ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日中首脳会談で関係改善を確認。背景には安倍首相の訪米と議会演説

 

 安倍首相は2015年4月22日、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記念首脳会議が開かれているインドネシアにおいて、中国の習近平国家主席と会談した。両氏の会談は5カ月ぶりとなる。

nichushunou

 今回の会談も前回に続いて日本側からの要望で実現したといわれている。前回の会談では、習氏の表情は硬く、中国の国営メディアはごく簡単に会談に触れるだけの扱いであった。しかし、今回、習氏は比較的にこやかに対応し、メディアの扱いもかなり大きかった。

 中国は、形式的な扱い方を重視する国であり、どのような会い方をしたのかや、国営メディアがどう報じたかのは、そのまま、中国政府の相手国に対するスタンスを表していることが多い。
 習氏から「日中関係は改善できた」との発言があったことを考えると、一連の対立をとりあえず終結させようという意図が、日本側だけでなく中国側にもあることは間違いない。

 注目されていた歴史認識問題について習氏からは「歴史を直視するという積極的な姿勢を発信するよう望む」というこれまで通りの発言があり、これに対して安倍氏は、村山談話を含む過去の内閣の歴史認識を「全体として引き継いでいる」と述べた。

 結局のところ、従来までの日本政府の立場を変えておらず、歴史認識の見直しを示唆していたこれまでの発言にはあまり意味がなかったことになる。

 今回の首脳会談は、安倍氏の訪米と米議会演説に大きく関係している。米国は包括的な中国との交渉を進めている最中であり、日本が中国とこれ以上対立することを望んでいない。
 米国から具体的な要望があったのかは定かではないが、日本の首相としては54年ぶりとなる米議会演説を控え、日本側が日中関係の改善を急いだという図式が成立する。
 見方によっては、歴史認識の再構築を持ち出したものの、米中関係に翻弄され、結局、これを撤回したという形になるだろう。

 いずれにせよ、今回の会談で、米国訪問と議会演説の地ならしはできた。安倍氏の訪米後、米国の日本に対する扱いがどう変化するのかに焦点が集まることになる。

 - 政治 ,

  関連記事

takusin
タイで再びタクシン派と反タクシン派の政治対立が激化。タイ政治の日本との共通点とは

 タイで再び政治対立が激化している。タイ国会で与党が提出した恩赦法案に対して野党 …

tanigaki
自民党政権で初の死刑執行。だがなぜこの3人なのか?基準はまったく不明

 法務省は21日、死刑囚3人の死刑を執行したと発表した。政権交代で自民党の谷垣法 …

meti03
経済産業省がこのタイミングで国家統制色の強い法案を出してくる背景とは?

 政府が秋の臨時国会に提出する産業競争力強化法案は、政府主導でリストラやM&am …

koushinpari
仏連続テロに抗議する大規模行進に米国不参加。オバマ政権の外交方針が際立つ

 フランスで発生したイスラム過激派テロに抗議する大規模行進が2015年1月11日 …

kodomohinkon
子供の貧困対策。広告宣伝費に税金2億円をバラ撒き、集まった寄付はわずか2000万円

 子どもの貧困対策として政府が設立した基金が、予想通り、本末転倒な状態となってい …

sontrump
孫正義氏がトランプ氏と電撃会談で米国投資を確約。パートナーが鴻海である理由

 ソフトバンクグループの孫正義社長は2016年12月6日、トランプ次期米大統領と …

seiyujo02
政府による上からの構造改革がスタート。弊害はないのか?

 茂木経済産業大臣は2014年6月10日、石油業界の再編を促すため、産業競争力強 …

putingunjiryoku
プーチン大統領が雇用対策から武器輸出強化を表明。苦しいロシアの台所事情

  ロシアのプーチン大統領は2014年7月7日、国内の雇用を創出するため武器輸出 …

sakane
ドイツに学べというコマツ坂根会長の発言が際立つ。日本はドイツになれるのか?

 政府の産業競争力会議のメンバーであるコマツの坂根正弘会長の発言が最近注目を集め …

doparubyu
フランスの著名俳優が富裕層増税に反発してロシアに移住。著名人の国外脱出が相次ぐ

 ロシア政府は3日、フランスの著名俳優ジェラール・ドパルデュー氏にロシア国籍を付 …