ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日中首脳会談で関係改善を確認。背景には安倍首相の訪米と議会演説

 

 安倍首相は2015年4月22日、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記念首脳会議が開かれているインドネシアにおいて、中国の習近平国家主席と会談した。両氏の会談は5カ月ぶりとなる。

nichushunou

 今回の会談も前回に続いて日本側からの要望で実現したといわれている。前回の会談では、習氏の表情は硬く、中国の国営メディアはごく簡単に会談に触れるだけの扱いであった。しかし、今回、習氏は比較的にこやかに対応し、メディアの扱いもかなり大きかった。

 中国は、形式的な扱い方を重視する国であり、どのような会い方をしたのかや、国営メディアがどう報じたかのは、そのまま、中国政府の相手国に対するスタンスを表していることが多い。
 習氏から「日中関係は改善できた」との発言があったことを考えると、一連の対立をとりあえず終結させようという意図が、日本側だけでなく中国側にもあることは間違いない。

 注目されていた歴史認識問題について習氏からは「歴史を直視するという積極的な姿勢を発信するよう望む」というこれまで通りの発言があり、これに対して安倍氏は、村山談話を含む過去の内閣の歴史認識を「全体として引き継いでいる」と述べた。

 結局のところ、従来までの日本政府の立場を変えておらず、歴史認識の見直しを示唆していたこれまでの発言にはあまり意味がなかったことになる。

 今回の首脳会談は、安倍氏の訪米と米議会演説に大きく関係している。米国は包括的な中国との交渉を進めている最中であり、日本が中国とこれ以上対立することを望んでいない。
 米国から具体的な要望があったのかは定かではないが、日本の首相としては54年ぶりとなる米議会演説を控え、日本側が日中関係の改善を急いだという図式が成立する。
 見方によっては、歴史認識の再構築を持ち出したものの、米中関係に翻弄され、結局、これを撤回したという形になるだろう。

 いずれにせよ、今回の会談で、米国訪問と議会演説の地ならしはできた。安倍氏の訪米後、米国の日本に対する扱いがどう変化するのかに焦点が集まることになる。

 - 政治 ,

  関連記事

no image
ヒラリー国務長官、2016年の大統領選挙に出馬の意向?

 ヒラリー・クリントン米国務長官が2016年の大統領選に出馬するとの噂が広がって …

nodae02
政府が公務員の年金特権待遇を維持する法案を閣議決定。臨時国会で成立予定

 政府は、2日の閣議で国家公務員の退職金を引き下げる法案と、新たな年金加算制度を …

s&p
EUがヒステリーを起こして格付会社に八つ当たり。規制強化を決定

 欧州において格付け会社に対する規制が大幅に強化されることになった。格付け会社へ …

saishushobun
「核のゴミ」最終処分場選定に関して、日本に欠けている視点とは?

 これまでほとんど手つかずだった、原子力発電所から出る放射性廃棄物の最終処分につ …

senetereport
CIAの拷問プログラムを開発した心理学者には100億円の報酬。米上院調査報告書

 米上院情報特別委員会は12月9日、米中央情報局(CIA)が同時多発テロ以降、テ …

ozawaitoro
脱原発「未来の党」に「国民の生活」が合流。仕掛け人はもちろん小沢氏

 滋賀県の嘉田由紀子知事は27日、脱原発を基本政策に掲げる新党「日本未来の党」を …

mof
安倍政権の樹立に財務省が暗躍?財務省はなぜ政界をコントロールできるのか?

 自民党の政権復帰に財務省が大きな役割を果たしたとの噂が広がっている。財務省は悲 …

kinokuguo
注目を浴びるトリウム原子炉。だが足元では関連プロジェクトが後退している

 現在の主流となっているウランを使った軽水炉に代わって、トリウムを使った原子炉を …

shogaigenneki
厚労省が年金の維持可能性検証をスタート。全国民・生涯現役が必須要件か?

 厚生労働省は、長期間にわたって年金を維持することが可能なのかについての検証作業 …

no image
韓国大統領候補の税金ごまかし問題。だが韓国では当たり前?

 韓国の次期大統領選挙に立候補を表明した安哲秀(アン・チョルス)候補に金銭疑惑が …