ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日中首脳会談で関係改善を確認。背景には安倍首相の訪米と議会演説

 

 安倍首相は2015年4月22日、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記念首脳会議が開かれているインドネシアにおいて、中国の習近平国家主席と会談した。両氏の会談は5カ月ぶりとなる。

nichushunou

 今回の会談も前回に続いて日本側からの要望で実現したといわれている。前回の会談では、習氏の表情は硬く、中国の国営メディアはごく簡単に会談に触れるだけの扱いであった。しかし、今回、習氏は比較的にこやかに対応し、メディアの扱いもかなり大きかった。

 中国は、形式的な扱い方を重視する国であり、どのような会い方をしたのかや、国営メディアがどう報じたかのは、そのまま、中国政府の相手国に対するスタンスを表していることが多い。
 習氏から「日中関係は改善できた」との発言があったことを考えると、一連の対立をとりあえず終結させようという意図が、日本側だけでなく中国側にもあることは間違いない。

 注目されていた歴史認識問題について習氏からは「歴史を直視するという積極的な姿勢を発信するよう望む」というこれまで通りの発言があり、これに対して安倍氏は、村山談話を含む過去の内閣の歴史認識を「全体として引き継いでいる」と述べた。

 結局のところ、従来までの日本政府の立場を変えておらず、歴史認識の見直しを示唆していたこれまでの発言にはあまり意味がなかったことになる。

 今回の首脳会談は、安倍氏の訪米と米議会演説に大きく関係している。米国は包括的な中国との交渉を進めている最中であり、日本が中国とこれ以上対立することを望んでいない。
 米国から具体的な要望があったのかは定かではないが、日本の首相としては54年ぶりとなる米議会演説を控え、日本側が日中関係の改善を急いだという図式が成立する。
 見方によっては、歴史認識の再構築を持ち出したものの、米中関係に翻弄され、結局、これを撤回したという形になるだろう。

 いずれにせよ、今回の会談で、米国訪問と議会演説の地ならしはできた。安倍氏の訪米後、米国の日本に対する扱いがどう変化するのかに焦点が集まることになる。

 - 政治 ,

  関連記事

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …

obamacaretrump
トランプ大統領が目玉政策「オバマケア代替法案」の成立を断念。今後の政権運営に暗雲

 トランプ政権は、目玉政策のひとつであったオバマケアの代替法案について議会での成 …

honkongdemotocho
中国当局がニセのアプリでデモ参加者を盗聴?民主化をめぐる諜報活動が活発化

 香港の民主化を求めるデモの参加者に、偽のアプリをダウンロードするよう促すメッセ …

rimpac201401
環太平洋合同軍事演習がハワイ沖でスタート。今年の目玉は初参加する中国軍

 米軍を中心とした太平洋における多国間軍事演習「リムパック」が2014年6月26 …

takusin
ミャンマーでタイのタクシン元首相の暗殺計画が浮上。タイと日本の共通点を考える

 ミャンマーへ訪問する予定だった亡命中のタイのタクシン元首相は6日、ミャンマーで …

onkaho
温家宝首相の2200億円蓄財手段が明らかに。日本のSBIグループもファンドに出資

 中国の政権交代に関連して、現指導部と対立している太子党グループから、温家宝首相 …

puting20
G20ではロシアへの批判が殺到。プーチン大統領は怒って途中帰国?

 オーストラリア・ブリスベンで開催されたG20(20カ国・地域首脳会合)において …

francisco1
排他的になると逆に伝統文化はダメになる。日本人が傾聴すべきローマ法王の説法

 伝統的な価値観を守るためには、新しい価値観を攻撃するのではなく、うまくバランス …

yudachi02
中国軍幹部がレーダー照射を認める。軟化のサインか心理戦か?

 中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦にレーダーを照射した問題で、中国軍の高級幹部 …

euhonbu00
EUが中国製太陽光パネルに反ダンピング関税。保護主義への観測気球との見方も

 欧州連合(EU)の欧州委員会は5月8日、中国が欧州に太陽光パネルを不当に安く輸 …