ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

為替はとうとう歴史的な節目を突破。超長期的な円安トレンドが始まる?

 

 円安の流れが止まらない。2015年5月28日の外国為替市場で円は4日続落となり、一時は124円46銭まで値下がりした。歴史的節目といわれた1ドル=124円14銭をやすやすと突破したことから、超長期トレンドが転換したと認識する投資家は一段と増えてくるだろう。

doruen201505

 日本は基本的な経済構造が変化しており、輸出主導の途上国型経済から、成熟国家型経済にシフトしている。これに伴って、為替も長期の円高トレンドから円安トレンドに転換すると考える投資家は少なくない。

 もっともチャート的には、完全にトレンドが転換したのかはっきりしない状態が続いていたが、今回の一連の円安では歴史的な節目とされる1ドル=124円14銭を超えた。名実共に、トレンドが転換したと考える投資家は一気に増えてくるだろう。

 ドル円相場は、1973年に変動相場制に移行して以来、一貫して円高ドル安が続いてきた。円高が進むとその反動で一時的に円安になるものの、85年以降は、その前の円安水準を超えたことは一回もなく、ドルの上値は毎回切り下がっていた。

 直近でもっとも円安となったのは、2007年6月に付けた1ドル=124円14銭だが、これまでのパターンでは、この水準を超えて円安になることはなかった。
 だが、今回の円安では、この水準をとうとう突破した。つまりドルの上値が切り上がったことになる。これは、30年近く続いた長期的な円高トレンドが大転換した可能性を示唆している。

 チャートの形状はあくまでテクニカル的なものなので、実体経済とどれほどの関連性があるのかは分からない。長期的には為替ともっとも相関が高いといわれる購買力平価で考えた場合、現在の円安水準は過剰という判断になるだろう。

 だが、市場において投資家の心理は決して無視できない。多くの投資家が長期的に円安に向かうと判断し始めると、外債や外国株投信など、長期的なドル買い需要が、継続的に増えてくることになる。これが積み上がってくると、相場は大きく動き始める。

 為替が円安に振れ、それに伴って日本の購買力が低下、輸入物価の上昇を引き起こし、過剰だった円安水準を正当化するという流れが出来上がる可能性もある。為替の地殻変動は以前から囁かれいたが、いよいよそれが現実になろうとしている。

 - 経済 , ,

  関連記事

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

souzouteki
日本には創造性が求められる仕事などない、という若者の認識はかなり正確?

 日本の若年層の中で、自分のことを創造的だと考える人は8%しかおらず、創造性が求 …

chikyugi
日本の1人あたりGDPが急降下。そろそろ貧しさが顕在化してくる?

 日本の1人あたりGDP(国内総生産)が大きく順位を落とし、OECD(経済協力開 …

bouekitoukei201312
12月の貿易赤字はさらに拡大。慢性的な経常赤字に備えた政策が急務

 財務省は2014年1月27日、2013年12月の貿易統計を発表した。輸出額から …

aruno
アルノー家がディオールの株式を追加取得。LVMHの不透明性を払拭

 高級ブランド最大手LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)は2017年4月25日 …

tanbo
TPPを前にとうとう減反政策を転換。だが日本のコメ農家は大規模化で強くなれるのか?

 政府は、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の締結を視野に、50年にわたって …

abe5gatsukeizai
安倍政権vs年金官僚。年金運用の株式シフトをめぐって大バトル

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針見直しを …

baishuboueisaku
かつて導入された買収防衛策が次々と撤回。背景にあるのは株主のモノ言い

 かつて上場企業で導入が相次いだ買収防衛策について、撤回するケースが増えてきてい …

hongkongcash
香港で現金輸送車から2億円バラマキ。輸送を請け負っていたのは、著名な民間軍事会社

 クリスマスイブの24日、香港の繁華街で現金輸送車から大量の現金が落下し、通行人 …

sharp
シャープの増資は政府による資産買い取りとセット?史上最大のモラルハザードの可能性

 シャープが検討している公募増資は、政府による資産買い取りとセットである可能性が …