ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東証1部の時価総額がバブル越え。だが上場社数が増えているので当然といえば当然

 

 東証1部の時価総額が終値ベースで過去最高を更新し、バブル期の水準を超えた。ただ、東証1部に上場している企業の数が1.6倍に増えていることを考えると、バブルからの立ち直りはまだ道半ばといえそうだ。

tosho03
  2015年5月22日の東京株式市場は東証1部の時価総額が591兆3007億円となり、終値ベースで約25年ぶりに過去最高を更新した。これまでの最高額はバブル経済がピークだった1989年12月29日の590兆9087億円。この日は、終値ベースの日経平均株価が3万8916円という最高値を付けた日でもある。

 バブル崩壊から20年以上が経過し、現在、日経平均株価は約半値戻しの2万円前後となっている。株価は半分の水準まで戻ったにもかかわらず、時価総額がすでにバブルを超えたのは、東証に上場する企業の数が増加したからである。
 1989年に東証1部に上場している企業数は1161社だったが、現在は1889社と1.6倍になった。大雑把に考えれば、社数が1.6倍になって、株価が半分強なので、時価総額が同水準になるのは不思議なことではない。

 ただ、資本市場の強さという点では、バブル当時の状況には遠く及ばない。1989年における株式による資金調達額は9兆円近くあったが、現在では2兆円程度となっている。

 バブル時の株価水準が過大であったことから、その後のバブル崩壊過程は異常な株価からの修正局面と理解されてきた。しかし、グローバルに見ると必ずしもそうとはいえない面がある。
 バブル崩壊後の25年の間に、日本以外の先進各国は、GDPを2倍から3倍に拡大させている。日本は同じ期間で横ばいに近い状況である。経済は相対的なものなので、実質的に日本は大幅なマイナス成長だったとも解釈できる。

 確かにバブル当時の株価は異常だったが、その後の日本経済の停滞を考えれば、バブル当時の半分程度までしか株価が戻っていないのは、当然かもしれない。
 現在の相場が割高と見なされないためには、株価が継続的に上昇することに加え、株式による資金調達の増加など、資本市場の機能が強化されることがより重要となるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

amiteji
アーミテージ氏とナイ氏が必死に営業活動。だが中国ではケンモホロロの対応

 かつて米国の対日政策のキーマンであったリチャード・アーミテージ元米国務副長官と …

cameron2
先週はオランド大統領、今週はキャメロン首相。欧州首脳が相次いでインドに売り込み

 英国のキャメロン首相は18日、インドを訪問した。首相としては2度目のインド訪問 …

motegi
訪米した茂木経産相が電力会社主導の新しい原発安全対策組織の設立を表明

 連休中にアメリカを訪問した茂木経済産業大臣は5月3日、ワシントンでポネマン米エ …

kabuka
5兆円の損失を公表したGPIFがスマートベータ型運用にシフト。果たして儲かるのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が保有する銘柄の公 …

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …

piketishasin
ピケティが主張する資産格差拡大は日本でも発生しているのか?

 フランスの経済学者トマ・ピケティが話題となっている。ピケティの著作である「21 …

nttkoshudenwa
ドコモがセット割り参入を総会で表明。民営化から30年、NTTをめぐる環境は変わった

 NTTドコモの加藤薫社長は2014年6月19日、定時株主総会で、NTT本体との …

mof03
消費税10%に向けて動き出した財務省。増税の判断基準が7~9月期GDPである理由

 昨年末に2014年度予算の政府案が閣議決定されたことで、財務省は消費税の10% …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

sheruidemitu
経産省の主導の「上から」の再編にノー。出光創業家が昭和シェルとの合併に反旗

 石油元売り大手である出光興産の創業家は2016年6月28日、同社の株主総会にお …