ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安が加速、一時1ドル=123円33銭と約8年ぶりの安値となった。短期的な材料が出揃ったことがきっかけと考えられる。

doruen

 2015年に入ってからドル円は1ドル=120円前後を行き来するボックス圏相場となっていた。テクニカル的にはいわゆる三角持ち合いという状態が続いてきたが、三角持ち合いが終了すると、上下どちらかに振れる可能性が高いとされる。このため、一部の投資家は近々動きがあることを前提に準備をしていたと考えられる。

 日本の機関投資家によるドル買い需要も旺盛だった。生保などが外債の購入を増やしており、このところドルの調達が相次いでいたといわれる。

 こうしたところに、4月の貿易収支が再び赤字に転落したというニュースや、米国の良好な経済指標が相次ぎ、ドル高が市場で強く意識された。イエレン議長による「年内利上げ」の発言もあり、一斉に投資家が動いた可能性が高い。

 中長期的には円安になるものの、一時的には円高に戻ることがあり得ると考えていた投資家は多く、こうした投資家がポジションを解消することで、さらに円安が進む可能性も出てきている。
 物価や金利差といった指標では、今回の円安は進み過ぎということになるが、相場が先に動き、現実が後追いになることもある。市場関係者の中からは1ドル=125円程度の円安が定着するとの見方も出てきている。

 日本企業は以前ほど輸出を行っておらず、かつてほど円安の恩恵はない。だが、現在、日本の株式市場を牽引しているのは、トヨタなど米国で稼ぐ企業であり、こうした企業にとって円安は見かけ上の売上げと利益を拡大させる。

 125円程度の円安が定着すれば、2016年3月期の決算はさらに上振れする可能性が高く、日経平均もその分だけ上昇してくることになるだろう。
 ただ、円安の進行は輸入物価の高騰につながる。日銀や政府にとっては好都合かもしれないが、生活実感はさらに悪化するかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …

apple
注目のアップル四半期決算。減益となった最大の理由は利益率低下と研究開発費の増加

 米アップルは4月23日、注目の第2四半期決算(2013年1月~3月期)を発表し …

kokusaishushi201412
円安と直接投資の増加で経常収支が改善。急がれる国内産業構造の転換

 財務省は2015年2月9日、12月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

obama00002
財政の崖をギリギリで回避。だがマーケットはとっくに織り込み済みで驚きはなし

 オバマ大統領と与野党の指導部は、いわゆる「財政の崖」の回避に向けた協議でほぼ合 …

fintech01
スマホの利用履歴で融資の可否を判断。近い将来、銀行は要らなくなる?

 ネットを使った金融サービスの分野に地殻変動が起きようとしている。銀行というビジ …

setsubitoshi
設備投資に回復の兆し。1~3月期GDPの改定値は上方修正の可能性

 企業の設備投資に回復の兆しが見られるようになってきた。財務省が発表した2015 …

sanfranrengin
実はそれほど悪くない?サンフランシスコ連銀の米GDPに関する見解が話題に

 年率換算でプラス0.2%成長にとどまっていた2015年1~3月期の米GDP(国 …

his
旅行大手HISが日本に絶望?タイを拠点に、新航空会社の設立を発表

 旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は4日、タイに航空子会社を設立し、日中韓 …