ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

苦戦続くIBM。人工知能に市場は反応せず、ドル高がダメ押し

 

 米IBMは2015年4月20日、2015年1~3月期の決算を発表した。売上高は前年同期比11.9%減の195億9000万ドル(約2兆3500億円)、純利益は前年同期比2.4%減の23億2800万ドル(約2800億円)だった。
 主力のクラウド事業が伸び悩んでいることに加え、海外向けサービスがドル高の影響で目減りした。注目される人工知能関連の事業はまだ収益に貢献する段階には至っていない。グローバル企業であることが裏目に出た格好だ。

 ibmrometti

 同社は創業100年を超える老舗IT企業で、コンピュータの歴史はIBMの歴史と言い換えても過言ではない。大型汎用機からパソコンへの転換に乗り遅れ、一時は経営が傾いたが、その後は復活。2007年にはいち早くクラウド・サービスを立ち上げるなど、現在のクラウド・ブームの先駆けを作った。

 だが、肝心のクラウド事業はアマゾンなど新興企業に圧倒され、同社は思うようにシェアを拡大できなかった。さらに拍車をかけたのがモバイル対応の遅れである。
 IBMは企業の基幹システムを得意としており、コンシューマ向けのシステムにはあまり力を入れていない。しかし、企業向けシステムの分野でもモバイル対応が急速に進み、同社はこの部分でも遅れを取ってしまっている。

 今回の決算で減収は12四半期連続となり、市場では失望感が広がっている。同社は、人工知能の分野ではトップを走っており、初の本格的な商用人工知能「ワトソン」を市場に投入している。だが、今のところ投資家はこの材料にはほとんど反応していない。一時は200ドルを超えていた株価は現在160ドル台と冴えない状況が続く。
 ただ、コスト削減策は功を奏しており、利益は下げ止まったようにも見える。売上げの減少に歯止めがかかれば、反転できる可能性もある。

 同社は、今後、クラウドサービスやモバイル関連事業に40億ドル(約4800億円)を投入する方針を明らかにしている。積極投資によって関連事業の割合を今後数年で全体の半分近くまで拡大したい意向だ。

 当面、ドル高傾向が続くことや、先行投資が収益に貢献してくるまでには時間がかかることなどを考えると、しばらくの間、株価の低迷は続くかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

kaswase20130606
株高と円安は終わったのか?カギを握るのは購買力平価による為替レート

 日銀による異次元の緩和策以降、順調に進んできた円安と株高にブレーキがかかり始め …

tansuyokin
マイナス金利以降、タンス預金がさらに増加。将来への不安を反映?

 マイナス金利の導入以降、タンス預金が増加していると言われてきたが、その傾向に拍 …

mof
2014年度概算要求がまとまる。景気対策費3.5兆円と国債費急増で財政再建が遠のく

 財務省は9月4日、2014年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は昨年度を6 …

kaishaho
日本の上場企業はすでに国有企業?懸念されるガバナンス問題

 公的年金による積極的な株式投資の結果、多くの企業で政府が事実上の大株主になって …

abenomics600cho
首相がブチ上げたGDP600兆円という目標は、すでに出ている数字の言い換え

 自民党は2015年9月24日、両院議員総会を開き、安倍首相の党総裁続投を無投票 …

jakaruta
ホンハイやエアアジアなどが相次いで進出。インドネシアは第二の中国に

 人件費の高騰や工場での暴動、領有権問題など、いわゆる中国リスクを避けるため、A …

beijing
中国のGDP鈍化で各国の株式市場が混乱。今後の中国経済をどう見るべきか?

 中国国家統計局が15日発表した1~3月期のGDP成長率をめぐって株式市場で混乱 …

itochu
伊藤忠が取り組む業務朝型化の本質は、フレックス制度の廃止にある

 伊藤忠商事は8月2日、社員の朝型化を目指して、勤務体系の見直しを行うと発表した …

3sha02
Amazon、Google、スタバが各国政府と税を巡るバトル。3社が連戦戦勝のワケとは?

 グローバルに展開する米国企業と各国政府のバトルが激しさを増している。  フラン …

asakusa02
五輪で高まる外国人観光客への期待。だが日本は本当に観光立国を望んでいるのか?

 日本政府観光局(JNTO)は9月18日、8月の訪日外国人客数を発表した。日本を …