唯一、人口が長期的に増加する見通しとなっている。以前ほど、米国は他国に関心を寄せなくなっているのだ。

 特にオバマ政権にその傾向が強いことから、米国に新政権が誕生した後は、米国のスタンスは大きく変わるかもしれない。だが今のところ米国は、欧州への関与を否定した「モンロー主義」の時代に戻ったかのように内向きになっており、それがIMF改革などの消極性につながっている可能性がある。

 もしそうなのだとすると、IMFと世界銀行を中心とした米国中心の世界金融秩序は段階的に瓦解していくことになり、日本と米国が主導するアジア開発銀行も、そのプレゼンスを低下させるかもしれない。

 ただ、そのプロセスが今後進んでいくにしても、具体的な動きが見えてくるのは、やはり米大統領選の後ということになるだろう。中国にとっても米国の最終的な外交方針を確認しないまま、事を進めることは得策ではないはずだ。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

may
英国首相に実務派のメイ内相が就任。市場には安心感が広がる

 英国の次期首相を選ぶ保守党の党首選は2016年7月11日、テリーザ・メイ内相と …

cupnoodle
円安をきっかけに各業界で値上げ続々。輸入価格主導でもう一段の物価高に

 急速に進行した円安をきっかけに各業界で続々と値上げが発表されている。輸入物価の …

shukinpei
公明党の山口代表がようやく習氏と会談。中国は得意のゆさぶり攻撃で日本側を翻弄

 中国訪問中の公明党の山口代表は25日、中国共産党の習近平総書記と北京の人民大会 …

asean20141114
韓国が日中韓首脳会談の開催に言及。実現に向けて調整が始まっているが・・・

 約2年半ぶりに日中首脳会談が実現したことで、日中、日韓の外交が大きく動き出す可 …

gchq
スノーデン氏の告発が英国に飛び火。政府関係者と市民の意識にはズレがある?

 米国の国民監視システムである「PRISM」の存在を暴露した元CIA(中央情報局 …

tmall2014
上場を控えたアリババが4~6月期の決算を公表。取扱高の拡大で業績は好調

 米国で株式の新規公開(IPO)を予定している中国の電子商取引大手アリババは、2 …

planb1step
米国で緊急避妊薬が17歳以下でも自由に購入可能に。日本では処方箋が必要だが・・・・

 米国のニューヨーク連邦裁判所は4月5日、性行為の後でも効果のある緊急避妊薬の店 …

kokusaishushi201410
国際収支は円安による投資収益の拡大で改善傾向。日本は成熟国への道を歩む

 日本の国際収支が円安によって改善してきた。期待されていた輸出の回復によるもので …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …

baxter2
ルンバの開発者が画期的な単純労働ロボットを開発。日本の製造業は壊滅の危機?

 お掃除ロボット「ルンバ」を開発した米国のロボット技術者ロドニー・ブルックス氏が …