ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

実はそれほど悪くない?サンフランシスコ連銀の米GDPに関する見解が話題に

 

 年率換算でプラス0.2%成長にとどまっていた2015年1~3月期の米GDP(国内総生産)に関して、異なる見解が出ている。サンフランシスコ地区連銀が季節調整要因について修正を試みたところ、プラス1.8%程度の成長になる可能性が出てきたという。
 GDPが弱い数値となったことから、米国では利上げの時期をめぐって神経質な展開となっているが、今回のレポートは、利上げ議論にも影響を与えそうだ。 sanfranrengin サンフランシスコ地区連銀が2015年5月18日に公表した報告書によると、米国の2015年1~3月期のGDPは、季節調整要因の計算方法によってはプラス1.8%になる可能性があるという。
 正式なGDP統計では、プラス0.2%というかなり弱い数値となっていた。厳冬で個人消費が思いのほか伸びなかったことや、西海岸の港湾ストの影響で輸出が鈍ったことが大きく影響している。

 基本的に特殊要因が原因であり、好調な米国経済という基調に変化はないという認識だが、景気の先行きについては慎重に見た方がよいというのがコンセンサスとなっていた。

 このため市場では早期利上げ論が後退しており、逆にこれが株価を下支えする要因となっている。FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長は6日、株価が高すぎるという発言を行ったが、株価の動きはむしろそれとは逆方向だ。
 だが、プラス1.8%程度の成長が確保されていたということになると、話は少し変わってくる。早期に利上げを実施しても、米国経済が失速することはないという楽観論が再び勢いを増してくれば、逆に株価は調整を模索するかもしれない。

 市場では、利上げ時期の後退を見越して株式を買い進める動きがある一方、米国経済の成長鈍化を材料にした円買い模索の動きなど、複雑な様相を呈している。FRBが、利上げについてのスタンスをはっきりさせるまでの間は、こうした状況が続く可能性が高い。

 - 経済 , ,

  関連記事

nichigin03
6月の日銀短観。改善が見られるが、大企業中心の産業構造を如実に反映

 日銀は7月1日、6月の企業短期経済観測調査(短観)を発表した。企業の景況感を示 …

zaiseishuusi
政府が財政収支の試算を公表。2020年度PB黒字化は達成困難に

 政府は2014年7月25日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。日本政 …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

teinensaikoyou
定年後再雇用の賃金格差は違法との判決。司法判断定着なら、現役世代の年収が減少?

 定年退職後の再雇用において年収を引き下げることは違法だとする東京地裁の判決が下 …

frb
FRBが利上げを見送り。今後の焦点は労働市場ではなくインフレ率

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年9月17日に開催したFOMC(連邦公開 …

toshiba01
東芝が第三者委員会の設置を決定。不適切な会計処理は全社的な問題に拡大

 東芝の不適切な会計処理が全社的な問題に拡大している。同社は2015年5月13日 …

wimbledon
自国選手優勝まで77年。ウィンブルドン方式(市場開放)は有効な経済政策になるか?

 テニスの世界4大大会であるウィンブルドン選手権(全英オープン)において、7月7 …

nichigin
黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の …

korea
韓国で個人負債増加が政策課題に急浮上。日本も他人事ではないかもしれない

 以前から家計の負債増加が指摘されていた韓国で、この問題が政策的な重要課題に浮上 …

home
米国で住宅価格上昇が顕著に。競売は激減しリーマンショック以前の水準まで改善

 米国で住宅用不動産の価格上昇が鮮明となっている。米調査会社コアロジック発表した …