ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

更迭されたギリシャのバルファキス外相。だが本人にとってはメリット?

 

 ギリシャのチプラス政権は、EUとの交渉チームの顔ぶれを一新した。新しい交渉チームのリーダーには、ツァカロトス外務副大臣が就任し、これまで交渉の責任者だったバルファキス財務相は相談役に退く。

 バルファキス財務相は、型破りな交渉スタイルで知られていたが、EUが望む緊縮財政を拒否する発言を繰り返しており、EU側の不興を買っていた。交渉チームの刷新でギリシャがEU側の要求を受け入れる可能性は高くなってきた。

bafurakisu002

 バルファキス財務相は、もともと経済学者だが、テレビ出演なども数多くこなすマルチタレントで、自らをマルクス主義者のリバータリアンと称している。
 EUの交渉の場には、真っ青なシャツに皮ジャケットという姿で表れ、EU官僚の度肝を抜いた。チプラス政権としては、EU側に対して一歩も引かない姿勢をアピールする象徴的な存在であった。

 ただ、現実に交渉が始まると、ギリシャの思惑通りにはいかなかった。緊縮財政を強く求めるドイツが一歩も引かず、ギリシャ側は実質的にEUが求めるプランを受け入れざるをえない状況に追い込まれていた。
 だが、バルファキス氏は、立場上、EUのプランを受け入れるわけにはいかず、EU側と押し問答が続いているというのが現実であった。

 このままでは、ギリシャがEUから強制的に脱退させられる可能性も出てきたことから、チプラス首相がこれを危惧したものと考えられる。
 欧米メディアでは、バルファキスの実質的な更迭と報じているが、もしかするとバルファキス氏にとってはメリットが大きかったかもしれない。

 ギリシャが置かれた立場を考えると、EU側の要求を飲まざるを得ない状況だが、これを決断したのがバルファキス氏ということになると、反EUの象徴的な存在だったこれまでのイメージが崩れてしまう。

 バルファキス氏は、実はかなりの資産家として知られており、豪勢な私生活を暴露する報道もある。EUが示す緊縮案を受け入れ、国民に対して今後も厳しい生活を求める一方、自身はセレブな日常ということになると、大きなマイナスイメージになってしまう。

 EUに対する強硬な姿勢が原因で更迭というシナリオの方が、マルチタレントでもあるバルファキス氏にとっては好都合かもしれない。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

kitachosenmisairu
北朝鮮がミサイル発射延期。だが日本政府にとっては基本的に他人事

 北朝鮮が発射予告している長距離弾道ミサイルについて、発射が延期される可能性が高 …

baierumonsanto
独バイエルがお騒がせ企業モンサントを買収。遺伝子組み換えでは最強グループに

 ドイツの医薬・農薬大手バイエルは2016年9月14日、遺伝子組み換え種子の最大 …

factory03
欧州と米国で製造業の好調な指標が相次ぐ。世界経済が大きく変化する兆候か?

 欧州と米国の製造業に関する良好な指標が相次いでいる。調査会社マークイットが8月 …

pakukune02
朴槿恵新政権が、未来創造科学省の設置に執拗にこだわるワケ

 発足したばかりの韓国・朴槿恵政権で、主要閣僚が就任できないという前代未聞の事態 …

iannfugoui
慰安婦問題で日本は全面的に譲歩。振り上げた拳を降ろしただけで交渉は終了

 日韓両政府は2015年12月28日、従軍慰安婦問題について合意に達した。旧日本 …

nikkeifinancialtimes
日経によるFT買収。読者層が異なる媒体でシナジー発揮できるのか?

 日本経済新聞社は2015年7月23日、英国の経済紙フィナンシャル・タイムズ(F …

3chuzenkai
中国はどこへ行く?改革と保守で揺れ動く共産党3中全会は折衷案を了承して閉幕

 中国共産党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会)が11 …

tokyotower
デフレにも関わらず東京の物価は世界1位。改革を先送りしたツケは大きい

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

kigyoshakai
政府が働き方改革に本腰。だが皆があえて無視し続けるひとつの大きな問題

 政府が「働き方改革」に本腰を入れ始めている。日本企業の生産性が低いという事実は …

no image
日本の富裕層は124万世帯。格差拡大はこれからが本番?

 コンサルティング会社であるボストン・コンサルティング・グループは2014年6月 …