ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグル2015年1Q決算は、成長鈍化で投資先行。ロボットなどが収益に貢献するのはまだ先

 

 米グーグルは2015年4月23日、2015年1~3月期の決算を発表した。主力の広告事業が堅調で、売上高は前年同月比11.9%増の172億5800万ドル(約2兆700億円)、純利益は同3.4%増の35億8600万ドル(約4300億円)となった。
 ただ、前期比では売上げの鈍化が顕著となっているほか、研究開発費を中心にコストの増加が目立つ。同社の成長は踊り場に差し掛かっている可能性が高い。

googlekesan201303 同社の収益のほとんどは、検索エンジンに連動する広告となっている。このため広告のクリック数とクリック単価の積でおおよその売上高が決まる。
 これまで、インターネット市場では、スマホ・シフトによってアクセス数の増加とクリック単価の下落が同時に進んでいた。クリック単価の下落は売上減少の要因となるが、市場の拡大がそれをカバーしていた。
 2014年頃から単価の下落には歯止めがかかったが、アクセス数の増加も鈍化するようになってきた。

 2015年1~3月期は、前年同月比でクリック数が13%増加する一方、前期比では1%のマイナスとなった。前年度も第1四半期はクリック数が減少しているので、それ自体は初めてのことではないが、かつてのような高成長を持続できなくなっているのは確かだ。

 同社は、次の成長フェーズを実現するために、積極的な研究開発投資を行っている。売上高に占める研究開発費の割合は、前年同期は13.8%だったが、今期は16%まで高めており、約3000億円を支出している。

 自動運転やロボット、人工知能などに対する先行投資を積極的に行い、次の成長につなげたい意向だ。ただ、こうした投資がいつ、どのような形で収益に結びつくのかは、まだはっきりしていない。
 同社の潜在的成長力が高いことは間違いないが、それが具現化してくるまでには、多少のタイムラグがありそうだ。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

barroso02
EUが加盟6カ国の財政目標を緩和。とうとう緊縮路線からの転換を表明

 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は5月28日、フランスやスペインなど …

neet
ニートだけの会社が11月設立へ。批判の声は多いが、ガバナンス論に一石の可能性も

 メンバー全員がニートで、株主かつ取締役というまったく新しいコンセプトの会社が1 …

setsubitousi
設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

bouekitoukei 201504
4月の貿易赤字は少額。ただ、為替が動き始めており状況は流動的

 財務省は2015年5月25日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

anansi
これぞ知識産業!草野球ツアーで観光客を誘致する阿南市の画期的な取り組み

 多くの自治体が観光客の招致を目指して各種振興策を立案しているが、お役所のセンス …

no image
人民元が対ドルでじわじわ上昇。中国当局が米側に譲歩か?

 この1ヶ月、対ドルでの人民元の上昇が続いている。7月に1ドル=6.3967元の …

runo
ルノーが往年の名車の復刻版を投入。これは自動車コモディティ化の予兆か?

 仏自動車大手のルノーが、往年の名車と呼ばれた「アルピーヌ」の復刻モデルを発売す …

panachinakojo
パナソニックが生産拠点を国内に回帰。だがこうした動きは限定的?

 パナソニックは、エアコンや洗濯機といった白物家電について、今年の春から順次、国 …

jack ma
アリババが上場後初の決算を発表。市場拡大を取り込み業績は順調

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2014年11月4日、2014年7~ …

airasia
大国になりたい中国。旅行客のマナーの悪さに対して政府が対策に乗り出す?

 中国人旅行者のマナーの悪さは今に始まったことではないが、大国として相応の地位を …