ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アリババはコスト増加で利益減少。同社の競争環境は厳しくなってきた

 

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年5月7日、2015年1~3月期の決算を発表した。
 売上高は前年同月比45%増の174億2500万元(約3358億円)、純利益は同49%減の28億6900万元(約553億円)となった。売上高は順調に拡大したが、研究開発費、管理費、マーケティング費などが増大し利益を圧迫している。

alibaba

 アリババは、中国の電子商取引の7割近くを占める巨大企業である。同社はいくつものサイトを運営しているが、主力となっているのは、阿里巴巴(アリババ:企業間取引)、淘宝網(タオバオ:オークション)、天猫(Tmall:ショッピングモール)の3つである。
 同社は直接商品を販売するのではなく、店舗から販売手数料を徴収するビジネス・モデルを採用している。このため、同社経由での販売がどの程度なのかについては流通総額を見る必要がある。

 今期の流通総額は6000億人民元(約11兆5800億円)となっており、前年同期比で1.4倍に拡大した。特にモバイル経由の購買が急増しており、こちらは前年同期比で2.5倍となっている。
 ただ、前期比で比較すると流通総額は24%減少した。年末商戦によって9~12月期は売上げが拡大し、1~3月には減少する傾向が見られるが、前年度の落ち込みが19%程度だったことを考えると、流通総額の伸びが鈍化している可能性がある。

 同社は上場後初となる通期の決算も発表しているが、こちらも売上高は1.5倍に拡大したものの、当期利益は5%程度の伸びにとどまっている。

 米国上場によって海外市場拡大が期待されたが、今のところ中国市場の依存度が高い状況は変わっていない。国内市場ではアリババに対抗するため、競合各社の業務提携も進んでいる。
 同社の急成長にブレーキがかかったと判断するのは早計だが、競争環境が激化し、売上を獲得するためのコストが増大していることだけは間違いない。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

runesasu002
日本のモノ作りがダメになった本当の理由は、「新しもの好き」を止めてしまったから

 製造業は衰退したとのイメージが強い米国だが、半導体の分野ではその存在感がますま …

usakoyoutoukei201412
11月の米雇用統計は極めて良好。来月も同じ傾向が続けば円安が加速か?

 米労働省は2014年12月5日、11月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者 …

kabuka
論点整理。英国のEU離脱が世界経済に与える影響は3段階ある

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票で、離脱派が予想外の勝利を …

maxcrunch
外国製の安価な菓子類が徐々に日本市場に進出。これは成熟国家日本の宿命である

 長らくガラパゴス状態が続いてきた日本の菓子市場に風穴が開きつつある。100円均 …

no image
経済誌のスクープ記事で、アップルの奴隷に成り下がった日本メーカーの実態が明らかに

 週刊ダイヤモンドのアップル特集が話題となっている。iPhoneに部品を供給する …

jinmingen
台湾と中国で人民元の直接取引が解禁。中国が狙うのは緩いアジアの人民元経済圏

 中国の人民元と台湾ドルの直接取引が6日、解禁された。台湾では、現地の銀行が米ド …

ginkou02
銀行の貸出が増加中。ただしこの傾向は昨年からで、アベノミクスの効果なのかは不明

 全国銀行協会は4月9日、3月末の全国銀行預金・貸出金速報を発表した。全国の銀行 …

gmwalmart
GMとウォルマートの新CEOはまさにサラブレット。「好き」を仕事にして大成功!

 米国の超巨大企業における新CEOの経歴に大きな注目が集まっている。自動車大手の …

ecb02
欧州中央銀行がとうとう量的緩和を示唆。一気にドル高が進む?

 ECB(欧州中央銀行)がとうとう量的緩和の実施に踏み切る可能性が出てきた。20 …

netttoflikusu
動画配信サービスの最大手ネットフリックが日本上陸。他とはちょっと違うワケ

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」がとうとう日本 …