ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグル2015年1Q決算は、成長鈍化で投資先行。ロボットなどが収益に貢献するのはまだ先

 

 米グーグルは2015年4月23日、2015年1~3月期の決算を発表した。主力の広告事業が堅調で、売上高は前年同月比11.9%増の172億5800万ドル(約2兆700億円)、純利益は同3.4%増の35億8600万ドル(約4300億円)となった。
 ただ、前期比では売上げの鈍化が顕著となっているほか、研究開発費を中心にコストの増加が目立つ。同社の成長は踊り場に差し掛かっている可能性が高い。

googlekesan201303 同社の収益のほとんどは、検索エンジンに連動する広告となっている。このため広告のクリック数とクリック単価の積でおおよその売上高が決まる。
 これまで、インターネット市場では、スマホ・シフトによってアクセス数の増加とクリック単価の下落が同時に進んでいた。クリック単価の下落は売上減少の要因となるが、市場の拡大がそれをカバーしていた。
 2014年頃から単価の下落には歯止めがかかったが、アクセス数の増加も鈍化するようになってきた。

 2015年1~3月期は、前年同月比でクリック数が13%増加する一方、前期比では1%のマイナスとなった。前年度も第1四半期はクリック数が減少しているので、それ自体は初めてのことではないが、かつてのような高成長を持続できなくなっているのは確かだ。

 同社は、次の成長フェーズを実現するために、積極的な研究開発投資を行っている。売上高に占める研究開発費の割合は、前年同期は13.8%だったが、今期は16%まで高めており、約3000億円を支出している。

 自動運転やロボット、人工知能などに対する先行投資を積極的に行い、次の成長につなげたい意向だ。ただ、こうした投資がいつ、どのような形で収益に結びつくのかは、まだはっきりしていない。
 同社の潜在的成長力が高いことは間違いないが、それが具現化してくるまでには、多少のタイムラグがありそうだ。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

3946377
最近注目を集める金本位制復活論。だが日本人にこれを導入する覚悟があるとは思えない

  米国大統領選挙が終了しオバマ大統領が再選されたことで、当面現状の金融政策が維 …

sharp
綱渡り経営が続くシャープの決算。すべては銀行の方針次第

 経営再建中のシャープは5月14日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前 …

iwatakikuo
岩田日銀副総裁が物価目標実現の時期について実質的に前言撤回

 日銀の岩田総裁は2014年10月28日の参議院財政金融委員会で、物価目標の実現 …

facebookcom
フェイスブックは先行投資で利益減少。まだ投資家は「待ち」の状態だが・・・

 SNS最大手の米フェイスブックは2015年4月22日、2015年1~3月期の決 …

runesasu003
日本市場の公平性に重大な悪影響!ルネサスのハチャメチャ出資計画がまとまる

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する政府系ファンドの出資計画 …

furunreport
中国版フォーブスと呼ばれる最新の長者番付。米国の資産家の水準に近づく

 中国の民間調査会社である胡潤研究院は、中国の大富豪ランキングである「胡潤百富( …

androidTV
グーグルが着々と進める家電のネットワーク化と人工知能化

 ネット検索最大手の米グーグルが、家電の人工知能化を急ピッチで進めている。同社が …

setubitousi
1~3月期のGDP改定値は設備投資の増加で上方修正。今後のカギは為替

 内閣府は2015年6月8日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)改定値を …

businessman04
1~3月期の設備投資は予想通りマイナス。注目は今後発表される最新統計の状況

 財務省は6月3日、2012年1~3月期の法人企業統計の調査結果を発表した。それ …

softbanksprint
ソフトバンクによるスプリント買収が確定的に。だが本当のヤマ場は買収後にやってくる

 米携帯電話3位のスプリント・ネクステルの買収をめぐり、ソフトバンクと争っていた …