ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本郵政がIBM、アップルと共同で人工知能サービスを導入

 

 日本郵政は2015年4月30日、米アップル、米IBMの2社と共同で高齢者向けサービスの開発で業務提携すると発表した。米IBMが持つ人工知能とアップルのタブレットを組み合わせ、高齢者を対象としたサービスを開発する。

 日本郵政傘下の日本郵便やかんぽ生命は、高齢な顧客が多く、職員は密なコミュニケーションが求められる。現在、同社では高齢者の安否確認訪問を職員が行っているが、高齢者にも使いやすいタブレットを導入することで、効率化を図る。

nihonyuseiibmjinkochino

 タブレットが高齢者に普及すれば、病院の診察の予約や薬の服用、荷物の受け取りに関する連絡など、高齢者の生活を側面支援できるようになる。
 IBMはすでに人工知能ワトソンを商用化しているほか、アップルは自然言語解析技術であるSiriを保有している。こうした技術を組み合わせることで、高齢者でも自然に扱える機器を開発することが可能となる。

 高齢者がタブレットを日常的に使うようになれば、高齢者の位置や動きなどの情報から、高い精度で異常を察知し、状況を確認できるようになる。近い将来、あたかも人が個別訪問しているかのようなやり取りで、安否の確認や各種手続きが実現できるはずだ。

 またかんぽ生命では、保険金の支払い業務に人工知能を活用する。支払いの可否判断などで人工知能を活用すれば、熟練職員のノウハウを一気に汎用化することができる。

 すでに国内ではメガバンクが、コールセンターに人工知能を導入する準備を進めている。人工知能が顧客からの曖昧な質問に対しても適切な回答を探し出してくるので、熟練したオペレーターの数を大幅に削減できるという。
 当初はオペレーターが電話を受け、人工知能を搭載したシステムに顧客からの質問を入力する形になるが、システムが直接、顧客からの電話を受けることも可能であり、いずれそのような方式に移行する可能性が高い。

 こうした技術は、ひとたび導入が始まると飛躍的に精度が向上し、普及に弾みがつくことになる。
 自然言語を用いた人工知能によるインターフェースは、あらゆる分野に応用が可能であることを考えると、これから10年の間に、機械と人間のコミュニケーションのあり方は劇的に変化するだろう。

 - 社会, 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

kyouikusaisei02
政府の教育再生実行会議で「6・3・3・4制」の見直しがスタート。だが目的は曖昧なまま

 政府の教育再生実行会議は、小学校から大学までを「6・3・3・4」の年数で区切る …

sonycity
REITが次々に増資と物件取得を実施。インフレ期待からまだまだ上昇するのか?

 REIT(不動産投資信託)の増資と物件取得が相次いでいる。国内では最大級のRE …

bitcoin
ビットコインの分裂騒動は、真の金融インフラになれるのかの試金石

 仮想通貨ビットコインが8月1日に分裂するのではないかという騒動が発生している。 …

dental
米国の歯科医院でAIDS感染が発覚。日本の衛生基準はどうなのか?

 米国オクラホマ州で、不衛生な状態で運営されていた歯科クリニックの患者が、C型肝 …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

pfi
PFIが成長戦略の中核として急浮上。だがその実態はハコモノ行政の維持

 政府の成長戦略における中核的プランとして、民間資金を活用したインフラ整備(PF …

bouekitoukei 201302
2月の貿易統計。赤字は8か月連続。米国向けの輸出だけが絶好調

 財務省は3月21日、2月の貿易統計(速報、通関ベース)を発表した。貿易赤字は8 …

no image
日韓スワップ協定は延長せず。背景に領土問題があることは明らか

 政府が韓国との通貨スワップ協定を延長しないことが確定した。  通貨スワップ協定 …

sakuranomiya
桜宮高校バスケ部の自殺問題はルール不在という日本社会の不透明性を象徴している

 大阪市立桜宮高校バスケットボールの男子生徒が自殺した問題で、学校側が自殺の4日 …

no image
財務省の調査で地方公務員の厚遇ぶりが明らかに。だが問題の本質はそこではない。

 地方公務員の平均給与が国家公務員を6.9%上回っていることが財務省の調査で明ら …