ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀の審議委員人事。トヨタ出身者内定で、追加緩和の外堀埋まる?

 

 政府は2015年4月21日、退任する日銀の森本宜久審議委員の後任に、トヨタ自動車相談役の布野幸利氏を起用する人事案を提示した。
 代表的な輸出企業の出身者であることから、円安の進行に対して理解がある可能性が高く、量的緩和策がより進めやすくなったと市場は判断している。

nichigin04

 日銀の金融政策は、同行の最高意思決定機関である政策委員会の決議を経て実施される。政策委員会は、総裁と2名の副総裁、6名の審議委員の合計9名で構成されている。

 昨年10月、追加の量的緩和策を決定した政策委員会では、賛成5名、反対4名というギリギリの決定となっていた。
 その後、追加緩和に賛成票を投じていた宮尾龍蔵審議委員の退任に伴い、量的緩和策に積極的と言われる原田泰早大教授が後任の審議委員に就任した。
 今回、退任する森本氏は、追加緩和には反対票を投じており、後任の布野氏が積極緩和派だった場合には、政策委員会の流れは一気に変わることになる。

 今回、就任する布野氏は実業界出身で、金融政策に対してどのような見解を持っているのかはまだ不明である。ただ、トヨタ自動車という、日本最大の輸出企業の人材であることを考えると、円安の進展に対して理解がある可能性が高い。
 また、政治的に非常に微妙な時期において、実業界出身の審議委員が、金融政策について独自の主張を貫く可能性は少なく、基本的には黒田総裁の緩和路線に賛成する可能性が高いだろう。

 そうなってくると、政策委員会の中で、量的緩和策に慎重なスタンスを明確にしているのは、野村證券出身の木内登英氏のみということになり、仮に追加緩和の提案が出た場合には、問題なく可決となる可能性が高くなってきた。

 今回の人事についても、前回の原田氏と同様、量的緩和に積極的という観点から、官邸主導で行われたといわれている。

 もっとも、現在の日銀は、追加緩和をめぐって内部の意見統一に腐心するという段階は過ぎている。今回の人事は、追加緩和を促す官邸からのメッセージということになるだろう。
 目標とする2年の期限は刻々と迫っており、最終的には黒田総裁の判断にすべてがかかっている状態だ。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

no image
反日デモはまるで「文化大革命」や「義和団の乱」。当局は反政府運動への転換を危惧

 中国の公安当局が事態の沈静化を図るため、反日デモを押さえ込む方針に転換し始めて …

yen
安倍首相が外債購入ファンドの具体的検討を指示。もたらすのは円安かインフレか?

 安倍首相は麻生太郎副総理兼財務相に対して、「必要に応じた為替介入」や「新たな官 …

kiseikaikaku
形骸化が進む規制改革会議。唯一の目玉だった牛乳についても先送り

 政府の規制改革会議は2016年5月19日、規制改革に関する第4次答申の結果をま …

chery
中国で大手自動車メーカー同士が初の本格提携。外資依存からの脱却を目指す

 中国の自動車メーカーである奇瑞汽車(安徽省)と広州汽車(広東省)とが提携する。 …

kyuryo
給料は増えたものの、非正規社員の増加で全体への効果は薄い

 民間企業で働く従業員の給与総額は増加に転じたが、低賃金で働く非正規社員が増えて …

nsa
米国が友好国も盗聴していたという事実に欧州各国が反発。だがこれは諸刃の剣でもある

 米国家安全保障局(NSA)による監視問題で、英ガーディアン紙は6月30日、元C …

tenanmon02
天安門の自動車爆破事件。世界が危惧するシリア問題との関連性

 北京の天安門広場で、車が歩道に突入・炎上し5人が死亡した事件について、中国当局 …

nichigin
マネタリーベースは順調に増加。実体経済への効果については依然として不透明

 日銀は12月3日、11月のマネタリーベースが前年同月比52.5%増の189兆7 …

factory05
米中両国の製造業指数が示す、好調な個人消費と低調な製造業の綱引き

 米国と中国の製造業で冴えない指標が相次いでいる。米供給管理協会(ISM)が発表 …

no image
インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が …