ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家計の金融資産は1798万円で過去最高を更新。引き続き株高が貢献

 

 総務省は2015年5月19日、2014年における家計調査の結果を発表した。1世帯が保有する預金や株式など金融資産の平均額は、前年比3.4%増の1798万円となり、昨年に引き続いて過去最高額を更新した。生活実感に近い中央値は1052万円となっており、こちらも2.8%増加している。

dentaku

 2013年は、アベノミクスによる株高の効果で、家計の貯蓄額は4.9%という大幅な増加となった。2013年ほどではないものの、2014年も引き続き、株高の効果で金融資産が増加している。
 もっとも増加した割合が高かったのはやはり株式で8.7%増となっている。一方、債券はマイナス4.5%と減少しており、インフレ期待から債券を回避した傾向が読み取れる。

 ただ、全体的に貯蓄から投資へという流れになっているかというとそうでもない。依然として全体の約6割が銀行預金であり、この割合はむしろ増加している。定期預金は4.7%増の758万円、普通預金が6.7%増の380万円であった。

 昨年は定期預金の増加が0%だったので、債券に回していた投資資金を定期預金に振り替えた、あるいは株式の売却益を定期預金に預けた可能性がある。生命保険の金額も減少しているので、貯蓄代わりに保険に支払っていた分が銀行に回ったとも考えられる。

 株式投資を行う層もはっきりしている。貯蓄額が400万円から600万円の世帯における有価証券の割合はわずか3%だが、3000万円以上では19%に達する。2000万から3000万円の世帯でも9.8%なので、3000万円以上の世帯から株式投資の割合が一気に上昇していることが分かる。

 当たり前の結果だが、貯蓄の金額は高齢者になるほど大きい。40歳未満の貯蓄額は562万円だが、70歳以上では2452万円となっている。また、世帯主が60歳以上の世帯で、2500万円以上の貯蓄を持つ世帯の割合は何と3分の1に達する。

 負債額は前年比2%増の509万円だった。負債額のほとんどは住宅ローンだが、超低金利と不動産価格高騰という状況を考えると、それほど残高が伸びているわけではない。家計は積極的に負債を拡大する状況にはなっていないようだ。

 - 経済 , , ,

  関連記事

kaiho
ODAを使った新造巡視船のベトナム供与。場合によっては本末転倒にも

 政府は、中国と領有権争いをしているベトナムに対して、ODA(政府開発援助)を使 …

trumpkanzei
トランプ氏が国境税に言及。米国は超大国なので意外と効果を発揮する可能性も

 トランプ次期大統領は2017年1月11日、選挙後初の記者会見を開催した。各国の …

kuruguman02
クルーグマン教授が安倍首相との会談内容を暴露。日本はオフレコの概念もガラパゴス

 政府側が非公開を前提にしていた国際金融経済分析会合でのやり取りを、ポール・クル …

businessman
GDP改定値は下方修正。景気の落ち込みが激しいことが明らかに

 内閣府は2014年9月8日、4~6月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した。 …

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

factory07
米国の雇用統計が予想外に良好。政府機関の閉鎖は経済にあまり影響を与えていない?

 米国の雇用統計が予想外に良好な数字だったことに関係者が驚いている。米労働省は1 …

nec
NECのスマホ事業撤退は、日本型ガラパゴス産業の象徴?

 これまでNTTドコモと二人三脚で携帯電話事業を展開してきたNECが、スマホから …

no image
楽天が出版取り次ぎに参入。その本当の目的は?

 楽天が出版取り次ぎ業に参入すると朝日新聞が報じている。取り次ぎとは書籍の卸売業 …

spain
意外に堅調な欧州経済。スペインには再び投資資金が集まっている

 欧州経済が着実な回復を見せている。ギリシャ債務問題が大きく市場を揺さぶったが、 …

jdiishikawa
有機ELで日本勢は総崩れ?シャープが突然、ジャパンディスプレイとの連携を呼びかけ

 次世代のディスプレイ技術である有機ELの開発をめぐって国内液晶メーカーが迷走し …