ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

香港行政長官選挙の改革案。想定通り、民主派は排除

 

 香港特区政府は2015年4月22日、2017年に行われる次期行政長官選挙に関する制度改革の最終案を立法会(議会)に提出した。すでにおおよその内容は知られていたので大きな混乱はなかったが、予想通り、民主派からの立候補は実質的に排除されることになりそうだ。

hongkongryosinei

  従来の行政長官選挙は間接選挙制となっており、事前に中国側の承認を得た候補者を選挙委員会の投票で選出する仕組みになっている。選挙委員会のほとんどは親中派が占めるため、民主派は事実上、行政長官になれない状況が続いていた。

 2017年の選挙に向けて香港内部では民主的な選挙を求める声が高まっていたが、おり中国政府は選挙制度の改革を進めていた。
 だが、中国の国会にあたる全人代(全国人民代表大会)常務委員会は 2014年8月に、選挙制度の改革案を全会一致で決定したものの、その、その内容は、実質的に民主派の立候補を制限するものであったことから、学生や民主派が反発し一連のデモに発展した。

 今回、正式に提出された法案は、全人代が求めていた内容に沿ったものとなっている。
 最終案では、業界団体の代表ら1200人で構成される指名委員会が設置され、ここで候補者が推薦されることになる。最低でも120人の推薦が必要となるが、240人以上の推薦は受けることができないので、最低でも5人の候補者が出てくる計算になる。

 次に、この指名委員会の中で投票が行われ、過半数を獲得した候補者が最終的に長官選挙に立候補できることになる。最終的な長官選挙ではもっとも得票数の多い人物が長官に選出される。過半数を獲得している必要はない。
 指名委員会のメンバーは中国本土と関係が深い実業家で占められる可能性が高く、中国政府の意に沿わない人物が長官に立候補するのは事実上不可能となる。

 民主派は当然、この法案に反対しているが、仮に法案が拒否されたとしても、従来の非民主的な長官選挙制度が残るだけであり、大きく事態が変わるわけではない。

 このため、前回のデモのような事態にはなっておらず、反対派も比較的、冷静なスタンスを貫いている。また、非民主的な方法でも、直接選挙が実施された方がよいとの考えもあり、香港市民の表情は複雑だ。

 - 政治 , ,

  関連記事

kaikeikensain
会計検査院が独法のずさんな出資先管理を指摘。問題の本質はどこに?

 独立行政法人が出資する関連会社の中で、経営が困難になっていたり、投資資金が回収 …

kodomokyouiku
子供の貧困対策大綱が閣議決定。教育の機会均等は最優先課題という認識が必要

 政府は2014年8月29日、「子供の貧困対策大綱」を閣議決定した。近年、日本で …

monhiru
公的年金を運用するGPIFが、とうとう赤字運用に転落。今後の年金は株価次第?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年8月2 …

honkon
香港で開催予定のAPECが突然北京に変更。背景には行政長官の普通選挙問題?

 香港政府は2014年2月25日、9月に香港で開催が予定されているAPEC(アジ …

no image
北朝鮮が最高人民会議を開催。結局、重大発表はなかった

 北朝鮮は25日、国会に相当する最高人民会議を開催した。仏誌が経済改革について重 …

abe201405
集団的自衛権見直しの報告書提出へ。ただ公明への配慮から閣議決定時期は流動的

 集団的自衛権の行使に関する憲法解釈見直しを議論している安倍首相の私的懇談会は、 …

yen
安倍首相が外債購入ファンドの具体的検討を指示。もたらすのは円安かインフレか?

 安倍首相は麻生太郎副総理兼財務相に対して、「必要に応じた為替介入」や「新たな官 …

abedabos201402
法人税引き下げが現実的に。だが税制上の不公平が解消されなければ効果は薄い

 安倍首相がダボス会議において法人税の実効税率の引き下げに言及したことで、政府与 …

kokkaigijido
安全保障関連法案の成立がほぼ確実に。空虚さばかりが目立った国会審議

 今国会最大の焦点であった安全保障関連法案が2015年7月16日、衆議院を通過し …

casino
カジノ解禁をめぐって依存症の問題が急浮上。だが本質はそこではない

 現在、政府内部で検討が進むカジノ解禁をめぐって、ギャンブル依存症に関する話題が …