ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4月の貿易赤字は少額。ただ、為替が動き始めており状況は流動的

 

 財務省は2015年5月25日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は534億円の赤字となった。前月は黒字に転じていた貿易収支が再び赤字に転じた。
 ただ、季節調整済みの数字では、3月はギリギリの黒字、今月は2000億円の赤字であり、金額の小さい範囲での黒字、赤字を議論してもあまり意味はないかもしれない。エネルギー価格の低下などによって、貿易赤字が一段落しているという傾向に大きな変化はない。

bouekitoukei 201504
 輸出額は6兆5515億円で前年同月比で8.0%増加した。好調な米国経済を背景に自動車の輸出が増加したほか、アジア向けの半導体輸出も好調だった。
 輸入額は6兆6049億円で、前年同月比で4.2%減少した。原油価格の下落によって原油や石油製品の輸入額が減ったことが原因。

 原油安が一段落し、場合によっては値上がりの可能性も出てきたことから、エネルギー価格の下落による貿易収支の改善はこのあたりが限界となる可能性が高い。ただ、2年前との比較では、まだまだエネルギー価格は安く、貿易収支の小康状態が続くと考えられる。

 もっとも貿易収支が落ち着いていることが、為替相場の安定に寄与するとは限らない。これまでは貿易収支が改善すると円高傾向、悪化すると円安方向という流れが明確だったが、このところ貿易収支が改善しているにもかかわらず、円安が進んでいる。

 26日の外国為替市場は1ドル=121円50銭まで円安が進んだ。貿易による実需よりも、投資のための外貨両替など金融面でのドル需要はかなり大きい。金融的な側面で円安が進み、それが輸入価格の上昇をもたらし、結果として貿易赤字が拡大する可能性がある。
 また、1~3月期の実質GDPがプラス2.4%(年率)となり、個人消費に持ち直しの動きが出ていることから、消費の拡大によって輸入が増加することも考えられる。

 エネルギー価格の下落によって、貿易収支が一服しているという大きな流れに変化はないが、米国の金利動向、日本の消費や投資動向など、状況は複雑になっている。貿易収支の動向もしばらくは読みづらい状況が続くことになるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

shogakuichinensei
小学1年生、将来就きたい職業には定番が並んでいるが・・・

 化学メーカーのクラレは2015年4月2日、2014年における、小学1年生の「将 …

factory07
米国の雇用統計が予想外に良好。政府機関の閉鎖は経済にあまり影響を与えていない?

 米国の雇用統計が予想外に良好な数字だったことに関係者が驚いている。米労働省は1 …

no image
為替市場で円高が進行。投資家の注目が「実質金利」に集中したことが要因?

 為替市場で円安が進んでいる。5日には一時、1ドル=109円台を付けるなど、1年 …

Cambodia
最近のアジアへの移住ブーム。以前とはだいぶ様子が違ってきている

 アベノミクスが効果を上げてきていることから、日本の将来を楽観視する声も聞こえ始 …

nichigin03
アベノミクスの恩恵を受けたのは株式投資をした人だけ?家計金融資産増加の実情

 量的緩和で供給された現金は金融機関に滞留しているが、株高によって金融商品の時価 …

newvaio
ソニーのVAIO分社化が完了。パソコンの手離れで市場の関心はいよいよTV事業へ

 ソニー経営再建の焦点となっていたパソコン事業分社化がひとつの節目を迎えた。投資 …

taobaorakuten
中国最大のECサイト「アリババ」と「楽天」を比較して分かること

 中国におけるインターネット通販が急拡大している。中国最大の電子商取引サービス会 …

nougyouyushutu
日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年に …

doruen201311
ドル円が心理的節目である100円を完全突破?関係者の多くは円安継続を予想

 為替市場において、心理的な節目となっていた1ドル=100円のカベがとうとう破ら …

staba
スタバも中国市場だけは別扱い。米国は中国に甘いという現実を見よ

 尖閣諸島問題で中国とギクシャクする日本を尻目に、米国企業が中国に猛烈な攻勢をか …