ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

更迭されたギリシャのバルファキス外相。だが本人にとってはメリット?

 

 ギリシャのチプラス政権は、EUとの交渉チームの顔ぶれを一新した。新しい交渉チームのリーダーには、ツァカロトス外務副大臣が就任し、これまで交渉の責任者だったバルファキス財務相は相談役に退く。

 バルファキス財務相は、型破りな交渉スタイルで知られていたが、EUが望む緊縮財政を拒否する発言を繰り返しており、EU側の不興を買っていた。交渉チームの刷新でギリシャがEU側の要求を受け入れる可能性は高くなってきた。

bafurakisu002

 バルファキス財務相は、もともと経済学者だが、テレビ出演なども数多くこなすマルチタレントで、自らをマルクス主義者のリバータリアンと称している。
 EUの交渉の場には、真っ青なシャツに皮ジャケットという姿で表れ、EU官僚の度肝を抜いた。チプラス政権としては、EU側に対して一歩も引かない姿勢をアピールする象徴的な存在であった。

 ただ、現実に交渉が始まると、ギリシャの思惑通りにはいかなかった。緊縮財政を強く求めるドイツが一歩も引かず、ギリシャ側は実質的にEUが求めるプランを受け入れざるをえない状況に追い込まれていた。
 だが、バルファキス氏は、立場上、EUのプランを受け入れるわけにはいかず、EU側と押し問答が続いているというのが現実であった。

 このままでは、ギリシャがEUから強制的に脱退させられる可能性も出てきたことから、チプラス首相がこれを危惧したものと考えられる。
 欧米メディアでは、バルファキスの実質的な更迭と報じているが、もしかするとバルファキス氏にとってはメリットが大きかったかもしれない。

 ギリシャが置かれた立場を考えると、EU側の要求を飲まざるを得ない状況だが、これを決断したのがバルファキス氏ということになると、反EUの象徴的な存在だったこれまでのイメージが崩れてしまう。

 バルファキス氏は、実はかなりの資産家として知られており、豪勢な私生活を暴露する報道もある。EUが示す緊縮案を受け入れ、国民に対して今後も厳しい生活を求める一方、自身はセレブな日常ということになると、大きなマイナスイメージになってしまう。

 EUに対する強硬な姿勢が原因で更迭というシナリオの方が、マルチタレントでもあるバルファキス氏にとっては好都合かもしれない。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

siniakigyou
起業希望者はバブル期に比べて半減。だが高齢者起業家は急増中

 起業を希望する人の数が年々減少し、2012年にはピーク時の約半分になったことが …

kadokawadowango
KADOKAWAとドワンゴが経営統合。相互補完的でプラスになる可能性

 角川書店を中心とするメディア企業のKADOKAWAと、動画配信大手のドワンゴが …

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

no image
もの作り革命の本「Makers」が早くも話題に。だがそれは日本の3回目の敗北を意味する

 『ロングテール』や『FREE』といったネットにおける新しいビジネスモデルをいち …

robotokontest
米ロボット・コンテストは日本勢振るわず。背後に垣間見えるグーグルの影

 米国防総省の国防高等研究局(DARPA)が主催するロボット・コンテストの決勝戦 …

goan
ルノーの労使交渉で露呈した、ゴーン会長が受け取る巨額報酬の真相。

 欧州経済の低迷を受けて業績不振が続く仏ルノーのカルロス・ゴーン会長は、現在難航 …

businessman02
このところ顕著になっている人手不足は景気拡大によるものなのか?

 このところ人手不足がより顕著になっている。人手不足は景気が良くなっている証拠と …

setubitousi
企業の業績拡大が中小企業にも波及。ただ設備投資は公共事業の依存度が高い

 財務省は2014年6月2日、2014年1~3月期の法人企業統計を発表した。売上 …

bouekitoukei 201406
貿易赤字は引き続き小康状態。この間に次のフェーズへの対策が必要

 財務省は2014年7月24日、6月の貿易収支を発表した。輸出額から輸入額を差し …

kakunenryouyuso
プルトニウムがとうとう米国へ返還。日本をとりまく国際情勢は変化している

 日米間の合意によって、日本が米国に返還することが決定していた研究用プルトニウム …