ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界観光ランキングで日本の順位が急上昇。要因は評価項目の入れ替え

 

 世界経済フォーラムは2015年5月6日、2015年の旅行・観光競争力ランキングを発表した。今回のランキングから評価基準が大幅に変更されたこともあり、単純に比較はできないものの、日本は前回の14位から9位と大きく順位を上げた。社会インフラなど基礎的な評価項目が増えたことが日本にとってはプラスに作用した。

tokyotower02

 このランキングは、世界141カ国・地域を対象に、各種インフラ、観光資源の豊富さなどを総合的に評価したもの。今回のランキングから評価項目が総入れ替えとなり、これに伴って順位も大幅に変動している。

 前回のランキングは、1位スイス、2位ドイツ、3位オーストリア、4位スペイン、5位英国、6位米国、7位フランスという結果であった。
 今回のランキングでは、1位スペイン、2位フランス、3位ドイツ、4位米国、5位英国、6位スイス、7位オーストラリアとなった。全体的にはスイスのランクが低下し、スペインとフランスのランクが上昇した。

 日本は前回は14位だったが、今回は9位と健闘している。今回のランキングでは、国民の健康や労働者の教育水準、大規模なスタジアムの数など、基礎的な部分の評価項目が増えたことに加え、無形文化の数など、日本にとって有利な項目が設定されたことが、ランキングの上昇につながった。

 一方で、以前から指摘されていることだが、ソフト面での課題は大きい。円安になっているにもかかわらず、価格面での競争力は米国よりも低くなっているほか、レンタカーやATMのクレジットカード受け付けなど、サービス面におけるインフラの順位がかなり低い。また、ビジネス出張した人が延長で観光滞在を推奨する割合は129位となっており、いわゆる口コミ的な評判はあまりよくない。

 巨大都市を擁し、長い歴史と文化のある国は、ほとんど例外なく観光大国となっている。日本はようやく年間1000万人の観光客を受けれるようになったが、英国は3000万人、米国や中国は6000万人、フランスにいたっては8000万人もの観光客が訪れている。

 日本も本来であれば、数千万人が来日していておかしくない。日本は十分すぎるほどのハードを持っているが、いまだにクレジットカードが通用しない土産物店があるなど、ソフト面での課題は多い。また、文化財の保護を強化するなど、長期的な視点に立った政策も進めていく必要があるだろう。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

economistataranai
GDP改定値はまさかの下方修正。今回もエコノミストは大ハズシなのだが・・・

 内閣府は2014年12月8日、7~9月期のGDP(国内総生産)改定値を発表した …

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …

gold04
スイスが中央銀行保有資産の2割を金にするという国民投票を実施。現実性は?

 中央銀行が持つ資産の少なくとも20%を金で保有することを問う、スイスの国民投票 …

softbanksprint
ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの …

ecbdoragi
ECBがとうとう量的緩和策を導入。効果があるのはドイツだけ?

 ECB(欧州中央銀行)は2015年(ECB)は22日、とうとう量的緩和策の導入 …

no image
理研がSTAP細胞論文に関する中間報告を発表。研究の本質部分は結論先送り

 理化学研究所は2014年3月14日、新しい万能細胞である「STAP細胞」に関す …

goan
欧州で自動車メーカーが軒並みリストラ。欧州危機は一段落だが、実需はボロボロ

  フ ランスの自動車大手ルノーは、2016年までに仏国内の従業員の約17%にあ …

et3com01
NY-北京を2時間で結ぶ超高速リニア計画をブチ上げた起業家の拠点はアパートの1室

 米国のベンチャー起業家が、ニューヨークと北京を2時間で結ぶ、夢の超高速鉄道(リ …

toshiba01
東芝が第三者委員会の設置を決定。不適切な会計処理は全社的な問題に拡大

 東芝の不適切な会計処理が全社的な問題に拡大している。同社は2015年5月13日 …

imd
世界競争力ランキングで日本は27位。上位常連の国と日本は何が違う?

 スイスのビジネススクールであるIMD(国際経営開発研究所)は2015年5月27 …