ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグルがスマホ向けの新OSを公開。人工知能が強化され、利用者の状況把握がさらに進展

 

 米グーグルは2015年5月28日、スマホ向け基本ソフトの新製品である「アンドロイドM」を公開した。人工知能の機能が大幅に強化され、利用者の状況把握がさらに高度化している。

googleio2015

 同社は、サンフランシスコ市内で、開発者向け会議を開催しており、新OSはその中で公開された。
 新OSにおける最大の特徴のひとつは、人工知能を活用した検索機能「ナウ・オン・タップ」である。利用者がホーム画面を長押しすると、電子メールの内容やWebサイト、聞いている音楽などを分析し、関連性の高い情報を表示してくれる。
 デモでは音楽を聴きながらスマホに「今聞いている曲を歌っているのは誰?」と問いかけると、アーティスト関連情報が提供された。

 利用者の「今」の状況がより詳細に把握できるので、あたかも人のように、きめ細かい情報提供が可能となる。プライバシーの観点から、抵抗を感じる利用者もいると考えられるが、そのあたりを気にしなければ、有益な情報収集ツールとなるだろう。

 同じタイミングでグーグルは、1600万画素以内の画像であれば、無料・無制限でクラウドに保存することができるサービス「グーグルフォト」も併せて発表している。
 ここでも人工知能がふんだんに使われており、写真の中の人物や場所などを人工知能が分析し、自動的に写真を分類・整理する機能が提供されている。利用者は、後の整理を考えずに、次々と写真を放り込めばよいので、利便性が一気に高まることになる。

 写真が持つ情報は、IT事業者にとって宝の山といわれる。誰と一緒にいるのか、どこにいるのかといった情報は、現在の画像認識技術を使えば比較的簡単に割り出すことができる。乗っている自動車やバイクなどもたちどころに分析できるだろう。
 今後は、本人がどのような気分なのか、といったより詳細な分析を行い、きめ細やかな広告配信に結びつけていくことになる可能性が高い。

 新しいOSが集めたメールや音楽などの情報と、グーグルフォトで集めた画像情報をセットにすると、かなり立ち入ったところまで分析が可能となる。
 人工知能の当面の目標は、利用者が操作する前に、最適な操作を先んじて実行することといわれているが、今回の新製品ではその状況に一歩近づくことになる。

 また同社は、「グーグルウォレット」に代わる新しい決済サービス「アンドロイドペイ」も発表している。指紋認証機能と近距離通信機能を組み合わせて安全に決済できるというもので、全米7000カ所以上の店舗で利用できるという。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

sontrump
孫正義氏がトランプ氏と電撃会談で米国投資を確約。パートナーが鴻海である理由

 ソフトバンクグループの孫正義社長は2016年12月6日、トランプ次期米大統領と …

munyutin
反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大 …

jutaku
米国の家計バランスシートが急激に改善。日本も株高で改善するのか?

 株式市場の上昇と不動産価格の底入れによって、米国における家計のバランスシートが …

takedashacho
武田が外国人を次期社長に指名。外国人トップはうまくいかないというジンクスを覆す?

 武田薬品工業は11月30日、英グラクソスミスクラインでワクチン事業を統括してき …

abesanin
再び日銀法改正を持ち出す強気の首相。一部からはインフレ後を心配する声も

 国会において2012年度補正予算の審議が本格化したことをうけて、アベノミクスに …

ichimanen
家計の貯蓄が減っているのに、国債の消化がこれまで問題なく行われてきたワケ

 日銀は2013年12月19日、7~9月期の資金循環統計を発表した。9月末時点で …

ieren201409
FRBが量的緩和終了をあらためて確認。利上げによる円安が加速か?

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年9月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …

young
EUの失業率が過去最悪で若年層対策に1兆円投入。日本での関心は低いまま

 EU(欧州連合)首脳会議は6月27日、若年層の失業対策に2年で総額80億ユーロ …

hitachi
日立が保守的な中期経営計画を発表。堅実だがやはりガラパゴスの印象は否めず

 日立製作所は5月16日、2016年3月期に売上高10兆円、当期純利益3500億 …

nichigin03
アベノミクスの恩恵を受けたのは株式投資をした人だけ?家計金融資産増加の実情

 量的緩和で供給された現金は金融機関に滞留しているが、株高によって金融商品の時価 …