ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界競争力ランキングで日本は27位。上位常連の国と日本は何が違う?

 

 スイスのビジネススクールであるIMD(国際経営開発研究所)は2015年5月27日、2015年世界競争力年鑑を発表した。日本は27位となり前年から6位順位を下げた。ビジネス効率やインフラの部分での評価が下がったことが主な要因。

imd

 このランキングは、経済成長、政府の効率性、ビジネスの効率性、インフラという4つの分野で評価を行い、それぞれの結果を総合したもの。各分野にはそれぞれ70~120の詳細評価項目がある。
 日本は経済成長は25位から29位に、政府の効率性は42位と変わらず、ビジネスの効率性は19位から25位に、インフラは7位から13位になり、総合ランキングが下がった。

 こうしたランキングは、評価項目をどのように選択するのかで結果は変わってくるため、順位そのものを絶対視してもあまり意味はない。むしろ順位の変化に着目した方が有益な情報が得られる。

 たとえばインフラの部分では、基本インフラの整備状況に加え、科学技術、人材、環境など多くの評価項目が並んでいる。日本は2012年には17位になったこともあるが、2014年は7位に上昇しており、振れ幅が大きい。
 一方、総合順位が10位のドイツは同じ分野で過去5年の間に、7位から9位の間でしか順位が変動していない。ドイツはあらゆる分野に対してまんべんなく、そして継続的にインフラ投資を行っていることがわかる。

 総合1位の米国は5年連続でインフラ1位となっているほか、経済成長も5年連続1位である。総合順位が高い国は、各項目でのブレ幅が小さいという特徴がある。政府やビジネス界における戦略性の高さがこうした結果に反映されていると考えられる。ランキングの結果そのものよりも、こうした点を日本は参考にすべきだろう。

 一方、日本は経済成長や政府の効率性という分野では、順位が低く、しかもそれが5年間あまり変動していない。経済成長や政府の財政問題について、過去5年間、変化に乏しかったということがあらためて実感できる。

 ちなみに総合ランキングの結果は、1位が米国、2位が香港、3位がシンガポール、4位がスイス、5位がカナダとなっている。主要先進国では、ドイツが10位、英国が19位、フランスが32位、イタリアが38位であった。

 総合的な結果を見ると、総じて小国が有利であることが分かる。大国では米国が突出しており、次にドイツが健闘している。世界屈指の経済規模を持ちながら、小回りの利く小国と同水準の結果を出す両国から学ぶべき点は多い。

 - 経済 ,

  関連記事

yozawa
ネオヒルズ族与沢翼氏が資金ショートを告白。その理由は何と巨額の税金

 暴走族からネット起業家に転身し、1秒間に1億円稼ぐと豪語していた、フリーエージ …

apple02
アップルの四半期決算。原価率の上昇が続き減益だが、下げ止まり感も

 米アップルは7月23日、2013年4~6月期決算を発表した。売上高は前年同期比 …

sonycity
REITが次々に増資と物件取得を実施。インフレ期待からまだまだ上昇するのか?

 REIT(不動産投資信託)の増資と物件取得が相次いでいる。国内では最大級のRE …

kosokudoro02
消費税の影響は今のところ限定的だが、やはり公共事業頼み?

 消費増税後の景気を、活発な公共事業が支える構図が明確になっている。内閣府が発表 …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …

pinkcrown
ピンク色のクラウンでも覆い隠せない、トヨタが抱えるブランド戦略上の苦悩

 トヨタが昨年12月に発表したピンク色の新型クラウンが話題となっている。堅物のイ …

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …

abenaikaku3ji
第3次安倍内閣が発足。経済最優先だが、再度の追加緩和頼み?

 第3次安倍内閣が本格的なスタートを切った。安倍首相は発足後ただちに財界に対して …

appleintelsamusung
アップルがサムスンに見切り?売国奴と呼ばれることを憂慮した強気の交渉がアダに

 アップルのサムスン離れが加速している。米アップルと米インテルが、次世代のiPa …

sebunsuzu
セブン鈴木氏の退任によって、同社は批判できないというタブーがなくなった?

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者が退任の意向を明ら …