ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

OECDが世界の格差に関する報告書を発表。日本の課題は所得の再分配機能

 

 OECD(経済協力開発機構)は2015年5月21日に発表した格差に関する報告書で、世界の所得格差は過去最高水準に達していることを明らかにした。このところ格差問題がクローズアップされているが、報告書はこれを裏付ける結果となっている。

kakusaoecd

 報告書によると、OECD加盟国における上位10%の富裕層は下位10%の貧困層の9.6倍の所得があるとしている。1980年には約7倍、2000年代には9倍だったので所得格差は拡大していることになる。

 富について比較する際には、所得に着目するのか、資産に着目するのかという2つの考え方がある。両社は相互に関連しているが、偏在化しやすいのは資産の方である。
 OECD加盟国においても同様で、所得格差よりも資産格差の方が圧倒的に大きく、上位1%の富裕層は全体の資産の18%を保有している。上位10%になると半分を占めることになるが、下位40%は総資産のわずか3%しか保有していない。

 所得が少ないと資産を形成することができず、まとまった資産がないと、資産価値の増大という富を効率的に増やす手法の恩恵を受けられないという図式だ。

 OECDでは、所得格差が生じる主な原因として、非正規労働者の増加をあげている。1995年から現在までの間に、OECD諸国で創出されたすべての仕事の過半数が、パートタイム労働や条件の悪い自営業などの形態であった。
 若年層がこうした労働形態になる割合が高く、これが所得を不安定にしている。男女間で賃金格差があることも格差拡大要因であるとの指摘だ。

 OECDでは、格差の過度な拡大は、長期的な成長の阻害要因であり、是正が必要であると主張している。格差の是非については様々な見解があるが、結果の不平等のみならず、機会の不平等につながっているようであれば、成長の阻害要因となることは明らかだろう。

 日本はOECD平均よりも所得格差が大きい。主要先進国で日本より格差が大きいのは英国と米国だけである。日本の場合、超富裕層の増加ではなく、貧困層の増加という下方向への格差拡大による影響が大きい。

 日本は所得再分配機能が充実していると思われてきたが、報告書では日本の所得再分配レベルは低いと指摘している。OECD加盟国で、日本よりも再分配機能が低いのは、チリ、韓国、アイスランド、スイスだけとなっている。
 日本の貧困率は、米国と並んで先進国では最低水準であることを考えると、所得再分配機能が低いというOECDの指摘は残念ながら的確といえるだろう。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

ieren201409
FRBが量的緩和終了をあらためて確認。利上げによる円安が加速か?

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年9月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …

robot
グーグルが本格的にロボット市場に参入。ズバリ、その目的は軍事用途

 インターネット検索最大手の米グーグルがロボット事業を加速させている。同社は20 …

shoten
出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出 …

google2014
グーグルの4~6月期決算。クリック数、単価ともに安定的に推移

 ネット検索大手米グーグルは2014年7月17日、2014年4~6月期の決算を発 …

businessman02
消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大

 2013年11月13日に公表予定の7~9月実質GDPの数値は、好調だった4~6 …

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …

dasubeida
ディズニーがスターウォーズを巨額買収。新作も投入予定

 エンターテインメント大手の米ウォルト・ディズニーは、人気映画「スター・ウォーズ …

bukkajoushou
12月の物価はさらに上昇。ただし円安一服で来月以降は踊り場に?

 総務省は2014年1月31日、2013年12月の消費者物価指数を発表した。代表 …

kusuri
薬のネット販売規制解除へ。最高裁は常識ある判断を下した

 利権の温床、抵抗勢力の象徴といわれた薬のネット販売禁止措置がようやく廃止される …

kabuka
アベノミクスによる株高はいつまで続くのか?もしバブルだというならこんなレベルじゃない

 アベノミクスによる株高に証券市場は沸いている。経済誌などでは「本格的な上昇相場 …