ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

為替はとうとう歴史的な節目を突破。超長期的な円安トレンドが始まる?

 

 円安の流れが止まらない。2015年5月28日の外国為替市場で円は4日続落となり、一時は124円46銭まで値下がりした。歴史的節目といわれた1ドル=124円14銭をやすやすと突破したことから、超長期トレンドが転換したと認識する投資家は一段と増えてくるだろう。

doruen201505

 日本は基本的な経済構造が変化しており、輸出主導の途上国型経済から、成熟国家型経済にシフトしている。これに伴って、為替も長期の円高トレンドから円安トレンドに転換すると考える投資家は少なくない。

 もっともチャート的には、完全にトレンドが転換したのかはっきりしない状態が続いていたが、今回の一連の円安では歴史的な節目とされる1ドル=124円14銭を超えた。名実共に、トレンドが転換したと考える投資家は一気に増えてくるだろう。

 ドル円相場は、1973年に変動相場制に移行して以来、一貫して円高ドル安が続いてきた。円高が進むとその反動で一時的に円安になるものの、85年以降は、その前の円安水準を超えたことは一回もなく、ドルの上値は毎回切り下がっていた。

 直近でもっとも円安となったのは、2007年6月に付けた1ドル=124円14銭だが、これまでのパターンでは、この水準を超えて円安になることはなかった。
 だが、今回の円安では、この水準をとうとう突破した。つまりドルの上値が切り上がったことになる。これは、30年近く続いた長期的な円高トレンドが大転換した可能性を示唆している。

 チャートの形状はあくまでテクニカル的なものなので、実体経済とどれほどの関連性があるのかは分からない。長期的には為替ともっとも相関が高いといわれる購買力平価で考えた場合、現在の円安水準は過剰という判断になるだろう。

 だが、市場において投資家の心理は決して無視できない。多くの投資家が長期的に円安に向かうと判断し始めると、外債や外国株投信など、長期的なドル買い需要が、継続的に増えてくることになる。これが積み上がってくると、相場は大きく動き始める。

 為替が円安に振れ、それに伴って日本の購買力が低下、輸入物価の上昇を引き起こし、過剰だった円安水準を正当化するという流れが出来上がる可能性もある。為替の地殻変動は以前から囁かれいたが、いよいよそれが現実になろうとしている。

 - 経済 , ,

  関連記事

usagdp20150730
まずまずだった米4~6月期GDP。実質的に利上げは始まっている

 米商務省は2015年7月30日、4~6月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …

trumphonhai
鴻海が米国に巨大な液晶パネル工場を建設。ソフトバンク孫社長の仲介が功奏?

 シャープを買収した台湾の鴻海精密工業は2017年1月22日、米国に液晶パネルの …

intelbaytrail
インテルはもはやGEのような会社。第2四半期決算ではっきりした今後の方向性

 半導体世界最大手の米インテルは2014年7月15日、2014年4~6月期の決算 …

usakoyoutoukei201508
8月の雇用統計は良好と解釈するのが自然。利上げの判断材料は市場の耐性のみ

 米労働省は2015年9月4日、8月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用者数 …

glp
J-REITが日経平均をはるかに上回るパフォーマンス。背景にあるのはインフレ期待?

 不動産投資信託(J-REIT)が好調だ。年初850円前後だった東証REIT指数 …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

caterpilar
米キャタピラーの決算を見る限り、世界経済減速の米国への影響は限定的

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年10月23日、2014年7~9月期の決 …

kiha183
JR北海道の連続列車火災事故。根本原因はかなり深刻との声も

 JR北海道の特急列車で連続して火災が発生した問題をうけて、JR北海道は事故車両 …

sheruidemitu
経産省の主導の「上から」の再編にノー。出光創業家が昭和シェルとの合併に反旗

 石油元売り大手である出光興産の創業家は2016年6月28日、同社の株主総会にお …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …