ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東証1部の時価総額がバブル越え。だが上場社数が増えているので当然といえば当然

 

 東証1部の時価総額が終値ベースで過去最高を更新し、バブル期の水準を超えた。ただ、東証1部に上場している企業の数が1.6倍に増えていることを考えると、バブルからの立ち直りはまだ道半ばといえそうだ。

tosho03
  2015年5月22日の東京株式市場は東証1部の時価総額が591兆3007億円となり、終値ベースで約25年ぶりに過去最高を更新した。これまでの最高額はバブル経済がピークだった1989年12月29日の590兆9087億円。この日は、終値ベースの日経平均株価が3万8916円という最高値を付けた日でもある。

 バブル崩壊から20年以上が経過し、現在、日経平均株価は約半値戻しの2万円前後となっている。株価は半分の水準まで戻ったにもかかわらず、時価総額がすでにバブルを超えたのは、東証に上場する企業の数が増加したからである。
 1989年に東証1部に上場している企業数は1161社だったが、現在は1889社と1.6倍になった。大雑把に考えれば、社数が1.6倍になって、株価が半分強なので、時価総額が同水準になるのは不思議なことではない。

 ただ、資本市場の強さという点では、バブル当時の状況には遠く及ばない。1989年における株式による資金調達額は9兆円近くあったが、現在では2兆円程度となっている。

 バブル時の株価水準が過大であったことから、その後のバブル崩壊過程は異常な株価からの修正局面と理解されてきた。しかし、グローバルに見ると必ずしもそうとはいえない面がある。
 バブル崩壊後の25年の間に、日本以外の先進各国は、GDPを2倍から3倍に拡大させている。日本は同じ期間で横ばいに近い状況である。経済は相対的なものなので、実質的に日本は大幅なマイナス成長だったとも解釈できる。

 確かにバブル当時の株価は異常だったが、その後の日本経済の停滞を考えれば、バブル当時の半分程度までしか株価が戻っていないのは、当然かもしれない。
 現在の相場が割高と見なされないためには、株価が継続的に上昇することに加え、株式による資金調達の増加など、資本市場の機能が強化されることがより重要となるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

ichiganrefu
日本企業の世界シェア調査。トップ品目も多いが、縮小市場・低付加価値が目立つ

 日本経済新聞社は2015年7月5日、2014年における主要商品・サービスシェア …

sangyoukyousouryoku
手詰まり感が出てきた新しい成長戦略。素案には抽象的なキーワードが並ぶ

 政府は2015年6月22日、産業競争力会議を開催し、今月末にまとめる成長戦略の …

setsubitoshi
設備投資に回復の兆し。1~3月期GDPの改定値は上方修正の可能性

 企業の設備投資に回復の兆しが見られるようになってきた。財務省が発表した2015 …

kosokudoro02
消費税の影響は今のところ限定的だが、やはり公共事業頼み?

 消費増税後の景気を、活発な公共事業が支える構図が明確になっている。内閣府が発表 …

no image
韓国企業が相次いで中国内陸部に巨額投資。しかも土地はタダだって!

 韓国が中国内陸部への投資を加速している。  韓国のサムスン電子が陝西省西安に7 …

pepper
ソフトバンクがロボットを他社に先んじて製品化した本当の狙い

 ソフトバンクモバイルは2014年6月、人と対話することができるロボット「Pep …

usaboueki
米国の財政・貿易収支の改善が顕著に。赤字垂れ流し国家は米国から日本に移った

 「膨大な額の経常赤字を垂れ流し、財政赤字にも苦しむ国」という米国のイメージはす …

tokyu5000
東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者 …

bukkajoushou
消費者物価指数はじわじわ上昇。GDP成長は来年も物価上昇を上回ることができるのか?

 総務省は7月26日、6月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

abekeizai201311
政府税調が法人税改革の原案を提示。減税先行で財政再建が遅れる可能性も

 政府税制調査会は2014年5月16日、法人税課税の専門委員会において法人税改革 …