ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ツイッターが大失速。主要指標の非公開化で市場に疑心暗鬼

 

 短文投稿サイトの米ツイッターが失速している。2015年4月28日に発表した同社の2015年第1四半期の決算は、売上高が4億3590万ドル(約523億円)と前四半期を9%も下回った。閲覧数の伸びが急低下していると考えられ、同社の成長に陰りが見えてきた。

twitter02

 同社は基本的に広告収入を主な収益源としていることから、一般的なWebサイトにおけるページビューに相当する「タイムライン閲覧数」が重要な意味を持っている。

 創業から2013年まで同社のタイムライン閲覧数は、基本的に利用者数に比例して増加してきた。これが収益拡大の原動力となっていたわけだが、2013年の第4四半期に、一度だけ前四半期を下回るという状況に陥っている。

 当時は、広告の収益力拡大策が功を奏しており、売上げは何とか横ばいをキープすることができた。その後はタイムライン閲覧数が復活し、再び利用者数の増加に合わせて閲覧数も伸びるという状況が続いていた。

 ところが、今回の決算では肝心のタイムライン閲覧数が公表されず、売上高が9%下落という結果になってしまった。同社が公表をやめてしまったことや、売上高がマイナスになったことを考えると、タイムライン閲覧数が大幅に減少した可能性も考えられる。市場ではこれまで頼りにしてきた指標が得られないので、疑心暗鬼に陥っている。

 利用者数が増加しているにもかかわらず、本当に閲覧数が減少しているのだとすると、利用者のツイッター依存度が低下した可能性が高い。すでに3億人の利用者を抱える同社の場合、利用者数の急増によって収益を拡大させることは難しい。利用依存度の低下はそのまま同社の収益を直撃することになるだろう。

 売上高が減少する一方、研究開発費や管理費などコストは増大している。同社は赤字決算が続いているが、急成長が予想されたからこそ、多額の研究開発費も許容されてきた。売上高がマイナスとなる中、現在の赤字水準は市場から容認されなくなる可能性が高い。

 実は決算の状況が思わしくないのは、同社だけではない。グーグルやフェイスブックなど、広告依存型のネット企業は、程度の差こそあれ、収益の伸び悩みに直面している。
 グーグルは自動運転やロボットなど新しいビジネス分野に活路を見出そうとしているが、まだ収益化のメドは立っていない。

 現時点において、広告をベースにしたビジネス・モデルが限界に近づいているのかについて判断することは難しい。ただ、従来のように倍々ゲームが続く状況でなくなったことだけは確かだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

abetoben
首相がアベノミクスへの懸念について見解を表明。あと半年で円安効果が出るというが・・

 安倍首相は5月7日の参院予算委員会の集中審議に出席し、貿易赤字やインフレなど、 …

lixil
リクシルの海外M&Aは、今後の日本経済のあり方を示すお手本

 住宅設備最大手のLIXIL(リクシル)グループが大型の海外M&A(企業 …

amazonhaisin
海外で音楽聞き放題サービスが急展開。CDが生き残る日本市場は変わるのか?

 一定金額を支払えば音楽が聴き放題になる定額ストリーミング・サービスの動きが活発 …

usakoyoutoukei201505
5月の米雇用統計は予想外に良好。景気の停滞はやはり一時的?

 米労働省が発表した5月の雇用統計は、市場予想を大幅に上回る結果となった。このと …

joyou
LIXILグループの中国子会社破たん。積極的な海外M&Aはリスクなのか?

 LIXILグループが、海外子会社の破たんによって大幅な減益に追い込まれる見通し …

no image
パルコを巡る痴話喧嘩が終結。そこから見えてくるものとは?

 2年以上に及ぶパルコの経営権をめぐるゴタゴタがようやく終結した。8月末、Jフロ …

kodomonote
政府が子供の貧困対策を本格化。だが、支援は民間による基金

 政府が貧困家庭の子供に対する支援の強化を検討している。企業や個人に寄付を呼びか …

ieren02
米FRB、イエレン新体制が始動。大きな障害はないが、新副総裁との関係だけは微妙

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)の新しい議長にジャネット・イ …

abeseichou02
安倍首相が成長戦略第2弾を発表。規制緩和を掲げるも消極的な印象。焦点は特区構想へ

 安倍首相は5月17日、都内で講演し企業の設備投資を年間70兆円台に回復させるこ …

siniakigyou
起業希望者はバブル期に比べて半減。だが高齢者起業家は急増中

 起業を希望する人の数が年々減少し、2012年にはピーク時の約半分になったことが …