ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年5月12日に開催された経済財政諮問会議に出席し、6月末までに計画を取りまとめるよう指示した。経済成長を前提にした歳入増によって収支を改善させる方向性だが、一層の歳出削減は不可避だ。 abe20150512

 財政健全化計画は、同日の会合で民間議員が提示した論点整理が土台となる。論点整理には、実質で2%、名目で3%程度を上回る経済成長を前提にすることが盛り込まれた。実質2%、名目3%という数値は、内閣府が作成した試算における経済再生ケースに相当するものであり、かなり難易度の高いものである。

 だがこの経済成長を実現した場合でも、2020年度には9.4兆円の基礎的財政収支(プライマリーバランス)の赤字が見込まれる。これを解消するためには、税収を増やすか歳出を抑制するしかない。
 消費税を10%以上に増税するプランは盛り込まれておらず、基本的に消費税は10%で打ち止めとなっている。論点整理では、労働需給がタイト化することによる賃金の上昇、公的部門の産業化による課税ベースの拡大、マイナンバー制度による徴税の最適化などによって、税収増を実現するとしている。一方、歳出の削減については、社会保障改革などを列挙した。

 ただ現実には、課税ベースの拡大などで歳入を増やすというのは困難であり、社会保障費の抑制で歳出を削減する方向性を模索することになるだろう。
 財務省の財政制度等審議会では、社会保障費の伸びを、高齢化による自然増の範囲に収めるという方向性で議論が進められている。確かに、ここ数年の社会保障費の伸びを維持することができれば、相対的な歳出の抑制は可能かもしれない。

 また、内閣府の試算は、税収を低く見積もる傾向があり、現実に2%成長が実現できた場合には、想定よりも税収が多くなる可能性がある。これらがうまく作用すれば、財政再建の道筋も見えてくるかもしれない。

 いずれにしても、実質2%成長を実現することがカギとなっており、日本の財政再建は基本的に経済成長に大きく依存することとなった。これが、退路を断った勇気ある決断なのか、追い込まれた末の決断なのかは、今後の成果が示すことになるだろう。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …

verizon
早まった?それとも大チャンス?ベライゾンのM&Aでソフトバンクに再び世界が注目

 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズによる超大型買収が実現したことで、ソ …

netflix
ネットワークの負荷を増大させる動画配信サービス。コストは誰が払うのか?

 米オンライン動画配信大手ネットフリックスは、米ケーブルテレビ大手のコムキャスト …

obamafujinchina
ミシェル・オバマ大統領婦人が、わざわざ単独で中国を訪問した理由

 米中の外交が活発化してきている。2014年2月にはケリー国務長官が中国を訪問、 …

nichigin02
日銀の量的緩和策は果たして効果を上げているのか?米国のQEと比較してみると

 日本銀行は8月8日、金融政策決定会合を開催した。量的緩和の継続を全員一致で決め …

b29
太平洋戦争に投入された戦費は天文学的数字。すべては日銀の国債引受で賄われた

 太平洋戦争の終結から68年が経過した。太平洋戦争の政治的、外交的な背景や経緯は …

googlekesan201303
Googleの7~9月期決算に見る、スマホ時代におけるネット広告の行方

 ネット検索最大手の米グーグルは10月17日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

congressionalreport
米議会が日米関係の報告書を提出。尖閣問題よりも従軍慰安婦問題が重要テーマ

 安倍首相の訪米を前に米議会調査局は15日、日米関係に関する報告書を発表した。日 …

tosho03
目立ってきた為替と日経平均の乖離。どちらが実体経済を表している?

 日経平均と為替相場の乖離が大きくなっている。量的緩和策の実施以降、基本的に日経 …