ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍首相が米議会で演説。なぜ今まで長期にわたって実現しなかったのか

 

 安倍首相は2015年4月29日、米議会の上下両院合同会議で演説を行った。米議会での演説は池田勇人元首相以来54年ぶり。事務的なやり取りに終始した前回の訪米と比べ、米国側の対応は大きく変わった。安倍政権が長期政権になるとの見方を強めた可能性が高い。

abeobama

 米議会の上下両院合同会議での演説には特別な意味合いがある。一般的には国賓級の待遇で迎えられる同盟国の首脳が招待されることが多い。
 戦後、日本の首相として初めて米議会で演説を行ったのは吉田茂元首相だが、これは上院での演説であった。続いて安倍氏の祖父にあたる岸信介元首相が上院で、池田勇人元首相が下院で演説を行っているが、より格の高い両院合同会議での演説は安倍氏が初めてとなる。

 ただ両院合同議会での演説は、米国の同盟国の首脳であれば、何度も招待されるものであり、これまで日本の首相の演説がなかったことはむしろ意外な感じがする。

 池田氏の時代までは、日本はまだ敗戦国としてのイメージを引きずっており、米ソ冷戦時代を迎え、日本が米国の同盟国であるという立場を確認するというニュアンスが強かったと考えられる。

 その後、日米は名実共に同盟国としての関係を深めていったものの、70年代以降は、日本の経済的発展によって貿易摩擦が深刻化してきた。日本メーカーによる怒濤の輸出攻勢によって、米国では失業する人が続出したことから、議会で演説する雰囲気にはならなかったと考えられる。

 90年代に入って、ようやくこうした問題が落ち着いてきたが、今度は日本の政治が不安定化し、毎年のように首相が交代する事態となった。短期政権となる可能性が高い首相を議会に呼ぶメリットは少なく、議会演説はやはりお預けとなった。日米関係がもっとも良好といわれた小泉政権の時代も、演説は実現していない。

 続く民主党政権の時代も、明確な目的がないまま、米国から信頼されているという国内向けのアピールのため、とりあえず訪米するという状況であった。
 安倍氏の前回の訪米も似たようなものであり、日本側が何度も打診して実現にこぎ着けた。ドライで実務的といわれるオバマ政権は、夕食会も開催せず、冷淡な対応に終始している。

 だが、今回の訪米は国賓級の待遇ということで、大統領夫妻がホワイトハウスで出迎えを行い、夕食会も開催した。
 日本に対するこうした対応の変化は、米国側が安倍政権について、長期政権になる可能性が高いと判断した可能性を示唆している。TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉が大詰めを迎えていることや、米国が日本の安保法制の実現を強く望んでいることも、大きく影響したと考えられる。

 演説で安倍氏は、米海兵隊のグアム移転について資金協力を行うことや、夏までに安保法制を実現することを明言している。このあたりが、今回の議会演説に対する日本側の最大のお土産ということになるだろう。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

kokkaigijido02
憲法改正の手続きを定めた国民投票法が審議入り。各党の思惑が絡んで議論は複雑

 憲法改正のための具体的な手続きを定めた国民投票法(日本国憲法の改正手続に関する …

airasiasuchi
今話題のLCC(格安航空会社)に思った程安くないとの声が。その理由とは?

 全日空系のLCC(格安航空会社)であるエアアジアジャパンは、10日、LCCとし …

tusuruga
敦賀原発が廃炉に?重大な結論を「空気」で決めるのは誰も責任を取りたくないから

 原発停止をめぐってまた茶番劇が繰り返されている。原子力規制委員会の調査団は10 …

udeishoku
イラクで負傷した兵士の両腕移植が成功。皮肉にも戦争で米国の医療技術がさらに進んだ

 イラク戦争に派遣され従軍中に両手両足を失った米軍兵士が両腕の移植手術を受け回復 …

keijiban
中国共産党が国民からの不満や要望を受け付けるサイトを構築。明るい文化大革命?

 中国共産党は、国民の党や政府に対する不満の高まりを背景に、国民からの声を集める …

narogo01
ロケット「羅老」号の再打ち上げ日が決定。相変わらず韓国人はロケットに近づけず

 トラブルで打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ) …

kobayshiseiyaku
ドラッグストア業界の圧力?小林製薬が薬のネット販売を中止

 小林製薬は1月から大衆薬のインターネット販売を中止する。ネット販売を中止するの …

jimintohonbu
自民党が伝統の「党税調」を復活。だが、かつての税制利権につながるとの声も

 自民党が政権に復帰したことをうけて、これまで事実上消滅していた自民党の税制調査 …

sonoayako
保守思想界の大物である曽野綾子氏の発言に、日本社会はどう反応するのか?

 作家の曽野綾子氏による「出産した女性は会社を辞めろ」という趣旨の論文が物議を醸 …

tosho
金融庁で企業統治改革の検討が始まる。本当に日本人はガバナンス強化を望むのか?

 上場企業の企業統治(コーポレートガバナンス)に関する具体策を検討する有識者会議 …