ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界観光ランキングで日本の順位が急上昇。要因は評価項目の入れ替え

 

 世界経済フォーラムは2015年5月6日、2015年の旅行・観光競争力ランキングを発表した。今回のランキングから評価基準が大幅に変更されたこともあり、単純に比較はできないものの、日本は前回の14位から9位と大きく順位を上げた。社会インフラなど基礎的な評価項目が増えたことが日本にとってはプラスに作用した。

tokyotower02

 このランキングは、世界141カ国・地域を対象に、各種インフラ、観光資源の豊富さなどを総合的に評価したもの。今回のランキングから評価項目が総入れ替えとなり、これに伴って順位も大幅に変動している。

 前回のランキングは、1位スイス、2位ドイツ、3位オーストリア、4位スペイン、5位英国、6位米国、7位フランスという結果であった。
 今回のランキングでは、1位スペイン、2位フランス、3位ドイツ、4位米国、5位英国、6位スイス、7位オーストラリアとなった。全体的にはスイスのランクが低下し、スペインとフランスのランクが上昇した。

 日本は前回は14位だったが、今回は9位と健闘している。今回のランキングでは、国民の健康や労働者の教育水準、大規模なスタジアムの数など、基礎的な部分の評価項目が増えたことに加え、無形文化の数など、日本にとって有利な項目が設定されたことが、ランキングの上昇につながった。

 一方で、以前から指摘されていることだが、ソフト面での課題は大きい。円安になっているにもかかわらず、価格面での競争力は米国よりも低くなっているほか、レンタカーやATMのクレジットカード受け付けなど、サービス面におけるインフラの順位がかなり低い。また、ビジネス出張した人が延長で観光滞在を推奨する割合は129位となっており、いわゆる口コミ的な評判はあまりよくない。

 巨大都市を擁し、長い歴史と文化のある国は、ほとんど例外なく観光大国となっている。日本はようやく年間1000万人の観光客を受けれるようになったが、英国は3000万人、米国や中国は6000万人、フランスにいたっては8000万人もの観光客が訪れている。

 日本も本来であれば、数千万人が来日していておかしくない。日本は十分すぎるほどのハードを持っているが、いまだにクレジットカードが通用しない土産物店があるなど、ソフト面での課題は多い。また、文化財の保護を強化するなど、長期的な視点に立った政策も進めていく必要があるだろう。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

frb
FRBが正式に量的緩和策の終了を決定。米国経済は新しい局面を迎えた

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年10月29日のFOMC(連邦公開市場委 …

softbankson02
ソフトバンク後継者のアローラ氏が私財を投じて同社株600億円分取得へ

 ソフトバンクグループは2015年8月19日、孫正義社長の後継者であるニケシュ・ …

nichibeikokki
米国人の対日世論調査の結果。一般人と有識者で隔たりも

 外務省は2014年11月7日、米国における対日世論調査の結果を発表した。調査は …

shukudai
お金持ちで高学歴ほど子供の成績は良いが、この差は勉強時間でカバーできる

 文部科学省は、親の年収や学歴が子供の学業成績にどのような影響を及ぼしているのか …

tppatlantagoi
TPP交渉がようやく決着へ。各国の国内事情から実質的には来年以降のスタート

 米アトランタで開催されていたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が …

ieren02
FRB、緩和縮小を継続。ただし、利上げはまだ先で株価にはプラスか?

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は2014年6月18日、FO …

josei
日本の労働力人口は女性フル活用でも大幅減。豊かさの維持には生産性向上が必須

 内閣府は2014年3月12日、長期の労働力人口予測をまとめた。50年後の労働力 …

gpifhiritsu201406
公的年金の株式シフトが前倒しスタート。一部からは利益の先取り懸念も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2014年8月2 …

abetpp
TPP事前協議の日米合意内容。あらゆる分野で市場開放について米との協議を確約

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉参加への最大の焦点となっていた米国と …

sekiyu
内閣府の世界経済に関する報告書。原油安がプラスの影響をもたらし、米国・欧州経済の拡大が続く

 内閣府は2015年6月13日、世界経済の現状に関する報告書「世界経済の潮流(2 …