ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

香港行政長官選挙の改革案。想定通り、民主派は排除

 

 香港特区政府は2015年4月22日、2017年に行われる次期行政長官選挙に関する制度改革の最終案を立法会(議会)に提出した。すでにおおよその内容は知られていたので大きな混乱はなかったが、予想通り、民主派からの立候補は実質的に排除されることになりそうだ。

hongkongryosinei

  従来の行政長官選挙は間接選挙制となっており、事前に中国側の承認を得た候補者を選挙委員会の投票で選出する仕組みになっている。選挙委員会のほとんどは親中派が占めるため、民主派は事実上、行政長官になれない状況が続いていた。

 2017年の選挙に向けて香港内部では民主的な選挙を求める声が高まっていたが、おり中国政府は選挙制度の改革を進めていた。
 だが、中国の国会にあたる全人代(全国人民代表大会)常務委員会は 2014年8月に、選挙制度の改革案を全会一致で決定したものの、その、その内容は、実質的に民主派の立候補を制限するものであったことから、学生や民主派が反発し一連のデモに発展した。

 今回、正式に提出された法案は、全人代が求めていた内容に沿ったものとなっている。
 最終案では、業界団体の代表ら1200人で構成される指名委員会が設置され、ここで候補者が推薦されることになる。最低でも120人の推薦が必要となるが、240人以上の推薦は受けることができないので、最低でも5人の候補者が出てくる計算になる。

 次に、この指名委員会の中で投票が行われ、過半数を獲得した候補者が最終的に長官選挙に立候補できることになる。最終的な長官選挙ではもっとも得票数の多い人物が長官に選出される。過半数を獲得している必要はない。
 指名委員会のメンバーは中国本土と関係が深い実業家で占められる可能性が高く、中国政府の意に沿わない人物が長官に立候補するのは事実上不可能となる。

 民主派は当然、この法案に反対しているが、仮に法案が拒否されたとしても、従来の非民主的な長官選挙制度が残るだけであり、大きく事態が変わるわけではない。

 このため、前回のデモのような事態にはなっておらず、反対派も比較的、冷静なスタンスを貫いている。また、非民主的な方法でも、直接選挙が実施された方がよいとの考えもあり、香港市民の表情は複雑だ。

 - 政治 , ,

  関連記事

abekaken
安倍首相が自民改憲案の年内提示を表明。9条の「加憲」なら一気に進む可能性も

 安倍首相が自民党の憲法改正案を年内にまとめる意向を示した。党内調整を経ないやり …

kenpou
国会の憲法審査会がスタート。だが天皇制や9条をめぐる議論はトンチンカンなものばかり

 衆議院憲法審査会は3月14日、安倍政権発足後初の会合を開き、日本国憲法における …

tokyofukei001
政府が対日投資拡大を議論する有識者会議をスタート。最大の課題は?

 政府は2014年2月27日、海外から国内への直接投資を拡大させるための具体策を …

rensen
台湾の国民党名誉首席が習近平総書記と会談。台湾をトラブルメーカーと自称

 台湾の与党国民党の名誉主席で元副総統の連戦氏は25日、中国・北京を訪れ、人民大 …

kourousho
厚労省のマイナンバー収賄事件。汚職の温床となりやすい官庁の調達制度とは?

 マイナンバーに関する事業をめぐり、業者から現金100万円を受け取った収賄の罪で …

karyoku
政府が温暖化ガス26%削減という野心的な目標を設定。ただし老朽原発再稼働と省エネ徹底が大前提

 政府は2015年6月2日、2030年までに温暖化ガスの排出量を2013年比で2 …

abetokku
安倍首相が竹中氏の「特区」プランを採用。外資誘致、カジノなど刺激的な文言が並ぶ

 安倍首相は4月17日、産業競争力会議に出席し、公共インフラの民間開放、規制緩和 …

kobayshiseiyaku
ドラッグストア業界の圧力?小林製薬が薬のネット販売を中止

 小林製薬は1月から大衆薬のインターネット販売を中止する。ネット販売を中止するの …

judokituen
受動喫煙防止法案の経済的な影響は約8400億円と調査会社が試算

 政府が今国会に提出する予定の受動喫煙を防止する法案に関して、民間の調査会社が外 …

abeobana201404002
政権内部から相次ぐオバマ大統領への批判。中国への意図せざるサインになる可能性も

 日米首脳会談終了後、とりあえず共同宣言をまとめることができたものの、日米間のギ …