ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東芝が第三者委員会の設置を決定。不適切な会計処理は全社的な問題に拡大

 

 東芝の不適切な会計処理が全社的な問題に拡大している。同社は2015年5月13日、過去の不適切な会計処理によって、2012年3月期から2014年3月期にかけての営業利益が累積で500億円強、減少する見通しであると発表した。

 同社は会計処理に不適切な部分があるとして、2015年3月期の業績予想を取り消し、決算発表を6月以降に延期していた。5月8日には、社内の調査委員会だけでは不十分と判断し、全社的、網羅的な調査を行うため、第三者委員会の設置を決定している。調査の対象範囲などについては、第三者委員会の決定に委ねるとしている。

toshiba01
 特別調査委員会がこれまで調査したところによると、不適切な会計処理を行っていたのは、電力システム、社会インフラシステム、コミュニティ・ソリューションの3部門で、原価総額を過少に見積もり、利益を一時的に底上げしていた。

 東芝は重電メーカーであることから、発電所など大規模なインフラ案件を多数受注している。こうしたプロジェクト案件を決算に計上する方法としては、完成基準と進行基準の2種類がある。今回の問題となっているのは、進行基準による計上である。

 進行基準は、プロジェクトの進捗状況に合わせて、売上げや経費を分散して計上していく。これに対して完成基準はプロジェクトがすべて完了してから一括して売上げや利益を計上する。
 完成基準は、売上げが計上された段階ですべてのコストが分かっているので、確実に損益を確定することができる。しかし、完成までの間は、決算書上にプロジェクトの結果が反映されないため、経営実態と決算書に乖離が生じてしまう。

 一方、進行基準はプロジェクトの実態が決算書に反映されやすくなるが、恣意的な解釈の余地が広くなる。今回のケースでは、将来調達する資材についてコストダウンが可能であると仮定して経費を少なく計上するといった措置が行われていた。

 今回、下方修正の対象となったインフラ関連部門の売上高は全体の25%程度しかない。もし不適切会計処理が全社的なものということになると、同社の決算に対する信頼は一気に崩れてしまうだろう。その内容によっては粉飾決算と認定される可能性も出てくるかもしれない。

 もしそうなった場合には、もはや東芝単体の問題では済まされない可能性が高い。安倍政権はコーポレートガバナンスの強化策を通じて、日本市場への投資を呼びかけているが、市場全体の信頼性を崩壊しかねない大きなリスクを抱えてしまったのかもしれない。

 - 経済 ,

  関連記事

factory03
欧州と米国で製造業の好調な指標が相次ぐ。世界経済が大きく変化する兆候か?

 欧州と米国の製造業に関する良好な指標が相次いでいる。調査会社マークイットが8月 …

kamei
円滑化法が3月で期限切れ。倒産予備軍10万社なのに慌てた様子がないのはなぜ?

 中小企業金融円滑化法の期限が3月末で切れることから、10万社ともいわれる倒産予 …

no image
想定外のウォン高進行で、韓国経済が総崩になる兆候。

 これまで好調に推移してきた韓国経済が総崩れになる可能性が出てきた。原因は急速に …

abeamari02
内閣府が来年以降の経済成長試算を提出。増税、低成長、物価高のトリプルパンチ?

 内閣府は8月2日に開催された経済財政諮問会議において、2013年度の経済見通し …

bouekitoukei201312
12月の貿易赤字はさらに拡大。慢性的な経常赤字に備えた政策が急務

 財務省は2014年1月27日、2013年12月の貿易統計を発表した。輸出額から …

pionieer
パイオニアが伝統の音響機器事業に見切りを付け、カーナビ分野に注力

 パイオニアは2014年9月16日、大規模な人員削減や事業再編を伴う今後の事業方 …

sony
ソニーが業績見通しを大幅上方修正。だが実態は不動産の売却益

 ソニーは4月25日、2012年度(2012年4月~2013年3月)の業績見通し …

abe20130113
安倍首相が参院選を優先しTPP交渉参加の表明を見送り。日米交渉への影響は?

 安倍首相は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題について、2月以降 …

nichia
従業員の発明による特許も基本的には企業帰属へ。職務発明制度の見直しがスタート

 政府は、企業の従業員が仕事で発明した「職務発明」の特許について、その権利を従業 …

newyork01
中国と米国で相次いで製造業指数が悪化。すべては米国頼みの構造に

 中国と米国で製造業に関する良くない指標が続いている。米供給管理協会(ISM)が …