ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家計の金融資産は1798万円で過去最高を更新。引き続き株高が貢献

 

 総務省は2015年5月19日、2014年における家計調査の結果を発表した。1世帯が保有する預金や株式など金融資産の平均額は、前年比3.4%増の1798万円となり、昨年に引き続いて過去最高額を更新した。生活実感に近い中央値は1052万円となっており、こちらも2.8%増加している。

dentaku

 2013年は、アベノミクスによる株高の効果で、家計の貯蓄額は4.9%という大幅な増加となった。2013年ほどではないものの、2014年も引き続き、株高の効果で金融資産が増加している。
 もっとも増加した割合が高かったのはやはり株式で8.7%増となっている。一方、債券はマイナス4.5%と減少しており、インフレ期待から債券を回避した傾向が読み取れる。

 ただ、全体的に貯蓄から投資へという流れになっているかというとそうでもない。依然として全体の約6割が銀行預金であり、この割合はむしろ増加している。定期預金は4.7%増の758万円、普通預金が6.7%増の380万円であった。

 昨年は定期預金の増加が0%だったので、債券に回していた投資資金を定期預金に振り替えた、あるいは株式の売却益を定期預金に預けた可能性がある。生命保険の金額も減少しているので、貯蓄代わりに保険に支払っていた分が銀行に回ったとも考えられる。

 株式投資を行う層もはっきりしている。貯蓄額が400万円から600万円の世帯における有価証券の割合はわずか3%だが、3000万円以上では19%に達する。2000万から3000万円の世帯でも9.8%なので、3000万円以上の世帯から株式投資の割合が一気に上昇していることが分かる。

 当たり前の結果だが、貯蓄の金額は高齢者になるほど大きい。40歳未満の貯蓄額は562万円だが、70歳以上では2452万円となっている。また、世帯主が60歳以上の世帯で、2500万円以上の貯蓄を持つ世帯の割合は何と3分の1に達する。

 負債額は前年比2%増の509万円だった。負債額のほとんどは住宅ローンだが、超低金利と不動産価格高騰という状況を考えると、それほど残高が伸びているわけではない。家計は積極的に負債を拡大する状況にはなっていないようだ。

 - 経済 , , ,

  関連記事

amari
本来の趣旨とは正反対。法人税減税議論は活力を削ぐ後ろ向きな話題ばかり

 法人税の実効税率引き下げの財源として、企業の赤字繰り越しを縮小する案が浮上して …

nyse03
絶好調な経済を背景に米国株への関心が高まる。だが本当に落とし穴はないのか?

 投資家の間で、米国株に対する関心が急速に高まっている。米FRB(連邦準備制度理 …

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …

tosho05
中国ショックによる世界同時株安。日本は特に悪い条件が揃っている

 中国の景気減速懸念から、先週の株式市場は大荒れとなった。市場では下落は一時的と …

nichigin03
市中への資金供給量が過去最大。量的緩和は効果を上げてきているのか?

 日銀は7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表的な …

shoten
出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出 …

shukinpeiru
習近平国家主席が就任早々、米国のルー財務長官と会談

 米国のルー財務長官は3月19日、中国を訪問し、就任したばかりの習近平国家主席と …

ieren
バーナンキFRB議長の後任はイエレン副総裁が有力。市場関係者も歓迎か?

 2期目を迎えるオバマ政権の主要閣僚がほぼ出揃ってきたことで、来年1月に任期を迎 …

kotori
消費税還元セールは禁止!政府与党の本当の狙いは何か?

 政府・自民党は、消費税の増税にあたって小売店が「消費税還元セール」を行うことを …

bukkajoushou
物価上昇は鈍化しているが、現実には値上げが進行。4~6月期GDPにも悪影響か

 総務省は2015年7月31日、2015年6月の消費者物価指数を発表した。代表的 …