ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

民需主導による成長がようやく見えてきた1~3月期のGDP速報値

 

 内閣府は2015年5月20日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質でプラス0.6%、年率換算ではプラス2.4%となった。プラスとなるのは2期連続で、ようやく明るい兆しが見えてきた。

economistataranai

 このところ四半期GDPはマイナス成長が続いてきた。2014年4~6月期はマイナス1.8%、7~9月期はマイナス0.5%だった。10~12月期にようやくプラス転換し、今期はプラス幅が拡大した。
 マイナスが続いた後のプラスであり、元に戻ったというわけではないが、これまでの状況と比較すると、個人消費が持ち直しており、状況は好転していると考えてよいだろう。

 2014年は、落ち込む個人消費を公共事業がカバーするという図式が続いていた。しかし今期は、個人消費がプラス0.4%と3四半期連続でプラスとなったほか、住宅も1.8%とプラス転換した。これまでとは逆に、減少した公共事業を消費や住宅が補っている。
 企業の設備投資も4四半期ぶりにプラスとなった。大手企業の業績改善によって、設備投資意欲が向上したと考えられる。

 この傾向が続けば、民需主導で経済を成長させるという本来の道筋がようやく見えてくることになる。原油価格も下げ止まっていることから、物価も持ち直すかもしれない。

 輸出は、好景気が続く米国向けが堅調でプラス2.4%となった。また、外国人観光客による商品の購入は統計上、輸出にカウントされるので、これも輸出拡大に寄与している。
 名目値についてはプラス1.9%となり、年率換算で7.7%となった。名目でも2四半期連続のプラスとなっており、物価の下落で実質GDPを稼ぐという構図からようやく抜け出しつつある。

 - 経済 , ,

  関連記事

zaiseishuusi
政府が財政収支の試算を公表。2020年度PB黒字化は達成困難に

 政府は2014年7月25日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。日本政 …

kuukikan
中国の富豪が大気汚染に抗議?して空気の缶詰を販売。シニカルな戦略が意味するもの

 連日、深刻な大気汚染が続いている北京でユニークな商品が販売され話題となっている …

no image
まだまだ甘いシャープのリストラ。高給取りのホワイトカラーは手付かず

 経営危機のシャープが検討している追加の人員削減案が明らかになった。これまで50 …

amari
注目の4~6月期GDPは実質で2.6%。改定値もこの水準であれば消費税増税?

 内閣府は8月12日、2013年4~6月期の国内総生産(GDP)一次速報値を発表 …

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …

kyuryo
政府の賃上げ要請でも平均給与は上がらない?その理由は非製造業へのシフト

 政府は復興特別法人税の前倒し廃止といった企業減税を実施するにあたり、減税分が従 …

pakukune02
韓国の新政権が、民間から有能なトップを招へいできないワケ。

 韓国で民間から招へいした政権幹部が相次いで、就任を辞退するという状況になってい …

no image
ルネサスの早期退職に希望者殺到。支払うお金がなくなっちゃった!

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスの早期退職プログラムに7511人 …

reitbuild
マイナス金利政策唯一の成果?低迷する日経平均を尻目にREITが絶好調

 日経平均株価の低迷が続く中、REIT(不動産投資信託)が好調に推移している。日 …

wallstreet
富の偏在が進む米国。だが日本もそれに劣らない格差大国

 米国で100万ドル(約1億円)以上の金融資産を持つ世帯が1000万世帯に達しつ …