ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ツイッターが大失速。主要指標の非公開化で市場に疑心暗鬼

 

 短文投稿サイトの米ツイッターが失速している。2015年4月28日に発表した同社の2015年第1四半期の決算は、売上高が4億3590万ドル(約523億円)と前四半期を9%も下回った。閲覧数の伸びが急低下していると考えられ、同社の成長に陰りが見えてきた。

twitter02

 同社は基本的に広告収入を主な収益源としていることから、一般的なWebサイトにおけるページビューに相当する「タイムライン閲覧数」が重要な意味を持っている。

 創業から2013年まで同社のタイムライン閲覧数は、基本的に利用者数に比例して増加してきた。これが収益拡大の原動力となっていたわけだが、2013年の第4四半期に、一度だけ前四半期を下回るという状況に陥っている。

 当時は、広告の収益力拡大策が功を奏しており、売上げは何とか横ばいをキープすることができた。その後はタイムライン閲覧数が復活し、再び利用者数の増加に合わせて閲覧数も伸びるという状況が続いていた。

 ところが、今回の決算では肝心のタイムライン閲覧数が公表されず、売上高が9%下落という結果になってしまった。同社が公表をやめてしまったことや、売上高がマイナスになったことを考えると、タイムライン閲覧数が大幅に減少した可能性も考えられる。市場ではこれまで頼りにしてきた指標が得られないので、疑心暗鬼に陥っている。

 利用者数が増加しているにもかかわらず、本当に閲覧数が減少しているのだとすると、利用者のツイッター依存度が低下した可能性が高い。すでに3億人の利用者を抱える同社の場合、利用者数の急増によって収益を拡大させることは難しい。利用依存度の低下はそのまま同社の収益を直撃することになるだろう。

 売上高が減少する一方、研究開発費や管理費などコストは増大している。同社は赤字決算が続いているが、急成長が予想されたからこそ、多額の研究開発費も許容されてきた。売上高がマイナスとなる中、現在の赤字水準は市場から容認されなくなる可能性が高い。

 実は決算の状況が思わしくないのは、同社だけではない。グーグルやフェイスブックなど、広告依存型のネット企業は、程度の差こそあれ、収益の伸び悩みに直面している。
 グーグルは自動運転やロボットなど新しいビジネス分野に活路を見出そうとしているが、まだ収益化のメドは立っていない。

 現時点において、広告をベースにしたビジネス・モデルが限界に近づいているのかについて判断することは難しい。ただ、従来のように倍々ゲームが続く状況でなくなったことだけは確かだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

super02
家計の消費支出は3カ月連続でマイナス。安倍政権は10%増税をどう判断するのか?

 総務省は2014年7月29日、6月の家計調査を発表した。2人以上の世帯の消費支 …

takenaka
安部政権の経済政策に矛盾?カギを握るのは経済再生本部の竹中平蔵氏

 安倍政権が掲げる経済政策「3本の矢」の全体像が見えてきた。3本の矢のうち、成長 …

okanekazoeru
スイスで否決のベーシックインカム。だがAI時代の到来を考えると現実的?

 年金など各種の社会保障を廃止する代わりに、すべての国民に一定金額の支給を行う「 …

bussann
三菱商事と三井物産が共に創立以来初の赤字転落。原油安が業績を直撃

 資源安が大手商社の業績を直撃している。三菱商事と三井物産が揃って通期の決算が赤 …

Conde Nast Building
ニューヨークの景観論争で浮き彫りになった?日本の規制の実態

 ニューヨークの超高層ビルの看板をめぐってちょっとした論争が起こっている。場所は …

mof03
消費税10%に向けて動き出した財務省。増税の判断基準が7~9月期GDPである理由

 昨年末に2014年度予算の政府案が閣議決定されたことで、財務省は消費税の10% …

iot
IoTに関する産学官協議会が米国勢に合流。最悪のガラパゴスは回避したが・・・

 あらゆるモノをインターネットにつなげる「IoT」の分野において、日本勢が米国勢 …

pccw
外国人投資家による都心の不動産取得が相次ぐ。本当に需要はあるのか?

 東京の不動産市場が活況を呈している。円安によって外国人投資家による買いが増加し …

sharp
シャープは政府ファンドのリストラ案を嫌い、鴻海による買収で最終調整?

 経営再建中のシャープは、台湾の鴻海精密工業による買収案を受け入れる方向で調整を …

koreishajiko
高齢者の自動車事故が増加しているのは、高齢者の絶対数が増えているから

 最近、高齢者ドライバーによる事故のニュースを多く目にするようになった。一部から …