ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安が加速、一時1ドル=123円33銭と約8年ぶりの安値となった。短期的な材料が出揃ったことがきっかけと考えられる。

doruen

 2015年に入ってからドル円は1ドル=120円前後を行き来するボックス圏相場となっていた。テクニカル的にはいわゆる三角持ち合いという状態が続いてきたが、三角持ち合いが終了すると、上下どちらかに振れる可能性が高いとされる。このため、一部の投資家は近々動きがあることを前提に準備をしていたと考えられる。

 日本の機関投資家によるドル買い需要も旺盛だった。生保などが外債の購入を増やしており、このところドルの調達が相次いでいたといわれる。

 こうしたところに、4月の貿易収支が再び赤字に転落したというニュースや、米国の良好な経済指標が相次ぎ、ドル高が市場で強く意識された。イエレン議長による「年内利上げ」の発言もあり、一斉に投資家が動いた可能性が高い。

 中長期的には円安になるものの、一時的には円高に戻ることがあり得ると考えていた投資家は多く、こうした投資家がポジションを解消することで、さらに円安が進む可能性も出てきている。
 物価や金利差といった指標では、今回の円安は進み過ぎということになるが、相場が先に動き、現実が後追いになることもある。市場関係者の中からは1ドル=125円程度の円安が定着するとの見方も出てきている。

 日本企業は以前ほど輸出を行っておらず、かつてほど円安の恩恵はない。だが、現在、日本の株式市場を牽引しているのは、トヨタなど米国で稼ぐ企業であり、こうした企業にとって円安は見かけ上の売上げと利益を拡大させる。

 125円程度の円安が定着すれば、2016年3月期の決算はさらに上振れする可能性が高く、日経平均もその分だけ上昇してくることになるだろう。
 ただ、円安の進行は輸入物価の高騰につながる。日銀や政府にとっては好都合かもしれないが、生活実感はさらに悪化するかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

kodomohinkon
子供の貧困が深刻化。根本原因には日本における市場メカニズムの不備がある?

 子供の貧困がより深刻化している。厚生労働省がまとめた2013年国民生活基礎調査 …

nyse
世界景気の後退を受けて下落が続く米国株。焦点は原油安のもたらす影響

 米国株式市場の下落が続いている。10月9日のダウ平均株価は、前日比334ドル9 …

zaikaitop
円安で株高になるのはおかしいという財界首脳の発言が象徴するもの

 経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体は2014年1月7日、年頭会見を …

bukkajoushou
物価は何と7カ月連続のマイナス。一方、消費は物価にかかわらずやはりマイナス続き

 このところ物価が厳しい状況に追い込まれている。消費者物価指数が何と7カ月連続の …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

bitcoin
米英でビットコインを通貨として容認する動き。実現すれば両国に多額の資金が転がり込む

 ビットコインを通貨として容認する動きが米英で活発になってきた。日本は早々にビッ …

soros02
ソロス氏が日銀の緩和策について、円崩壊につながると警告。我々はどう捉えるべきか?

 日銀による異次元の量的緩和の拡大は、円相場崩落と日本からの資本逃避の引き金にな …

nougyouyushutu
国内版ワーホリに批判殺到。地方の労働市場はもはや市場メカニズムを放棄?

 総務省が、都市部の学生や若手社員が長期休暇を利用して地方で働く「ふるさとワーキ …

mof02
財務省が来年度、物価連動債の発行を倍増の予定。財務相は火消しに躍起

 将来的な金利の上昇が予想される中、物価連動債の発行増額が話題となっている。財務 …

foxconn
アップルがパソコンの一部の国内生産に回帰。だが鴻海への丸投げは変わらず

 米アップルが自社製品の一部を米国での生産に切り替える。同社のクックCEOが6日 …