ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

実はそれほど悪くない?サンフランシスコ連銀の米GDPに関する見解が話題に

 

 年率換算でプラス0.2%成長にとどまっていた2015年1~3月期の米GDP(国内総生産)に関して、異なる見解が出ている。サンフランシスコ地区連銀が季節調整要因について修正を試みたところ、プラス1.8%程度の成長になる可能性が出てきたという。
 GDPが弱い数値となったことから、米国では利上げの時期をめぐって神経質な展開となっているが、今回のレポートは、利上げ議論にも影響を与えそうだ。 sanfranrengin サンフランシスコ地区連銀が2015年5月18日に公表した報告書によると、米国の2015年1~3月期のGDPは、季節調整要因の計算方法によってはプラス1.8%になる可能性があるという。
 正式なGDP統計では、プラス0.2%というかなり弱い数値となっていた。厳冬で個人消費が思いのほか伸びなかったことや、西海岸の港湾ストの影響で輸出が鈍ったことが大きく影響している。

 基本的に特殊要因が原因であり、好調な米国経済という基調に変化はないという認識だが、景気の先行きについては慎重に見た方がよいというのがコンセンサスとなっていた。

 このため市場では早期利上げ論が後退しており、逆にこれが株価を下支えする要因となっている。FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長は6日、株価が高すぎるという発言を行ったが、株価の動きはむしろそれとは逆方向だ。
 だが、プラス1.8%程度の成長が確保されていたということになると、話は少し変わってくる。早期に利上げを実施しても、米国経済が失速することはないという楽観論が再び勢いを増してくれば、逆に株価は調整を模索するかもしれない。

 市場では、利上げ時期の後退を見越して株式を買い進める動きがある一方、米国経済の成長鈍化を材料にした円買い模索の動きなど、複雑な様相を呈している。FRBが、利上げについてのスタンスをはっきりさせるまでの間は、こうした状況が続く可能性が高い。

 - 経済 , ,

  関連記事

no image
楽天が出版取り次ぎに参入。その本当の目的は?

 楽天が出版取り次ぎ業に参入すると朝日新聞が報じている。取り次ぎとは書籍の卸売業 …

merukeru03
ドイツの輸出超過に批判の声が高まる。だがこれはEUの自己矛盾を露呈しかねない

 好調な経済を背景に、欧州経済を支えてきたドイツに対して批判の声が高まっている。 …

no image
韓国から通貨スワップ延長の申請未だなし。協定が終了した場合の影響は?

 日本と韓国で締結されている通貨スワップ協定が延長されない可能性が高くなってきた …

home02
米国の政府系住宅金融公社2社が業務縮小を決定。米国のバブル処理は完全終了へ

 オバマ米大統領は8月5日、住宅金融市場の改革案を発表した。政府系住宅金融機関で …

mof02
来年度予算は大幅増額で100兆円突破の見込み。財政再建からはさらに一歩後退

 2014年度予算の概算要求が各省から出揃いつつある。概算要求の締め切りは8月3 …

sakakibara
まるでヤクザ映画?政府が財界に「決意を示せ」と設備投資増強を要請

 経団連の榊原定征会長は2015年11月26日、政府が開催した官民対話で、設備投 …

googlehead
グーグルの決算が過去最高。単価下落でネットは再び消耗戦の時代へ突入

 米グーグルの持ち株会社であるアルファベットは2016年2月1日、2015年10 …

ieren
次期FRB議長はイエレン氏。総じて高評価だが、リベラルな面を危惧する声も

 オバマ米大統領は、来年1月で退任するバーナンキFRB(連邦準備制度理事会)議長 …

putinrussia
ロシアによるクリミア編入宣言。その背景とアジア地域で想起される事態

 ロシアのプーチン大統領は2014年3月18日、クリミアをロシアに編入する条約に …

amari
甘利大臣の「賃上げしない企業は恥ずかしい」という発言は、日本経済に何をもたらすか?

 甘利経済財政再生相は10月19日、テレビ番組に出演し「企業収益が上がっているの …