ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界競争力ランキングで日本は27位。上位常連の国と日本は何が違う?

 

 スイスのビジネススクールであるIMD(国際経営開発研究所)は2015年5月27日、2015年世界競争力年鑑を発表した。日本は27位となり前年から6位順位を下げた。ビジネス効率やインフラの部分での評価が下がったことが主な要因。

imd

 このランキングは、経済成長、政府の効率性、ビジネスの効率性、インフラという4つの分野で評価を行い、それぞれの結果を総合したもの。各分野にはそれぞれ70~120の詳細評価項目がある。
 日本は経済成長は25位から29位に、政府の効率性は42位と変わらず、ビジネスの効率性は19位から25位に、インフラは7位から13位になり、総合ランキングが下がった。

 こうしたランキングは、評価項目をどのように選択するのかで結果は変わってくるため、順位そのものを絶対視してもあまり意味はない。むしろ順位の変化に着目した方が有益な情報が得られる。

 たとえばインフラの部分では、基本インフラの整備状況に加え、科学技術、人材、環境など多くの評価項目が並んでいる。日本は2012年には17位になったこともあるが、2014年は7位に上昇しており、振れ幅が大きい。
 一方、総合順位が10位のドイツは同じ分野で過去5年の間に、7位から9位の間でしか順位が変動していない。ドイツはあらゆる分野に対してまんべんなく、そして継続的にインフラ投資を行っていることがわかる。

 総合1位の米国は5年連続でインフラ1位となっているほか、経済成長も5年連続1位である。総合順位が高い国は、各項目でのブレ幅が小さいという特徴がある。政府やビジネス界における戦略性の高さがこうした結果に反映されていると考えられる。ランキングの結果そのものよりも、こうした点を日本は参考にすべきだろう。

 一方、日本は経済成長や政府の効率性という分野では、順位が低く、しかもそれが5年間あまり変動していない。経済成長や政府の財政問題について、過去5年間、変化に乏しかったということがあらためて実感できる。

 ちなみに総合ランキングの結果は、1位が米国、2位が香港、3位がシンガポール、4位がスイス、5位がカナダとなっている。主要先進国では、ドイツが10位、英国が19位、フランスが32位、イタリアが38位であった。

 総合的な結果を見ると、総じて小国が有利であることが分かる。大国では米国が突出しており、次にドイツが健闘している。世界屈指の経済規模を持ちながら、小回りの利く小国と同水準の結果を出す両国から学ぶべき点は多い。

 - 経済 ,

  関連記事

no image
産業(革新)ではなく産業(衰退)機構?ルネサス再建案はトヨタとパナの下請け会社化

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する産業革新機構の経営再建案 …

satsutaba
スイス・ショックで投資家の脳裏に浮かんだのはプラザ合意

 スイス中銀が為替無制限介入政策を突如撤廃したことによって、市場に嫌なムードが広 …

tokyowan
4~6月期のGPD改定値は一転して大幅下方修正。速報値はぬか喜びだった

 内閣府は2017年9月8日、2017年4~6月期のGDP(国内総生産)改定値を …

hitachi
日立が保守的な中期経営計画を発表。堅実だがやはりガラパゴスの印象は否めず

 日立製作所は5月16日、2016年3月期に売上高10兆円、当期純利益3500億 …

gun02
銃乱射犯の父親が勤務する会社が、銃砲店に対して融資を一方的に打ち切り

 米国コネティカット州で発生した銃乱射事件が思わぬ波紋を引き起こしている。米ゼネ …

ecb
失業率の悪化で国民の不満が爆発。欧州で緊縮策の一時棚上げが急浮上

 景気低迷と失業率の低下に歯止めがかからない欧州で、緊縮策を一時棚上げし、景気対 …

hakenhoukaisei
同一労働・同一賃金法案が衆院で可決。内容は骨抜きで格差は継続したまま

 正社員と派遣社員の格差を是正する「同一労働同一賃金推進法案」が2015年6月1 …

orinpic
日本政府の借金1000兆円は、1964年の東京オリンピック開催が発端だった?

 2020年のオリンピック開催地を決定するIOC総会が間もなくアルゼンチンで開催 …

simrock
携帯のSIMロック解除で乗り換えが容易に。だが今となっては市場に変化なしの可能性大

 スマホなどの携帯端末に、携帯電話会社が他社の通信回線を利用できないよう制限をか …

niinami
ローソンの新浪社長がアベノミクスに賛同し賃上げを実施。政界転職の布石か?

 ローソンは7日、グループ内の若手社員の年収を平均で3%上げると発表した。年2回 …