ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東芝が第三者委員会の設置を決定。不適切な会計処理は全社的な問題に拡大

 

 東芝の不適切な会計処理が全社的な問題に拡大している。同社は2015年5月13日、過去の不適切な会計処理によって、2012年3月期から2014年3月期にかけての営業利益が累積で500億円強、減少する見通しであると発表した。

 同社は会計処理に不適切な部分があるとして、2015年3月期の業績予想を取り消し、決算発表を6月以降に延期していた。5月8日には、社内の調査委員会だけでは不十分と判断し、全社的、網羅的な調査を行うため、第三者委員会の設置を決定している。調査の対象範囲などについては、第三者委員会の決定に委ねるとしている。

toshiba01
 特別調査委員会がこれまで調査したところによると、不適切な会計処理を行っていたのは、電力システム、社会インフラシステム、コミュニティ・ソリューションの3部門で、原価総額を過少に見積もり、利益を一時的に底上げしていた。

 東芝は重電メーカーであることから、発電所など大規模なインフラ案件を多数受注している。こうしたプロジェクト案件を決算に計上する方法としては、完成基準と進行基準の2種類がある。今回の問題となっているのは、進行基準による計上である。

 進行基準は、プロジェクトの進捗状況に合わせて、売上げや経費を分散して計上していく。これに対して完成基準はプロジェクトがすべて完了してから一括して売上げや利益を計上する。
 完成基準は、売上げが計上された段階ですべてのコストが分かっているので、確実に損益を確定することができる。しかし、完成までの間は、決算書上にプロジェクトの結果が反映されないため、経営実態と決算書に乖離が生じてしまう。

 一方、進行基準はプロジェクトの実態が決算書に反映されやすくなるが、恣意的な解釈の余地が広くなる。今回のケースでは、将来調達する資材についてコストダウンが可能であると仮定して経費を少なく計上するといった措置が行われていた。

 今回、下方修正の対象となったインフラ関連部門の売上高は全体の25%程度しかない。もし不適切会計処理が全社的なものということになると、同社の決算に対する信頼は一気に崩れてしまうだろう。その内容によっては粉飾決算と認定される可能性も出てくるかもしれない。

 もしそうなった場合には、もはや東芝単体の問題では済まされない可能性が高い。安倍政権はコーポレートガバナンスの強化策を通じて、日本市場への投資を呼びかけているが、市場全体の信頼性を崩壊しかねない大きなリスクを抱えてしまったのかもしれない。

 - 経済 ,

  関連記事

nitigin
皆さん!中央銀行の独立性について根本的に誤解していませんか?

 2~3%の高いインフレ目標の設定と、日銀による国債引き受けに言及した自民党の安 …

kokusaishushi201403
3月の経常収支は黒字。赤字拡大ペースの鈍化で為替は凪?

 財務省は2014年5月12日、2014年3月の国際収支を発表した。最終的な国の …

appleintelsamusung
アップルがサムスンに見切り?売国奴と呼ばれることを憂慮した強気の交渉がアダに

 アップルのサムスン離れが加速している。米アップルと米インテルが、次世代のiPa …

shanhai
過大な期待や悲観は無用!中国市場に対する3つの誤解を解く

 近年、日本は中国という存在に振り回される状況が続いてきた。当初は巨大市場に乗り …

clubmedchina
元仏大統領の息子が経営する著名リゾート会社を中国が買収。課税回避が真の狙い?

 中国の投資会社である複星国際と、アクサ・グループの資産管理会社アクサ・プライベ …

appledidi
アップルが中国配車アプリ大手に出資。今後の成長のカギは結局、自動運転?

 米アップルが中国の配車アプリ最大手「滴滴」(ディディ)に10億ドル(約1100 …

infure
輸入インフレの足音が聞こえる。政府は必死に企業に賃上げを要請しているが・・・

 円安が進展する中、これまで続いてきたデフレ傾向が一部でプラス転換する傾向が見え …

lewzaimuchokan
財政再建にメドを付けた米国。財政が悪化する日本。すべては金利次第という驚愕の事実

 米財務省は10月30日、2013年度の財政収支を発表した。財政赤字の規模が当初 …

gunosi
ニュース・キュレーションのグノシーが上場。広告媒体として機能することが明らかに

 スマホ向けにニュース・キュレーション・サービスを提供するグノシー(Gunosy …

kuroda
黒田日銀が、このタイミングで構造改革路線を主張し始めた理由

 日銀が、かつての「構造改革路線」を強く主張し始めている。黒田総裁は2014年5 …