ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

更迭されたギリシャのバルファキス外相。だが本人にとってはメリット?

 

 ギリシャのチプラス政権は、EUとの交渉チームの顔ぶれを一新した。新しい交渉チームのリーダーには、ツァカロトス外務副大臣が就任し、これまで交渉の責任者だったバルファキス財務相は相談役に退く。

 バルファキス財務相は、型破りな交渉スタイルで知られていたが、EUが望む緊縮財政を拒否する発言を繰り返しており、EU側の不興を買っていた。交渉チームの刷新でギリシャがEU側の要求を受け入れる可能性は高くなってきた。

bafurakisu002

 バルファキス財務相は、もともと経済学者だが、テレビ出演なども数多くこなすマルチタレントで、自らをマルクス主義者のリバータリアンと称している。
 EUの交渉の場には、真っ青なシャツに皮ジャケットという姿で表れ、EU官僚の度肝を抜いた。チプラス政権としては、EU側に対して一歩も引かない姿勢をアピールする象徴的な存在であった。

 ただ、現実に交渉が始まると、ギリシャの思惑通りにはいかなかった。緊縮財政を強く求めるドイツが一歩も引かず、ギリシャ側は実質的にEUが求めるプランを受け入れざるをえない状況に追い込まれていた。
 だが、バルファキス氏は、立場上、EUのプランを受け入れるわけにはいかず、EU側と押し問答が続いているというのが現実であった。

 このままでは、ギリシャがEUから強制的に脱退させられる可能性も出てきたことから、チプラス首相がこれを危惧したものと考えられる。
 欧米メディアでは、バルファキスの実質的な更迭と報じているが、もしかするとバルファキス氏にとってはメリットが大きかったかもしれない。

 ギリシャが置かれた立場を考えると、EU側の要求を飲まざるを得ない状況だが、これを決断したのがバルファキス氏ということになると、反EUの象徴的な存在だったこれまでのイメージが崩れてしまう。

 バルファキス氏は、実はかなりの資産家として知られており、豪勢な私生活を暴露する報道もある。EUが示す緊縮案を受け入れ、国民に対して今後も厳しい生活を求める一方、自身はセレブな日常ということになると、大きなマイナスイメージになってしまう。

 EUに対する強硬な姿勢が原因で更迭というシナリオの方が、マルチタレントでもあるバルファキス氏にとっては好都合かもしれない。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

family3nin
課税対象の「個人」から「世帯」への見直しは、アベノミクスにも逆行する

 政府は少子化対策のひとつとして、所得税の課税対象を「個人」から「世帯」に変更す …

obamatennengas
オバマ大統領が2020年までに米国は天然ガスの純輸出国になるとの見通しを明らかに

 メキシコなど中米諸国を歴訪したオバマ米大統領は5月4日、コスタリカで開催された …

dentsu
電通の広告不正問題。AI社会になれば解決するが、その時に代理店は必要ない?

 広告代理店最大手の電通は2016年9月23日、インターネット上の広告に関して不 …

toyota02
トヨタの絶好調決算から学ぶ、円安がもたらすメリットとデメリット

 トヨタ自動車は2014年11月5日、2014年9月中間決算を発表し、2015年 …

joseikatuyaku
政府が1億総活躍社会における経済効果を試算。個人消費は13.7兆増えるとしているが・・・

 政府は2016年4月18日、一億総活躍社会を目指す取り組みが実現した場合の経済 …

kaswase20130606
株高と円安は終わったのか?カギを握るのは購買力平価による為替レート

 日銀による異次元の緩和策以降、順調に進んできた円安と株高にブレーキがかかり始め …

ge
米国の製造業回帰が効果を上げ始めた。だが一方でその波に乗れない人も

 中国から製造拠点を米国に戻す試みが成果を上げ始めている。米ゼネラル・エレクトリ …

blackberry10
起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナ …

businessman04
1~3月期の設備投資は予想通りマイナス。注目は今後発表される最新統計の状況

 財務省は6月3日、2012年1~3月期の法人企業統計の調査結果を発表した。それ …

kyouiku
教育再生会議が英語教育の拡充を提言。だが特定校重点支援という概念には疑問の声も

 政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)は5月28日、大学教育などの …