ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

絶妙だったイエレンFRB議長の株高発言。金利引き上げタイミングは中立になった

 

 米FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長は2015年5月6日、米国株式市場の株価について「かなり高い水準」にあると指摘した。中央銀行の総裁が株価水準に直接言及することは非常に珍しく、その真意をめぐって市場では様々な憶測が流れている。

ieren201409

 イエレン議長の発言が出てきたのは、IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事との対談の最中。ゼロ金利に関する話題の中での発言であったことや、発言の場所などを考えると、偶発的ではなく、あらかじめ意図したものである可能性が高い。

 米国の株式市場は低金利に支えられ高騰が続いているが、一般的に解釈すれば、相場の過熱に対してイエレン氏が警鐘を鳴らしたということになる。
 確かに現在の相場は、低金利による過剰流動性に支えられているという面があるが、PER(株価収益率)など、業績面から見るとそれほどの割高感はない。実際、イエレン氏もそのような主旨の発言を行っている。

 ということになると、イエレン氏の発言の真意は別のところにあるという解釈になる。市場関係者の一部は、やはり利上げが近いのではないかと推測している。
 米国の景気は順調に回復しているものの、足元では鈍化の兆候も見られるようになってきた。もし米国の景気が踊り場に差し掛かっているのだとすると、金利引き上げを見送った場合、次のタイミングを見計らうのがさらに難しくなる。

 株式市場への影響が多少大きくても、今のうちに金利を正常化しておいた方がよいという判断をイエレン氏が下していても不思議ではない。
 6月あるいは9月という早期利上げに踏み切った場合、株式市場には確実にマイナスの影響があるが、割高発言を行っておくことで、ある程度の地ならしをしておこうという目論見である。

 もっとも、厳冬など特殊要因が大きいとはいえ、1~3月期のGDP(国内総生産)はプラス0.2%と急低下しており、市場では緩和継続を望む声が大きい。3月の雇用統計の数字が悪かったこともこれを後押ししている。

 イエレン氏の発言が早期利上げを意図したものではないにせよ、少なくともFRBは当面のフリーハンドを確保したことは間違いない。指標の悪化で後ズレすると思われた金利引き上げは、少なくとも中立的な状況に戻ったといえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …

interu
アップル、インテルなどIT各社が良好な決算。世界経済は回復局面?

 IT企業各社による好調な決算が続いている。背景となっているのはグローバルな景気 …

mothers
従来の説はほとんどウソだった。日本でベンチャー企業が発達しない本当の理由。

 日本でベンチャー振興が叫ばれてから久しいが、一向にベンチャー企業が盛り上がる気 …

pokemongo
ポケモンGOの業績への貢献はごくわずかだが、任天堂は大きなポテンシャルを手にした

 スマホ向けゲームの「ポケモンGO」が世界的大ヒットになっていることから、任天堂 …

spiritair
海外ではLCCを超えるスーパーLCCが大躍進。利用者の選択肢が広がる

 米国でLCC(格安航空会社)のさらに上をいく、超格安航空会社が躍進している。フ …

toshiba03
東芝が来期の業績予想を発表。不正会計問題に加えて経営危機説も

 不正会計問題が指摘されている東芝は2015年12月21日、これまで公表を延期し …

businessphone01
職場で電話を取りたがらない若者急増中。だが世代間ギャップの話にするのは危険

 最近、会社内において電話を取れない(取らない)若手社員が増えているという。デジ …

newyork02
米国で良好な経済指標が相次ぐ。再び早期の出口戦略論が台頭か?

 米供給管理協会(ISM)が8月1日に発表した7月の製造業景気指数は前月の50. …

banankieren
米FRBが量的緩和縮小を決定。今回の決定が100点満点である理由

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2013年12月18日、FOMC(連邦公開市場 …

contena04
中国経済の失速がさらに鮮明に。だが日の丸製造業の凋落が皮肉にも中国リスクを軽減?

 中国国家統計局は7月15日、4~6月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価の …