ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

G20が閉幕。隠れた主要議題アジアインフラ投資銀行については言及なし

 

 日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2015年4月17日、主要国経済は穏やかに回復しているとした共同声明を採択して閉幕した。
 隠れた主要議題でもあったアジアインフラ投資銀行については、直接言及されることはなかったものの、米国がIMF(国際通貨基金)改革について積極的になるよう求める声が相次ぎ、米国主導の世界金融システムが転機を迎えていることを印象付ける形となった。

g20wasinton

 主要国の経済見通しについては、日本に続いて欧州が量的緩和策を導入したことで、いくぶん明るいものとなった。だが、アジアインフラ投資銀行(AIIB)については、共同宣言に盛り込まれることはなかったものの、活発な意見交換が行われた。

 新興国はIMFが先進国中心の運営となっていることについて不満を募らせている。米国に対してIMF改革案を批准するよう強く求めており、共同宣言にもその内容が盛り込まれた。だが米国は、議会からの反対意見が強く、IMFの改革にあまり積極的ではない。

 米国のこうした姿勢をうまく利用したのが、中国が主導するアジアインフラ投資銀行である。アジア各国の参加は当然、予想されていたものの、英・独・仏など欧州各国がこぞって参加を表明したことで、同行のプレゼンスは急激に高まっている。途上国に主導権を渡さない米国と新興国の間に、中国がうまく割り込んだ格好だ。

 一見、米国が国際金融システムにおける既得権益に固執している図式に見えるが、必ずしもそうとは限らない。米国はシェールガス・ブームによってエネルギーの自給が可能となっているほか、移民の流入によって先進国では唯一、人口が長期的に増加する見通しとなっている。以前ほど、米国は他国に関心を寄せなくなっているのだ。

 特にオバマ政権にその傾向が強いことから、米国に新政権が誕生した後は、米国のスタンスは大きく変わるかもしれない。だが今のところ米国は、欧州への関与を否定した「モンロー主義」の時代に戻ったかのように内向きになっており、それがIMF改革などの消極性につながっている可能性がある。

 もしそうなのだとすると、IMFと世界銀行を中心とした米国中心の世界金融秩序は段階的に瓦解していくことになり、日本と米国が主導するアジア開発銀行も、そのプレゼンスを低下させるかもしれない。

 ただ、そのプロセスが今後進んでいくにしても、具体的な動きが見えてくるのは、やはり米大統領選の後ということになるだろう。中国にとっても米国の最終的な外交方針を確認しないまま、事を進めることは得策ではないはずだ。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

bouekitoukei201305
5月の貿易統計。円安で金額はカバーしたが輸出数量の下落に歯止めがかからない

 財務省は6月19日、5月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

gpifpotofori201506
公的年金の株式買い入れ余力が大幅に低下。今後の運用成績はどうなる?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年8月2 …

abe20130113
安倍首相の訪米を前に、与党内でTPPをめぐる動きが活発化

 安倍首相の訪米日程が近づいてきたことから、環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐ …

kagoike
「森友」疑惑に関して国策捜査発動との観測。日本の議会制民主主義にとって正念場

 学校法人「森友学園」に対する国有地払い下げ問題をめぐり、国会で証人喚問を受けた …

udeishoku
イラクで負傷した兵士の両腕移植が成功。皮肉にも戦争で米国の医療技術がさらに進んだ

 イラク戦争に派遣され従軍中に両手両足を失った米軍兵士が両腕の移植手術を受け回復 …

aikoukoku
広告クリエイティブ業務のAI化で、すべての広告は動的になる

 広告業界でコピーライティング業務をAI化する取り組みが進んでいる。狙いは人員の …

kakeibo
家計のエンゲル係数が急上昇。それ以上に上昇しているのは電気代と水道代

 消費支出に占める食費の割合を示すエンゲル係数が急上昇している。2014年4月に …

ohtahiroko
政府税調が法人減税改革案をまとめる。減税先行となり、優遇見直しは難航必至

 政府税制調査会は2014年6月27日、法人課税専門委員会(大田弘子座長)がまと …

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …

hakukirai
中国最大の汚職事件の中心人物、薄熙来氏が起訴。だがせいぜい禁固刑との噂

 かつて中国、重慶市のトップとして君臨し、政治局常務委員入りが確実といわれながら …