ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安が加速、一時1ドル=123円33銭と約8年ぶりの安値となった。短期的な材料が出揃ったことがきっかけと考えられる。

doruen

 2015年に入ってからドル円は1ドル=120円前後を行き来するボックス圏相場となっていた。テクニカル的にはいわゆる三角持ち合いという状態が続いてきたが、三角持ち合いが終了すると、上下どちらかに振れる可能性が高いとされる。このため、一部の投資家は近々動きがあることを前提に準備をしていたと考えられる。

 日本の機関投資家によるドル買い需要も旺盛だった。生保などが外債の購入を増やしており、このところドルの調達が相次いでいたといわれる。

 こうしたところに、4月の貿易収支が再び赤字に転落したというニュースや、米国の良好な経済指標が相次ぎ、ドル高が市場で強く意識された。イエレン議長による「年内利上げ」の発言もあり、一斉に投資家が動いた可能性が高い。

 中長期的には円安になるものの、一時的には円高に戻ることがあり得ると考えていた投資家は多く、こうした投資家がポジションを解消することで、さらに円安が進む可能性も出てきている。
 物価や金利差といった指標では、今回の円安は進み過ぎということになるが、相場が先に動き、現実が後追いになることもある。市場関係者の中からは1ドル=125円程度の円安が定着するとの見方も出てきている。

 日本企業は以前ほど輸出を行っておらず、かつてほど円安の恩恵はない。だが、現在、日本の株式市場を牽引しているのは、トヨタなど米国で稼ぐ企業であり、こうした企業にとって円安は見かけ上の売上げと利益を拡大させる。

 125円程度の円安が定着すれば、2016年3月期の決算はさらに上振れする可能性が高く、日経平均もその分だけ上昇してくることになるだろう。
 ただ、円安の進行は輸入物価の高騰につながる。日銀や政府にとっては好都合かもしれないが、生活実感はさらに悪化するかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

no image
韓国企業が相次いで中国内陸部に巨額投資。しかも土地はタダだって!

 韓国が中国内陸部への投資を加速している。  韓国のサムスン電子が陝西省西安に7 …

no image
反日デモで中国からの撤退を検討する企業が増加。だがデモは言い訳にすぎない

 中国全土で発生した大規模な反日デモをきっかけに、多くの日本企業が中国進出計画の …

putinrussia
ロシアによるクリミア編入宣言。その背景とアジア地域で想起される事態

 ロシアのプーチン大統領は2014年3月18日、クリミアをロシアに編入する条約に …

gealstomjapan
日本メーカーによるグローバルな「コバンザメ商法」は上手くいくか?

 重電の分野では、巨額のM&Aを軸にグローバルな再編が急ピッチで進んでい …

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …

nihonkeizai02
円安は製造業の収益力に寄与せず、内需企業は公共事業依存体質が鮮明に

 財務省は2013年12月2日、7~9月期の法人企業統計を発表した。金融業と保険 …

ichimanen
財政再建目標に債務GDP比を併記?その本当の狙いは公共事業

 政府の財政再建目標をめぐる議論が活発になっている。これまで国際公約として掲げて …

twitter
ツイッターの第3四半期決算。内容はそこそこだったが、市場は敏感に反応

 短文投稿サイトの米ツイッターは2014年10月27日、2014年7~9月期の決 …

ecb02
欧州中央銀行がとうとう量的緩和を示唆。一気にドル高が進む?

 ECB(欧州中央銀行)がとうとう量的緩和の実施に踏み切る可能性が出てきた。20 …

kabuka
金融庁の強い意向で毎月分配型投信の販売が減少。それでも顧客は毎月分配型を望む?

 投資信託の販売が急速に落ち込んでいる。アベノミクスによる株価上昇が一段落したこ …