ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4月の貿易赤字は少額。ただ、為替が動き始めており状況は流動的

 

 財務省は2015年5月25日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は534億円の赤字となった。前月は黒字に転じていた貿易収支が再び赤字に転じた。
 ただ、季節調整済みの数字では、3月はギリギリの黒字、今月は2000億円の赤字であり、金額の小さい範囲での黒字、赤字を議論してもあまり意味はないかもしれない。エネルギー価格の低下などによって、貿易赤字が一段落しているという傾向に大きな変化はない。

bouekitoukei 201504
 輸出額は6兆5515億円で前年同月比で8.0%増加した。好調な米国経済を背景に自動車の輸出が増加したほか、アジア向けの半導体輸出も好調だった。
 輸入額は6兆6049億円で、前年同月比で4.2%減少した。原油価格の下落によって原油や石油製品の輸入額が減ったことが原因。

 原油安が一段落し、場合によっては値上がりの可能性も出てきたことから、エネルギー価格の下落による貿易収支の改善はこのあたりが限界となる可能性が高い。ただ、2年前との比較では、まだまだエネルギー価格は安く、貿易収支の小康状態が続くと考えられる。

 もっとも貿易収支が落ち着いていることが、為替相場の安定に寄与するとは限らない。これまでは貿易収支が改善すると円高傾向、悪化すると円安方向という流れが明確だったが、このところ貿易収支が改善しているにもかかわらず、円安が進んでいる。

 26日の外国為替市場は1ドル=121円50銭まで円安が進んだ。貿易による実需よりも、投資のための外貨両替など金融面でのドル需要はかなり大きい。金融的な側面で円安が進み、それが輸入価格の上昇をもたらし、結果として貿易赤字が拡大する可能性がある。
 また、1~3月期の実質GDPがプラス2.4%(年率)となり、個人消費に持ち直しの動きが出ていることから、消費の拡大によって輸入が増加することも考えられる。

 エネルギー価格の下落によって、貿易収支が一服しているという大きな流れに変化はないが、米国の金利動向、日本の消費や投資動向など、状況は複雑になっている。貿易収支の動向もしばらくは読みづらい状況が続くことになるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

gold
ドイツ連銀が国外に保管している金塊の一部を国内に移送するワケ

 ドイツ連邦銀行は、米国とフランスに保管している金塊の一部をドイツに戻し、金保有 …

setsubitousi
設備投資の先行指標にちょっとした異変。設備投資復活か単なるブレか?

 アベノミクスにおける最大の懸念材料の一つであった企業の設備投資に変化の兆候が見 …

yanai00
柳井社長が前言撤回?息子が役員に就任したユニクロはホンダの二の舞になるのか?

 ユニクロを展開するファーストテイリリングは2日、柳井正会長兼社長の長男で、子会 …

kokkaigijido02
基礎的財政収支黒字化はますます困難に。だが、足元ではそれ以上の懸念材料が・・・

 2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという政府公約 …

toshibaenki
東芝が決算発表を再延期。原子力子会社非連結化を打ち出すもスキームは不明

 米国の原子力事業で巨額の損失を抱える東芝は2017年3月14日、2016年4~ …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …

kokuzei
高額所得者の税負担が増加。今後もこの傾向が続くのか?

 政府は、来年度の税制改正において年収1000万円を超える会社員の給与所得控除を …

kougaibukken
進む不動産市場の二極分化。郊外は高級物件でも売りにくくなっている

 不動産市場の二極分化が、ゆっくりとしたペースではあるが、着実に進行している。首 …

harada
マック原田社長の事業会社社長退任が象徴する、日本経済の隔絶された環境

 日本マクドナルドホールディングスは8月27日取締役会を開催し、原田泳幸会長兼社 …

kokusaishushi201309
経常黒字のカギは海外投資の拡大。だが日本はこれ以上、投資収益を拡大できない?

 財務省は11月11日、9月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支 …