ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

苦戦続くIBM。人工知能に市場は反応せず、ドル高がダメ押し

 

 米IBMは2015年4月20日、2015年1~3月期の決算を発表した。売上高は前年同期比11.9%減の195億9000万ドル(約2兆3500億円)、純利益は前年同期比2.4%減の23億2800万ドル(約2800億円)だった。
 主力のクラウド事業が伸び悩んでいることに加え、海外向けサービスがドル高の影響で目減りした。注目される人工知能関連の事業はまだ収益に貢献する段階には至っていない。グローバル企業であることが裏目に出た格好だ。

 ibmrometti

 同社は創業100年を超える老舗IT企業で、コンピュータの歴史はIBMの歴史と言い換えても過言ではない。大型汎用機からパソコンへの転換に乗り遅れ、一時は経営が傾いたが、その後は復活。2007年にはいち早くクラウド・サービスを立ち上げるなど、現在のクラウド・ブームの先駆けを作った。

 だが、肝心のクラウド事業はアマゾンなど新興企業に圧倒され、同社は思うようにシェアを拡大できなかった。さらに拍車をかけたのがモバイル対応の遅れである。
 IBMは企業の基幹システムを得意としており、コンシューマ向けのシステムにはあまり力を入れていない。しかし、企業向けシステムの分野でもモバイル対応が急速に進み、同社はこの部分でも遅れを取ってしまっている。

 今回の決算で減収は12四半期連続となり、市場では失望感が広がっている。同社は、人工知能の分野ではトップを走っており、初の本格的な商用人工知能「ワトソン」を市場に投入している。だが、今のところ投資家はこの材料にはほとんど反応していない。一時は200ドルを超えていた株価は現在160ドル台と冴えない状況が続く。
 ただ、コスト削減策は功を奏しており、利益は下げ止まったようにも見える。売上げの減少に歯止めがかかれば、反転できる可能性もある。

 同社は、今後、クラウドサービスやモバイル関連事業に40億ドル(約4800億円)を投入する方針を明らかにしている。積極投資によって関連事業の割合を今後数年で全体の半分近くまで拡大したい意向だ。

 当面、ドル高傾向が続くことや、先行投資が収益に貢献してくるまでには時間がかかることなどを考えると、しばらくの間、株価の低迷は続くかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

yozawa
ネオヒルズ族与沢翼氏が資金ショートを告白。その理由は何と巨額の税金

 暴走族からネット起業家に転身し、1秒間に1億円稼ぐと豪語していた、フリーエージ …

jutaku
米国の家計バランスシートが急激に改善。日本も株高で改善するのか?

 株式市場の上昇と不動産価格の底入れによって、米国における家計のバランスシートが …

tosho
国債を売って株式へ。日本に対する国際的なマネーの動きに変化が

 日本に対する国際的なお金の流れが変化し始めている。国債を売却して資金を海外に引 …

kougu
日本は本当にモノ作りの国なのか?メイカーズ革命で問われる真の国民性

 日本はモノ作りの国であるといわれている。日本人は手先が器用で真面目なのでモノ作 …

asakusa02
訪日外国人観光客は海外旅行に出かける日本人の1.3倍も消費している

 政府は2015年6月5日、観光立国推進閣僚会議を開催し、訪日外国人を2000万 …

pionieer
パイオニアが伝統の音響機器事業に見切りを付け、カーナビ分野に注力

 パイオニアは2014年9月16日、大規模な人員削減や事業再編を伴う今後の事業方 …

netflix
動画配信の大本命ネットフリックスがサービス開始。販売ではソフトバンクと提携

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」が2015年9 …

chukojutaku
公示地価が底入れとマスコミが一斉報道。だがその前にやることがあるはずだ

 国土交通省は3月21日、1月1日時点の公示地価を発表した。これをうけてマスコミ …

caterpillar002
世界経済を反映する米キャタピラーの決算。2014年の成長は穏やかになる見込み

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年1月27日、2013年10~12月期の …

bouekitoukei 201503
貿易収支は2年9カ月ぶりに黒字。長期的に赤字傾向は変わらない可能性が高い

 財務省は2015年4月22日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …