ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

G20が閉幕。隠れた主要議題アジアインフラ投資銀行については言及なし

 

 日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2015年4月17日、主要国経済は穏やかに回復しているとした共同声明を採択して閉幕した。
 隠れた主要議題でもあったアジアインフラ投資銀行については、直接言及されることはなかったものの、米国がIMF(国際通貨基金)改革について積極的になるよう求める声が相次ぎ、米国主導の世界金融システムが転機を迎えていることを印象付ける形となった。

g20wasinton

 主要国の経済見通しについては、日本に続いて欧州が量的緩和策を導入したことで、いくぶん明るいものとなった。だが、アジアインフラ投資銀行(AIIB)については、共同宣言に盛り込まれることはなかったものの、活発な意見交換が行われた。

 新興国はIMFが先進国中心の運営となっていることについて不満を募らせている。米国に対してIMF改革案を批准するよう強く求めており、共同宣言にもその内容が盛り込まれた。だが米国は、議会からの反対意見が強く、IMFの改革にあまり積極的ではない。

 米国のこうした姿勢をうまく利用したのが、中国が主導するアジアインフラ投資銀行である。アジア各国の参加は当然、予想されていたものの、英・独・仏など欧州各国がこぞって参加を表明したことで、同行のプレゼンスは急激に高まっている。途上国に主導権を渡さない米国と新興国の間に、中国がうまく割り込んだ格好だ。

 一見、米国が国際金融システムにおける既得権益に固執している図式に見えるが、必ずしもそうとは限らない。米国はシェールガス・ブームによってエネルギーの自給が可能となっているほか、移民の流入によって先進国では唯一、人口が長期的に増加する見通しとなっている。以前ほど、米国は他国に関心を寄せなくなっているのだ。

 特にオバマ政権にその傾向が強いことから、米国に新政権が誕生した後は、米国のスタンスは大きく変わるかもしれない。だが今のところ米国は、欧州への関与を否定した「モンロー主義」の時代に戻ったかのように内向きになっており、それがIMF改革などの消極性につながっている可能性がある。

 もしそうなのだとすると、IMFと世界銀行を中心とした米国中心の世界金融秩序は段階的に瓦解していくことになり、日本と米国が主導するアジア開発銀行も、そのプレゼンスを低下させるかもしれない。

 ただ、そのプロセスが今後進んでいくにしても、具体的な動きが見えてくるのは、やはり米大統領選の後ということになるだろう。中国にとっても米国の最終的な外交方針を確認しないまま、事を進めることは得策ではないはずだ。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

contena03
日中韓FTA交渉がスタート。だが日本に続き韓国もTPP参加に傾いており状況は微妙

 日本、中国、韓国の3カ国は3月26日、韓国のソウルで自由貿易協定(FTA)締結 …

no image
民主党政権の機密費は何と35億円。でもリッチな鳩山サンは少ないぞ!

 民主党政権発足から約3年が経過したが、これまでの間に35億2000万円の内閣官 …

kasumigaseki
キャリア官僚制度に地殻変動?霞が関こそ雇用流動化が必要だ!

 明治以来、日本の公務員制度の根幹をなしてきた人事システムに地殻変動が起きつつあ …

kyuka
日本人は休みすぎ?労働時間と経済成長の適切な関係とは?

 最近はちょっとした残業を命じただけもブラック企業と呼ばれる時代になり、大手企業 …

mvc
日本の年金基金などが米国の発電所を買収。インフラ投資のモデルケースとなるか?

 インフラ投資のための共同事業体であるグローバル戦略投資アライアンス(GSIA) …

southweekend
中国で新聞検閲に反対するデモが発生。権力闘争も絡み、習近平体制は早くも岐路に

 中国の新聞記事が当局の介入で差し替えられたことに反発するデモが、広州市内で7日 …

softbankpepason
四半期決算好調も株価が冴えないソフトバンク。重しはやはり米国事業

 ソフトバンクの米国事業が同社の株価の重しとなっている。足元の業績は好調だが、本 …

mof
2014年度概算要求がまとまる。景気対策費3.5兆円と国債費急増で財政再建が遠のく

 財務省は9月4日、2014年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は昨年度を6 …

nihonen
円高が止まらない。政策の手詰まり状態を市場は見透かしている?

 為替市場で急速な円高が進んでいる。欧州で英国のEU(欧州連合)離脱への警戒感が …

sharp
シャープがまさの赤字転落。だがこの事態は昨年からすでに予想されていた

 業績回復のメドが立ったと思われていたシャープに再び暗雲が漂っている。2015年 …