ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米独の金利が急上昇。とうとう超低金利時代が終了するサインなのか?

 

 このところ米国と欧州の金利が急上昇している。極限まで進んでいた低金利に対する一時的な反動との見方がある一方、マクロ的な環境変化のサインであるとの声も出てきている。仮にマクロ環境の変化なのだとすると、日本市場も大きな影響を受けることになる。 wallst02 金利の急騰が特に顕著なのはドイツである。10年物ドイツ国債は、ECB(欧州中央銀行)による量的緩和策の実施によって、ほぼ0%に近い水準まで買い進まれていた。2014年の年初には2%前後の水準だったことを考えると、空前の低金利といってよいだろう。

 だが5月に入ってドイツ国債は売られ、金利は0.6%まで一気に急騰した。米国債もこれにつられる形で、2%を超える水準まで上昇している。

 ドイツの金利が上昇しているのは、量的緩和策が効果を発揮し、欧州経済が好転する可能性が高くなってきたからである。特にドイツの景気回復は著しく、ドイツ国内では税収の増加で財政が黒字化し、減税の議論が本格化している状況だ。

 米国も政策金利の引き上げを控えており、基本的には金利が上昇しやすい環境にある。だが厳冬によって1~3月期のGDPが低迷するなど、景気が踊り場に差し掛かっているとの見方もあり、金利の動向は非常に微妙な状況となっていた。

 米国金利の上昇は、今後の成長を楽観視したものというよりは、原油価格の下げ止まりを反映したものだろう。一時、1バレル40ドル近くまで売り込まれた原油は、4月に入って上昇を開始し60ドル近くまで値上がりしている。米国内のシェールガスの生産調整が終了したと見なされれば、この水準が継続する可能性が高く、そうなれば再びインフレ期待も高まることになる。

 ただ、欧州の景気回復と原油価格の下げ止まりが鮮明になれば、仮に米国の景気が多少踊り場に入ったとしても、金利引き上げの環境が出揃うことになる。そうなってくると、量的緩和策を前提とした超低金利時代は、いよいよ終わりを告げることになるかもしれない。

 世界の株式市場では、緩和期待による高騰が続いてきた。金利上昇は最終的に株価にプラスとなるはずだが、超低金利時代が終了するということになると、投資対象の銘柄は大きく入れ替わることになる。しばらくの間、株価は不安定な動きを見せる可能性が高い。

 特に日本の場合、金利上昇は財政問題の悪化というイメージにつながりやすく、思わぬ副作用をもたらすリスクがある。本当にマクロ環境が変化しているのだとすると、相応の警戒が必要となるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

bspl
市場に対する宣戦布告?決算短信から財務諸表を不要とする案が急浮上

 株式市場における情報開示に関して、驚くべき議論が進んでいる。投資家がもっとも重 …

ana787
最新鋭ボーイング787が4連続トラブル。ボーイング社や素材を開発した東レの株価が下落

 夢の最新鋭機として鳴り物入りで導入された最新鋭機ボーイング787型機が4連続で …

tokkyosingikai
社員の発明をめぐり、今度は一転して企業帰属の方向性で議論が進む

 政府は、企業の従業員が発明した特許について、これまでとは反対に、原則として企業 …

imf201604
IMFが最新の世界経済見通しを発表。新興国経済の低迷が先進国にも波及

 IMF(国際通貨基金)は2016年4月12日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

girishagikai
銀行預金引き出し制限下のギリシャで飛び交うデマから分かること

 ギリシャ政府のIMF(国際通貨基金)に対する15億ユーロ(約2000億円)の支 …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

yamasita
CDはボロボロ、ダウンロード販売も激減。音楽業界はもはやシニア向けビジネス?

 CDの販売不振で苦しめられてきた音楽業界がさらに苦境に立たされている。頼みの綱 …

sitsugyou02
米国の雇用は急回復。焦点は長期失業者対策にシフトしつつある

 米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。代表的な項目である非農業部門 …

amazondrone
米国で無人機と旅客機がニアミス。無人機の認可方針にも影響か?

 米フロリダ州の空港近くで、旅客機に無人機が異常接近(ニアミス)するという事態が …

no image
低賃金労働は意外に強い!米国では職の2極分化が急激に進行中。さて日本は?

  NY連銀が米国における30年間の雇用の変化について分析したレポートを発表した …