ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ロシアがフランスからの揚陸艦購入を正式に断念。北方領土付近は現状維持へ

 

 ロシアがフランスから購入する予定だったミストラル級強襲揚陸艦について、ロシア政府が購入を断念したことが明らかとなった。この揚陸艦のうち1隻は北方領土対策として極東に配備される予定であった。地政学的には、日本にとって安心材料となるだろう。

misutoraru

 欧米メディアの報道によると、ロシアの政府関係者は2015年5月26日、ミストラル級強襲揚陸艦について購入を断言したことを明らかにした。

 ミストラル級はフランスが開発した最新鋭の強襲揚陸艦。強襲揚陸艦は主に上陸作戦を支援するための艦船で、上陸部隊や物資を目的地まで運んだり、ヘリなどを使って上陸支援を行うことなどを主な用途としている。また指揮艦や病院船としての役割もある。

 ロシアは経済が脆弱であることから、高価な艦船を自前で大量に建造できる体力を持っていない。また、ロシア製の艦船は先進国の艦船と比べて燃料効率が著しく低く、技術面での遅れが決定的な状況となっていた。
 このためロシア政府は、フランスに対してミストラル級2隻を12億ユーロ(約1600億円)で発注しており、昨年10月には1隻目が納入されるはずだった。

 ところがウクライナ問題が発生したことから、米国などがフランスに対して引き渡しの中止を求め、フランス政府は当面、納入を見送るとしていた。
 フランスとロシアは水面下で交渉を続けたとみられるが、フランス側が引き渡しは不可能と判断、ロシア側も購入を断念し、両国は違約金の交渉に入った。

 ロシアは購入した強襲揚陸艦のうち1隻をウラジオストクに、もう1隻をクリミアに配備する予定であった。ウラジオストクに配備するのは、北方領土をにらんでの措置である。
 これまで極めてレベルの低い揚陸艦艇しか保有していなかったロシアが、最新鋭艦を持つということになると、両地域の地政学的なバランスが崩れる可能性があった。

 だが、正式に購入断念ということになり、現状維持が確実となった。北方領土問題を抱える日本にとっては朗報といえるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

senkaku
中国が南シナ海で実力行使を宣言。尖閣諸島ではそうしない理由

 中国の国営新華社通信は29日、南シナ海で中国が領有権を主張する海域に入ってきた …

nenkin
年金の長期見通し。生涯現役、女性参加、高リスク運用でようやく現役世代の50%

 厚生労働省は2014年6月4日、公的年金の長期的な財政見通しを発表した。政府が …

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …

shukinpei
(速報)中国共産党が次期指導部を選出。太子党大勝利。胡錦濤グループは危機的状況

 中国共産党大会が昨日14日、全日程を終えて閉幕したが、注目されていた次期最高指 …

jidoushayushutu
米国で日本の系列取引に対する批判が再燃の可能性。今回はもう取引材料がない?

 一時期は鳴りを潜めていた日本メーカーに対する批判が、米国で再燃しそうな兆候が出 …

jinkousuikei
50年後の人口は何と8800万人に。政府が掲げる1億人維持など到底不可能

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は2017年4月10日、「将来推計人口 …

aso03
公的年金による株の買い支えを示唆した麻生財務相の発言。真意はどこに?

 麻生財務相が公的年金による株の買い支えとも取れる発言を行ったことが株式市場で話 …

no image
5月に行ったばかりなのに、クリントン国務長官が再び訪中。

 米国のクリントン国務長官が中国を訪問している。同長官は今年5月にも訪中しており …

bananki
本当ならまさに「ヤリ逃げ」。バーナンキ議長続投せずという驚愕報道

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が、続投しない可能性が出てきた。 …

cyprus2
キプロス問題でとうとうロシアが介入か?小さな島をめぐって地政学上の策略が渦巻く

 金融危機に陥ったキプロスの支援策をめぐって、とうとうロシアが本格的に動き始めた …