ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トヨタが個人投資家向けにわざわざ種類株を発行する理由

 

 トヨタ自動車は2015年4月28日、値下がりリスクを抑える代わりに、売却や配当に制限がある新しい種類株を発行する。長期保有の個人投資家を増やす狙いがあるが、背景には持ち合い解消の受け皿という面もある。

toyodaakio

  新しく発行するのは「AA型種類株式」という名称の種類株。種類株とは普通株式とは異なる権利を有する株式のこと。
 今回発行する種類株は、非上場で、5年間は譲渡や換金ができない。5年を過ぎた時点で、普通株に転換するか、トヨタに買い取りを請求するのかを選択することができる。
 配当は支払われるが、初年度は0.5%と低く抑えられており、翌年度以降5年目まで0.5%ずつ 段階的に増加していく(つまり5年目以降には2.5%になる)。

 倒産しない限りは、配当が支払われ、5年後にはトヨタが買い取ってくれるので、かなり社債に近い商品設計ということになるが、議決権に制限はないので、株主総会で決議に参加できるという点で社債とは大きく異なっている。

 同社では、今回の種類株発行と合わせて、ほぼ同数の自社株買いを予定している。つまり、トヨタ側は新しい資金を調達するわけではなく、既存の普通株を種類株に入れ替えるということになる。
 普通株式の配当利回りは現在2%となっているので、種類株式の方が利回りは低い。トヨタは買い取り義務が生じるものの、株式を低利の社債に乗り換えたことと同じ効果が得られるので、トヨタ側の財務負担は小さくなる。

 投資家にとっては、実質的に元本保証がついており、普通株よりも低いとはいえ配当をもらえ、トヨタ株が値上がりしていた場合にはキャピタルゲインも得ることができる。一般的な社債と比較した場合には有利な商品といえるだろう。

 だが、トヨタの今後の成長を見込んでいる投資家であれば、普通株を買うという選択肢がある。その中で、あえて5年間換金できない今回の種類株を購入するということになると、トヨタには投資をしたいが、今後トヨタの株価はあまり上昇しない、あるいは市場全体が下落する可能性が高いと考える投資家ということになるが、これは少数派だろう。

 結局のところ、これまで株式投資に消極的だった層が低リスクに惹かれて購入する可能性が高く、購入者は株主としての権利をあまり行使しないだろう。

 安倍政権はコーポレートガバナンスの強化策を進めており、株式の持ち合いはさらに許容されなくなる可能性が高くなってきた。
 株式の持ち合いを解消する代わりに、サイレントな個人株主を増やしたいとトヨタの経営陣が考えても不思議はない。このタイミングでの種類株発行にはこうした思惑があるのかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

kokusaishushi201309
経常黒字のカギは海外投資の拡大。だが日本はこれ以上、投資収益を拡大できない?

 財務省は11月11日、9月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支 …

bitcoin
ビットコイン消失事件をきっかけに、規制強化の動きが高まっているが・・・

 仮想通貨ビットコインが大量消失した事件に関し、取引所運営会社社長が逮捕されたこ …

google2014
グーグル、持ち株会社設立後初の四半期決算。自社株買いなど株主重視に転換?

 米グーグルの持ち株会社であるアルファベットは2015年10月22日、2015年 …

brasil
インフレによる不満から大規模デモとなったブラジル。アベノミクスの悪いシナリオを暗示?

 サッカーのコンフェデレーションズ杯が開催されているブラジルで、公共料金の値上げ …

no image
韓国企業が相次いで中国内陸部に巨額投資。しかも土地はタダだって!

 韓国が中国内陸部への投資を加速している。  韓国のサムスン電子が陝西省西安に7 …

putinrussia
ロシアによるクリミア編入宣言。その背景とアジア地域で想起される事態

 ロシアのプーチン大統領は2014年3月18日、クリミアをロシアに編入する条約に …

Cove Point
シェールガス革命で日本の製造業が次々に米国進出。期待される日本の国際収支への貢献

 米国ではシェールガス革命の進展によって、世界最大のエネルギー輸出国に変貌しよう …

no image
「シャープが賞与カットを検討」との報道に、市場では驚愕の声

  シャープがリストラ策の一環として、社員の賞与カットの検討に入ってるとの毎日新 …

presskiki
企業はまだまだ設備投資に慎重。アベノミクスも最後は米国頼み?

 昨年末から円安と株高が進み、国内の景気見通しも徐々に改善してきているが、企業は …

kijijidousakusei
AP通信が決算記事の作成にロボットを導入。この動きは一般企業にも波及する

 通信社大手のAPは2014年6月30日、同社が提供する決算記事の作成にロボット …