ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アリババはコスト増加で利益減少。同社の競争環境は厳しくなってきた

 

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年5月7日、2015年1~3月期の決算を発表した。
 売上高は前年同月比45%増の174億2500万元(約3358億円)、純利益は同49%減の28億6900万元(約553億円)となった。売上高は順調に拡大したが、研究開発費、管理費、マーケティング費などが増大し利益を圧迫している。

alibaba

 アリババは、中国の電子商取引の7割近くを占める巨大企業である。同社はいくつものサイトを運営しているが、主力となっているのは、阿里巴巴(アリババ:企業間取引)、淘宝網(タオバオ:オークション)、天猫(Tmall:ショッピングモール)の3つである。
 同社は直接商品を販売するのではなく、店舗から販売手数料を徴収するビジネス・モデルを採用している。このため、同社経由での販売がどの程度なのかについては流通総額を見る必要がある。

 今期の流通総額は6000億人民元(約11兆5800億円)となっており、前年同期比で1.4倍に拡大した。特にモバイル経由の購買が急増しており、こちらは前年同期比で2.5倍となっている。
 ただ、前期比で比較すると流通総額は24%減少した。年末商戦によって9~12月期は売上げが拡大し、1~3月には減少する傾向が見られるが、前年度の落ち込みが19%程度だったことを考えると、流通総額の伸びが鈍化している可能性がある。

 同社は上場後初となる通期の決算も発表しているが、こちらも売上高は1.5倍に拡大したものの、当期利益は5%程度の伸びにとどまっている。

 米国上場によって海外市場拡大が期待されたが、今のところ中国市場の依存度が高い状況は変わっていない。国内市場ではアリババに対抗するため、競合各社の業務提携も進んでいる。
 同社の急成長にブレーキがかかったと判断するのは早計だが、競争環境が激化し、売上を獲得するためのコストが増大していることだけは間違いない。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

toudoshasuiheki
福島原発の汚染水対策に国が470億円を投入。だが抜本的な解決とはほど遠い状況

 安倍首相をトップとする政府の原子力災害対策本部は9月3日、東京電力福島第1原発 …

no image
反日デモで中国からの撤退を検討する企業が増加。だがデモは言い訳にすぎない

 中国全土で発生した大規模な反日デモをきっかけに、多くの日本企業が中国進出計画の …

rikokkyoubetonamu
中国の李首相が早速ベトナムを訪問し、領有権問題の懐柔策をベトナムに提示

 中国の李克強首相は10月13日からベトナムを訪問し、ベトナムのグエン・タン・ズ …

no image
鴻海が超大型液晶TVを格安で販売。シャープ経営陣に対するプレッシャーか?

 台湾の経済日報は、シャープに出資を検討している台湾の鴻海精密工業が、11月、6 …

seveneleven
超優良企業セブンによるニッセン買収で見えてくる、同社と日本経済の限界点

 セブン&アイ・ホールディングスは2013年12月2日、カタログ通販大手のニッセ …

ekishoutv
TVなどの電子機器販売が壊滅状態。もはや電機メーカーは農業やゼネコンと同じ

 電子情報技術産業協会(JEITA)は21日、1月の民生用電子機器(AV機器、車 …

suga20140204
今回の株価下落はアベノミクス失望売りなのか?という議論が不毛である理由

 ここ数日、株価が急落していることについて、アベノミクスに対する失望が原因なのか …

yahoo
ヤフーがメール「覗き見」広告をスタート。インテリジェンス関係者の間で密かな話題に!

 ヤフージャパンがいよいよ電子メールの内容解析を使った広告戦略を本格展開する。こ …

chery
中国で大手自動車メーカー同士が初の本格提携。外資依存からの脱却を目指す

 中国の自動車メーカーである奇瑞汽車(安徽省)と広州汽車(広東省)とが提携する。 …

tosho002
米国の利上げに市場の関心が集中。増税延期と大型補正にも市場の反応は鈍い

 安倍首相は2016年6月1日、消費増税の再延期と大型の補正予算について正式に表 …