ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

苦戦続くIBM。人工知能に市場は反応せず、ドル高がダメ押し

 

 米IBMは2015年4月20日、2015年1~3月期の決算を発表した。売上高は前年同期比11.9%減の195億9000万ドル(約2兆3500億円)、純利益は前年同期比2.4%減の23億2800万ドル(約2800億円)だった。
 主力のクラウド事業が伸び悩んでいることに加え、海外向けサービスがドル高の影響で目減りした。注目される人工知能関連の事業はまだ収益に貢献する段階には至っていない。グローバル企業であることが裏目に出た格好だ。

 ibmrometti

 同社は創業100年を超える老舗IT企業で、コンピュータの歴史はIBMの歴史と言い換えても過言ではない。大型汎用機からパソコンへの転換に乗り遅れ、一時は経営が傾いたが、その後は復活。2007年にはいち早くクラウド・サービスを立ち上げるなど、現在のクラウド・ブームの先駆けを作った。

 だが、肝心のクラウド事業はアマゾンなど新興企業に圧倒され、同社は思うようにシェアを拡大できなかった。さらに拍車をかけたのがモバイル対応の遅れである。
 IBMは企業の基幹システムを得意としており、コンシューマ向けのシステムにはあまり力を入れていない。しかし、企業向けシステムの分野でもモバイル対応が急速に進み、同社はこの部分でも遅れを取ってしまっている。

 今回の決算で減収は12四半期連続となり、市場では失望感が広がっている。同社は、人工知能の分野ではトップを走っており、初の本格的な商用人工知能「ワトソン」を市場に投入している。だが、今のところ投資家はこの材料にはほとんど反応していない。一時は200ドルを超えていた株価は現在160ドル台と冴えない状況が続く。
 ただ、コスト削減策は功を奏しており、利益は下げ止まったようにも見える。売上げの減少に歯止めがかかれば、反転できる可能性もある。

 同社は、今後、クラウドサービスやモバイル関連事業に40億ドル(約4800億円)を投入する方針を明らかにしている。積極投資によって関連事業の割合を今後数年で全体の半分近くまで拡大したい意向だ。

 当面、ドル高傾向が続くことや、先行投資が収益に貢献してくるまでには時間がかかることなどを考えると、しばらくの間、株価の低迷は続くかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

chinacompany
経済援助型から企業M&Aへと変貌する中国の直接投資。日本はどう付き合う?

 これまで香港経由や途上国に偏重していた中国の直接投資が大きく変わろうとしている …

nichigin04
7~9月期GDPのマイナス予想で高まる追加緩和期待。だが日銀のジレンマは大きい

 7~9月期のGDP(国内総生産)がマイナス成長となる可能性がさらに高まってきた …

facebookcom
米国以外はカネにならない?フェイスブックに見る地域ごとのマネタイズ難易度

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年4月23日、2014年1~3月期の決 …

abenaikaku3ji
第3次安倍内閣が発足。経済最優先だが、再度の追加緩和頼み?

 第3次安倍内閣が本格的なスタートを切った。安倍首相は発足後ただちに財界に対して …

no image
ウォルマートが低所得者向けの新しい金融決済サービスを開始。日本も参考にすべし

 米小売り最大手ウォルマートとクレジットカード大手アメリカン・エキスプレスは、プ …

fortnox (1)
ドイツでNY連銀に保管されている金塊について疑念の声が高まる。金は存在しない?

 ドイツの中央銀行であるドイツ連邦銀行が保有する金塊について、本当にその量が存在 …

kokuritsukyogijo
五輪東京開催で変わる日本経済の長期的見通し。すべては2020年以後に先送り?

 2020年のオリンピック開催地が東京に決まったことで、日本経済の長期的見通しに …

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …

no image
FRBがQE3実施を決定。バーナンキ議長が抱く真の野望が明らかに

 米連邦準備制度理事会(FRB)はとうとう量的緩和第3弾(QE3)に踏み切る。1 …

gealstomjapan
日本メーカーによるグローバルな「コバンザメ商法」は上手くいくか?

 重電の分野では、巨額のM&Aを軸にグローバルな再編が急ピッチで進んでい …