ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

民需主導による成長がようやく見えてきた1~3月期のGDP速報値

 

 内閣府は2015年5月20日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質でプラス0.6%、年率換算ではプラス2.4%となった。プラスとなるのは2期連続で、ようやく明るい兆しが見えてきた。

economistataranai

 このところ四半期GDPはマイナス成長が続いてきた。2014年4~6月期はマイナス1.8%、7~9月期はマイナス0.5%だった。10~12月期にようやくプラス転換し、今期はプラス幅が拡大した。
 マイナスが続いた後のプラスであり、元に戻ったというわけではないが、これまでの状況と比較すると、個人消費が持ち直しており、状況は好転していると考えてよいだろう。

 2014年は、落ち込む個人消費を公共事業がカバーするという図式が続いていた。しかし今期は、個人消費がプラス0.4%と3四半期連続でプラスとなったほか、住宅も1.8%とプラス転換した。これまでとは逆に、減少した公共事業を消費や住宅が補っている。
 企業の設備投資も4四半期ぶりにプラスとなった。大手企業の業績改善によって、設備投資意欲が向上したと考えられる。

 この傾向が続けば、民需主導で経済を成長させるという本来の道筋がようやく見えてくることになる。原油価格も下げ止まっていることから、物価も持ち直すかもしれない。

 輸出は、好景気が続く米国向けが堅調でプラス2.4%となった。また、外国人観光客による商品の購入は統計上、輸出にカウントされるので、これも輸出拡大に寄与している。
 名目値についてはプラス1.9%となり、年率換算で7.7%となった。名目でも2四半期連続のプラスとなっており、物価の下落で実質GDPを稼ぐという構図からようやく抜け出しつつある。

 - 経済 , ,

  関連記事

baidenindo
米国のバイデン副大統領がインドを訪問。意外に疎遠だった米国とインドの経済関係

 インドと米国があらたな経済連携に向けて対話を始めている。米国のバイデン副大統領 …

shirakawae
白川総裁も脱力?大企業の社長さん!成長戦略の意味を根本的に誤解してませんか?

 総選挙の結果をうけて日本経済新聞が実施した大手企業経営者に対するアンケート調査 …

sagawa
今注目の佐川男子。だがヤマトのドライバーとはなぜキャラが違うのか?

 いま注目の佐川男子。だが運送大手でライバルのヤマト運輸のドライバーはなぜか「ヤ …

jrkyushu
JR九州の株式上場計画。政府支援の是非など、克服すべき課題が山積

 九州旅客鉄道(JR九州)が2016年度中の株式上場に向けて動き出した。だが、完 …

kuroda
日銀次期総裁は黒田氏。財務省と政権で痛み分け?金融政策のカギは岩田副総裁

 政府は3月19日に退任する日銀の白川総裁の後任に、元財務官でアジア開発銀行総裁 …

sanfranrengin
実はそれほど悪くない?サンフランシスコ連銀の米GDPに関する見解が話題に

 年率換算でプラス0.2%成長にとどまっていた2015年1~3月期の米GDP(国 …

kosokudoro
やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念 …

birukensetsu
4~6月期GDPは予想通りマイナス成長。いよいよアベノミクスの成果が問われる局面へ

 内閣府は2015年8月17日、2015年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

kotori
消費税還元セールは禁止!政府与党の本当の狙いは何か?

 政府・自民党は、消費税の増税にあたって小売店が「消費税還元セール」を行うことを …

autodrive
首相まで巻き込んだ自動運転技術のデモから垣間見える、日本のイノベーション事情

 トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの3社は11月9日、国会周辺の公道で自動運転に …