ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米独の金利が急上昇。とうとう超低金利時代が終了するサインなのか?

 

 このところ米国と欧州の金利が急上昇している。極限まで進んでいた低金利に対する一時的な反動との見方がある一方、マクロ的な環境変化のサインであるとの声も出てきている。仮にマクロ環境の変化なのだとすると、日本市場も大きな影響を受けることになる。 wallst02 金利の急騰が特に顕著なのはドイツである。10年物ドイツ国債は、ECB(欧州中央銀行)による量的緩和策の実施によって、ほぼ0%に近い水準まで買い進まれていた。2014年の年初には2%前後の水準だったことを考えると、空前の低金利といってよいだろう。

 だが5月に入ってドイツ国債は売られ、金利は0.6%まで一気に急騰した。米国債もこれにつられる形で、2%を超える水準まで上昇している。

 ドイツの金利が上昇しているのは、量的緩和策が効果を発揮し、欧州経済が好転する可能性が高くなってきたからである。特にドイツの景気回復は著しく、ドイツ国内では税収の増加で財政が黒字化し、減税の議論が本格化している状況だ。

 米国も政策金利の引き上げを控えており、基本的には金利が上昇しやすい環境にある。だが厳冬によって1~3月期のGDPが低迷するなど、景気が踊り場に差し掛かっているとの見方もあり、金利の動向は非常に微妙な状況となっていた。

 米国金利の上昇は、今後の成長を楽観視したものというよりは、原油価格の下げ止まりを反映したものだろう。一時、1バレル40ドル近くまで売り込まれた原油は、4月に入って上昇を開始し60ドル近くまで値上がりしている。米国内のシェールガスの生産調整が終了したと見なされれば、この水準が継続する可能性が高く、そうなれば再びインフレ期待も高まることになる。

 ただ、欧州の景気回復と原油価格の下げ止まりが鮮明になれば、仮に米国の景気が多少踊り場に入ったとしても、金利引き上げの環境が出揃うことになる。そうなってくると、量的緩和策を前提とした超低金利時代は、いよいよ終わりを告げることになるかもしれない。

 世界の株式市場では、緩和期待による高騰が続いてきた。金利上昇は最終的に株価にプラスとなるはずだが、超低金利時代が終了するということになると、投資対象の銘柄は大きく入れ替わることになる。しばらくの間、株価は不安定な動きを見せる可能性が高い。

 特に日本の場合、金利上昇は財政問題の悪化というイメージにつながりやすく、思わぬ副作用をもたらすリスクがある。本当にマクロ環境が変化しているのだとすると、相応の警戒が必要となるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

airasia
エアアジアが就航わずか4ヶ月で社長交代。日本でLCCがうまくいかない本当の理由

 全日空系の格安航空会社(LCC)エアアジア・ジャパンは17日、岩片和行社長が辞 …

airasiasuchi
今話題のLCC(格安航空会社)に思った程安くないとの声が。その理由とは?

 全日空系のLCC(格安航空会社)であるエアアジアジャパンは、10日、LCCとし …

kokusaishushi201401
1月の経常収支は予想通り大幅赤字。アベノミクスに徐々に変化の兆し

 財務省は2014年3月10日、2014年1月の国際収支を発表した。最終的な国の …

softbankgacho
ソフトバンクが純利益1兆円超え。TモバイルUSも再度買収が可能に?

 ソフトバンクの純利益が1兆円を超えた。投資先の売却益が加算された結果だが、何と …

girishagikai
ギリシャ支援、4カ月継続で合意。基本的に状況は何も変わらず

 EU(欧州連合)は2014年2月20日に開催したユーロ圏財務相会合で、ギリシャ …

putingunjiryoku
ウクライナ情勢への懸念から米国への資金流出が続く。プーチン政権には打撃

 欧州景気に対する不透明感とウクライナ情勢への懸念から、投資資金が欧州から米国に …

shanhai
中国の高度成長は完全に終了。だが「市場」として有望なのは、むしろこれからだ

 中国国家統計局は4月9日、3月の消費者物価指数を発表した。前年同月比で2.1% …

oecdguria
政府の意向を代弁したOECD事務局長。だが主張する内容は極めて客観的

 政府がOECD(経済協力開発機構)を活用した政策のアナウンスに乗りだしている。 …

bananki
FRBのバーナンキ議長が緩和縮小に慎重姿勢。だが本音はスケジュール通り?

 米FRB(連邦準備制度理事会)の量的緩和策縮小のタイミングをめぐって市場では神 …

newshaisin
ネット上のニュース配信サービスに参入相次ぐ。だが日本特有のいつもの課題も・・・

 スマホ向けにニュース閲覧アプリを提供するベンチャー企業が相次いでサービスを拡充 …