ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トヨタが個人投資家向けにわざわざ種類株を発行する理由

 

 トヨタ自動車は2015年4月28日、値下がりリスクを抑える代わりに、売却や配当に制限がある新しい種類株を発行する。長期保有の個人投資家を増やす狙いがあるが、背景には持ち合い解消の受け皿という面もある。

toyodaakio

  新しく発行するのは「AA型種類株式」という名称の種類株。種類株とは普通株式とは異なる権利を有する株式のこと。
 今回発行する種類株は、非上場で、5年間は譲渡や換金ができない。5年を過ぎた時点で、普通株に転換するか、トヨタに買い取りを請求するのかを選択することができる。
 配当は支払われるが、初年度は0.5%と低く抑えられており、翌年度以降5年目まで0.5%ずつ 段階的に増加していく(つまり5年目以降には2.5%になる)。

 倒産しない限りは、配当が支払われ、5年後にはトヨタが買い取ってくれるので、かなり社債に近い商品設計ということになるが、議決権に制限はないので、株主総会で決議に参加できるという点で社債とは大きく異なっている。

 同社では、今回の種類株発行と合わせて、ほぼ同数の自社株買いを予定している。つまり、トヨタ側は新しい資金を調達するわけではなく、既存の普通株を種類株に入れ替えるということになる。
 普通株式の配当利回りは現在2%となっているので、種類株式の方が利回りは低い。トヨタは買い取り義務が生じるものの、株式を低利の社債に乗り換えたことと同じ効果が得られるので、トヨタ側の財務負担は小さくなる。

 投資家にとっては、実質的に元本保証がついており、普通株よりも低いとはいえ配当をもらえ、トヨタ株が値上がりしていた場合にはキャピタルゲインも得ることができる。一般的な社債と比較した場合には有利な商品といえるだろう。

 だが、トヨタの今後の成長を見込んでいる投資家であれば、普通株を買うという選択肢がある。その中で、あえて5年間換金できない今回の種類株を購入するということになると、トヨタには投資をしたいが、今後トヨタの株価はあまり上昇しない、あるいは市場全体が下落する可能性が高いと考える投資家ということになるが、これは少数派だろう。

 結局のところ、これまで株式投資に消極的だった層が低リスクに惹かれて購入する可能性が高く、購入者は株主としての権利をあまり行使しないだろう。

 安倍政権はコーポレートガバナンスの強化策を進めており、株式の持ち合いはさらに許容されなくなる可能性が高くなってきた。
 株式の持ち合いを解消する代わりに、サイレントな個人株主を増やしたいとトヨタの経営陣が考えても不思議はない。このタイミングでの種類株発行にはこうした思惑があるのかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

trybol
スイスで経営者の高額報酬を制限する国民投票を実施。立役者の主張とは?

 企業幹部が受け取る高額報酬の制限をめぐってスイスで国民投票が実施される見込みと …

trumpyosan
トランプ大統領はもう予算に興味がない?外遊中に予算教書提出の前代未聞

 米国のトランプ政権が初の予算教書(正式版)を議会に提出した。当初は予算教書の提 …

tenanmon
中国のPMIが低下するも、当局はハードランディング覚悟で対策は取らず

 中国国家統計局は7月1日、6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表した。 …

abe20160802
総額28兆円の経済対策。実質的な金額は6兆円にとどまり、効果は限定的

 政府は2016年8月2日、総額28兆円を上回る経済対策を閣議決定した。金額だけ …

bouekitoukei201304
4月の貿易収支。エネルギー輸入増と輸出数量の減少が続き、赤字連続記録を更新

 財務省は5月22日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

souzouteki
日本には創造性が求められる仕事などない、という若者の認識はかなり正確?

 日本の若年層の中で、自分のことを創造的だと考える人は8%しかおらず、創造性が求 …

kakeibo
家計のエンゲル係数が急上昇。それ以上に上昇しているのは電気代と水道代

 消費支出に占める食費の割合を示すエンゲル係数が急上昇している。2014年4月に …

cupnoodle
円安をきっかけに各業界で値上げ続々。輸入価格主導でもう一段の物価高に

 急速に進行した円安をきっかけに各業界で続々と値上げが発表されている。輸入物価の …

intelbaytrail
インテルはもはやGEのような会社。第2四半期決算ではっきりした今後の方向性

 半導体世界最大手の米インテルは2014年7月15日、2014年4~6月期の決算 …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …