ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インテルがアルテラを2兆円で買収。金額は割高だが意味のあるM&A

 

 半導体世界最大手の米インテルは2015年6月1日、半導体のファブレスメーカー(製造設備を持たないメーカー)であるアルテラを買収すると発表した。買収金額は約167億ドル(約2兆円)。好調なデータセンター向けを事業を強化する。

intelhead

 インテルは、パソコン用MPUでは圧倒的なシェアを確保してきたが、スマホ向け市場では完全に出遅れてしまい、ほとんど存在感がない状態が続いている。
 同社は、前回の決算から、スマホ向け製品のセグメントを撤廃しており、実質的に撤退と受け止められている。一方、スマホシフトによってデータセンター需要が爆発的に伸びており、全体的にはその恩恵を受けている。

 2015年1~3月期の決算は、データセンター向けが好調で、売上高が127億8100万ドル(約1兆6000億円)、純利益は前年同期比3.2%増の19億9200万ドルだった。

 アルテラは自社で製造設備は持たず、半導体の設計だけを行うファブレスメーカー。顧客が製品を購入した後からでも、回路の設計変更が可能な「FPGA」と呼ばれる製品に強みがあり、この分野では世界ナンバーツーの企業だ。

 FPGAは、規格が変わってもすぐに仕様変更に対応できるので、このところデータセンター向けの需要が大幅に伸びている。
 インテルによるアルテラ買収は市場ではずっと噂になっていたが、今回、正式な発表となった。インテルはデータセンター向け事業にリソースを集中することで、この分野での地位を完全なものにする戦略に転換したと考えてよいだろう。

 アルテラの2014年12月期の業績は、売上高19億3200万ドル、純利益は4億7300万ドルである。高収益だが企業規模は小さく、買収価格は純利益の35倍とかなり割高である。

 ただ、インテルはアルテラとは異なり、自社で工場を持つメーカーであり、アルテラの買収でムダな資産を抱えるわけではない。買収価格はかなり高いものの、アルテラが持つ資産はインテルの今後戦略に完全に合致しており、意味のある買収といってよいだろう。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

taxi
3月の景気ウォッチャー調査は5カ月連続で上昇。中小企業はまだそれを実感できない?

 内閣府は4月8日、3月の景気ウォッチャー調査(街角景気)の結果を発表した。景気 …

hitachieikoku
日立が英国鉄道事業で水漏れトラブル。だが、もっと大きな逆風が吹いている?

 日立が総力をあげて取り組んできた英国の鉄道事業で、新型車両のお披露目の当日に客 …

googlehead
グーグルの決算から垣間見る、インターネット経済の近未来

 ネット検索最大手の米グーグルは2014年1月30日、2013年10~12月期の …

bitcoin
ビットコインの分裂騒動は、真の金融インフラになれるのかの試金石

 仮想通貨ビットコインが8月1日に分裂するのではないかという騒動が発生している。 …

kokuzei
高額所得者の税負担が増加。今後もこの傾向が続くのか?

 政府は、来年度の税制改正において年収1000万円を超える会社員の給与所得控除を …

tokei
通貨高でもスイスの時計輸出は絶好調。かつての日本もそうだった

 スイスの2014年における時計輸出額が過去最高を記録した。スイスの中央銀行は2 …

nichigin
12月はマネーストックの伸びが鈍化。一方で物価は上昇が続いている

 日銀は2014年1月15日、2013年12月のマネーストック(マネーサプライ) …

shalegasrig
シェールガス会社の破綻でバブル終了。だが本当のインパクトはこれからだ!

 米国でシェールガスなどを生産するGMXリソーシズは4月1日、米連邦破産法11条 …

trumphonhai
鴻海が米国に巨大な液晶パネル工場を建設。ソフトバンク孫社長の仲介が功奏?

 シャープを買収した台湾の鴻海精密工業は2017年1月22日、米国に液晶パネルの …

abe20150512
政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年 …