ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界競争力ランキングで日本は27位。上位常連の国と日本は何が違う?

 

 スイスのビジネススクールであるIMD(国際経営開発研究所)は2015年5月27日、2015年世界競争力年鑑を発表した。日本は27位となり前年から6位順位を下げた。ビジネス効率やインフラの部分での評価が下がったことが主な要因。

imd

 このランキングは、経済成長、政府の効率性、ビジネスの効率性、インフラという4つの分野で評価を行い、それぞれの結果を総合したもの。各分野にはそれぞれ70~120の詳細評価項目がある。
 日本は経済成長は25位から29位に、政府の効率性は42位と変わらず、ビジネスの効率性は19位から25位に、インフラは7位から13位になり、総合ランキングが下がった。

 こうしたランキングは、評価項目をどのように選択するのかで結果は変わってくるため、順位そのものを絶対視してもあまり意味はない。むしろ順位の変化に着目した方が有益な情報が得られる。

 たとえばインフラの部分では、基本インフラの整備状況に加え、科学技術、人材、環境など多くの評価項目が並んでいる。日本は2012年には17位になったこともあるが、2014年は7位に上昇しており、振れ幅が大きい。
 一方、総合順位が10位のドイツは同じ分野で過去5年の間に、7位から9位の間でしか順位が変動していない。ドイツはあらゆる分野に対してまんべんなく、そして継続的にインフラ投資を行っていることがわかる。

 総合1位の米国は5年連続でインフラ1位となっているほか、経済成長も5年連続1位である。総合順位が高い国は、各項目でのブレ幅が小さいという特徴がある。政府やビジネス界における戦略性の高さがこうした結果に反映されていると考えられる。ランキングの結果そのものよりも、こうした点を日本は参考にすべきだろう。

 一方、日本は経済成長や政府の効率性という分野では、順位が低く、しかもそれが5年間あまり変動していない。経済成長や政府の財政問題について、過去5年間、変化に乏しかったということがあらためて実感できる。

 ちなみに総合ランキングの結果は、1位が米国、2位が香港、3位がシンガポール、4位がスイス、5位がカナダとなっている。主要先進国では、ドイツが10位、英国が19位、フランスが32位、イタリアが38位であった。

 総合的な結果を見ると、総じて小国が有利であることが分かる。大国では米国が突出しており、次にドイツが健闘している。世界屈指の経済規模を持ちながら、小回りの利く小国と同水準の結果を出す両国から学ぶべき点は多い。

 - 経済 ,

  関連記事

kinkakaku
金価格が急落。ドルの復権で金は再び表舞台から姿を消す運命なのか?

 これまで長期にわたって上昇が続いてきた金相場が変調している。15日のニューヨー …

abe20141117
消費増税延期で衆院解散へ。量的緩和策で当面不安はないが・・・

 安倍首相は衆議院の解散と来年10月に予定されている消費増税の延期を決断した。増 …

nissan
自動車業界が大変動。ルノー・日産連合が上半期で世界トップに

 今年上半期の自動車販売で仏ルノー・日産連合が世界首位となった。自動車市場はそろ …

tokei
通貨高でもスイスの時計輸出は絶好調。かつての日本もそうだった

 スイスの2014年における時計輸出額が過去最高を記録した。スイスの中央銀行は2 …

kakugi02
緊急経済対策が正式に閣議決定。内容は経済産業省の意向を強烈に反映している

 政府は11日午前の閣議において緊急経済対策を正式決定した。地方自治体や民間企業 …

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …

jikyu1500en
ファストフード店賃上げデモ。時給1500円要求は高いか安いか?

 ファストフード店などで働く人の賃金アップを求めるデモが2015年4月15日、東 …

okanekazoeru
大手メーカーによる下請けへの支払サイト延長措置。経済全体に悪影響はないか?

 大手電機メーカーの支払いサイト(下請けなどに代金を支払うまでの期間)が長くなっ …

super02
5月の物価上昇は増税の影響を除くと鈍化。家計支出も大幅な落ち込み

 総務省は2014年6月27日、5月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …