ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

民需主導による成長がようやく見えてきた1~3月期のGDP速報値

 

 内閣府は2015年5月20日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値を発表した。物価の影響を除いた実質でプラス0.6%、年率換算ではプラス2.4%となった。プラスとなるのは2期連続で、ようやく明るい兆しが見えてきた。

economistataranai

 このところ四半期GDPはマイナス成長が続いてきた。2014年4~6月期はマイナス1.8%、7~9月期はマイナス0.5%だった。10~12月期にようやくプラス転換し、今期はプラス幅が拡大した。
 マイナスが続いた後のプラスであり、元に戻ったというわけではないが、これまでの状況と比較すると、個人消費が持ち直しており、状況は好転していると考えてよいだろう。

 2014年は、落ち込む個人消費を公共事業がカバーするという図式が続いていた。しかし今期は、個人消費がプラス0.4%と3四半期連続でプラスとなったほか、住宅も1.8%とプラス転換した。これまでとは逆に、減少した公共事業を消費や住宅が補っている。
 企業の設備投資も4四半期ぶりにプラスとなった。大手企業の業績改善によって、設備投資意欲が向上したと考えられる。

 この傾向が続けば、民需主導で経済を成長させるという本来の道筋がようやく見えてくることになる。原油価格も下げ止まっていることから、物価も持ち直すかもしれない。

 輸出は、好景気が続く米国向けが堅調でプラス2.4%となった。また、外国人観光客による商品の購入は統計上、輸出にカウントされるので、これも輸出拡大に寄与している。
 名目値についてはプラス1.9%となり、年率換算で7.7%となった。名目でも2四半期連続のプラスとなっており、物価の下落で実質GDPを稼ぐという構図からようやく抜け出しつつある。

 - 経済 , ,

  関連記事

no image
経済界の言い分に騙されるな!中国ビジネスは尖閣より前に大失速している

 領有権問題の長期化を懸念する声が経済界を中心に高まっている。 経団連の米倉会長 …

okano
痛くない注射針の会社が1億円もの所得隠し、日本のモノ作りの残念な結末

 痛くない注射針を開発したことで知られ、日本の物作りの象徴として賞賛されていた東 …

mof03
消費税10%に向けて動き出した財務省。増税の判断基準が7~9月期GDPである理由

 昨年末に2014年度予算の政府案が閣議決定されたことで、財務省は消費税の10% …

bitcoin
米英でビットコインを通貨として容認する動き。実現すれば両国に多額の資金が転がり込む

 ビットコインを通貨として容認する動きが米英で活発になってきた。日本は早々にビッ …

g20german
G20の声明文から反保護主義の文言が消滅。今後は露骨なパワーゲームの時代へ

 ドイツのバーデンバーデンで開催されていたG20(主要20カ国の財務相・中央銀行 …

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

keidanren
経団連会長をOBから起用。影響力低下と人材不足が著しい経団連の実情

 経団連は、6月に退任する予定の米倉弘昌会長の後任に、東レ会長の榊原定征氏を起用 …

kindorupaper
いよいよキンドルが日本上陸。自費出版サービスもスタートし、出版社は戦々恐々

 アマゾンがとうとう電子書籍端末「キンドル」を国内で販売開始する。同社の日本法人 …

aikoukoku
広告クリエイティブ業務のAI化で、すべての広告は動的になる

 広告業界でコピーライティング業務をAI化する取り組みが進んでいる。狙いは人員の …

kyuryo
給料は増えたものの、非正規社員の増加で全体への効果は薄い

 民間企業で働く従業員の給与総額は増加に転じたが、低賃金で働く非正規社員が増えて …