ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東証1部の時価総額がバブル越え。だが上場社数が増えているので当然といえば当然

 

 東証1部の時価総額が終値ベースで過去最高を更新し、バブル期の水準を超えた。ただ、東証1部に上場している企業の数が1.6倍に増えていることを考えると、バブルからの立ち直りはまだ道半ばといえそうだ。

tosho03
  2015年5月22日の東京株式市場は東証1部の時価総額が591兆3007億円となり、終値ベースで約25年ぶりに過去最高を更新した。これまでの最高額はバブル経済がピークだった1989年12月29日の590兆9087億円。この日は、終値ベースの日経平均株価が3万8916円という最高値を付けた日でもある。

 バブル崩壊から20年以上が経過し、現在、日経平均株価は約半値戻しの2万円前後となっている。株価は半分の水準まで戻ったにもかかわらず、時価総額がすでにバブルを超えたのは、東証に上場する企業の数が増加したからである。
 1989年に東証1部に上場している企業数は1161社だったが、現在は1889社と1.6倍になった。大雑把に考えれば、社数が1.6倍になって、株価が半分強なので、時価総額が同水準になるのは不思議なことではない。

 ただ、資本市場の強さという点では、バブル当時の状況には遠く及ばない。1989年における株式による資金調達額は9兆円近くあったが、現在では2兆円程度となっている。

 バブル時の株価水準が過大であったことから、その後のバブル崩壊過程は異常な株価からの修正局面と理解されてきた。しかし、グローバルに見ると必ずしもそうとはいえない面がある。
 バブル崩壊後の25年の間に、日本以外の先進各国は、GDPを2倍から3倍に拡大させている。日本は同じ期間で横ばいに近い状況である。経済は相対的なものなので、実質的に日本は大幅なマイナス成長だったとも解釈できる。

 確かにバブル当時の株価は異常だったが、その後の日本経済の停滞を考えれば、バブル当時の半分程度までしか株価が戻っていないのは、当然かもしれない。
 現在の相場が割高と見なされないためには、株価が継続的に上昇することに加え、株式による資金調達の増加など、資本市場の機能が強化されることがより重要となるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

no image
アメリカで起業熱が再沸騰。シリコンバレーでは洋上インキュベーション施設まで登場

 米国のシリコンバレーでユニークなベンチャー企業が登場し注目を集めている。  会 …

no image
QE3実施の見込みといわれているが本当か?

 米FOMC(連邦公開市場委員会)が22日に公表した議事録で、QE3(量的緩和第 …

hatake
農業の競争力強化を目指す政府系ファンドが開業。実態は衰退する農業への補償金?

 農業の競争力強化を目指す官民ファンド「農林漁業成長産業化支援機構」が1日開業し …

abeshouhizei
法人減税の急浮上によって、政府内部の財政をめぐる綱引きが激化

  安倍政権が消費税の増税と、これに対応した総額5兆円の経済対策を発表したことで …

abetoben
成長戦略の内容が徐々に明らかに。目新しさに欠け、市場が失望する可能性も

 政府が6月にまとめる成長戦略の内容が徐々に明らかになってきた。設備投資の促進、 …

toshibassd
東芝がメモリー事業分離を決定。だが、市場の注目はすでに次の売却事業へ

 米国の原子力事業で多額の損失を抱える東芝が、メモリー事業の分社化を決断した。し …

setsubitousi
需給ギャップが3期連続で縮小。日本経済復活なのか単なるバラマキなのか?

 内閣府は2013年12月16日、7~9月期の日本経済における需給ギャップがマイ …

no image
日産のゴーン会長、フランスではホンネ連発。だがそれは日本人自身が招いたこと

 日産・ルノーのカルロス・ゴーン会長はパリのモーターショーで、欧州では過剰生産能 …

titanic2
タイタニック号が2016年に復活。だが建造を受注したのは無名の中国企業

 オーストラリアで複数の鉱山会社を所有する大富豪クライブ・バーマー氏が、豪華客船 …