ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

苦戦続くIBM。人工知能に市場は反応せず、ドル高がダメ押し

 

 米IBMは2015年4月20日、2015年1~3月期の決算を発表した。売上高は前年同期比11.9%減の195億9000万ドル(約2兆3500億円)、純利益は前年同期比2.4%減の23億2800万ドル(約2800億円)だった。
 主力のクラウド事業が伸び悩んでいることに加え、海外向けサービスがドル高の影響で目減りした。注目される人工知能関連の事業はまだ収益に貢献する段階には至っていない。グローバル企業であることが裏目に出た格好だ。

 ibmrometti

 同社は創業100年を超える老舗IT企業で、コンピュータの歴史はIBMの歴史と言い換えても過言ではない。大型汎用機からパソコンへの転換に乗り遅れ、一時は経営が傾いたが、その後は復活。2007年にはいち早くクラウド・サービスを立ち上げるなど、現在のクラウド・ブームの先駆けを作った。

 だが、肝心のクラウド事業はアマゾンなど新興企業に圧倒され、同社は思うようにシェアを拡大できなかった。さらに拍車をかけたのがモバイル対応の遅れである。
 IBMは企業の基幹システムを得意としており、コンシューマ向けのシステムにはあまり力を入れていない。しかし、企業向けシステムの分野でもモバイル対応が急速に進み、同社はこの部分でも遅れを取ってしまっている。

 今回の決算で減収は12四半期連続となり、市場では失望感が広がっている。同社は、人工知能の分野ではトップを走っており、初の本格的な商用人工知能「ワトソン」を市場に投入している。だが、今のところ投資家はこの材料にはほとんど反応していない。一時は200ドルを超えていた株価は現在160ドル台と冴えない状況が続く。
 ただ、コスト削減策は功を奏しており、利益は下げ止まったようにも見える。売上げの減少に歯止めがかかれば、反転できる可能性もある。

 同社は、今後、クラウドサービスやモバイル関連事業に40億ドル(約4800億円)を投入する方針を明らかにしている。積極投資によって関連事業の割合を今後数年で全体の半分近くまで拡大したい意向だ。

 当面、ドル高傾向が続くことや、先行投資が収益に貢献してくるまでには時間がかかることなどを考えると、しばらくの間、株価の低迷は続くかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

ieren
次期FRB議長はイエレン氏。総じて高評価だが、リベラルな面を危惧する声も

 オバマ米大統領は、来年1月で退任するバーナンキFRB(連邦準備制度理事会)議長 …

hotelohkura
ホテルオークラ東京がとうとう建て替えを発表。同社が決断した背景を探る

 ホテルオークラは2014年5月23日、同社の旗艦ホテルであるホテルオークラ東京 …

shogaigenneki
厚労省が年金の維持可能性検証をスタート。全国民・生涯現役が必須要件か?

 厚生労働省は、長期間にわたって年金を維持することが可能なのかについての検証作業 …

shukinpei03
中国経済への自信?それとも強権発動覚悟?中国指導部の強硬姿勢がより鮮明に

 中国国営の新華社通信は7月7日、中国財政部(財政省)が緊縮財政措置の一環として …

bydcar
中国の自動車産業が大躍進。日米水準に近づくのも時間の問題か?

 中国の自動車メーカーが急速に技術力を高めている。政府が直接経営に関与する国営メ …

tanbo
TPPを前にとうとう減反政策を転換。だが日本のコメ農家は大規模化で強くなれるのか?

 政府は、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の締結を視野に、50年にわたって …

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

amazonbooks
アマゾンがリアル店舗の本格展開を検討中?本当なら書籍市場に大きな変化が

 米アマゾンが、全米で300~400の実店舗の展開を計画しているとの噂が広がって …

mof02
財務省が来年度、物価連動債の発行を倍増の予定。財務相は火消しに躍起

 将来的な金利の上昇が予想される中、物価連動債の発行増額が話題となっている。財務 …

kosakukiki
円安なのになぜ?工作機械受注が1月に入って激減の謎

 アベノミクスによる円安で製造業の業績回復が期待される中、足元ではそれに水をさす …