ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

民需主導による成長がようやく見えてきた1~3月期のGDP速報値

 

 内閣府は2015年5月20日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質でプラス0.6%、年率換算ではプラス2.4%となった。プラスとなるのは2期連続で、ようやく明るい兆しが見えてきた。

economistataranai

 このところ四半期GDPはマイナス成長が続いてきた。2014年4~6月期はマイナス1.8%、7~9月期はマイナス0.5%だった。10~12月期にようやくプラス転換し、今期はプラス幅が拡大した。
 マイナスが続いた後のプラスであり、元に戻ったというわけではないが、これまでの状況と比較すると、個人消費が持ち直しており、状況は好転していると考えてよいだろう。

 2014年は、落ち込む個人消費を公共事業がカバーするという図式が続いていた。しかし今期は、個人消費がプラス0.4%と3四半期連続でプラスとなったほか、住宅も1.8%とプラス転換した。これまでとは逆に、減少した公共事業を消費や住宅が補っている。
 企業の設備投資も4四半期ぶりにプラスとなった。大手企業の業績改善によって、設備投資意欲が向上したと考えられる。

 この傾向が続けば、民需主導で経済を成長させるという本来の道筋がようやく見えてくることになる。原油価格も下げ止まっていることから、物価も持ち直すかもしれない。

 輸出は、好景気が続く米国向けが堅調でプラス2.4%となった。また、外国人観光客による商品の購入は統計上、輸出にカウントされるので、これも輸出拡大に寄与している。
 名目値についてはプラス1.9%となり、年率換算で7.7%となった。名目でも2四半期連続のプラスとなっており、物価の下落で実質GDPを稼ぐという構図からようやく抜け出しつつある。

 - 経済 , ,

  関連記事

cyprus2
キプロス問題でとうとうロシアが介入か?小さな島をめぐって地政学上の策略が渦巻く

 金融危機に陥ったキプロスの支援策をめぐって、とうとうロシアが本格的に動き始めた …

soros02
ソロス氏が日銀の緩和策について、円崩壊につながると警告。我々はどう捉えるべきか?

 日銀による異次元の量的緩和の拡大は、円相場崩落と日本からの資本逃避の引き金にな …

kokubohakusho
中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?

 中国政府は4月16日、国防白書を発表した。アジア太平洋地域に対する軍事的シフト …

detroit
米自動車産業は奇跡の復活を遂げたのに、なぜデトロイト市は破綻したのか?

 GM(ゼネラル・モーターズ)やフォードなどが本拠を構える自動車の街、米デトロイ …

businessman02
2016年1~3月期GDPはプラス転換だが、うるう年効果が大きく実質ゼロ成長

 内閣府は2016年4月18日、2016年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …

iot
IoTに関する産学官協議会が米国勢に合流。最悪のガラパゴスは回避したが・・・

 あらゆるモノをインターネットにつなげる「IoT」の分野において、日本勢が米国勢 …

bukkajoushou
デフレ脱却が鮮明になってきた7月の消費者物価指数。だが内実は輸入インフレ?

 総務省は8月30日、7月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

no image
経済誌のスクープ記事で、アップルの奴隷に成り下がった日本メーカーの実態が明らかに

 週刊ダイヤモンドのアップル特集が話題となっている。iPhoneに部品を供給する …

alibaba
アリババはコスト増加で利益減少。同社の競争環境は厳しくなってきた

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年5月7日、2015年1~3 …