ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年5月12日に開催された経済財政諮問会議に出席し、6月末までに計画を取りまとめるよう指示した。経済成長を前提にした歳入増によって収支を改善させる方向性だが、一層の歳出削減は不可避だ。 abe20150512

 財政健全化計画は、同日の会合で民間議員が提示した論点整理が土台となる。論点整理には、実質で2%、名目で3%程度を上回る経済成長を前提にすることが盛り込まれた。実質2%、名目3%という数値は、内閣府が作成した試算における経済再生ケースに相当するものであり、かなり難易度の高いものである。

 だがこの経済成長を実現した場合でも、2020年度には9.4兆円の基礎的財政収支(プライマリーバランス)の赤字が見込まれる。これを解消するためには、税収を増やすか歳出を抑制するしかない。
 消費税を10%以上に増税するプランは盛り込まれておらず、基本的に消費税は10%で打ち止めとなっている。論点整理では、労働需給がタイト化することによる賃金の上昇、公的部門の産業化による課税ベースの拡大、マイナンバー制度による徴税の最適化などによって、税収増を実現するとしている。一方、歳出の削減については、社会保障改革などを列挙した。

 ただ現実には、課税ベースの拡大などで歳入を増やすというのは困難であり、社会保障費の抑制で歳出を削減する方向性を模索することになるだろう。
 財務省の財政制度等審議会では、社会保障費の伸びを、高齢化による自然増の範囲に収めるという方向性で議論が進められている。確かに、ここ数年の社会保障費の伸びを維持することができれば、相対的な歳出の抑制は可能かもしれない。

 また、内閣府の試算は、税収を低く見積もる傾向があり、現実に2%成長が実現できた場合には、想定よりも税収が多くなる可能性がある。これらがうまく作用すれば、財政再建の道筋も見えてくるかもしれない。

 いずれにしても、実質2%成長を実現することがカギとなっており、日本の財政再建は基本的に経済成長に大きく依存することとなった。これが、退路を断った勇気ある決断なのか、追い込まれた末の決断なのかは、今後の成果が示すことになるだろう。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

businessman02
中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見ら …

nodazeichou
与党が2014年度税制改正大綱を発表。目玉はなくインパクトにに欠ける内容に終始

 自民・公明の両党は2013年12月12日、2014年度の税制改正大綱を決定した …

takusin
タイの上院がタクシン元首相の恩赦を否決。帰国は困難になり官僚勢力が増大へ

 2006年のクーデターで失脚し、現在亡命中であるタイのタクシン元首相を帰国させ …

amari
概算要求への牽制?甘利氏が、社会保障費の自然増も聖域にすべきではないとコメント

 甘利経済財政相は2014年7月15日、来年度予算の概算要求に関し、社会保障費に …

George Washington03
東シナ海に展開する中国海軍の実力はどの程度なのか?

 中国が2013年11月に、尖閣諸島上空を含む空域に、防空識別圏を設定したことで …

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …

ieren201409
絶妙だったイエレンFRB議長の株高発言。金利引き上げタイミングは中立になった

 米FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長は2015年5月6日、米国株式市場 …

toyotamatuda
トヨタとマツダが資本提携。中堅自動車メーカーはすべてトヨタ系列に?

 トヨタとマツダが資本提携することになった。相互に約500億円を出資し、共同で新 …

businessman
給料の世代間格差に変化の兆しが。高齢者以外は結局皆同じに?

 賃金など労働者の待遇に中高年と若年層で格差があることは以前から指摘されているが …

abe20130113
安倍首相がハイパーインフレにはならないとの見解。だが本当にそうなのか?

 安倍首相は11日の記者会見で、日銀の金融政策に関連して「ハイパーインフレは考え …