ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

為替はとうとう歴史的な節目を突破。超長期的な円安トレンドが始まる?

 

 円安の流れが止まらない。2015年5月28日の外国為替市場で円は4日続落となり、一時は124円46銭まで値下がりした。歴史的節目といわれた1ドル=124円14銭をやすやすと突破したことから、超長期トレンドが転換したと認識する投資家は一段と増えてくるだろう。

doruen201505

 日本は基本的な経済構造が変化しており、輸出主導の途上国型経済から、成熟国家型経済にシフトしている。これに伴って、為替も長期の円高トレンドから円安トレンドに転換すると考える投資家は少なくない。

 もっともチャート的には、完全にトレンドが転換したのかはっきりしない状態が続いていたが、今回の一連の円安では歴史的な節目とされる1ドル=124円14銭を超えた。名実共に、トレンドが転換したと考える投資家は一気に増えてくるだろう。

 ドル円相場は、1973年に変動相場制に移行して以来、一貫して円高ドル安が続いてきた。円高が進むとその反動で一時的に円安になるものの、85年以降は、その前の円安水準を超えたことは一回もなく、ドルの上値は毎回切り下がっていた。

 直近でもっとも円安となったのは、2007年6月に付けた1ドル=124円14銭だが、これまでのパターンでは、この水準を超えて円安になることはなかった。
 だが、今回の円安では、この水準をとうとう突破した。つまりドルの上値が切り上がったことになる。これは、30年近く続いた長期的な円高トレンドが大転換した可能性を示唆している。

 チャートの形状はあくまでテクニカル的なものなので、実体経済とどれほどの関連性があるのかは分からない。長期的には為替ともっとも相関が高いといわれる購買力平価で考えた場合、現在の円安水準は過剰という判断になるだろう。

 だが、市場において投資家の心理は決して無視できない。多くの投資家が長期的に円安に向かうと判断し始めると、外債や外国株投信など、長期的なドル買い需要が、継続的に増えてくることになる。これが積み上がってくると、相場は大きく動き始める。

 為替が円安に振れ、それに伴って日本の購買力が低下、輸入物価の上昇を引き起こし、過剰だった円安水準を正当化するという流れが出来上がる可能性もある。為替の地殻変動は以前から囁かれいたが、いよいよそれが現実になろうとしている。

 - 経済 , ,

  関連記事

merukeru00
ドイツ要人が相次いで日本の円安政策を批判。基本的には国内向けなのだが・・・

 ドイツのメルケル首相は24日、スイスのダボス会議において、日本が進める為替政策 …

london02
EU離脱の国民投票が終了。結果がどうなるにせよ英国にとってメリットは少ない

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票が終了した。大勢は24日の …

saka
竹中氏の天敵、日本郵政の坂社長が政府与党からの批判を受け半年で退任

 日本郵政の坂篤郎社長が退任する見通しになったと各紙が報じている。坂社長は昨年1 …

verizon
早まった?それとも大チャンス?ベライゾンのM&Aでソフトバンクに再び世界が注目

 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズによる超大型買収が実現したことで、ソ …

3sha02
Amazon、Google、スタバが各国政府と税を巡るバトル。3社が連戦戦勝のワケとは?

 グローバルに展開する米国企業と各国政府のバトルが激しさを増している。  フラン …

setsubitousi
需給ギャップが3期連続で縮小。日本経済復活なのか単なるバラマキなのか?

 内閣府は2013年12月16日、7~9月期の日本経済における需給ギャップがマイ …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

ieren02
米FRB利上げにさらに一歩踏み込むも、緩和スタンス継続にも言及

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2014年12月17日、FOMC(連邦公開市場 …

no image
FRBがQE3実施を決定。バーナンキ議長が抱く真の野望が明らかに

 米連邦準備制度理事会(FRB)はとうとう量的緩和第3弾(QE3)に踏み切る。1 …

rajoy
フランスやスペインで失業率がさらに悪化。緊縮路線はもう限界か?

 欧州の失業率がさらに悪化している。スペイン国家統計局4月25日に発表した第1四 …