ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグル2015年1Q決算は、成長鈍化で投資先行。ロボットなどが収益に貢献するのはまだ先

 

 米グーグルは2015年4月23日、2015年1~3月期の決算を発表した。主力の広告事業が堅調で、売上高は前年同月比11.9%増の172億5800万ドル(約2兆700億円)、純利益は同3.4%増の35億8600万ドル(約4300億円)となった。
 ただ、前期比では売上げの鈍化が顕著となっているほか、研究開発費を中心にコストの増加が目立つ。同社の成長は踊り場に差し掛かっている可能性が高い。

googlekesan201303 同社の収益のほとんどは、検索エンジンに連動する広告となっている。このため広告のクリック数とクリック単価の積でおおよその売上高が決まる。
 これまで、インターネット市場では、スマホ・シフトによってアクセス数の増加とクリック単価の下落が同時に進んでいた。クリック単価の下落は売上減少の要因となるが、市場の拡大がそれをカバーしていた。
 2014年頃から単価の下落には歯止めがかかったが、アクセス数の増加も鈍化するようになってきた。

 2015年1~3月期は、前年同月比でクリック数が13%増加する一方、前期比では1%のマイナスとなった。前年度も第1四半期はクリック数が減少しているので、それ自体は初めてのことではないが、かつてのような高成長を持続できなくなっているのは確かだ。

 同社は、次の成長フェーズを実現するために、積極的な研究開発投資を行っている。売上高に占める研究開発費の割合は、前年同期は13.8%だったが、今期は16%まで高めており、約3000億円を支出している。

 自動運転やロボット、人工知能などに対する先行投資を積極的に行い、次の成長につなげたい意向だ。ただ、こうした投資がいつ、どのような形で収益に結びつくのかは、まだはっきりしていない。
 同社の潜在的成長力が高いことは間違いないが、それが具現化してくるまでには、多少のタイムラグがありそうだ。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

moribuild
これが本当の「森ビル」だ!ミラノで全面緑化ビルが完成したが、その前途は多難?

 イタリアのミラノで建設が進められていた全面緑化型の高層ビル2棟がこのほど完成し …

abekeizai201311
公共事業費の抑制をめぐって綱引き激化。財務省が本当に危惧している事態とは?

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えているが、公共事業費の抑制をめぐって議 …

rikokkyoubetonamu
中国の李首相が早速ベトナムを訪問し、領有権問題の懐柔策をベトナムに提示

 中国の李克強首相は10月13日からベトナムを訪問し、ベトナムのグエン・タン・ズ …

keidanrenbiru
影響力低下が著しい経団連。天下国家論ではなく、特定業種の利益を代弁

 このところ経団連の影響力低下が著しい。かつては政界に絶大な影響力を行使し、経団 …

no image
経済界の言い分に騙されるな!中国ビジネスは尖閣より前に大失速している

 領有権問題の長期化を懸念する声が経済界を中心に高まっている。 経団連の米倉会長 …

no image
フィリップスのAV機器事業部を買収した船井電機ってどんな会社?

 船井電機は29日、オランダの電機大手フィリップスから、AV機器事業を買収すると …

brics
BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフ …

sugaku
OECDの学力調査。ゆとり教育見直しの結果、順位は上昇したが・・・・

  OECD(経済協力開発機構)は12月3日、世界65カ国(地域)を対象とした2 …

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …

asohadaijin201406
麻生大臣による「守銭奴」発言。表現は下品だが、本質を突いている

 麻生財務大臣は2015年1月5日、日本企業が内部留保を蓄積していることについて …