ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

設備投資に回復の兆し。1~3月期GDPの改定値は上方修正の可能性

 

 企業の設備投資に回復の兆しが見られるようになってきた。財務省が発表した2015年1~3月期の法人企業統計では、企業の設備投資額が前年同期比7.3%増の13兆1294億円となった。プラスは8四半期連続で、前年に引き続いて高い伸び率となった。 setsubitoshi
 内閣府が発表した2015年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値は、物価の影響を除いた実質でプラス0.6%、年率換算ではプラス2.4%となった。速報値の段階では、法人企業統計の結果が反映されておらず、設備投資の金額は供給側から推測するだけとなっている。

 これに対して8日に発表される改定値では、法人企業統計の結果が反映されることになる。GPD改定値の算出に使われるのは「ソフトウェアを除く設備投資」だが、こちらも季節調整済みの前期比で5.8%と高い伸びとなっている。これがそのままGDPの数字に反映されるわけではないが、改定値は上方修正される可能性が高くなってきた。

 これまで企業の業績が向上しているにもかかわらず、設備投資が活発にならないという状況が続いてきた。
 製造業における業績向上の要因は、好調な米国経済だが、多くの企業が現地生産に切り替えており、いくら米国市場が好調でも国内の設備投資には資金が向かわなかった。下請け企業も含めて、ようやく国内でも設備投資を活発化する動きが出てきたといえるだろう。

 ただ、業績面全般を見ると、足踏み感も出てきている。全産業の売上高は前年同期比0.5%減の343兆5978億円にとどまった。製造業は3.9%減となっており、0.9%増となった非製造業とは対照的である。また、経常利益も0.4%増の17兆5321億円となっており、製造業は1.3%減、非製造業は1.2%増だった。

 このところ円安が進んでおり、これが今後の業績を後押しする可能性があるが、為替による円換算の業績拡大には限度がある。高付加価値なビジネスモデルへの転換を進めないと、持続的な利益成長は望めないだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …

imf201304
日本に財政健全化を強く求めたといわれるG20声明はどう解釈すべきなのか?

 米ワシントンにおいて4月18日と19日、G20(20カ国・地域財務相・中央銀行 …

mof
2014年度予算編成がスタート。別枠のバラマキ予算があり、最終的には96兆円規模か?

 2014年度予算の概算要求基準が8月8日、閣議了解された。各省は8月末までに概 …

ginonujisshu
現代の奴隷制度ともいわれる外国人技能実習制度の改革は進むのか?

 新興国の外国人を期間限定で受け入れ、働きながら技能を学ぶ「技能実習制度」の改革 …

itskills
勉強はできるが、ITはまるでダメ。OECDの調査結果が示す日本人の課題

 頭はいいはずなのに、日本はなぜか世界で勝負できない。多くの人が漠然と抱いている …

summly
まさに地殻変動!16歳のIT少年が簡単に1億円を集め、28億でYahooに技術を売却!

 米Yahooは2013年3月25日、ニュース要約アプリ「Summly」を買収す …

softbanksprint
ソフトバンクによるスプリント買収が確定的に。だが本当のヤマ場は買収後にやってくる

 米携帯電話3位のスプリント・ネクステルの買収をめぐり、ソフトバンクと争っていた …

kakugi02
緊急経済対策が正式に閣議決定。内容は経済産業省の意向を強烈に反映している

 政府は11日午前の閣議において緊急経済対策を正式決定した。地方自治体や民間企業 …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

doruen
欧米の国債利回りが急低下。実は日銀による外債購入まで織り込まれている?

 日銀の量的緩和拡大が欧米の債権市場に大きな影響を与えている。政策決定会合が行わ …