ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ギリシャが事実上、旧通貨発行と同じ効果を持つ約束手形の発行に追い込まれる?

 

 ドイツのショイブレ財務相は、欧州メディアのインタビュー記事において、ギリシャが財政破たんする可能性について言及した。ギリシャとEUの交渉は難航しており、場合によっては本当にギリシャが破たんする可能性も出てきたと市場は認識し始めている。

girishagikai

 ショイブレ財務相は「国家が突然財政破たんに陥ることは過去の歴史が示している」とし、ギリシャが財政破たんする可能性を示唆した。
 これは交渉に向けた牽制球であり、前回と同様、ギリギリで双方が妥協する可能性は高い。だが、以前の欧州とは異なり、現在の欧州は、一国の破たんが連鎖的に金融危機を引き越す事態を回避するシステムが整備されている。
 仮にギリシャが財政破たんし、ユーロ圏から離脱するような事態となっても、欧州市場全体への影響は限定的とみる市場関係者は多い。

 だが、仮に財政破たん、ユーロ圏離脱となった場合、ギリシャ国内に限っていえば大混乱となる可能性が高いだろう。
 今のところギリシャ国内ではユーロが流通している。仮にギリシャの独自通貨ドラクマに戻ることになっても、ユーロ建ての資産が劣化することはないはずだが、現実はそう簡単にいかないようだ。

 今、ギリシャ国内では、ユーロが入手しにくくなっているといわれる。場合によっては、実質的に旧通貨であるドラクマが流通する可能性があり、ユーロ圏離脱となった場合には、このドラクマの価値が暴落し、ハイパーインフレが発生するリスクが高まっている。

 もちろんギリシャ政府は正式にドラクマを発行しているわけではない。だがギリシャ国内はすでにユーロ不足に陥っており、政府が支払いのためのユーロを確保することが難しくなっている。
 このため政府は、IOUと呼ばれる約束手形を発行することを計画しており、もしこれが市場に流通することになると、通貨を発行することなく、実質的にドラクマが復活したのと同じ状態になる。ここでギリシャがユーロから離脱することになれば、約束手形は紙切れ同然となり、一気にインフレが進行するという仕組みだ。

 かつて旧日本軍は資金繰りに窮し、軍票と呼ばれる約束手形を乱発したが、占領地域ではこれが原因で猛烈なハイパーインフレとなった。IOUはこれと似たようなものであり、現在のギリシャ政府が、EUからの支援が受けられることのみを担保とした準通貨であり、この信用が失われれば、通貨価値はゼロとなってしまう。

 ギリシャでは、EUとの妥協に消極的だったバルファキス財務相を交渉チームのヘッドから更迭し、EUとの妥協点を模索している。
 だが、資産を持つ国民の多くは、状況を楽観視しておらず、ユーロの現金を退蔵するとともに、ビットコインに換金する動きも活発だという。もしかすると、本当に破たんに向けたカウントダウンが始まっているのかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

sekitankaryoku
政府が石炭火力の増設に政策転換。今まで日本が世界からダマされていことが明らかに

 政府はこれまでの方針を見直し、石炭火力発電の新増設の推進にかじを切る。日本経済 …

Zuckerberg
動き出した米国の移民制度改革。その影響はやがて日本や中国にも及んでくる

 米国社会が移民容認に向けて動き始めた。3月27日付けの米ウォールストリート・ジ …

jisui
日本は著作権解釈もガラパゴス?。独自解釈が行き過ぎると国際競争でまた敗北するゾ

 本や漫画の電子化を請け負う事業が著作権侵害にあたるとして、作家の東野圭吾氏、浅 …

okane201407
インフレが予想されるのに、タンス預金増加の兆候。背景には何が?

 日銀の量的緩和策によってインフレ期待が徐々に高まりつつあるが、一方で、デフレの …

mof
10年後には国債1000兆円との財務省試算。だが前提条件が甘く、現実はもっと厳しい

 財務省は3月6日、国債の残高が10年後の2022年度末に1000兆円を超えると …

tenanmon
中国にとって日本は最大の投資家。尖閣問題は対中投資にまったく影響を与えていない

 中国商務省は5月16日、4月における海外から中国への直接投資は前年同期比0.4 …

ohkizan
米中間の貿易交渉に垣間見る、中国が抱える意外な弱点とは?

 米国ワシントンで開催されていた第23回米中合同商業貿易委員会 (JCCT)が1 …

no image
フィリップスのAV機器事業部を買収した船井電機ってどんな会社?

 船井電機は29日、オランダの電機大手フィリップスから、AV機器事業を買収すると …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

businessman02
10~12月期のGDPは輸出不振から予想を下回る。早くも補正予算追加との声も

 内閣府は2014年2月17日、2013年10~12月期の国内総生産(GDP)を …