ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

農林水産省がバターの追加輸入を決定。バターは国家独占貿易だった

 

 農林水産省は2015年5月27日、バターの品薄に対処するため、1万トンの追加輸入を実施すると発表した。2月にすでに2800トンの輸入を実施しているが、今回の輸入量はこれを大幅に上回る。大規模輸入で事態の改善を図る方針だが、一連の品薄に対しては国家貿易による弊害を指摘する声も出ている。

bata
 バターが品薄になっているのは、バターの原料となる生乳を生産する酪農家が減少していることが主な要因。昨年は猛暑で牛乳の生産量が落ち込み、これが品薄に拍車をかけた。
 だが一般的な食材であれば、減産が予想された場合には輸入が増え、安定供給が維持されることになる。しかしバターは国家貿易の対象製品であり、こうした市場メカニズムが働かないという事情がある。

 日本は、1993年に妥結した多国間貿易交渉(ガット・ウルグアイラウンド)によって、毎年一定量、バターや脱脂粉乳といった指定乳製品を輸入している。だが、この輸入は、実質的に独立行政法人農畜産業振興機構が一元的に管理する仕組みとなっており、各事業者が自由に輸入することができない。

 バターを輸入する事業者は、あらかじめ機構に登録し、輸入したバターは一旦同機構に売り渡す必要がある。機構側は内外価格調金(マークアップ)を上乗せし、事業者は再び機構からバターを高い価格で買い戻し、これを市場に流通させる。

 機構が直接輸入を行うわけではないが、輸入量やタイミングなどはすべて機構の方針に依存してしまう。民間企業のように機動的な動きはできないので、需給動向を把握しきれず、品薄を加速させた面は否定できない。
 農林水産省と同機構は、硬直的な従来の輸入管理体制をあらため、定期的に輸入量の判断を行うことを決定している。2015年については1月、5月、9月に輸入判断を行うとしており、今回の追加輸入はこれに基づく措置ということになる。

 今回の一連の出来事によって、バターが事実上の国家独占貿易になっていることを初めて知ったという国民も多い。
 機構は、内外価格調整金を付加する機能を果たしているが、輸入事業者からバターを買い入れ、利益を乗せて再販売しているという図式にもなる。内外価格調整金については、酪農家保護という観点からその存在には一定の合理性があるが、同機構がそれによって独占的に利益を得るようなスキームについては疑問の声も出ている。

 - 政治 , , ,

  関連記事

no image
個人情報の取り扱いを緩和。一定ルール下で売買も可能に

 政府は30日の閣議において、企業や病院などが保有する個人の取り扱いを緩和するこ …

masuzoe
舛添氏が都知事選出馬を検討。背景には「誰もあの人とは争いたくない」という前知事が・・

 石原慎太郎前都知事の辞職に伴う東京都知事選において、民主党の候補者として新党改 …

chinaoillig
中国が南シナ海での石油掘削装置を撤去。中国の態度軟化は一時的の見方

 中国が南シナ海に設置を強行し、アジア太平洋地域に緊張をもたらす原因になっていた …

macronsousenkyo
フランス総選挙でマクロン新党が圧勝。第六共和政がスタートする?

 フランス国民議会の総選挙が11日に行われ、マクロン大統領が率いる新党「共和国前 …

mof02
財務省が来年度、物価連動債の発行を倍増の予定。財務相は火消しに躍起

 将来的な金利の上昇が予想される中、物価連動債の発行増額が話題となっている。財務 …

monka
文部科学省が土曜授業復活を検討。だが現場の教師は嫌がっている?

下村文部科学相は15日、閣議後の記者会見で、公立学校の土曜授業の復活(学校週6日 …

urumuchi
中国メディアの報道から垣間見える新疆ウイグル自治区の治安維持の現状

 中国の新疆ウイグル自治区は、人口の大半がイスラム教徒のウイグル族で占められてお …

seiyujo02
政府による上からの構造改革がスタート。弊害はないのか?

 茂木経済産業大臣は2014年6月10日、石油業界の再編を促すため、産業競争力強 …

his
旅行大手HISが日本に絶望?タイを拠点に、新航空会社の設立を発表

 旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は4日、タイに航空子会社を設立し、日中韓 …

abedabos201402
法人税引き下げが現実的に。だが税制上の不公平が解消されなければ効果は薄い

 安倍首相がダボス会議において法人税の実効税率の引き下げに言及したことで、政府与 …