ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

設備投資に回復の兆し。1~3月期GDPの改定値は上方修正の可能性

 

 企業の設備投資に回復の兆しが見られるようになってきた。財務省が発表した2015年1~3月期の法人企業統計では、企業の設備投資額が前年同期比7.3%増の13兆1294億円となった。プラスは8四半期連続で、前年に引き続いて高い伸び率となった。 setsubitoshi
 内閣府が発表した2015年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値は、物価の影響を除いた実質でプラス0.6%、年率換算ではプラス2.4%となった。速報値の段階では、法人企業統計の結果が反映されておらず、設備投資の金額は供給側から推測するだけとなっている。

 これに対して8日に発表される改定値では、法人企業統計の結果が反映されることになる。GPD改定値の算出に使われるのは「ソフトウェアを除く設備投資」だが、こちらも季節調整済みの前期比で5.8%と高い伸びとなっている。これがそのままGDPの数字に反映されるわけではないが、改定値は上方修正される可能性が高くなってきた。

 これまで企業の業績が向上しているにもかかわらず、設備投資が活発にならないという状況が続いてきた。
 製造業における業績向上の要因は、好調な米国経済だが、多くの企業が現地生産に切り替えており、いくら米国市場が好調でも国内の設備投資には資金が向かわなかった。下請け企業も含めて、ようやく国内でも設備投資を活発化する動きが出てきたといえるだろう。

 ただ、業績面全般を見ると、足踏み感も出てきている。全産業の売上高は前年同期比0.5%減の343兆5978億円にとどまった。製造業は3.9%減となっており、0.9%増となった非製造業とは対照的である。また、経常利益も0.4%増の17兆5321億円となっており、製造業は1.3%減、非製造業は1.2%増だった。

 このところ円安が進んでおり、これが今後の業績を後押しする可能性があるが、為替による円換算の業績拡大には限度がある。高付加価値なビジネスモデルへの転換を進めないと、持続的な利益成長は望めないだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

toyota02
トヨタの中間決算は絶好調。単なる円安効果なのか、本質的なカイゼンなのか?

 トヨタ自動車は11月6日、2013年4月~9月期の決算(中間決算)を発表した。 …

siniasumaho
日本のスマホ普及率予測が低いのは高齢化が原因?。それとも固定への過剰投資?

 日本のスマホ普及率が頭打ちになるという市場予測が話題となっている。米国の調査会 …

airport
先進国と新興国の人材移動が活発に。グローバル時代の厳しい現実

 経済危機の長期化とグローバル経済の進展によって、先進国と新興国の間における人の …

arumikoujou
世界景気のバロメータ、アルコアが黒字転換。世界の工業製品需要は堅調?

 アルミニウム大手のアルコアが黒字転換を果たした。同社の決算に対しては市場関係者 …

american
アメリカン航空の座席トラブル。人為的なものである可能性が高まる?

 アメリカン航空で座席が外れる事故が相次いでいるが、アメリカン航空が機体の緊急点 …

imf201304
日本に財政健全化を強く求めたといわれるG20声明はどう解釈すべきなのか?

 米ワシントンにおいて4月18日と19日、G20(20カ国・地域財務相・中央銀行 …

nihonen
マイナス金利なのに海外投資家が日本国債を積極的に買う理由

 このところ日本国債を積極的に購入する海外投資家が増加している。だが、それは日本 …

american02
アメリカン航空のトラブルは労働組合の自作自演の可能性が濃厚

 飛行機の座席が外れるトラブルが続出しているアメリカン航空だが、緊急着陸でフライ …

globalmoney
国際的課税逃れへの包囲網が強まる。だがグローバル企業への規制が難しい本当の理由

 国境を越えた税金逃れに対する包囲網が急速に整えられつつある。欧州連合(EU)は …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …