ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

実はそれほど悪くない?サンフランシスコ連銀の米GDPに関する見解が話題に

 

 年率換算でプラス0.2%成長にとどまっていた2015年1~3月期の米GDP(国内総生産)に関して、異なる見解が出ている。サンフランシスコ地区連銀が季節調整要因について修正を試みたところ、プラス1.8%程度の成長になる可能性が出てきたという。
 GDPが弱い数値となったことから、米国では利上げの時期をめぐって神経質な展開となっているが、今回のレポートは、利上げ議論にも影響を与えそうだ。 sanfranrengin サンフランシスコ地区連銀が2015年5月18日に公表した報告書によると、米国の2015年1~3月期のGDPは、季節調整要因の計算方法によってはプラス1.8%になる可能性があるという。
 正式なGDP統計では、プラス0.2%というかなり弱い数値となっていた。厳冬で個人消費が思いのほか伸びなかったことや、西海岸の港湾ストの影響で輸出が鈍ったことが大きく影響している。

 基本的に特殊要因が原因であり、好調な米国経済という基調に変化はないという認識だが、景気の先行きについては慎重に見た方がよいというのがコンセンサスとなっていた。

 このため市場では早期利上げ論が後退しており、逆にこれが株価を下支えする要因となっている。FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長は6日、株価が高すぎるという発言を行ったが、株価の動きはむしろそれとは逆方向だ。
 だが、プラス1.8%程度の成長が確保されていたということになると、話は少し変わってくる。早期に利上げを実施しても、米国経済が失速することはないという楽観論が再び勢いを増してくれば、逆に株価は調整を模索するかもしれない。

 市場では、利上げ時期の後退を見越して株式を買い進める動きがある一方、米国経済の成長鈍化を材料にした円買い模索の動きなど、複雑な様相を呈している。FRBが、利上げについてのスタンスをはっきりさせるまでの間は、こうした状況が続く可能性が高い。

 - 経済 , ,

  関連記事

googlecar02
日本企業は新規事業に極めて消極的。革新的事業に至っては米国の5分の1

 コンサルティング会社のデロイト トーマツ コンサルティングは17日、日本企業に …

tenanmon
中国にとって日本は最大の投資家。尖閣問題は対中投資にまったく影響を与えていない

 中国商務省は5月16日、4月における海外から中国への直接投資は前年同期比0.4 …

g20wasinton
G20が閉幕。隠れた主要議題アジアインフラ投資銀行については言及なし

 日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2015年4 …

setubitousi
11月の機械受注統計。内需経済の象徴である小売業で増加傾向

 内閣府は2014年1月16日、2013年11月の機械受注統計を発表した。主要指 …

abesingapore
本心?それとも外国人向けポーズ?安倍首相がシンガポールで既得権益層との対決を宣言

 安倍首相は7月26日、シンガポールを訪問し、リー・シェンロン首相との会談を行っ …

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

nihonyusei
日本郵政が豪子会社で4000億円の減損。いきなり躓いた成長シナリオ

 日本郵政が買収したばかりの豪物流子会社について最大で4000億円の減損を計上す …

tranpgenzei
トランプ政権が税制改革案を発表。総額には触れずじまいだが、内容はほぼ想定通り

 トランプ政権は2017年4月26日、もっとも注目されていた公約の一つである税制 …

abe20130113
安倍首相がハイパーインフレにはならないとの見解。だが本当にそうなのか?

 安倍首相は11日の記者会見で、日銀の金融政策に関連して「ハイパーインフレは考え …

kaisha
親の世代と若い世代の企業人気ランキングに異変。日本の大企業はとうとうオワコンか?

 保守的傾向が強く世代間であまり変化のなかった日本人の企業人気ランキングに異変が …