ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

G20が閉幕。隠れた主要議題アジアインフラ投資銀行については言及なし

 

 日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2015年4月17日、主要国経済は穏やかに回復しているとした共同声明を採択して閉幕した。
 隠れた主要議題でもあったアジアインフラ投資銀行については、直接言及されることはなかったものの、米国がIMF(国際通貨基金)改革について積極的になるよう求める声が相次ぎ、米国主導の世界金融システムが転機を迎えていることを印象付ける形となった。

g20wasinton

 主要国の経済見通しについては、日本に続いて欧州が量的緩和策を導入したことで、いくぶん明るいものとなった。だが、アジアインフラ投資銀行(AIIB)については、共同宣言に盛り込まれることはなかったものの、活発な意見交換が行われた。

 新興国はIMFが先進国中心の運営となっていることについて不満を募らせている。米国に対してIMF改革案を批准するよう強く求めており、共同宣言にもその内容が盛り込まれた。だが米国は、議会からの反対意見が強く、IMFの改革にあまり積極的ではない。

 米国のこうした姿勢をうまく利用したのが、中国が主導するアジアインフラ投資銀行である。アジア各国の参加は当然、予想されていたものの、英・独・仏など欧州各国がこぞって参加を表明したことで、同行のプレゼンスは急激に高まっている。途上国に主導権を渡さない米国と新興国の間に、中国がうまく割り込んだ格好だ。

 一見、米国が国際金融システムにおける既得権益に固執している図式に見えるが、必ずしもそうとは限らない。米国はシェールガス・ブームによってエネルギーの自給が可能となっているほか、移民の流入によって先進国では唯一、人口が長期的に増加する見通しとなっている。以前ほど、米国は他国に関心を寄せなくなっているのだ。

 特にオバマ政権にその傾向が強いことから、米国に新政権が誕生した後は、米国のスタンスは大きく変わるかもしれない。だが今のところ米国は、欧州への関与を否定した「モンロー主義」の時代に戻ったかのように内向きになっており、それがIMF改革などの消極性につながっている可能性がある。

 もしそうなのだとすると、IMFと世界銀行を中心とした米国中心の世界金融秩序は段階的に瓦解していくことになり、日本と米国が主導するアジア開発銀行も、そのプレゼンスを低下させるかもしれない。

 ただ、そのプロセスが今後進んでいくにしても、具体的な動きが見えてくるのは、やはり米大統領選の後ということになるだろう。中国にとっても米国の最終的な外交方針を確認しないまま、事を進めることは得策ではないはずだ。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

sbtakasago
ソフトバンクが電力小売に向け本格始動。電力自由化の本当の意味とは?

 ソフトバンク・グループが電力事業に向けて本格的に動き出した。2014年2月17 …

twitter02
ツイッター大ピンチ。収益のカギとなるタイムライン閲覧数が何と減少!

 短文投稿サイトの米ツイッターが株式公開後初めてとなる四半期決算で大失速となった …

orand78%
大連立構想は国力衰退の象徴?ギリギリで大連立を回避した日本はまだマトモかもしれない

 総選挙における自民党の大勝利で立ち消えになったが、民主党政権末期には大連立構想 …

keizaizaiseihakusho
日本企業は効果の薄い新技術ほど導入に積極的?

 政府は2017年7月21日、2017年度版「経済財政白書」を公表した。今回の白 …

hitachieikoku
日立が英国鉄道事業で水漏れトラブル。だが、もっと大きな逆風が吹いている?

 日立が総力をあげて取り組んできた英国の鉄道事業で、新型車両のお披露目の当日に客 …

peri
オバマ大統領のご意見番ペリー元国防長官が朴槿恵氏と会談。早くも核実験後を協議?

 韓国の朴槿恵次期大統領は4日午後、来韓中のペリー元米国防長官と会談を行った。北 …

siozakinenkin201410
なかなか出てこない年金運用改革案。すでにタイミングを逸したとの声も

 公的年金の運用方針見直しが大幅に遅れている。当初は9月にも新しい方針を打ち出す …

toyosuiten
豊洲市場のトータルコストが初めて明らかに。維持管理費は築地の約5倍になる見込み

 東京都は2017年1月25日、移転問題が議論されている豊洲市場に関する収支予想 …

itgyokai
労働者派遣法の改正でIT業界が大ピンチ。業界再編も?

 労働者派遣法の改正案が閣議決定されたが、この改正案が施行されると、大変な激震に …

futenma
沖縄への基地集中は「差別」という調査結果がもたらす地政学的インパクト

 沖縄県が2012年に実施した県民意識調査において、米軍基地の多くが沖縄に集中し …