ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグルがスマホ向けの新OSを公開。人工知能が強化され、利用者の状況把握がさらに進展

 

 米グーグルは2015年5月28日、スマホ向け基本ソフトの新製品である「アンドロイドM」を公開した。人工知能の機能が大幅に強化され、利用者の状況把握がさらに高度化している。

googleio2015

 同社は、サンフランシスコ市内で、開発者向け会議を開催しており、新OSはその中で公開された。
 新OSにおける最大の特徴のひとつは、人工知能を活用した検索機能「ナウ・オン・タップ」である。利用者がホーム画面を長押しすると、電子メールの内容やWebサイト、聞いている音楽などを分析し、関連性の高い情報を表示してくれる。
 デモでは音楽を聴きながらスマホに「今聞いている曲を歌っているのは誰?」と問いかけると、アーティスト関連情報が提供された。

 利用者の「今」の状況がより詳細に把握できるので、あたかも人のように、きめ細かい情報提供が可能となる。プライバシーの観点から、抵抗を感じる利用者もいると考えられるが、そのあたりを気にしなければ、有益な情報収集ツールとなるだろう。

 同じタイミングでグーグルは、1600万画素以内の画像であれば、無料・無制限でクラウドに保存することができるサービス「グーグルフォト」も併せて発表している。
 ここでも人工知能がふんだんに使われており、写真の中の人物や場所などを人工知能が分析し、自動的に写真を分類・整理する機能が提供されている。利用者は、後の整理を考えずに、次々と写真を放り込めばよいので、利便性が一気に高まることになる。

 写真が持つ情報は、IT事業者にとって宝の山といわれる。誰と一緒にいるのか、どこにいるのかといった情報は、現在の画像認識技術を使えば比較的簡単に割り出すことができる。乗っている自動車やバイクなどもたちどころに分析できるだろう。
 今後は、本人がどのような気分なのか、といったより詳細な分析を行い、きめ細やかな広告配信に結びつけていくことになる可能性が高い。

 新しいOSが集めたメールや音楽などの情報と、グーグルフォトで集めた画像情報をセットにすると、かなり立ち入ったところまで分析が可能となる。
 人工知能の当面の目標は、利用者が操作する前に、最適な操作を先んじて実行することといわれているが、今回の新製品ではその状況に一歩近づくことになる。

 また同社は、「グーグルウォレット」に代わる新しい決済サービス「アンドロイドペイ」も発表している。指紋認証機能と近距離通信機能を組み合わせて安全に決済できるというもので、全米7000カ所以上の店舗で利用できるという。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

wallst02
米独の金利が急上昇。とうとう超低金利時代が終了するサインなのか?

 このところ米国と欧州の金利が急上昇している。極限まで進んでいた低金利に対する一 …

kokusaishushi201401
1月の経常収支は予想通り大幅赤字。アベノミクスに徐々に変化の兆し

 財務省は2014年3月10日、2014年1月の国際収支を発表した。最終的な国の …

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …

seveneleven
セブンが600億円の減損。旧体制における「負の遺産」整理に着手

 セブン&アイ・ホールディングスは2016年10月6日、2016年3~8月期(半 …

no image
日韓スワップ協定は延長せず。背景に領土問題があることは明らか

 政府が韓国との通貨スワップ協定を延長しないことが確定した。  通貨スワップ協定 …

abekeizai201311
政府税調が法人税改革の原案を提示。減税先行で財政再建が遅れる可能性も

 政府税制調査会は2014年5月16日、法人税課税の専門委員会において法人税改革 …

tosho002
大発会は値下がりスタート。だが、今年の日経平均は2万円も十分可能?

 2015年の株式市場がスタートした。東京株式市場における大発会後の寄り付きは1 …

saishushobun
「核のゴミ」最終処分場選定に関して、日本に欠けている視点とは?

 これまでほとんど手つかずだった、原子力発電所から出る放射性廃棄物の最終処分につ …

ibmrometti
苦戦続くIBM。人工知能に市場は反応せず、ドル高がダメ押し

 米IBMは2015年4月20日、2015年1~3月期の決算を発表した。売上高は …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …