ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安保法制をめぐってはやくも不毛な議論。「昭和」の時代は続く

 

 今国会で審議が始まる安全保障関連法案をめぐって、早くも不毛なやり取りが行われている。昭和の時代から状況はほとんど変わっていないようだ。

 中谷防衛相は2015年5月22日、安全保障関連法案が整備された場合について「自衛隊員のリスクが増大するということはない」と明言した。武器の使用拡大など隊員のリスクを軽減する措置を盛り込んだことがその理由である。

nakatani

 安全保障関連法案は、日本の集団的自衛権の行使を認める内容となっており、成立となれば、海外での自衛隊の活動が大幅に拡大することになる。自衛隊員のリスクが増大するとの懸念に対して、政府はその可能性はないと認識していることになる。

 こうしたやり取りは、日本では昭和の時代から延々と続けられてきた。

 日本が集団的自衛権の行使に踏み切り、自衛隊が海外で活動するということになれば、個別的な隊員のリスクが増大するのは当然のことである。自衛官出身の中谷氏がこの事実を認識していないわけがない。

 それに対して防衛相がわざわざこのようなコメントを出すということは、この事実は口に出さない方が得策と判断しているからに他ならない。
 危険だと明言してしまうと、そのような危険なものには賛成できないという論調が一気に高まってしまうことが懸念されるからである。

 こうした反発について感情的であると批判することはたやすいが、問題はむしろ、政府側に腰を据えて安全保障に取り組む覚悟が出来ていないことである。

 そもそも安全保障とは、国家全体のリスクをコントールするために存在するのであり、隊員の個別リスクの話と同じ基準で議論すべきものではないが、こうした論理的な区別は、日本では極めて曖昧である。
 こうした曖昧な議論を排除し、現実の隊員リスクも含めて国民に説明するのが政府の役割だが、今のところ政府はその役割を果たしていない。

 昭和の時代から現代に至るまで、安全保障についてまともな議論ができない状況が続いているわけだが、皮肉なことに、こうした議論ができないという日本の土壌そのものが安全保障上のリスクとなりつつある。

 戦後は、米国中心の国際秩序が形成されていたため、日本は平和憲法を理由に軍事的なコミットを避け、一方で米国の核の傘の庇護を受けるというダブルスタンダードが可能であった。だが、米国の安全保障政策は大きく変化しており、日米同盟は以前のように絶対的な存在ではなくなりつつある。

 日本がどういうスタンスで国際的な安全保障にコミットするのかを明確にできなければ、他国からコントロール不能な国家とみなされる危険性が高まってくる。
 集団的自衛権に関する議論ですらこうした状況であることを考えると、歴史認識問題を含め、日本の見識が一層問われることになる憲法改正など、土台無理なことなのかもしれない。

 - 政治 ,

  関連記事

rokkasho
再処理工場の新規性基準了承。欠落する核燃料サイクルに関する包括的議論

 原子力規制委員会は9月11日、使用済み燃料の再処理工場などに適用する新規制基準 …

kokkaigijido02
憲法改正の手続きを定めた国民投票法が審議入り。各党の思惑が絡んで議論は複雑

 憲法改正のための具体的な手続きを定めた国民投票法(日本国憲法の改正手続に関する …

monju
政府が「もんじゅ」見直し検討。核燃料サイクルに関する国民的議論が必要な時期

 日本の核燃料サイクルの中核となる高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が計画の見 …

josei
女性の時間あたり賃金に、生産性向上のヒントがあるかもしれない

 麻生財務大臣による出産発言によって、安倍政権の女性活用政策に再び注目が集まって …

cameron2
英議会がシリア軍事介入を否決。介入に消極的なオバマ大統領には追い風だが

 シリアへの軍事介入をめぐる状況に変化が生じ始めている。これまでは、英仏が介入を …

doruen201412
円高要因が見当たらない?。市場ではすでに1ドル=120円以後の展開に注目

 ドル円相場が1ドル=119円台後半まで下落したことで、市場はすでに120円突破 …

kousokumuryouka
GDP改定値は政府の目論見通り大幅上方修正。消費税増税はほぼ確実か?

 内閣府は2013年9月9日、4~6月期GDP(国内総生産)の改定値を発表した。 …

abetoben
特定秘密法案が衆院を通過。この法案の最大の問題点は「知る権利」ではない

 特定秘密保護法案が11月26日、衆院本会議において自民、公明、みんなの党による …

abeobama
安倍首相が米議会で演説。なぜ今まで長期にわたって実現しなかったのか

 安倍首相は2015年4月29日、米議会の上下両院合同会議で演説を行った。米議会 …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …