ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安が加速、一時1ドル=123円33銭と約8年ぶりの安値となった。短期的な材料が出揃ったことがきっかけと考えられる。

doruen

 2015年に入ってからドル円は1ドル=120円前後を行き来するボックス圏相場となっていた。テクニカル的にはいわゆる三角持ち合いという状態が続いてきたが、三角持ち合いが終了すると、上下どちらかに振れる可能性が高いとされる。このため、一部の投資家は近々動きがあることを前提に準備をしていたと考えられる。

 日本の機関投資家によるドル買い需要も旺盛だった。生保などが外債の購入を増やしており、このところドルの調達が相次いでいたといわれる。

 こうしたところに、4月の貿易収支が再び赤字に転落したというニュースや、米国の良好な経済指標が相次ぎ、ドル高が市場で強く意識された。イエレン議長による「年内利上げ」の発言もあり、一斉に投資家が動いた可能性が高い。

 中長期的には円安になるものの、一時的には円高に戻ることがあり得ると考えていた投資家は多く、こうした投資家がポジションを解消することで、さらに円安が進む可能性も出てきている。
 物価や金利差といった指標では、今回の円安は進み過ぎということになるが、相場が先に動き、現実が後追いになることもある。市場関係者の中からは1ドル=125円程度の円安が定着するとの見方も出てきている。

 日本企業は以前ほど輸出を行っておらず、かつてほど円安の恩恵はない。だが、現在、日本の株式市場を牽引しているのは、トヨタなど米国で稼ぐ企業であり、こうした企業にとって円安は見かけ上の売上げと利益を拡大させる。

 125円程度の円安が定着すれば、2016年3月期の決算はさらに上振れする可能性が高く、日経平均もその分だけ上昇してくることになるだろう。
 ただ、円安の進行は輸入物価の高騰につながる。日銀や政府にとっては好都合かもしれないが、生活実感はさらに悪化するかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

graph
市場の期待インフレ率が急上昇だが金利は急降下。これは何を意味しているか?

 市場の期待インフレ率が上昇している。昨年は0.7%程度で推移していたが、1月に …

frbieren201407
米国は利上げが近い?イエレン氏の発言に最初に反応したのは為替

 ドル円相場が急展開を見せている。最近まで1ドル102円前後を行き来している状態 …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

abeseichou02
成長戦略に関する議論を大胆に整理してみると・・・・話は意外と簡単だった

 アベノミクスにおける3本目の矢である成長戦略の迷走が続いている。当初、成長戦略 …

japandisprei
事実上のジャパンディスプレイ救済策。今度は有機EL事業を統合

 国策ディスプレイ・メーカーであるジャパンディスプレイ(JDI)は2016年12 …

fomc201604
米国が急激に利上げモードにシフト。日本の財政出動は完全にハシゴを外された状態に

 米国が急速に利上げモードにシフトしている。市場はまだ疑心暗鬼だが、地区連銀の各 …

yamatochina
ヤマトの新しいサービスは、日本のネット通販の中国販路拡大に寄与するか?

 宅配大手のヤマトホールディングスは2014年3月24日、日本のネット通販事業者 …

takenaka
経済財政諮問会議のメンバーが固まる。改革イメージ醸成と経団連外しが狙い?

 政府の経済政策の司令塔となる経済財政諮問会議や日本経済再生本部のメンバーが明ら …

tenanmon
中国のジニ係数は依然として高水準。政府統計と実態の乖離も継続中

 中国の所得格差が依然として高い水準にあることが、北京大学やミシガン大学を中心と …

sebunsuzu
物言う株主がセブンの世襲人事観測に警鐘。会社側は否定しているが・・・

 物言う株主として知られる米ヘッジファンド運営会社サード・ポイントが、セブン&ア …