ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

絶妙だったイエレンFRB議長の株高発言。金利引き上げタイミングは中立になった

 

 米FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長は2015年5月6日、米国株式市場の株価について「かなり高い水準」にあると指摘した。中央銀行の総裁が株価水準に直接言及することは非常に珍しく、その真意をめぐって市場では様々な憶測が流れている。

ieren201409

 イエレン議長の発言が出てきたのは、IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事との対談の最中。ゼロ金利に関する話題の中での発言であったことや、発言の場所などを考えると、偶発的ではなく、あらかじめ意図したものである可能性が高い。

 米国の株式市場は低金利に支えられ高騰が続いているが、一般的に解釈すれば、相場の過熱に対してイエレン氏が警鐘を鳴らしたということになる。
 確かに現在の相場は、低金利による過剰流動性に支えられているという面があるが、PER(株価収益率)など、業績面から見るとそれほどの割高感はない。実際、イエレン氏もそのような主旨の発言を行っている。

 ということになると、イエレン氏の発言の真意は別のところにあるという解釈になる。市場関係者の一部は、やはり利上げが近いのではないかと推測している。
 米国の景気は順調に回復しているものの、足元では鈍化の兆候も見られるようになってきた。もし米国の景気が踊り場に差し掛かっているのだとすると、金利引き上げを見送った場合、次のタイミングを見計らうのがさらに難しくなる。

 株式市場への影響が多少大きくても、今のうちに金利を正常化しておいた方がよいという判断をイエレン氏が下していても不思議ではない。
 6月あるいは9月という早期利上げに踏み切った場合、株式市場には確実にマイナスの影響があるが、割高発言を行っておくことで、ある程度の地ならしをしておこうという目論見である。

 もっとも、厳冬など特殊要因が大きいとはいえ、1~3月期のGDP(国内総生産)はプラス0.2%と急低下しており、市場では緩和継続を望む声が大きい。3月の雇用統計の数字が悪かったこともこれを後押ししている。

 イエレン氏の発言が早期利上げを意図したものではないにせよ、少なくともFRBは当面のフリーハンドを確保したことは間違いない。指標の悪化で後ズレすると思われた金利引き上げは、少なくとも中立的な状況に戻ったといえるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

oushuisitugyouritu
もうここからは下がりようがない?欧州の高い失業率に下げ止まりの兆候

 欧州経済低迷の象徴といわれ、大きな社会問題にもなっているEU各国の失業率に下げ …

tokyowan
4~6月期のGPD改定値は一転して大幅下方修正。速報値はぬか喜びだった

 内閣府は2017年9月8日、2017年4~6月期のGDP(国内総生産)改定値を …

towerbridge
英中央銀行がフォワードガイダンスを見直し。これってどういう意味?

 英国の中央銀行であるイングランド銀行は2014年2月12日、金融政策の見通しを …

tosho02
増配など株主還元策が顕著に。背景には円安と公的年金改革が

 企業が得た利益を株主に還元する動きが顕著になってきている。企業における資本効率 …

doitsushoibure
ドイツがとうとう国債の新規発行がゼロに。日本は何を学ぶべきか

 ドイツのショイブレ財務相は2014年9月9日、ドイツ連邦政府の2015年度予算 …

ge
米国の製造業回帰が効果を上げ始めた。だが一方でその波に乗れない人も

 中国から製造拠点を米国に戻す試みが成果を上げ始めている。米ゼネラル・エレクトリ …

ieren
バーナンキFRB議長の後任はイエレン副総裁が有力。市場関係者も歓迎か?

 2期目を迎えるオバマ政権の主要閣僚がほぼ出揃ってきたことで、来年1月に任期を迎 …

shukinpeihouei2015
習近平国家主席の訪英。とうとう英国原発の中国丸投げについて最終合意

 英国を訪問中の中国の習近平国家主席と英国のキャメロン首相は2015年10月21 …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

nyse03
絶好調な経済を背景に米国株への関心が高まる。だが本当に落とし穴はないのか?

 投資家の間で、米国株に対する関心が急速に高まっている。米FRB(連邦準備制度理 …