ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日中首脳会談で関係改善を確認。背景には安倍首相の訪米と議会演説

 

 安倍首相は2015年4月22日、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記念首脳会議が開かれているインドネシアにおいて、中国の習近平国家主席と会談した。両氏の会談は5カ月ぶりとなる。

nichushunou

 今回の会談も前回に続いて日本側からの要望で実現したといわれている。前回の会談では、習氏の表情は硬く、中国の国営メディアはごく簡単に会談に触れるだけの扱いであった。しかし、今回、習氏は比較的にこやかに対応し、メディアの扱いもかなり大きかった。

 中国は、形式的な扱い方を重視する国であり、どのような会い方をしたのかや、国営メディアがどう報じたかのは、そのまま、中国政府の相手国に対するスタンスを表していることが多い。
 習氏から「日中関係は改善できた」との発言があったことを考えると、一連の対立をとりあえず終結させようという意図が、日本側だけでなく中国側にもあることは間違いない。

 注目されていた歴史認識問題について習氏からは「歴史を直視するという積極的な姿勢を発信するよう望む」というこれまで通りの発言があり、これに対して安倍氏は、村山談話を含む過去の内閣の歴史認識を「全体として引き継いでいる」と述べた。

 結局のところ、従来までの日本政府の立場を変えておらず、歴史認識の見直しを示唆していたこれまでの発言にはあまり意味がなかったことになる。

 今回の首脳会談は、安倍氏の訪米と米議会演説に大きく関係している。米国は包括的な中国との交渉を進めている最中であり、日本が中国とこれ以上対立することを望んでいない。
 米国から具体的な要望があったのかは定かではないが、日本の首相としては54年ぶりとなる米議会演説を控え、日本側が日中関係の改善を急いだという図式が成立する。
 見方によっては、歴史認識の再構築を持ち出したものの、米中関係に翻弄され、結局、これを撤回したという形になるだろう。

 いずれにせよ、今回の会談で、米国訪問と議会演説の地ならしはできた。安倍氏の訪米後、米国の日本に対する扱いがどう変化するのかに焦点が集まることになる。

 - 政治 ,

  関連記事

suzukiakihiro
都議会ヤジ問題。議員が名乗り出なかったということは何を意味するか?

 東京都議会において、みんなの党会派の塩村文夏(あやか)議員が女性蔑視のヤジを浴 …

hasimoto
維新の会が大失速。安倍氏は旧自民党の政策に逆戻り

 大阪維新の会が大失速している。各種世論調査は支持率が低迷、維新の会が開催する政 …

Kennedy
イルカ漁への批判に対して「理解を求めたい」という日本側の姿勢は危険だ

 駐日米国大使のキャロライン・ケネディ氏が和歌山県太地町におけるイルカの追い込み …

rimpac201401
環太平洋合同軍事演習がハワイ沖でスタート。今年の目玉は初参加する中国軍

 米軍を中心とした太平洋における多国間軍事演習「リムパック」が2014年6月26 …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

beichusenryakutaiwa2015
米中は戦略経済対話を開催。表面的には南シナ海問題で激しいバトルになっているが・・・

 米中は2015年6月23日、両国間の懸案事項について話し合う第7回米中戦略・経 …

osensui
オリンピック東京招致と福島原発汚染水問題は水面下でつながっている?

 2020年夏季オリンピックの東京招致が成功したが、その背景には、安定した財政基 …

costabranka
キプロスの金融危機があぶりだす、欧州の裏資金ルートの実態

 キプロスが、ユーロ圏からの金融支援と引き換えに、銀行の大口預金をカットするなど …

beinakicho02
ベイナー米下院議長が突如辞任。共和党の分断が加速し、大統領選挙にも影響か

 米共和党が混迷の度合いを深めている。予算案の取り扱いをめぐってベイナー下院議長 …

obamasyria
オバマ大統領がシリアへの軍事介入について議会承認を求めたことの本質的意味

 オバマ米大統領は8月31日、ホワイトハウスで声明を発表し、シリアに対して軍事介 …