ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープが再び巨額損失を計上。資本政策をめぐって経営陣は右往左往

 

 経営再建中のシャープは2015年5月14日、注目の2015年3月期決算を発表した。最終損益は2223億円の赤字に転落。欠損を処理するため、1200億円だった資本金をわずか5億円に減資するとともに、2250億円の優先株を発行する新しい資本政策を明らかにした。 sharp
 2015年3月期の売上高は、前年同期比4.8%減の2兆7863億円、営業損益は481億円の赤字となった。さらに、液晶の主力生産拠点である亀山工場の減損処理などによって1456億円の特別損失を計上、最終損益は2223億円の巨額赤字となった。
 同社は2012年3月期に約3800億円、2013年3月期に5500億円の損失を計上しており、累積の損失額は1兆2000億円近くに達する。

 現在の資本金は1219億円、資本剰余金は960億円となっているが、今回、赤字を計上したことによって、自己資本はほとんど食いつぶした状態となる。
 見かけ上の決算と実態の乖離をなくすため、同社は99%以上の減資を予定しており、資本金を5億円まで減少させる。さらに金融機関と投資ファンドを割当先とする優先株2250億円分発行することで財務体質を強化する予定だ。

 ただ、優先株として発行される2250億円のうち、2000億円分は借り入れの返済に充当されるため、実質的に同社の事業に回されるのはわずか250億円しかない。また、優先株を引き受ける「ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ」は、メガバンク主導で設立されたファンドである。
 全体的に見れば、銀行が貸し付けた資金を回収できず、2000億円分については、やむを得ず株式という形に転換しただけとも解釈できる。

 中期経営計画には、事業ポートフォリオの再構築や本社ビルの売却、3500人の人員削減など一連のリストラ策が盛り込まれた。とりあえず、固定費の削減には寄与するが、同社のビジネス・モデルを根本的に転換する内容とはなっておらず、付け焼き刃の印象は拭えない。

 また、今回の資本政策立案においては、1億円までの減資を検討しているという内容が報道され、批判が殺到。急遽5億円まで金額が拡大されるというドタバタぶりであった。
 資本政策は会社の財務戦略の基盤をなすものであり、本来、その場の雰囲気でコロコロと内容を変えるようなものではない。一連の対応を見る限り、同社経営陣における当事者能力はかなり失われていると判断した方がよさそうだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

gajoen
都心部で大型不動産をめぐるマネーの動きが活発化。ようやくバブルの闇が消える?

 東京の不動産取引が活発になってきている。量的緩和策によるインフレ期待を背景に、 …

greekyogur
EUなんて幻想?ギリシャの有力企業が相次いで本社を国外に移転し、空洞化が加速

 経済危機が続くギリシャで有力企業の本社を国外に移す動きが出てきている。10月に …

toshiba01
東芝が第三者委員会の設置を決定。不適切な会計処理は全社的な問題に拡大

 東芝の不適切な会計処理が全社的な問題に拡大している。同社は2015年5月13日 …

google2014
グーグル、持ち株会社設立後初の四半期決算。自社株買いなど株主重視に転換?

 米グーグルの持ち株会社であるアルファベットは2015年10月22日、2015年 …

mikitani
アベノミクスの中核、産業競争力会議が早くも形骸化。骨格が議論されず各論ばかり

 安倍政権の成長戦略の要となる産業競争力会議が早くも機能不全を起こしつつある。我 …

kourioote
2月決算の小売大手決算。個人消費に多少の明るい兆しが見える

 2月決算の小売大手各社の決算がほぼ出揃った。小売各社の決算動向は、個別企業の業 …

baierumonsanto
独バイエルがお騒がせ企業モンサントを買収。遺伝子組み換えでは最強グループに

 ドイツの医薬・農薬大手バイエルは2016年9月14日、遺伝子組み換え種子の最大 …

jimbeam
サントリーが米ビーム社を1兆6500億円で買収。金額はかなり割高だが・・・・

 サントリーホールディングスは2014年1月13日、米ウイスキー大手のビーム社を …

goan
10億の報酬をもらうゴーン氏。だが仏本国では世論に配慮し少額しかもらっていない

 日産自動車のカルロス・ゴーン社長は6月25日に開催された株主総会で、2013年 …

tosho05
中国ショックによる世界同時株安。日本は特に悪い条件が揃っている

 中国の景気減速懸念から、先週の株式市場は大荒れとなった。市場では下落は一時的と …