ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグル2015年1Q決算は、成長鈍化で投資先行。ロボットなどが収益に貢献するのはまだ先

 

 米グーグルは2015年4月23日、2015年1~3月期の決算を発表した。主力の広告事業が堅調で、売上高は前年同月比11.9%増の172億5800万ドル(約2兆700億円)、純利益は同3.4%増の35億8600万ドル(約4300億円)となった。
 ただ、前期比では売上げの鈍化が顕著となっているほか、研究開発費を中心にコストの増加が目立つ。同社の成長は踊り場に差し掛かっている可能性が高い。

googlekesan201303 同社の収益のほとんどは、検索エンジンに連動する広告となっている。このため広告のクリック数とクリック単価の積でおおよその売上高が決まる。
 これまで、インターネット市場では、スマホ・シフトによってアクセス数の増加とクリック単価の下落が同時に進んでいた。クリック単価の下落は売上減少の要因となるが、市場の拡大がそれをカバーしていた。
 2014年頃から単価の下落には歯止めがかかったが、アクセス数の増加も鈍化するようになってきた。

 2015年1~3月期は、前年同月比でクリック数が13%増加する一方、前期比では1%のマイナスとなった。前年度も第1四半期はクリック数が減少しているので、それ自体は初めてのことではないが、かつてのような高成長を持続できなくなっているのは確かだ。

 同社は、次の成長フェーズを実現するために、積極的な研究開発投資を行っている。売上高に占める研究開発費の割合は、前年同期は13.8%だったが、今期は16%まで高めており、約3000億円を支出している。

 自動運転やロボット、人工知能などに対する先行投資を積極的に行い、次の成長につなげたい意向だ。ただ、こうした投資がいつ、どのような形で収益に結びつくのかは、まだはっきりしていない。
 同社の潜在的成長力が高いことは間違いないが、それが具現化してくるまでには、多少のタイムラグがありそうだ。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

shougi
プロ棋士がコンピュータに負けた事件で浮き彫りになった日本人のメンタリティ

 将棋のプロ棋士とコンピューターソフトが争い、コンピュータが勝利したという出来事 …

ginonujisshu
現代の奴隷制度ともいわれる外国人技能実習制度の改革は進むのか?

 新興国の外国人を期間限定で受け入れ、働きながら技能を学ぶ「技能実習制度」の改革 …

abetpp
TPP事前協議の日米合意内容。あらゆる分野で市場開放について米との協議を確約

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉参加への最大の焦点となっていた米国と …

takenaka
経済財政諮問会議のメンバーが固まる。改革イメージ醸成と経団連外しが狙い?

 政府の経済政策の司令塔となる経済財政諮問会議や日本経済再生本部のメンバーが明ら …

mof
財務省が物価連動債の発行再開へ。いよいよインフレ時代がやってくる。

 財務省が、物価に応じて元本が増減する物価連動国債の発行を再開する。物価連動国債 …

nichigin04
審議委員候補は積極緩和派で黒田総裁はマンションを購入。まだまだ量的緩和は続く?

 マイナス金利政策の継続をめぐって日銀の周辺が騒がしい。日銀の審議委員人事では、 …

ur
URの杜撰な事業が浮き彫りにする、官に依存した日本経済の麻薬中毒的体質

 「日本経済の復活」「大胆な規制緩和」といった安倍政権の輝かしいキャッチフレーズ …

itotaka
日本は再び財政出動路線に転換?著名学者が「構造改革」というキーワードに躊躇

 中国・上海で開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2 …

keizaizaiseihakusho
日本企業は効果の薄い新技術ほど導入に積極的?

 政府は2017年7月21日、2017年度版「経済財政白書」を公表した。今回の白 …

no image
経済優等生のブルガリアがユーロ加盟を拒否。ユーロ圏拡大にブレーキ

 ユーロ導入を検討していたブルガリアが、EUの将来性が見込めないことから、導入を …