ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

設備投資に回復の兆し。1~3月期GDPの改定値は上方修正の可能性

 

 企業の設備投資に回復の兆しが見られるようになってきた。財務省が発表した2015年1~3月期の法人企業統計では、企業の設備投資額が前年同期比7.3%増の13兆1294億円となった。プラスは8四半期連続で、前年に引き続いて高い伸び率となった。 setsubitoshi
 内閣府が発表した2015年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値は、物価の影響を除いた実質でプラス0.6%、年率換算ではプラス2.4%となった。速報値の段階では、法人企業統計の結果が反映されておらず、設備投資の金額は供給側から推測するだけとなっている。

 これに対して8日に発表される改定値では、法人企業統計の結果が反映されることになる。GPD改定値の算出に使われるのは「ソフトウェアを除く設備投資」だが、こちらも季節調整済みの前期比で5.8%と高い伸びとなっている。これがそのままGDPの数字に反映されるわけではないが、改定値は上方修正される可能性が高くなってきた。

 これまで企業の業績が向上しているにもかかわらず、設備投資が活発にならないという状況が続いてきた。
 製造業における業績向上の要因は、好調な米国経済だが、多くの企業が現地生産に切り替えており、いくら米国市場が好調でも国内の設備投資には資金が向かわなかった。下請け企業も含めて、ようやく国内でも設備投資を活発化する動きが出てきたといえるだろう。

 ただ、業績面全般を見ると、足踏み感も出てきている。全産業の売上高は前年同期比0.5%減の343兆5978億円にとどまった。製造業は3.9%減となっており、0.9%増となった非製造業とは対照的である。また、経常利益も0.4%増の17兆5321億円となっており、製造業は1.3%減、非製造業は1.2%増だった。

 このところ円安が進んでおり、これが今後の業績を後押しする可能性があるが、為替による円換算の業績拡大には限度がある。高付加価値なビジネスモデルへの転換を進めないと、持続的な利益成長は望めないだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

no image
インテルとクアルコムがシャープに出資?事実だとしてもインパクトは小さい

 出所不明の情報が跳梁跋扈するシャープ周辺からまた奇妙なニュースが飛び込んできた …

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

apple
注目のアップル四半期決算。減益となった最大の理由は利益率低下と研究開発費の増加

 米アップルは4月23日、注目の第2四半期決算(2013年1月~3月期)を発表し …

barroso02
EUが加盟6カ国の財政目標を緩和。とうとう緊縮路線からの転換を表明

 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は5月28日、フランスやスペインなど …

bouekitoukei201403
3月の貿易赤字は1兆4463億円。赤字拡大のトレンドは継続している

 財務省は2014年4月21日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

no image
ドイツはマネロン大国?質実剛健なイメージが崩れ、欧州問題でも発言力低下か?

 欧州債務問題では、ギリシャやスペインに厳しい条件を突きつけ、断固たる姿勢を崩さ …

no image
港区から外国人ビジネスマンの姿が消え、公務員が激増中

 東京都港区の高級オフィス街の風景が激変している。 これまで外資系企業などの入居 …

toshibakojo
東芝が持ち株会社化を検討との報道。情報開示レベルが低下する懸念も

 経営危機が囁かれる東芝が持ち株会社への移行を検討しているとの報道が出ている。持 …

bukkajoushou
4月の消費者物価指数は、消費税の影響を除くと1.5%程度

 総務省は2014年5月30日、4月の消費者物価指数を発表した。全国レベルでは、 …

no image
サラリーマンの閨閥が日本企業をダメにする

 よく知られていることだが、経営危機に陥っているシャープの前会長の町田氏は、同社 …