ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

高齢者票が決め手となり大阪都構想は否決。これはまさに日本の縮図

 

 橋下徹大阪市長が掲げた「大阪都構想」の是非を問う住民投票が2015年5月17日に行われた。反対70万5585票、賛成69万4844票という僅差での否決となり、大阪市の存続が決定した。橋本氏は政界引退を表明している。

hashimoto201505

 大阪都構想は、大阪市を廃止して5つの特別区に分割するというもの。これまで大阪市が担っていた行政について、インフラ整備など広域行政については大阪府に一元化する一方、新設する5つの特別区には区長と区議を置き、地域の特性に合った行政を実施する。橋本氏は、市と府の二重行政が解消できるとしていたが、反対派は行政サービスの質が低下すると主張していた。

 橋本氏個人に対する賛否というニュアンスが強いものの、最終的には、地盤沈下が続く大阪をどうするのかというのが住民投票の大きなテーマである。

  このところ橋本人気にも陰りが出てきているとの指摘が多かったが、結果はわずか1万票という僅差で、改革期待が依然として大きいことがはっきりした。
  だが橋本氏は事前に宣言していた通り、投票の結果を受け、政界引退を表明している。橋本氏の引退によって、維新の会の存在感は一気に低下する可能性が高く、改革の動きは急激に萎む可能性が高くなってきた。

 年齢別の賛否を見ると、高齢者と若年層の対立軸という図式がはっきり見えてくる。
 朝日新聞の出口調査では、20代から60代まではいずれの年齢層も過半数が都構想に賛成している。20代は61%、30代は65%と若年層ほど賛成する割合が高い。一方で、反対が賛成を上回ったのが70歳以上で、61%が反対に回っている。高齢者層は投票率が高いので、結果的に全体的な決定権を握る結果になったと考えられる。今回の住民投票はまさに日本全体の縮図といってよいだろう。

 経済的には、大阪都構想には大阪経済圏の改革という意味合いも含まれている。住民投票が否決されたということは、大阪市の行政は継続し、そこから配分される補助金も従来通りということになる。大阪経済圏の衰退が加速するとの見方はさらに強くなるだろう。

 - 政治 ,

  関連記事

wakamonohakusho
日本の若者は突出してネガティブという調査結果をどう見るか?

 内閣府は2014年6月3日、2014年版「子ども・若者白書」を公表した。日本の …

girishazaimusho
革ジャケットを羽織って交渉の場に現れたギリシャの財務相。果たして会議は踊るのか?

 債務問題をめぐるEU(欧州連合)とギリシャの交渉が始まったが、双方が立場を譲ら …

yamatoyusei
ヤマト運輸と政府のバトルが再び勃発。郵政上場でも、まったく状況は変わらず

 郵便事業をめぐるヤマト運輸と政府のバトルが久々に復活した。ヤマト運輸は2015 …

shohishacho
消費者庁がTV通販会社に改善命令。横並びすら出来ないマスコミ各社のお粗末報道

 消費者庁は29日、健康食品「飲まなく茶」を販売しているネイチャーウェイ株式会社 …

hasimoto2
維新の会が驚愕の選挙公約を明らかに。その恐ろしい内容とは?

 日本維新の会の次期衆院選に向けた驚くべき公約案が明らかになった。26日産経新聞 …

kokuzei
確定申告の時期を迎え申告漏れのニュースが増加。今後の本丸は庶民の相続税

 確定申告の時期を迎え、全国で申告漏れや脱税のニュースが増加している。昨年末には …

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

hiranuma
維新の会と石原新党が急接近。橋下氏のたちあがれ批判は戦略?

 基本政策の違いをめぐって駆け引きが行われていた維新の会と石原新党(たちあがれ日 …

trump201611b
トランプ政権における安全保障面での一部人事案が明らかに。対テロ強硬派が揃う

 トランプ政権の安全保障分野の陣容が徐々に見えてきた。トランプ氏はオバマ大統領を …

hanedanarita
羽田・成田の地下鉄建設に年金と生保資金を活用。本当に大丈夫なのか?

 国土交通省は2020年代の開業を目指している羽田・成田を結ぶ地下鉄路線の建設に …