ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

絶妙だったイエレンFRB議長の株高発言。金利引き上げタイミングは中立になった

 

 米FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長は2015年5月6日、米国株式市場の株価について「かなり高い水準」にあると指摘した。中央銀行の総裁が株価水準に直接言及することは非常に珍しく、その真意をめぐって市場では様々な憶測が流れている。

ieren201409

 イエレン議長の発言が出てきたのは、IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事との対談の最中。ゼロ金利に関する話題の中での発言であったことや、発言の場所などを考えると、偶発的ではなく、あらかじめ意図したものである可能性が高い。

 米国の株式市場は低金利に支えられ高騰が続いているが、一般的に解釈すれば、相場の過熱に対してイエレン氏が警鐘を鳴らしたということになる。
 確かに現在の相場は、低金利による過剰流動性に支えられているという面があるが、PER(株価収益率)など、業績面から見るとそれほどの割高感はない。実際、イエレン氏もそのような主旨の発言を行っている。

 ということになると、イエレン氏の発言の真意は別のところにあるという解釈になる。市場関係者の一部は、やはり利上げが近いのではないかと推測している。
 米国の景気は順調に回復しているものの、足元では鈍化の兆候も見られるようになってきた。もし米国の景気が踊り場に差し掛かっているのだとすると、金利引き上げを見送った場合、次のタイミングを見計らうのがさらに難しくなる。

 株式市場への影響が多少大きくても、今のうちに金利を正常化しておいた方がよいという判断をイエレン氏が下していても不思議ではない。
 6月あるいは9月という早期利上げに踏み切った場合、株式市場には確実にマイナスの影響があるが、割高発言を行っておくことで、ある程度の地ならしをしておこうという目論見である。

 もっとも、厳冬など特殊要因が大きいとはいえ、1~3月期のGDP(国内総生産)はプラス0.2%と急低下しており、市場では緩和継続を望む声が大きい。3月の雇用統計の数字が悪かったこともこれを後押ししている。

 イエレン氏の発言が早期利上げを意図したものではないにせよ、少なくともFRBは当面のフリーハンドを確保したことは間違いない。指標の悪化で後ズレすると思われた金利引き上げは、少なくとも中立的な状況に戻ったといえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …

jinminginkou
中国のマネーサプライが急増。バブル崩壊なのかそれとも長期低迷なのか?

 中国人民銀行によると、2012年末時点で中国のマネーサプライ(M2)が97兆4 …

bouekitoukei 201409
貿易赤字は一定水準でほぼ安定。やはり円安は輸出増加に寄与せず

 財務省は2014年10月22日、9月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差 …

kosobiru
日本の1人あたりGDPは14位を維持。だがこれは円高でかなりお化粧されている

 内閣府は25日、2011年度の国民経済計算確報を発表した。それによると2011 …

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …

sebunsuzu
セブン&アイ鈴木会長が退任。自らが主導した人事案は取締役会で否決

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者は2016年4月8 …

zenjindai2014
中国で全人代が開催。中国が抱える問題はバブル後の日本にさらに酷似

 中国における今後1年間の重要政策を議論する全人代(全国人民代表大会)が2014 …

setubitousi
GDP改定値は下方修正。ただ、暦年の数字はほとんど変わらずゼロ成長が確定

 内閣府は2015年3月9日、2014年10~12月期のGDP(国内総生産)改定 …

itochu
伊藤忠が取り組む業務朝型化の本質は、フレックス制度の廃止にある

 伊藤忠商事は8月2日、社員の朝型化を目指して、勤務体系の見直しを行うと発表した …