ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東証1部の時価総額がバブル越え。だが上場社数が増えているので当然といえば当然

 

 東証1部の時価総額が終値ベースで過去最高を更新し、バブル期の水準を超えた。ただ、東証1部に上場している企業の数が1.6倍に増えていることを考えると、バブルからの立ち直りはまだ道半ばといえそうだ。

tosho03
  2015年5月22日の東京株式市場は東証1部の時価総額が591兆3007億円となり、終値ベースで約25年ぶりに過去最高を更新した。これまでの最高額はバブル経済がピークだった1989年12月29日の590兆9087億円。この日は、終値ベースの日経平均株価が3万8916円という最高値を付けた日でもある。

 バブル崩壊から20年以上が経過し、現在、日経平均株価は約半値戻しの2万円前後となっている。株価は半分の水準まで戻ったにもかかわらず、時価総額がすでにバブルを超えたのは、東証に上場する企業の数が増加したからである。
 1989年に東証1部に上場している企業数は1161社だったが、現在は1889社と1.6倍になった。大雑把に考えれば、社数が1.6倍になって、株価が半分強なので、時価総額が同水準になるのは不思議なことではない。

 ただ、資本市場の強さという点では、バブル当時の状況には遠く及ばない。1989年における株式による資金調達額は9兆円近くあったが、現在では2兆円程度となっている。

 バブル時の株価水準が過大であったことから、その後のバブル崩壊過程は異常な株価からの修正局面と理解されてきた。しかし、グローバルに見ると必ずしもそうとはいえない面がある。
 バブル崩壊後の25年の間に、日本以外の先進各国は、GDPを2倍から3倍に拡大させている。日本は同じ期間で横ばいに近い状況である。経済は相対的なものなので、実質的に日本は大幅なマイナス成長だったとも解釈できる。

 確かにバブル当時の株価は異常だったが、その後の日本経済の停滞を考えれば、バブル当時の半分程度までしか株価が戻っていないのは、当然かもしれない。
 現在の相場が割高と見なされないためには、株価が継続的に上昇することに加え、株式による資金調達の増加など、資本市場の機能が強化されることがより重要となるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

aruno
アルノー家がディオールの株式を追加取得。LVMHの不透明性を払拭

 高級ブランド最大手LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)は2017年4月25日 …

ichimanen
政府が中長期的な財政収支見通しを発表。最後は歳出の大幅抑制しかない?

 政府は2015年2月12日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。前回の …

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …

usakoyoutoukei201508
8月の雇用統計は良好と解釈するのが自然。利上げの判断材料は市場の耐性のみ

 米労働省は2015年9月4日、8月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用者数 …

abe20130113
安倍首相が訪米を前にTPP参加を決断?。正式な表明は参院選前との説も

 安倍首相は、21日の訪米を前にTPP(環太平洋経済連携協定)に参加を表明する意 …

trumptrade
トランプ大統領が貿易不均衡是正の大統領令にサイン。ターゲットは日独中

 トランプ大統領は3月31日、貿易赤字の削減を目指す大統領令に署名した。高い関税 …

factoryline
新興国の失業率が増加傾向。世界経済の枠組みは大きく変わりつつある

 ILO(国際労働機関)は2014年1月21日、雇用情勢に関する年次報告書を発表 …

factoryline
米国だけでなく欧州でも生産拠点国内回帰の動き。だが両地域の環境は正反対

 米国や欧州で、中国や東欧など新興国に建設した工場を撤収し、国内生産に回帰する動 …

abetoranpu
トランプ政権のインフラ投資に日本の公的年金を活用との報道。政府は否定しているが・・・

 トランプ政権が掲げる総額1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資について、その一 …

no image
タックスヘイブン(租税回避地)に対する包囲網が狭まる

 ジャージー島やマン島など、英国領の租税回避地(タックスヘイブン)が米国との租税 …