ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界観光ランキングで日本の順位が急上昇。要因は評価項目の入れ替え

 

 世界経済フォーラムは2015年5月6日、2015年の旅行・観光競争力ランキングを発表した。今回のランキングから評価基準が大幅に変更されたこともあり、単純に比較はできないものの、日本は前回の14位から9位と大きく順位を上げた。社会インフラなど基礎的な評価項目が増えたことが日本にとってはプラスに作用した。

tokyotower02

 このランキングは、世界141カ国・地域を対象に、各種インフラ、観光資源の豊富さなどを総合的に評価したもの。今回のランキングから評価項目が総入れ替えとなり、これに伴って順位も大幅に変動している。

 前回のランキングは、1位スイス、2位ドイツ、3位オーストリア、4位スペイン、5位英国、6位米国、7位フランスという結果であった。
 今回のランキングでは、1位スペイン、2位フランス、3位ドイツ、4位米国、5位英国、6位スイス、7位オーストラリアとなった。全体的にはスイスのランクが低下し、スペインとフランスのランクが上昇した。

 日本は前回は14位だったが、今回は9位と健闘している。今回のランキングでは、国民の健康や労働者の教育水準、大規模なスタジアムの数など、基礎的な部分の評価項目が増えたことに加え、無形文化の数など、日本にとって有利な項目が設定されたことが、ランキングの上昇につながった。

 一方で、以前から指摘されていることだが、ソフト面での課題は大きい。円安になっているにもかかわらず、価格面での競争力は米国よりも低くなっているほか、レンタカーやATMのクレジットカード受け付けなど、サービス面におけるインフラの順位がかなり低い。また、ビジネス出張した人が延長で観光滞在を推奨する割合は129位となっており、いわゆる口コミ的な評判はあまりよくない。

 巨大都市を擁し、長い歴史と文化のある国は、ほとんど例外なく観光大国となっている。日本はようやく年間1000万人の観光客を受けれるようになったが、英国は3000万人、米国や中国は6000万人、フランスにいたっては8000万人もの観光客が訪れている。

 日本も本来であれば、数千万人が来日していておかしくない。日本は十分すぎるほどのハードを持っているが、いまだにクレジットカードが通用しない土産物店があるなど、ソフト面での課題は多い。また、文化財の保護を強化するなど、長期的な視点に立った政策も進めていく必要があるだろう。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

no image
米国のネット通販に韓国からのアクセス制限がかかるワケ

 年末商戦真っ最中の米国において、韓国からのインターネット・アクセスが制限され、 …

ieren201409
FRBが「忍耐強く」の表現を削除。利上げは予定通りで、利上げ幅は極小との観測も

  米FRB(連邦準備制度理事会)は2015年3月18日、FOMC(連邦公開市場 …

sendaisaiban
大川小学校の津波訴訟は、日本人に自分のアタマで考えることの重要性を強く訴えかけている

 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市大川小学校の児童の遺族が市と宮城県 …

ieren02
米FRB利上げにさらに一歩踏み込むも、緩和スタンス継続にも言及

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2014年12月17日、FOMC(連邦公開市場 …

roujin02
生活保護世帯が過去最多を更新。制度のもっとも大きな問題点は何か?

 厚生労働省は2013年12月11日、9月に生活保護を受けた世帯が159万911 …

abekaisan20141113
7~9月期のGDPは予想通り思わしくない可能性が大。増税スキップは政治判断へ

 11月17日に発表される7~9月期の実質GDPの数字が思わしくない可能性がさら …

sinchounakazuri
やっぱり革命政党?共産党が議員のラブラブ路チュー写真に激怒

 共産党の女性議員の路チュー写真が週刊誌に掲載された件で、共産党が激怒している。 …

aso03
政権幹部から景気に対する慎重な見方が相次ぐ。消費増税の影響は予想より大きい?

 安倍政権幹部から、景気の先行きに対する慎重な発言が目立っている。甘利経財相が「 …

autodrive
首相まで巻き込んだ自動運転技術のデモから垣間見える、日本のイノベーション事情

 トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの3社は11月9日、国会周辺の公道で自動運転に …

usakoyoutoukei201312
米雇用統計は予想を下回る。FRB議長交代もあり、市場は神経質な展開

 米労働省は2014年1月10日、2013年12月の雇用統計を発表した。このとこ …